カウンター


プロフィール

かのん

Author:かのん
薪さんと同身長が自慢です

基本、「薪さんと鈴木さんは精神的両想いだった」「薪さんと青木には、心身共に結ばれてほしい」という、偏った視点で書いております
創作も主に、薪さんが「青木と幸せになる未来」と、「鈴木さんと幸せだった過去」で構成されております

コメ、拍手コメ共に、過去記事にも遠慮なく投稿いただけたらと思います
レスは「コメをいただいた翌々日までにお返しする」ことを自分に課しておりますが、諸事情により遅れる場合もございます
でも必ず書かせていただきますので
ご了承下さいませm(_ _)m

リンクは嬉しいので、ご自由にどうぞ♪


当ブログ拍手頁

最新の公開拍手コメのレスはこちら それ以前の公開拍手コメ&レスは、各記事の拍手ボタンを再度押していただければ読めます 鍵拍手コメにつきましては、拍手をいただいた記事下コメント欄にレスを書いております

所属してます♪


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


検索フォーム


 


こちらは、1月9日に当ブログにてUPしたお話です。

このお話が生まれるきっかけを下さったうかさん(詳細はこちらの「後書き」に綴っております)が、今度は何と…
お話に合わせた絵を描いて下さいました…!!

涙が出る程嬉しいです(;;)
うかさん、ありがとうございました…!!

その素敵なイラストを2枚差し挟んで、お話を再UP致しました。
拙いお話が、素晴らしい絵のお陰で高みに昇ることが出来た、この作品世界を、皆様に味わっていただけたら、幸いです。

追記:他にも「秘密」イラスト等が見られる、うかさんのブログはこちらです。




※清水先生の作品とは、関係ございません。


オリジナルストーリー

「香気」



 
この度は、オリジナルストーリー「香気」をお読み下さいまして、ありがとうございましたm(_ _)m

 
この度は、オリジナルストーリー「記念日」をお読み下さいまして、ありがとうございましたm(_ _)m

 
※清水先生の作品とは関係ございません。


オリジナルストーリー -記念日-

 
この度は、オリジナルストーリー「鎮魂」をお読み下さいまして、ありがとうございましたm(_ _)m

 
Scene10:鎮魂

 
Scene9:狂気

 
Scene8:親友

 
Scene7:正体

 
Scene6:確証

 
※少年達による後味の悪い犯罪行為が出て参ります。閲覧にご注意下さいませ。

Scene5:悪行


 
Scene4:使命

 
Scene3:消失

 
Scene2:職務

 
※清水先生の作品とは、関係ございません。

※オリジナルな名前が出て参りますが、複数の姓名リストから組み合わせた物であり、実在の人物とは関係ございません。
また、実在の事件・団体等も、一切関係ございません。


全10話です。


オリジナルストーリー

「鎮魂」


 
※清水先生の作品とは、関係ございません。

オリジナルストーリー

「初日(はつひ)」


 
この度は、オリジナルストーリー「閃光」をお読み下さいまして、ありがとうございましたm(_ _)m

 
※清水先生の作品とは関係ございません。

※大人な内容です。閲覧にご注意下さいませ。


オリジナルストーリー

「閃光」


 
この度は、オリジナルストーリー「早春の風」をお読み下さいまして、ありがとうございましたm(_ _)m

 
これは、オリキャラメインで、「秘密」メンバーはほとんど出てこない・・という代物です。
また、新たにいくつかのオリジナルな名前が出て参りますが、あえてその国に多い名前リストから拾って組み合わせており、実在の人物とは一切関係ございません。
清水先生の作品とは、関係ございません。

ご了承下さいませ。



オリジナルストーリー

「早春の風」


 
この度は、オリジナルストーリー「冬の夜、雪の朝」をお読み下さいまして、ありがとうございましたm(_ _)m

 
※清水先生の作品とは、関係ございません。


オリジナルストーリー

「冬の夜、雪の朝」


 
この度は、オリジナルストーリー「失恋クリスマス」をお読み下さいまして、ありがとうございましたm(_ _)m

 
※清水先生の作品とは、関係ございません。


オリジナルストーリー

「失恋クリスマス」


 
この度は、オリジナルストーリー「百花繚乱」をお読み下さいまして、ありがとうございましたm(_ _)m

 
後編

 
中編

 
※清水先生の作品とは、関係ございません。


オリジナルストーリー

「百花繚乱」


前編


 
この度は、オリジナルストーリー「時は金なり」をお読み下さいまして、ありがとうございましたm(_ _)m

 
※清水先生の作品とは、関係ございません。


オリジナルストーリー

「時は金なり」


 | BLOG TOP |  NEXT»»