カウンター


プロフィール

かのん

Author:かのん
薪さんと同身長が自慢です

基本、「薪さんと鈴木さんは精神的両想いだった」「薪さんと青木には、心身共に結ばれてほしい」という、偏った視点で書いております
創作も主に、薪さんが「青木と幸せになる未来」と、「鈴木さんと幸せだった過去」で構成されております

コメ、拍手コメ共に、過去記事にも遠慮なく投稿いただけたらと思います
レスは「コメをいただいた翌々日までにお返しする」ことを自分に課しておりますが、諸事情により遅れる場合もございます
でも必ず書かせていただきますので
ご了承下さいませm(_ _)m

リンクは嬉しいので、ご自由にどうぞ♪


当ブログ拍手頁

最新の公開拍手コメのレスはこちら それ以前の公開拍手コメ&レスは、各記事の拍手ボタンを再度押していただければ読めます 鍵拍手コメにつきましては、拍手をいただいた記事下コメント欄にレスを書いております

所属してます♪


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


検索フォーム


 
Scene9:不安


「薪さん!」
MRI室に戻った薪に、青木が歩み寄った。

「お帰りなさい・・何だったんですか? 用件は」
「お前が気にする必要は無い」

「・・・・」
薪のそっけない態度に、青木は言葉を失った。

「ファビオ、一体・・」
青木がファビオに声をかけようとすると、
「青木! 映像で何か出てきたか?」薪が呼んだ。

「はい!・・」
返事をしながら青木がファビオを振り返ると、ファビオも、困ったような笑いを浮かべて、首を振るだけだ。

不審に思いながらも、青木は仕事に戻った。

「約半年分をチェックしましたが、特に引っかかるような画は出てきませんでした。この頃コスタは、フィレンツェに住んでいたんですね。石工の見習いをしていて、真面目に仕事をしている場面も出てきました・・段々に足が遠のいたようですが」

「コスタの通話記録はどうした?」
「これです。・・最近の物だと、デリバリーを頼む電話や、年金に関する役所からの電話以外は、ほぼ一つの家からかけられています」

薪は記録を見た。
「フィレンツェ市・・サルバトーレ・ファチャード・・繰り返しかけられている・・」
「これは父親の名前で、実際にこの家に住んでいるのは、息子のステファノ・ファチャードだそうです」

薪は顔を上げた。
「青木、よく調べたな。お前、イタリア語は使えないだろうに」

「ルチアーノが、英語を解してくれるんで助かりました。それに彼は勘もいいですね。多くを話さなくても、こちらの意図を読み取ってくれるんで」
青木が、照れたように笑った。

「このステファノ・ファチャードに、任意で事情を聞いた方が良さそうだ。フィレンツェ警察に依頼して・・」
薪がファビオに声をかけると、ファビオは言った。
「もうこの時間だと、余程緊急の事態でなければ、先方も受け付けないでしょう」

「・・明日にするしかなさそうだな」
そうつぶやく薪を見て、まだ、正式な事件とも捜査とも言えない不安定な立場で、MRIセンターを動かしていることに、改めて青木は、懸念を覚えた。

この日の仕事は終了となった。
「僕は、センター長ともう一度話をしてくる。先にホテルに帰って休め」
青木にそう言って、重役室に向かう薪の後を、ファビオが追った。

ファビオは一度立ち止まって振り返り、
「アオキさん、今夜の夕食、またどこか、ご紹介しましょうか?」と尋ねた。

「いや、オレの事は気にせずに」青木が言うと、
「もし良かったら、ホテルのそばにバールがあります。あそこのバールは、確か軽食のテイクアウトもしてましたから」

「ありがとう」
青木の返事に、ファビオはニッコリと笑って、重役室のドアの向こうに消えていった。

青木は一人、職場を出た。
ファビオの言うとおり、本来立ち飲み屋である筈のバールだが、ホテルのそばのバールには、惣菜も豊富に置いてあり、青木は、パスタや飲み物をいくつも買って、ホテルに戻った。

シャワーを浴び、食事をする。

薪さん、今日は出かけた先に、一体何があったんだろう・・。

それじゃなくても、薪の今の、微妙な立場。
それに、薪が、また何かを背負っているのではないかという、不安。

加えて、ファビオも出かけたその場に同席していたということが、青木を、落ち着かない気分にさせた。
ファビオが薪の肩を抱きながら出て行った、その後ろ姿が、浮かぶ・・。

「オレは・・役に立ってるのか?」
そう、声に出た。
本場のパスタもコーヒーも、何故だかとても、味気なかった。



関連記事

コメント

■ 薪さ~ん・・(´ω`。)←青木

薪さんカッコいい~~(><)
アメリカに行ってもイタリアに行っても優秀なもんは優秀だ~vvv
どんな腹立たしいことがあっても、辛いことがあっても、
ポーカーフェイスな薪さんにそそりますv
でも照れる時は頬を染めて欲しい・・・(//∇//)

青木~~がんばれ~~~のけ者にされたくらいで落ち込むな~!!!
(でも少しくらいなら落ち込んで良し!)

お前だけが薪さんの安らぎなんだぞ~!!!
もっとピシッとして薪さんを安心させてやれ~!!!
(でもヘタレ青木も悪くない!笑)

>ファビオが薪の肩を抱きながら出て行った、その後ろ姿が、浮かぶ・・。

え?ナニナニ?青木ちゃんたら心配してんの~(>▽<)キャ♪

青木にゃあ悪いが・・・・
心配した通りになることを熱望いたします!!!
だってフォスターがいないんだもーん♪

この後、薪さん青木の部屋に来るのかなvvv
もしくはそのまま後日になったりして~(^^;青木ガンバ!
続きウズウズして待ってます★

■ 

○コハルビヨリさま

コメントありがとうございます!(^^)

>薪さ~ん・・(´ω`。)←青木

これにフキました~~(≧m≦)☆

> 薪さんカッコいい~~(><)
> アメリカに行ってもイタリアに行っても優秀なもんは優秀だ~vvv

そう言っていただけて・・もう、もう・・言う事ございません!!
嬉しいです!!

> どんな腹立たしいことがあっても、辛いことがあっても、
> ポーカーフェイスな薪さんにそそりますv
> でも照れる時は頬を染めて欲しい・・・(//∇//)

頬を染めて照れる薪さん・・・それはコハルビヨリさんのサイトで・・ウ腐腐・・・

> 青木~~がんばれ~~~のけ者にされたくらいで落ち込むな~!!!
> (でも少しくらいなら落ち込んで良し!)

この相反する心理、分かります(笑)

> お前だけが薪さんの安らぎなんだぞ~!!!
> もっとピシッとして薪さんを安心させてやれ~!!!
> (でもヘタレ青木も悪くない!笑)

良かった・・ヘタレ青木を書いている張本人としては、ホッとしました・・

> え?ナニナニ?青木ちゃんたら心配してんの~(>▽<)キャ♪
> 青木にゃあ悪いが・・・・
> 心配した通りになることを熱望いたします!!!
> だってフォスターがいないんだもーん♪

またまたウケました!!
色文字にまでして熱望していただいて・・(^^)

実は、この記事をUPした後に、コハルビヨリさんがご自身のサイトのレスで、

>やはり薪さんLOVEのnewメンバーの登場でヤキモキさせるのが一番良い薬かもしれません♪
>薪さんを他の男(男限定!)に取られる苦しみを味わうがいいヾ( ̄∇ ̄=ノ バンザーイ

とあったのを見て、ウケてしまいました!
正にこの青木ってそんな感じ?

> この後、薪さん青木の部屋に来るのかなvvv
> もしくはそのまま後日になったりして~(^^;青木ガンバ!
> 続きウズウズして待ってます★

ありがとうございます!!!!
ものっっすごく、励みになりました!!

実は風邪が悪化して結構辛いんですが、青木をいつまでもこのままにしておくのも不憫で(笑)、早々に次をUPしてしまいました・・なのでScene10はちょっと短いんですが(^^;)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://kanon23.blog36.fc2.com/tb.php/128-412e3b2c

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP |