カウンター


プロフィール

かのん

Author:かのん
薪さんと同身長が自慢です

基本、「薪さんと鈴木さんは精神的両想いだった」「薪さんと青木には、心身共に結ばれてほしい」という、偏った視点で書いております
創作も主に、薪さんが「青木と幸せになる未来」と、「鈴木さんと幸せだった過去」で構成されております

コメ、拍手コメ共に、過去記事にも遠慮なく投稿いただけたらと思います
レスは「コメをいただいた翌々日までにお返しする」ことを自分に課しておりますが、諸事情により遅れる場合もございます
でも必ず書かせていただきますので
ご了承下さいませm(_ _)m

リンクは嬉しいので、ご自由にどうぞ♪


当ブログ拍手頁

最新の公開拍手コメのレスはこちら それ以前の公開拍手コメ&レスは、各記事の拍手ボタンを再度押していただければ読めます 鍵拍手コメにつきましては、拍手をいただいた記事下コメント欄にレスを書いております

所属してます♪


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


検索フォーム


 
この度は、オリジナルストーリー「刹那」を読んで下さいまして、どうもありがとうございました。


今回のテーマを挙げるとしたら、「フォスターの失恋」とでも言う事になるのでしょうか。

ご指摘もありましたが、このお話は、以前掲載した長編、「朱色の空」と重なっております。
久々の再会なのに、どうして薪さんはなかなか青木とそうならないのかと、やきもきするというコメントを各方面からいただきましたが、実は薪さんにはこういう事情があった、という。

まあ、「朱色の空」は、キスシーンがメインのお話だったので、簡単にそうなるわけには、という面もあったのですが。

よそ様のブログでお話していて突発的に生まれた「朱色の空」より、こちらの「刹那」の構想の方が、実は先にありました。

フォスターと薪さんの微妙な関係、フォスターの想い、これに、何らかの形で決着を付けたいという思いは、ずっと以前からありました。
そして、私もフォスターさんも(笑)悩んで悩んで、悩んだ末、結局、こういう形になりました。

何事も無いまま、この関係が続いて行くという方法もありました。
でも、それではやっぱり、どこか納得が行かない、フォスターの薪さんへの想いを、どこかで溢れ出させなければ、不自然で説得力が無いように思いました。

でも、フォスターは想いを溢れ出させた事で、かえって、それまで曖昧にしておけた事を、余計に、決定的にしてしまったわけですが。

また、逆に、もっと先まで進む、という手段もありました。
その気になれば、フォスターが最後まで薪さんを組み敷く事は、簡単に出来た筈です。

でも、そうなったら、薪さんは、もっと苦しむ。
青木のそばには、もう、居られなくなるでしょう。

また、フォスターだって、きっとそうなったら、薪さんのそばには居られない。
薪さんは、青木とフォスター、両方を失う事になってしまいます。

そんな事は、フォスターだって、望んではいない筈です。
(彼は「薪さんの幸せを願う会」の会員でもありますし←原麻めぐみさんの記事より)

フォスターがあそこで留まったからこそ、薪さんは、青木との心と身体の絆、フォスターとの信頼関係、いずれも絶つことなく、元に戻る事が出来たんだと思います。

普通に考えると、いい年した大人が、キスごときで思い悩むのは、不自然かもしれません。
酒の席でのおふざけ・・と言い訳して、忘れることだって出来たでしょう。

でも、そうは出来なかった。
何故なら、問題は、キスという行為そのものではなく、そこに想いがあったかどうかということだから。

薪さんは、その瞬間、フォスターを受け入れてしまったという気持ちがある。
そこに至ったのも、自分の落ち度ではないかと。
だから苦しむ。

フォスターも、薪さんに対する確かな想いがあるから、それを重く受け止める。

冗談では済まされない、想いがそこにあるからこそ、大の大人がここまで、たった一度のキスに、ここまで悩んだのでしょう。

「Scene3:悔恨」での、フォスターの感情。

それは、青木に対する嫉妬。
薪さんの無防備な顔を見たことによる、欲情。

薪さんを腕に抱いた、その甘い余韻。
そして、拒絶されながらも、美しいと思ってしまう、自分・・

フォスターにとって、それらは皆、長いこと忘れていた、新鮮な物だったに、違いありません。

大人になってからのフォスターは、嫉妬とは無縁でした。
狙った女性は大概落とせていたし、女性の方から近寄ってくる事もありました。

もちろん、思うように行かずに、女性が他の男性を選んだこともあるでしょう。

それでもフォスターは、その女性が、自分が見てもいい男を選んだとしたら、「さすが、自分が目を付けた(付き合った)女だ」と、満足していたし、逆に、大した事無い男に走っていたら、「あんな女と付き合わずに(別れて)良かった」と思う、フォスターはそんな男です。

胸を焦がすような想いは、「年上の女性を追いかけていた」という、遥か若かりし頃に、さかのぼるのではないでしょうか。

青木の事も、その存在を知りながらも、フォスターは一向に落ち込む様子はありませんでした。
それは、青木を大したライバルだとは見ていなかった、そういう事だと思います。

第二の居場所」で二人が対峙した時も、圧倒的に、青木はフォスターに負けていたし。
青木の事を、「他の人間とは違うようだ」と、認めていながらも、フォスターにしてみれば、18も年下の、若造に過ぎなかったのでしょう。

アメリカに薪さんが来てからは、公私共に、自分が薪さんの一番近くに居ると自負していたし。
それが、薪さんの様子を見て、いくらそばに居ても、その時間の長さは関係ない、薪さんの心は、遠く離れた日本に居る、青木の元に常にあるのだと、気付いてしまった。

フォスターは、ここで初めて、猛烈な嫉妬に襲われたのだと思います。

「Scene4:辞令」では、二人とも、共に職場では全く普段と変わらない態度を見せながら、実は内心で苦しむ薪さんと、それを、フォスターが見抜いていたことが分かります。

そして、イタリアへの派遣者として、薪さんを選び、青木を推薦するフォスター。
ビジネスとして、それが一番いい人選だということもあったでしょうけれど、二人を会わせてやろうという気遣いは、全く無かったと言えるでしょうか。

薪さんが派遣に同意した、その後に青木の事を持ち出したのは、最初から青木の話をしたら、薪さんが引き受けるのを躊躇することを考えてのことかもしれない、そんな事も思います。



(後書き2に続く)



関連記事

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://kanon23.blog36.fc2.com/tb.php/204-d6dd7b17

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP |