カウンター


プロフィール

かのん

Author:かのん
薪さんと同身長が自慢です

基本、「薪さんと鈴木さんは精神的両想いだった」「薪さんと青木には、心身共に結ばれてほしい」という、偏った視点で書いております
創作も主に、薪さんが「青木と幸せになる未来」と、「鈴木さんと幸せだった過去」で構成されております

コメ、拍手コメ共に、過去記事にも遠慮なく投稿いただけたらと思います
レスは「コメをいただいた翌々日までにお返しする」ことを自分に課しておりますが、諸事情により遅れる場合もございます
でも必ず書かせていただきますので
ご了承下さいませm(_ _)m

リンクは嬉しいので、ご自由にどうぞ♪


当ブログ拍手頁

最新の公開拍手コメのレスはこちら それ以前の公開拍手コメ&レスは、各記事の拍手ボタンを再度押していただければ読めます 鍵拍手コメにつきましては、拍手をいただいた記事下コメント欄にレスを書いております

所属してます♪


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


検索フォーム


 
第23話:回復


病にかかり、城から離れていた者達が、次々に戻ってきた。

「城に仕えている限り、こういった事は、またあるやもしれぬ。死ぬ思いを味わったのだ。城を離れるなり、また仕えるなり、それぞれが、思うようにすれば良い」
姫はそう言った。

だが、回復した者で、その後、城を離れた者は、一人として居なかった。

そしてある夜のこと、食事を取るマキアーヌの目の前に、見た事の無い物が運ばれてきた。
それは、鳥が羽を広げ、小さな花をくわえている形をかたどった、それは大きなパンだった。

「これは・・?」
マキアーヌが尋ねると、給仕頭がそばに寄り、答えた。
「これは、料理人の女達が、姫様に召し上がっていただきたいと、焼いた物にございます」

彼女達は、給仕係に言ったのだ。

「病気になった時は、料理をする者がこんな得体の知れない病にかかっては、すぐに追い出されるかと思っていたのよ」
「それが、みんなまとめてちゃんと面倒見てくれて」

「食中毒だって聞いた時は、びっくりしてね」
「そう。疫病じゃないから、助かるぞ。すぐ薬が届くからもう少し頑張れって言われたけど、城でそんな物を使って料理してしまったのかと思ったら」
「そうそう。責任取って打ち首かと思って震えてねえ」

「このまま病気で死んだ方が余程マシじゃないかって、どうか死なせて下さいって、神様にお願いしてたくらい」
「それが運悪く治っちゃって。どんな風に責任を取らされるか。せめて仕事をクビになる位で済みますようにって、祈って祈って」

「それが、全くお咎め無しだなんて」
「しかも、またここで城の皆様の為に腕が振るえるなんて。こんな嬉しい事は無いよ」

「あたし達、姫様に、何かお礼がしたくて、色々と考えて」
「でもね、結局あたし達が出来ることは、食事を作ることだけ」
「だから、皆で姫様にこれを焼いたのよ」

「是非、姫様に召し上がっていただきたくて」
「姫様に」
「姫様に」

「・・これは、この国の紋章に使われている鳥を、かたどった物だと」
給仕頭は、そう結んだ。

「・・・・・・」
マキアーヌは、しばらく、言葉が出なかった。
じっとその大きな皿を見つめ、手を伸ばし、パンを一口、ちぎって、口に運んだ。

そして味わい、飲み下すと、
「・・これ程に美味なる物を口にしたのは、生まれて初めてだと、そう伝えよ」
そう言った。

姫は片手で口を覆い、目を伏せた。
すると、涙がほろほろとこぼれ落ちた。
辛い時でも、人前では涙を見せずに、耐えていた姫の、その目から。

その場に居る誰もが、そんな姫を、微笑みながら、見守っていた。



関連記事

コメント

■ マキアーヌ姫に乾杯!

こんにちは。かのん様♪

食中毒になった皆さん回復して良かったですね。

そうですよね。この人たちにせいでなくても・・・何かしらの形で責任を取らされそうですよね。

さすがはマキアーヌ姫\(^ー^)/

それよりも、今回、犠牲になったことを痛んで、辞めてもいいんだなんて(T_T)

ますます、人民のマキアーヌ姫の人気は上がりますね\(^ー^)/

感謝の心がこもった豪奢なパンを食べて、つい、感激のあまり涙をほろほろとこぼしてしまったマキアーヌ姫。そして、それを見守る家臣たち。

心優しい、穏やかな人々が集う素晴らしい国ですね。

皆様!こんな素晴らしい姫様に政略結婚ですか~。

是非、姫が選んだ方と結婚させてあげましょう☆\(^ー^)/☆

さぁ、皆様でマキアーヌ姫に乾杯\(^ー^)Y☆Y(^ー^)/

はっっ。乾杯はクラウド王子様☆の特権でしたね。
クラウド王子様☆すみませんでした(T_T)

ご活躍をお待ちしています(^_^)v
アオキールとの決闘なんか素敵ですね☆☆☆

■ 姫・・・(´;ω;`)ホロリ

こんばんわ★お久しぶりです!!
いつも入り浸ってるのでお久しぶりな感じはあんまりしませんけどw

なんと!食中毒だったんですね!
アオキールのおかげで薬が手に入りましたね!
アオキール良く頑張ったゾ!!(>▽<)/

食中毒といえば、私も卵で死ぬほど苦しんだことあります(@@;
あの苦しみはいっそ殺して~てくらい酷いですよね・・・
それに生魚にもあたってお刺身食べられなくなりました・・・
あんなに好きだったウニももう見るだけで吐き気が・・・orz

て、そんなことはどうでも良いのです(^^;

クラウド王子が狙われてたという事実に驚きました!
オカベック達の大活躍のおかげで無事でしたが、
自分が狙われたことで王子はいったいどういう行動に出るのか?
姫の身を案じて潔く身を引こうとしないでくださいね!ね!(><;

それにしても、無事に戻ってきたアオキールに一番最初に会いたかったのはマキアーヌ姫だった筈なのに・・・ユキエンナが(T_T)

姫という立場上仕方ないのでしょうね・・・
でもアオキールのこと心配で心配でたまらないでしょうね・・・
本当はずっと傍についていたいでしょうね・・・

>アオキールはその瞳を見て、心がうずいた。
>そのうずきが一体何なのか、ようやく、自分で分かったような、気がした。

え?ユキエンナの黒い瞳を見てうずいたのですか?!
それってどういう・・・・・どきどき(@@;

>姫は片手で口を覆い、目を伏せた。
>すると、涙がほろほろとこぼれ落ちた。

はう~~マキアーヌ姫~~~なんてお優しいの?(;▽;)
民の思いに心打たれて涙を流すマキアーヌ姫に私も心打たれました!
どこまでも姫について行きます!!

不明なところもありつつも、事件も無事解決しましたし、あとはアオキールとクラウド王子の恋のラブバトルを残すのみとなりましたね(*゜▽゜*)ウフ♪

うふふふふ楽しみです~~ヽ(*´∀`)ノ♪♪♪

■ 

○たつままさま

こんにちは。
コメントありがとうございます!

> 食中毒になった皆さん回復して良かったですね。
> そうですよね。この人たちにせいでなくても・・・何かしらの形で責任を取らされそうですよね。

ね・・普通だったら、王室の人達に食べさせる食事にそんな物を入れていたとなったら、誰かが責任を取ることになると思うのですよね(日本の時代劇なんかでも、そんな事があると家臣が切腹とかありますし)。

> さすがはマキアーヌ姫\(^ー^)/
> それよりも、今回、犠牲になったことを痛んで、辞めてもいいんだなんて(T_T)
> ますます、人民のマキアーヌ姫の人気は上がりますね\(^ー^)/

姫は責任の所在なんて考えてもいない。
考えているとしたら、全ては自分のせいだと思い、心を痛めてしまう・・(TT)

> 感謝の心がこもった豪奢なパンを食べて、つい、感激のあまり涙をほろほろとこぼしてしまったマキアーヌ姫。そして、それを見守る家臣たち。

姫は、自分の力が及ばない事に嘆き、苦しむけれど、でも被害にあった者や周囲の者達は、姫の気持ちを理解し、感謝している・・・これも私の某(笑)漫画に対する願望かもしれません・・薪さ~ん、苦しまないで!

> 心優しい、穏やかな人々が集う素晴らしい国ですね。

いつまでも平和が続いてほしいです!☆

> 皆様!こんな素晴らしい姫様に政略結婚ですか~。
> 是非、姫が選んだ方と結婚させてあげましょう☆\(^ー^)/☆
> さぁ、皆様でマキアーヌ姫に乾杯\(^ー^)Y☆Y(^ー^)/

ありがとうございます。
たつままさんの優しさが身に沁みます・・(TT)

> はっっ。乾杯はクラウド王子様☆の特権でしたね。
> クラウド王子様☆すみませんでした(T_T)

すみません・・このところ続けて4話程出番が無く・・決して忘れているわけでは・・

> ご活躍をお待ちしています(^_^)v
> アオキールとの決闘なんか素敵ですね☆☆☆

彼のことも忘れずにいて下さって嬉しいです(^^)

決闘・・それもいいですね。
既に口ゲンカ(?)はしておりますけどね(^^;)

■ 

○コハルビヨリさま

こんにちは。
コメントありがとうございます!

> 姫・・・(´;ω;`)ホロリ

ホロリとして下さって嬉しいです(;;)
地味なシーンですが、絶対に外したくなかったエピソードなので・・。

> こんばんわ★お久しぶりです!!
> いつも入り浸ってるのでお久しぶりな感じはあんまりしませんけどw

入り浸って下さってありがたいです!!(><)
お忙しいのに、読んでいただき、こんな丁寧なコメントまでいただいて、本当に嬉しく思います。

> なんと!食中毒だったんですね!
> アオキールのおかげで薬が手に入りましたね!
> アオキール良く頑張ったゾ!!(>▽<)/

彼には、恋に悩むだけではなく、何かお仕事で頑張ってほしかったので・・無事に活躍&帰ってきてくれて、私もホッとしております(^^;)

> 食中毒といえば、私も卵で死ぬほど苦しんだことあります(@@;
> あの苦しみはいっそ殺して~てくらい酷いですよね・・・
> それに生魚にもあたってお刺身食べられなくなりました・・・
> あんなに好きだったウニももう見るだけで吐き気が・・・orz
> て、そんなことはどうでも良いのです(^^;

えええええ~、そんなことが!!
それはそれは大変でしたね・・・・(><)

> クラウド王子が狙われてたという事実に驚きました!

伏線が無かったですしね・・最初から決まってた事ではあったんですが、匂わせても面白くないので・・・

> オカベック達の大活躍のおかげで無事でしたが、

「とらわれの姫」では、アオキールと姫は盗賊と格闘しましたが、それ以外のメンバーが実際に剣を使うところも見てみたい・・と思っていたら、こんな風に活躍してくれました。
事前に王子の兵達と仲良くなっていたお陰ですね(^^;)

> 自分が狙われたことで王子はいったいどういう行動に出るのか?
> 姫の身を案じて潔く身を引こうとしないでくださいね!ね!(><;

え・え・え~と、それはですね・・・
困ったな・・・
コハルさんに言われると弱いんですけど・・
ちょっと王子に何とかならないか聞いてみます・・・・

> それにしても、無事に戻ってきたアオキールに一番最初に会いたかったのはマキアーヌ姫だった筈なのに・・・ユキエンナが(T_T)

彼女とのしがらみも解決しなきゃならなかったので、こういう展開になったようです。

> 姫という立場上仕方ないのでしょうね・・・
> でもアオキールのこと心配で心配でたまらないでしょうね・・・
> 本当はずっと傍についていたいでしょうね・・・

そうですね、立場上、付いてはいられないですしね・・
でも、傍に居なくても、姫は満足したようなので、大丈夫です(^^)(次話参照)

> え?ユキエンナの黒い瞳を見てうずいたのですか?!
> それってどういう・・・・・どきどき(@@;

どきどきしながら読んで下さって嬉しいです。
これも次話でアオキールが自ら説明しております(^^)

> はう~~マキアーヌ姫~~~なんてお優しいの?(;▽;)
> 民の思いに心打たれて涙を流すマキアーヌ姫に私も心打たれました!
> どこまでも姫について行きます!!

きゃ~~~~~っ!!
嬉しいです!!!
姫の魅力が私の拙い文章でも伝わってのであれば、こんな嬉しい事はございません!!!

> 不明なところもありつつも、事件も無事解決しましたし、あとはアオキールとクラウド王子の恋のラブバトルを残すのみとなりましたね(*゜▽゜*)ウフ♪
> うふふふふ楽しみです~~ヽ(*´∀`)ノ♪♪♪

ラ・・ラブバトル・・・・・
困ったな・・・(再び)
ふ、二人に聞いてみます・・・・・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://kanon23.blog36.fc2.com/tb.php/247-e349342a

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP |