カウンター


プロフィール

かのん

Author:かのん
薪さんと同身長が自慢です

基本、「薪さんと鈴木さんは精神的両想いだった」「薪さんと青木には、心身共に結ばれてほしい」という、偏った視点で書いております
創作も主に、薪さんが「青木と幸せになる未来」と、「鈴木さんと幸せだった過去」で構成されております

コメ、拍手コメ共に、過去記事にも遠慮なく投稿いただけたらと思います
レスは「コメをいただいた翌々日までにお返しする」ことを自分に課しておりますが、諸事情により遅れる場合もございます
でも必ず書かせていただきますので
ご了承下さいませm(_ _)m

リンクは嬉しいので、ご自由にどうぞ♪


当ブログ拍手頁

最新の公開拍手コメのレスはこちら それ以前の公開拍手コメ&レスは、各記事の拍手ボタンを再度押していただければ読めます 鍵拍手コメにつきましては、拍手をいただいた記事下コメント欄にレスを書いております

所属してます♪


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


検索フォーム


 
まだ単行本未収録の、メロディ8月号掲載分について。
(単行本派の方へ 完全ネタバレです)

サブタイトルは、「A PIECE OF ILLUSION」。
「幻想のかけら」とでも言うのだろうか。



「秘密 A PIECE OF ILLUSION ACT.1」

清水先生のカラー絵は、本当に綺麗。
花に埋もれた薪さんの、美しさに、その表情に、しばし見とれた・・。

どこか不吉な様相も呈したこのポーズ、精神的に低迷している薪さんの気持ちを表しているのか、一人静かに孤独を感じているイメージ画なのか・・。

頁をめくると、それは意外にも、過去の事件を描くものだった。

しかも、青木が入るよりも前、つまり、「2001」で鈴木さんの脳を見て、真実を知って少し前に進めた薪さんよりも更に前の、まだ鈴木さんを失ったばかりの薪さんなんて・・辛過ぎる・・・。

貝沼の事件も、鈴木さんを失ったショックも、まだ生々しく残るこの時点で、日々幻覚に悩まされ、でも人前ではそれを見せず、苦悩する薪さんが、痛々しい・・。

岡部さんが捜査一課出身だったとは、新事実だった。
しかも、第九の捜査を嫌悪してたなんて・・想像も付かなかった。

加えて、全刑事から憧れられる程の名刑事。
だから、「2002」で、岡部さんが薪さんに怒られた時、周囲が「あの」岡部さんをと、びっくりしていたのだと、納得がいった。
岡部さんの経歴の設定が、この時既に、出来ていたのだろうか。

それだけの実績を上げているということは、つまり、一見無骨な外見ながら、観察力や推理力に優れているということ。
それをフルに活用して、普段から、薪さんの変化を誰よりも見抜いているのかもしれない・・。
鈍感青木より、岡部さんの方が、実は余程繊細かも・・なんて思ったりもする。

それにしても、今回の薪さん、なんて可愛いくて、綺麗なんだろう・・。
寝起きでも冷静でも、泣いても叫んでも、品と色気が漂う。

素肌にボタンを一つかけただけのシャツ姿、乱れ髪、そして涙・・。
岡部さんじゃなくても、誰が相手でも、あんなお姿見たら、保護本能を刺激されずには、いられないのでは。

しかも、あの薪さんのちょっとSっぽい、厳しい調子での捜査の様子を見せ付けられた後に、あんな弱々しいお姿を見せられたら・・。
このギャップに、やられない人が居るのだろうか。

岡部さんは、最初からこんな薪さんのお姿を見てしまったから、今でも、薪さんの怪我や変化に、いち早く気が付くのかもしれない。

実は、メロディ6月号を読んだ後、続きが気になって気になって、毎日毎日、指折り数えて、8月号の発売を待っていた。
その日々がとても長く感じて、息切れしそうだった程。

そして、遂に8月号を手にして、はやる気持ちを押さえつつ、禁断症状で震えそうな手で頁をめくり・・「??・・・・!過去編!?」
ガーン・・そう来ましたか~・・と、ショックを受けた。

とりあえず最後までページをめくり、「最後まで過去編。しかも次号も続く」と確認して、
「最低でもあと4ヶ月、もしかするともっと先まで、続きはお預けってこと・・」
ああ・・身もだえしながら、また、待たなきゃならない・・。
まさか、こんなジリジリとお預けをくらうことになるとは・・。

心が虚ろになってしまい、しばらくは冷静に読めなかった・・。

結局は8月号も充分楽しんだし、薪さんと岡部さんの馴れ初めを知ることが出来て嬉しかったけれど、でもそれ以上に、薪さんの苦悩の後ろ姿の、その先が知りたいと思った。
期待していただけに、先が気になって、しばらくは眠れなかった。

薪さんが安らぎを得られない限り、私にも平穏な日々が、やってこない気がした・・。


関連記事

コメント

■ 

わかります!わかりますとも!!!
かのんさん!あなたの気持ちは痛いほどわかります(>△<;
私もいっしょですから!!

>メロディ6月号を読んだ後、続きが気になって気になって、
>毎日毎日、指折り数えて、8月号の発売を待っていた。
>その日々がとても長く感じて、息切れしそうだった程。

今もまさにそんな状態です(@△@;ぜぇぜぇ
やばいです。呼吸困難を起こしそうです。

>ああ・・身もだえしながら、また、待たなきゃならない・・。
>まさか、こんなジリジリとお預けをくらうことになるとは・・。

しつこいようですが、わかります。
かのんさん実はこのせいで、胃を悪くしてるのでは?
と本気で心配してます(ー▽ー;
私も胃がモヤモヤムカムカしてます。(食べ過ぎ?)


全ては薪さんの美しさが悪いんだぁああああ~~~!!!!


・・ちょっと今日のコハルはおかしいです。すみません・・

■ 

わーい、私と同じネタだぁ♪
もしかして同時間に読んでいたかも(^^)

そうかあ、8月号発売は、皆さんそんな風にヤキモキされていたんですね。
確かにいきなりの過去編には「そうきたか!」でしょうね~(^^;
私は単行本読んだのも先月だったくらいだから…。

今月末はどうなんでしょう、まだ2008ってのが気になります。
A PIECE OF ILLUSION ACT.3で、違う過去話だったりして(><)
鈴木さんの話は読みたい気もしますが…。

■ 

○コハルビヨリさま

コメントありがとうございます。

コ・コハルビヨリさん!呼吸困難て、大丈夫ですかっ!!
お気を確かに!

薪さんを思うと食も進まないですしね~(笑)
ホントに、コハルビヨリさんのお言葉をお借りして「恋する乙女」状態です(^^;)

体調、大丈夫ですか?
ご無理なさってるのでは?
同人誌はそれは楽しみではありますが、コハルビヨリさんの体調の方が大事ですよ~。
お忙しいとは思いますが、休める時は休んで下さいね!


○原麻めぐみさま

コメントありがとうございます。

ホント、同じネタ、そしてお互いのブログに同じようなコメント入れてるんですね(^^)

そうなんです、落ち着いて読めば、8月号もとても楽しかったんですが、6月号のラストがラストだっただけに、続きが気になって大変な思いでした・・。

12月号・・どうでしょうね、全くの番外編ていう可能性もありますし、「秘密」の展開は予測不可能ですから・・何が来てもショックを受けないよう、期待せずに(でもしちゃうんだけど)待ちたいと思います・・。


○Lさま

拍手コメントありがとうございます。

あの続き、やっぱり来るんでしょうか。
見たいような、見たくないような・・期待と不安が募りますね・・。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://kanon23.blog36.fc2.com/tb.php/24-dc10c88a

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP |