カウンター


プロフィール

かのん

Author:かのん
薪さんと同身長が自慢です

基本、「薪さんと鈴木さんは精神的両想いだった」「薪さんと青木には、心身共に結ばれてほしい」という、偏った視点で書いております
創作も主に、薪さんが「青木と幸せになる未来」と、「鈴木さんと幸せだった過去」で構成されております

コメ、拍手コメ共に、過去記事にも遠慮なく投稿いただけたらと思います
レスは「コメをいただいた翌々日までにお返しする」ことを自分に課しておりますが、諸事情により遅れる場合もございます
でも必ず書かせていただきますので
ご了承下さいませm(_ _)m

リンクは嬉しいので、ご自由にどうぞ♪


当ブログ拍手頁

最新の公開拍手コメのレスはこちら それ以前の公開拍手コメ&レスは、各記事の拍手ボタンを再度押していただければ読めます 鍵拍手コメにつきましては、拍手をいただいた記事下コメント欄にレスを書いております

所属してます♪


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


検索フォーム


 
このところ。


皆様のところにお邪魔しては、その素敵なイラスト、胸を打つ漫画、心に響くSSの数々を拝見して、感情を揺さぶられっ放しです。

加えて自分で創作してる時は、その世界にどっぷりと浸かるわけで、何だか気分的に充実し過ぎるというか。
自分で書いている間は、気持ちがブレないように、よそ様のサイト巡りをお休みすればいいのかも。
でも、それも寂しいんですよね。

そして、今、感情が動きやすい理由は、もう一つあります。
秒読み段階に入ってまいりました。
メロディ4月号発売。

以前は、メロディの発売は、ただただ、薪さんにお会い出来る楽しみで一杯だったのに。
今回は、楽しみを、不安が上回っております。
2月号で、薪さんは精神的にも(ご本人は自覚は無いかもしれませんが)、そして身体的にも、傷付いていらっしゃいました。

あんなお姿をまた見ることになったら・・・。

はあ。
二次元のキャラにこんなに入れ込んでいる自分て、一体何なんでしょう。

趣味なんだから、もっと楽しめばいいのに。
「傷付いてるお顔も美しい~」とか、「不幸な薪さんに萌える~」とか、そういった楽しみ方が、何故自分は出来ないのかと・・。

薪さんが、自分の中に黙って何かを秘めてらっしゃる表情とか、傷付いたお姿とか、そういった物を見ると、辛くて苦しくて。苦しくて辛くて。

発売前からこんな状態じゃ、実際に4月号を目にしたら、どうなってしまうんでしょう。
恐くて仕方がありません。
じゃあ、見なきゃいいのに・・というわけにも、行かず・・。

その前の6巻発売は楽しみですが、これも、「どうせ薪さんと岡部さんのラブなシーンばかり・・」と思うと、何だか複雑な気分になるのです。
あの過去編、メロディで読んだ時は、単純に楽しめたのになあ・・・。

さて、気を取り直して。

最近になって、ちょっと思ったこと。
主要キャラの名前について、書いてみたいと思います。

私の愛する3人、薪さんと鈴木さんと青木は、全員、木にまつわる名前なのですよね。

「青木 一行」・・まさしく青い木。まだ若い、これから成長が見込める木。
そして、一行とは、一つの道を真っすぐに突き進んでいくイメージ。
いい名前付けてもらったね。

「鈴木 克洋」・・鈴の付いた木? ちょっと地味目なクリスマスツリーのような感じかなあ。
懐かしい、優しい音色を響かせるイメージ。
じゃあ、薪さんは今後、鈴木さんを苦しみと共に思い出すだけじゃなく、懐かしい優しい気持ちで思い出せるように、いつか、なれるのかなあ。

克は、物事を克服するという字。苦難に打ち勝つ、強い気性を表す字。
洋は、広々とした大海。

鈴木さん自身は、貝沼の脳に負けてしまったように感じるけれど・・実は、あれはある意味、勝ったと言えるのかもしれない。
薪さんを大きく受け止める心を持ち、薪さんを貝沼から守った、打ち勝ったと。

「薪 剛」・・色んな所を経て、たきぎになった・・
・・・・・・
・・・・・・
まさか清水先生、後は燃えて無くなるだけなんて、言わないで下さいね・・。

剛は、物事に屈しない、強さを表す字。
外見のイメージにはちょっとそぐわない気もするけれど、意味を思うと、薪さんそのもの。

まあ、他の漫画家さんのインタビューなどを読むと、実際には、キャラの名前なんて、じっと見ていて何となく浮かんだ物を付けたとか、響きが気に入ったとか、そういった理由のことも多いらしいので。
そんなに、深い意味は無いのかもしれませんけどね。

ついでに。

「岡部」・・岡はそのまま、小山を表す。部は、区分を意味する他に、これにも実は小高い丘という意味も。
丘とは陸地。揺るぎ無い大地。岡部さんそのもの。

「三好 雪子」・・三人の男性を好きになり(未確認だけど)、あちらこちらに、舞い落ちる雪。
一体、最終的にどこに着地したいのか、さっぱり分からない。



関連記事

コメント

■ 

>まさか清水先生、後は燃えて無くなるだけなんて、言わないで下さいね・・。

そ、そ、そ、そんな~~~。

>「三好 雪子」・・三人の男性を好きになり(未確認だけど)、あちらこちらに、舞い落ちる雪。

うわー、三好にそんな意味が…3人って、薪、鈴木、青木、ですよねー。
うわあ、意味深。

名前の考察、面白いです♪

>「傷付いてるお顔も美しい~」とか、「不幸な薪さんに萌える~」とか、そういった楽しみ方が、何故自分は出来ないのかと・・。

かのんさん、感受性が豊かだから…薪さんの気持ちに入り込み過ぎちゃうのかも知れませんね~。
私は結構、どんな薪さんでも萌えを感じてしまうのですが(^^;
それも節操ない感じでどうかと思ったりします。

■ 

○原麻めぐみさま

コメントありがとうございます(^^)

> そ、そ、そ、そんな~~~。

ね・・まさか・・ね。
「青木」や「鈴木」に比べて、「薪」は、色んな経験を経てきた感じがする・・薪さんにピッタリ・・と思っているうちに・・え?その先は?何て考えてしまったんです。
いえ!単に名前に過ぎませんからっ!!

> うわー、三好にそんな意味が…

分かりませんけどね(^^)そんな風に思ってしまいました。

> 3人って、薪、鈴木、青木、ですよねー。

雪子にからむのはいい男ばかり・・男運悪いとか言ってるけど・・贅沢な!!

> 名前の考察、面白いです♪

そうですか?良かったです(^^)
そうおっしゃっていただき、嬉しいです。
ありがとうございます♪

> かのんさん、感受性が豊かだから…薪さんの気持ちに入り込み過ぎちゃうのかも知れませんね~。

感受性が豊か・・かどうかは分かりませんが・・
・・昔々、某映画雑誌の「映画と私」というコーナーに2度程、私の書いた物が取り上げられたのですが、品田雄吉さんの選考理由が、
「カイロの紫のバラ The Purple Rose of Cairo」について書いた時・・「かのんさんが、ヒロインに同化してるのが、とてもよく感じ取れました」
「ハートブルー Pointbreak」について書いた時・・「ジョニーとボディの愛の世界(?)に、かのんさんが浸ってるのがとてもよく感じられました」
と、ほぼ同じ理由でした・・・

どうやら、昔から私はハマるとすぐそのキャラに入り込んでしまう傾向があるようです・・・

> 私は結構、どんな薪さんでも萌えを感じてしまうのですが(^^;

そうですよね・・じゃないと、創作で薪さんにあんなことやこんなこと△□☆・・・・

私は薪さんが原作でお仕事等で過酷な思いをされてるので、せめてプライベートでは安らぎを得て欲しいというか、痛みを感じるにしても、優しい痛みであってほしい・・と願わずにはいられず、それが創作にも出るようです・・

自分の偏りに迷った時期もあるのですが、最近は吹っ切れたと申しますか、「いいや、偏ってても。私は『あおまきすとの楽園(byみるくさん)』でいよう」と開き直っております(^^;)

> それも節操ない感じでどうかと思ったりします。

いえいえ~。
色んな薪さんで楽しめた方がいいと思います。
きっと清水先生もその方がお喜びになりますよ(^^)

■ 成程(^▽^)

こんにちは。かのん様♪

登場人物の名前のイメージですか。
すごく納得出来ます(^_^)v

正に、「青木一行」まんまじゃないですか!!

「鈴木克洋」良いですね~。鈴のなる木。その音(声)をいつも側で感じていたいですね(^_^)v
どうでもいいですが、うちの子供の名前と音が似ています(^。^)

「薪 剛」響きが美しい~\(^ー^)/
外見に反して「剛」なイメージですか。それだけに…
後は燃え尽きるだけ…恐ろしい…(T_T)
いえいえ。美しく燃えてる様をイメージしたのでは(^_^;)

もうすぐ…ですね。メロディ4月号の発売。
私もかなり怖いです。
この間、やっと3回目を読んで、あるものを見つけてしまいました(°□°;)
無意識にスルーしたのでしょうか…あれを一回目に見つけていたら、どうなっていたか分かりません(T_T)

薪さん。薪さん。薪さん。会いたい。
でも、痛々しいあなたを見ているのは胸を抉られるように辛い。
でも、私は信じています。
いつかあなたに最高の幸せが訪れることを…。
だから、あなたも…。

■ 

主要キャラの名前については私も考えていました。
薪・鈴木・青木・雪子
と、4人の名前に「き」が入っていることと、
「つよし」と「みよし」が酷似していること。
何か意味があるのかなぁ。

しかし、清水作品で「葵」という名が登場するのが「秘密」で3回目なので、
大して意味がないのかなぁ、と思ったりもします(^^;)

青木と鈴木は名前のイメージがピッタリですよね。
でも薪さんの「燃えて無くなる」だけはご勘弁~!( ̄□ ̄;)
外見はクールだけど心の中は実は熱いんだよんということでお願いしたいです(^▽^;)

■ 

○たつままさま

こんにちは。
コメントありがとうございます(^^)

> 登場人物の名前のイメージですか。
> すごく納得出来ます(^_^)v

嬉しいです♪

> 正に、「青木一行」まんまじゃないですか!!

そうですよね。
最初は、3人の名前が「木」に関するもので共通しているというところから入ったのですが、青木は本当にそのままだなあと。

> 「鈴木克洋」良いですね~。鈴のなる木。その音(声)をいつも側で感じていたいですね(^_^)v
> どうでもいいですが、うちの子供の名前と音が似ています(^。^)

「鈴木」は、他に解釈のしようが無くて・・そうか、音=声とも取れますね(^^)
「かつひろ」に響きが近いお名前なのですか。ハンドルネームから考えて「たつひろ」君とか?

> 「薪 剛」響きが美しい~\(^ー^)/

そうですよね。
初めて見た時は、「剛」という名前に違和感を感じましたが、こうして見ると、見た目も響きも美しいですね!♪

> 外見に反して「剛」なイメージですか。それだけに…
> 後は燃え尽きるだけ…恐ろしい…(T_T)
> いえいえ。美しく燃えてる様をイメージしたのでは(^_^;)

そ、そうですよね!!
薪さんはそのままで、いつも燃えているお方・・そしてその燃え方も美しい(≧▽≦)☆

> もうすぐ…ですね。メロディ4月号の発売。
> 私もかなり怖いです。

ね、身構えちゃいますよね・・
でも、私はちょっとだけ、不安が軽くなりました。

> この間、やっと3回目を読んで、あるものを見つけてしまいました(°□°;)

たつままさんも、私同様、あまり読み返せないのですね・・(TT)
でも、3回目って、私よりも少ないです!
たつままさんのお気持ちが伝わってまいります・・

> 無意識にスルーしたのでしょうか…あれを一回目に見つけていたら、どうなっていたか分かりません(T_T)

え!?一体何を・・?(←今ここで2月号を読み返して見つけようという気になれません・・開くのがやっぱり辛いので・・開く度に、覚悟が要るのですよね・・)
あ、言うのがお辛いようなら、いいですよ!

追記:↑こゆうさんとこのコメで、何を見つけられたのか、分かりました。
無意識にスルー・・お気持ちよく分かります・・視界に入っても、捉えることを脳内で避けてるんですよね、きっと。

> 薪さん。薪さん。薪さん。会いたい。
> でも、痛々しいあなたを見ているのは胸を抉られるように辛い。
> でも、私は信じています。
> いつかあなたに最高の幸せが訪れることを…。
> だから、あなたも…。

想いのこもったコメント、ありがとうございました。
私も薪さんを思うと切ないです・・・(TT)

■ 

○ミーナさま

コメントありがとうございます(^^)

> 主要キャラの名前については私も考えていました。
> 薪・鈴木・青木・雪子
> と、4人の名前に「き」が入っていることと、
> 「つよし」と「みよし」が酷似していること。
> 何か意味があるのかなぁ。

本当ですね!
4人とも「き」が入ってる!
雪子にも3人との共通点があるとは、気が付きませんでした。

「つよし」と「みよし」も似てる・・これも初めて気が付きました。
さすがミーナさん!☆

> しかし、清水作品で「葵」という名が登場するのが「秘密」で3回目なので、
> 大して意味がないのかなぁ、と思ったりもします(^^;)

そうそう、色々考えても、作者は深く考えて付けてたわけではなかったり(^^;)

> 青木と鈴木は名前のイメージがピッタリですよね。

青木はそのままだとすぐ思いましたが、鈴木さんの「克」と「洋」は、改めて字の意味を一つずつ考えました。
薪さんにとって、やっぱり大切な人なのだなあ・・なんて思ったりもしました(;;)

> でも薪さんの「燃えて無くなる」だけはご勘弁~!( ̄□ ̄;)
> 外見はクールだけど心の中は実は熱いんだよんということでお願いしたいです(^▽^;)

そうですよね!!!
私もあれれっ!?と思ったのですが、そんなことはご勘弁!ですよね。

心の中は熱い・・そういうイメージですよね!!
やっぱりかっこいい・・薪さん☆☆☆

■ ♪⌒ヽ(*゚O゚)ノ スゴイッ!!!

面白い!!名前の考察面白いです!!!
みんな木に関わる名前なんですね!
気づかなかったなんて迂闊すぎる!!私のバカバカバカ(><;

>「三好 雪子」・・三人の男性を好きになり(未確認だけど)、あちらこちらに、舞い落ちる雪。

うわ~~~★ま・さ・に!じゃないですか~!!

でも、もし清水先生がそこまで考えて名前をつけてらっしゃったとしたら・・・
『「雪子」という女性』の記事のかのんさんのレスの

>辻褄を合わせる為に、恋愛感情が無いと解釈されてるわけなんですね。

というのは違ってきますね。
でもどう見ても薪さんに対する恋愛感情アリ、なんですけどね~・・・

>長編を書いていると、方向性が変わることもあるでしょうし・・あの事件を起こしたいが為に・・。

そうですね~・・・そうとしか思えない程の変わり様でしたもんね・・・
清水先生にはそのあたりの決着は早いとこつけて欲しいですよね!

それに「薪 剛」にした理由を知りたいですw
まさか本当に燃え尽きるイメージ・・・?ま、まさか、ね~(^^;

「剛」もずいぶん男らしいし。
「輝夜姫」の主要人物はみんな綺麗な名前でしたもんね。
由、碧、楓、桂、昂、倭・・・て、アレ?こう見ると漢字一文字が多いですね。
やはり好みや響きでつけられたのかな~?(^▽^;

コミックのおまけページでも、雑誌のインタビューでも、本誌の柱でも良いので教えて欲しいですよね(>▽<;
青木はそのままっぽいので別に良いですけどwww

■ 

○コハルビヨリさま

コメントありがとうございます。

> ♪⌒ヽ(*゚O゚)ノ スゴイッ!!!
> 面白い!!名前の考察面白いです!!!

そうですか?良かった。
そうおっしゃっていただけると、書いたかいがあります(^^)♪

> みんな木に関わる名前なんですね!
> 気づかなかったなんて迂闊すぎる!!私のバカバカバカ(><;

そ、そんな・・・・・
コハルビヨリさんがバカなら、私は大バカ者です!(←わけ分からないって)

> うわ~~~★ま・さ・に!じゃないですか~!!

そう思われますか?
「雪」って、色んなイメージに取れますが、今の状態だと、そう取れてしまいました(^^;)

> でも、もし清水先生がそこまで考えて名前をつけてらっしゃったとしたら・・・
> 『「雪子」という女性』の記事のかのんさんのレスの
> >辻褄を合わせる為に、恋愛感情が無いと解釈されてるわけなんですね。
> というのは違ってきますね。
> でもどう見ても薪さんに対する恋愛感情アリ、なんですけどね~・・・

そうですよね・・どう見ても・・そうじゃないと、かえって辻褄が合わない部分も・・
彼女は謎ですね。

> そうですね~・・・そうとしか思えない程の変わり様でしたもんね・・・
> 清水先生にはそのあたりの決着は早いとこつけて欲しいですよね!

まあ、一人の人間にも色々な面はありますから・・と、受け取ることも出来るのですが、読んでるこちらは??マークだらけになってしまいますよね。
ホント、謎だらけです。

> それに「薪 剛」にした理由を知りたいですw
> まさか本当に燃え尽きるイメージ・・・?ま、まさか、ね~(^^;

無い無い無い無い!!!
自分で書いておいて何ですが、他の方がおっしゃるように、仕事に燃える、情に燃える、切なさに燃える、きっとそんなイメージですって!!(←自分に言い聞かせております)

> 「剛」もずいぶん男らしいし。

ですよね。
外見のイメージとは、ちょっとそぐわないと最初は思いましたもの。

> 「輝夜姫」の主要人物はみんな綺麗な名前でしたもんね。
> 由、碧、楓、桂、昂、倭・・・て、アレ?こう見ると漢字一文字が多いですね。
> やはり好みや響きでつけられたのかな~?(^▽^;

ホントだ!一文字が並ぶんですね!
やっぱりそういった理由なんでしょうか。

> コミックのおまけページでも、雑誌のインタビューでも、本誌の柱でも良いので教えて欲しいですよね(>▽<;

そうですね。
そういうお話、読んでみたいですね。
ていうか、「秘密」に関わるお話なら、どんな裏話でも何でも聞きたいですけど(笑)

> 青木はそのままっぽいので別に良いですけどwww

別にいいって言われた・・青木(笑・・でも確かに、ね^^)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://kanon23.blog36.fc2.com/tb.php/178-fca3887b

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP |