カウンター


プロフィール

かのん

Author:かのん
薪さんと同身長が自慢です

基本、「薪さんと鈴木さんは精神的両想いだった」「薪さんと青木には、心身共に結ばれてほしい」という、偏った視点で書いております
創作も主に、薪さんが「青木と幸せになる未来」と、「鈴木さんと幸せだった過去」で構成されております

コメ、拍手コメ共に、過去記事にも遠慮なく投稿いただけたらと思います
レスは「コメをいただいた翌々日までにお返しする」ことを自分に課しておりますが、諸事情により遅れる場合もございます
でも必ず書かせていただきますので
ご了承下さいませm(_ _)m

リンクは嬉しいので、ご自由にどうぞ♪


当ブログ拍手頁

最新の公開拍手コメのレスはこちら それ以前の公開拍手コメ&レスは、各記事の拍手ボタンを再度押していただければ読めます 鍵拍手コメにつきましては、拍手をいただいた記事下コメント欄にレスを書いております

所属してます♪


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


検索フォーム


 
Scene3:初日


荷物を抱えて、一度自分のマンションへと戻り、シャワーを浴びて着替えをした。
それから急いで青木は職場へと向かい、建物内へと入った。

新人が全く定着しない為、未だに下っ端である青木は、本来なら早めに着いて、仕事の準備をしておくべきだが、この日は、ギリギリとなってしまった。
でも、これなら定刻には間に合う。

定刻3分前。
「おはようございます!」青木が言いながら第九の室内に入ると・・

「急げ、青木!」
「薪さん、とっくに来てるぞ」

メンバー全員、もうそれぞれの席に着いて仕事を始めていた・・

「・・・皆さん、早いですね・・・」青木は、その光景に思わず足を止めた。

実は、定刻の約10分前。
曽我は、出勤しながら思った。

今日は薪さんが来る日だからな、早めに来て正解だな。まだ10分もある。
そう思って、第九の室内に入ると、岡部、今井、宇野、小池は、もう席に着いて仕事を始めていた・・

「え・・? 皆さん、早いですね・・」曽我が驚いていると、
「急げ! 曽我!」
「薪さん、とっくに来てるぞ」
口々にそう言われたのだった。

定刻の20分前。
小池は、出勤しながら、時計を見た。

今日は早く着いたぞ。薪さんが久々に来るからな。ちゃんと出迎えないと、後で何言われるか・・
そう思いながらも足取りは軽く、第九の室内に入ると、岡部、今井、宇野は、もう席に着いて仕事を始めていた・・

「え? み・・皆さん、早くないですか!?」小池が驚いていると、
「急げ、小池!」
「薪さん、とっくに来てるぞ」
そう言われた。

定刻の30分前。
宇野は、出勤しながら思った。

うん、ちょうどいい時間に着いた。今日は薪さんが来るし、早く行って、頑張らないとな。
そう思い、改めて背筋を正し、第九の室内に入ると、岡部と今井は、もう席に着いて、仕事を始めていた・・

「あれ・・? オレの時計、遅れてないよな・・お二人とも、早いですね」宇野が驚いていると、
「急げ、宇野!」
「薪さん、とっくに来てるぞ」
相次いで言われた。

定刻の45分前。
今井は、出勤しながら、今日の仕事の流れを、頭の中で予測していた。

まずは、仕事の準備を万全にして、それから薪さんを出迎え、挨拶をする。
これだけ早く着けば、余裕で薪さんを出迎えられるだろう。
そう思い、第九の室内に入ると、岡部が、もう席に着いて、仕事を始めていた・・

「おはようございます・・岡部さん、早いですねえ」今井が驚いていると、
「急げ、今井!・・薪さん、とっくに来てるぞ」
「え!?」岡部の言葉に、今井は仰天した。

定刻の1時間前。
岡部は、いつも以上に、余裕を持って出勤した。

前日まで、休みも無くみっちりと仕事をした薪を見ているが・・

薪さんのことだ。何食わぬ顔で、今日は早めに現れるだろう。
負けちゃいられない。

そう思い、当然自分が一番乗りだと思ったのだが、第九の室内に入ると、既に、部屋のライトはもちろん、機器類の電源も全て入り、仕事のセッティングがされていた。
誰がこんな早く・・と思ったが、執務室には、誰も居ない。

まさか・・

室長室をノックすると、中から声が返ってきた。
やはり・・

「おはようございます!今年もよろしくお願い致します!」

大きな声で言って、頭を下げる。
薪も立ち上がり、
「よろしくお願いします」そう、返した。

「早いですね・・まさか、この時間に来れば、オレの方が先だと思ったんですがね・・」
くやしそうに言って、岡部は頭をかいた。

「定刻を過ぎたら、僕も上に挨拶に行かねばならないからな。会議も重なる・・いつ戻れるか分からない。仕事の割り振りをしておいた。あとは、岡部、よろしく頼む」
「はい!」

やはり、こうでなければ。
薪は、その行動も、口にするセリフも、小気味いい程に無駄が無い。
彼の下でまた働ける事に、岡部は爽快さを感じていた。

・・そして、定刻2分前に戻る。

「何やってるんだ、青木」
「ボーっとしてないで、早く挨拶に行ってこいよ」

「え・・」
「薪さんに、仕事始めの挨拶と、帰国したことへの挨拶だ」
「もうすぐ、薪さんも上を回る為にここを出る筈だ。急いだ方がいい」

口々に言われ、青木は急いでカバンを置き、コートを脱ぐと、室長室へと向かった。
岡部だけが、何も言わず、その後ろ姿を見送っていた。

ノックをする。
「青木です」
「入れ」

薪は立ち上がり、端末を閉じて、上着を着込んでいた。
青木はドアを閉め、薪に近付いた。

「おはようございます・・今年もよろしくお願いします」
きっちりと言って、頭を下げる。

薪からの返事は無かった。
「すみません・・遅くなりまして・・」
言いながら青木が顔を上げると、薪は・・・微笑んでいた。

「間に合ったな」
一言、そう言った。

「あ・・」
何と返したものか、青木は言葉が出なかった。

薪は一度目を伏せると、もう一度、フッと笑い・・そして顔を上げて、青木を見つめ、言った。
「今年も・・しっかりやれ」

「・・はい!」
青木が返事をすると同時に、薪は室長室を、足早に出て行った。

青木より先に出てきた薪を、第九メンバー達は、無言で見送った。
そして、後から室長室から出てきた青木に、一斉に視線が集まった。

「青木! 大丈夫だったか?」
「はい?」

「オレ~、2年間お疲れ様でしたって言ったら、『ご苦労だったな』とは言われたんだけどさ、何だか怒ってるみたいで。やっぱり少し来るのが遅かったかなあと思ったんだ」

「オレなんて、『早いじゃないか、小池』って言われたよ・・自分は1時間以上も前に来ておいて。素直に受け取れると思うか?」

「何だか不機嫌そうに見えたけど・・まあでも、それが薪さんだから。ある意味、変わってなくてホッとしたと言うか」

「外見も、恐ろしく変わってなかったな・・。向こうで色々と苦労もあったろうにな」

「2年や3年立ったって、薪さんは薪さんだ。・・変わらないさ」

皆が、薪さんの話をする。
2年前までと同じように、愚痴っぽく、でも、とても楽しそうに・・
青木は、そのことが、嬉しかった。

「で? どうだった?」
「青木、お前は、あんなギリギリに行って、何て言われた?」
「え・・」

「間に合ったな」
「しっかりやれ」
そう言って、微笑んでくれた・・と、ここで言う事は、得策ではないと思えた。

「そんなに・・不機嫌でも無かったですよ」
青木はそれだけ、言った。
むしろ、またここに戻れたことが、皆と共に働けることが、薪さんは、嬉しそうだった・・・

「ふうん・・」
青木が興味を引くことも言わないので、皆、つまらなそうに、仕事に戻った。

青木も急いで席に着く。
そんな青木を、岡部はそっと見やり、そして自分も目の前の仕事に向かった。





関連記事

コメント

■ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

■ コメ遅くなりました!!

新章スタートですね!!
なんだかこれから素敵な展開が待ってそうで、
ワクワクしてます~o(^-^)o♪

岡部に青木のことウッカリ口にしちゃって、
薪さん一見冷静でしたが、内心焦ったでしょうね(^o^;

でもその後も3日間、何も追及しない岡部が岡部らしくてイイですね!
あ、色々考えて出来なかっただけかな?w

久しぶりに会った恋人に帰った方が良いと言う薪さんにもそそりますが、
それでも傍にいたいと抱き締める青木の強引さが素晴らしすぎますvvv
青木はそうでないとね♪♪♪GJ★

初日面白いです♪
第九メンバーとの再会をこんなに楽しく丁寧に書いてくださるなんて嬉しいです~(*^□^*)
それぞれの特徴がイイ感じにコミカルに表現されててステキ☆

第九メンバーが以前と変わらず薪さんのご機嫌を伺ってびくびくしててウケますwww可愛い★
薪さん喜んでるのになぁ(*^^*)♪

でも岡部ったらなんだか青木のこと気にしてますねっ(≧ω≦)♪
きゃーもーバレたらいーのにぃ★

これからどうなるんでしょう?!
ドキドキです(//∀//)

■ 楽しいですね♪

こんにちは。かのん様♪♪♪

いいですね~\(^▽^)/
第九メンバーと薪さんのやり取りは最高です(^_^)v

きゃっ♪♪♪
2年間ぐらいで、あの薪さんの美貌に変化はありませんよね~☆☆☆
しかも、青木の愛に満たされてお肌はツヤツヤ(≧∇≦)

しかし、薪さんは普通の事を言っているのに(多分)・・・第九メンバーは、なぜか、戦々恐々としている(^▽^;)
相変わらず、面白過ぎます(笑)

さすが、かのん様\(^ー^)/
すっごく一人一人キャラの特性が出ていますね~

本当に、とある方々、薪さんの初出勤なのですから、最低30分前には来ましょうね(`▽´)

ちなみに、掃除腐・・・でない、掃除婦の私は2時間前に来て、室長室を磨き上げておりますよ(^_^)v←薪さんなので、2年振りに気合い入っています♪(≧∇≦)♪

あらっ。またまたおかべっくは何かを・・・

今後、薪さんの第九でのますますのご活躍をご祈念いたします☆☆\(^▽^)/☆☆

こちらにすみませんm(_ _)m
コハルさんのコメント、早朝なのでびっくりしました♪♪♪

■ 

○5/24 2:44に拍手鍵コメを下さったKさま

いらっしゃいませ。はじめまして。コメントありがとうございましたm(_ _)m

あのお二人が、お仕事を通して親密になったのは存じておりましたが、そうですか、そんなエピソードが・・。
年齢を越えて互いを対等に尊敬し合う関係って、いいですね(^^)

社会人としての心得・・そうですね、薪さんは私の中では合理的な方なので、普段は、遅刻さえしなければ、定刻までに仕事が出来る状態になっていれば、特別に早く来ることは要求しないと思うんですが(^^)
仕事初めの日だけは、早く出勤して早々に挨拶を済ませるのが定番・・というイメージがあるもので。
実際はそんなこと、近未来には省略されているかもしれないですけどね(^^;)

リアルだとおっしゃっていただき、嬉しく思いました。

■ 

○5/24 1:09にこちらに非公開コメントを下さったSさま

コメントありがとうございます!

薪さんかわいいですか?
嬉しいです・・・!!

岡部さん、さてどうなんでしょう・・・私もまだ分かりません(笑)

そして・・・・
えええええええええ!!!???
そそそそそそそんなことがっ!!!!!??????

やっぱりあるんですね・・・どうしてでしょう(TT)
本当に本当に申し訳ございませんっ!!!!(><)

当ブログでも、送信した筈のコメントが消えたと伺ったことが数度、他の方のところでも、あちらこちらで、そういったことがありましたが・・やっぱり伺ってないところでもそんなことが・・・

何なんでしょう???
私のブログの馬鹿っ!!!

いえ・・もしかすると、他の方のところはともかくとして、当ブログに限っては、元々機械オンチの私がブログなんぞをいじっているせいで、本来いじってはいけないところをうっかり知らずにいじって、削除してしまっているのかもしれません・・・

だとしたら・・
本当に本当に本当に申し訳ございませんっ!!!!m(_ _)m

さぞかし疑問に思われことと存じます。
にも関わらず、いつもご覧いただいてるとのこと、本当にありがたく、また、今回コメント下さって、本当にありがとうございました(TT)

申し訳ございませんでした!!!

そして、ありがとうございましたm(_ _)m

■ 

○コハルビヨリさま

お忙しい中、コメントどうもありがとうございます!

> 新章スタートですね!!
> なんだかこれから素敵な展開が待ってそうで、
> ワクワクしてます~o(^-^)o♪

楽しみにしていただけるのは、本当にありがたいのですが・・。
そそ・・・そんなに素敵でもないかもしれません・・(←弱気)

> 岡部に青木のことウッカリ口にしちゃって、
> 薪さん一見冷静でしたが、内心焦ったでしょうね(^o^;

フフフ・・・

> でもその後も3日間、何も追及しない岡部が岡部らしくてイイですね!
> あ、色々考えて出来なかっただけかな?w

その人「らしい」というのは、二次創作をしていて、とても嬉しいお言葉です。
ありがとうございます!
岡部さんは、一体どう思っていたんでしょうね・・

> 久しぶりに会った恋人に帰った方が良いと言う薪さんにもそそりますが、

薪さんは、思うままに行動する青木に対して、上司として、年上の恋人として、常識を諭す人・・というイメージが、私の中で、6月号を読んで出来たかもしれません・・。

本当は、心も身体も♪青木を待っていたのにね☆

> それでも傍にいたいと抱き締める青木の強引さが素晴らしすぎますvvv
> 青木はそうでないとね♪♪♪GJ★

ですよねえ♪
GJとおっしゃっていただき、嬉しいです(〃▽〃)

> 初日面白いです♪
> 第九メンバーとの再会をこんなに楽しく丁寧に書いてくださるなんて嬉しいです~(*^□^*)
> それぞれの特徴がイイ感じにコミカルに表現されててステキ☆

嬉しいです嬉しいです嬉しいです~~!!!☆☆

ほとんど同じことの繰り返しで・・面白くないよね・・と思っておりましたので(TT)
自分の中で、しばらく脳内が海外に居たので、脳内環境を第九にリセットする為に、第九メンバーの動きを詳細に思い浮かべていたら、それを全部書きたくなってしまって・・

でも、こんな風におっしゃっていただき、書いて良かったと思えました・・・

> 第九メンバーが以前と変わらず薪さんのご機嫌を伺ってびくびくしててウケますwww可愛い★
> 薪さん喜んでるのになぁ(*^^*)♪

ウケましたか・・ああ・・・嬉しい・・・・

> でも岡部ったらなんだか青木のこと気にしてますねっ(≧ω≦)♪

皆に「帰国の挨拶をしてこい」と言われ、何も言わず室長室へ入った青木。
薪さんと既に会ってると知っている岡部さんにしてみれば「いえ、実は帰国してから薪さんには既にお会いしてまして・・」などと、言わない青木に、何故?・・と思ったかもしれません(笑)

> きゃーもーバレたらいーのにぃ★
> これからどうなるんでしょう?!
> ドキドキです(//∀//)

コハルさんは「第九メンバーにバレる」をリクエストされてましたものね(^^)
さてさて・・

■ 

○たつままさま

こんにちは。
コメントどうもありがとうございます!♪

> いいですね~\(^▽^)/
> 第九メンバーと薪さんのやり取りは最高です(^_^)v

ああああああ・・・・・嬉しいお言葉、ありがとうございます!!!
同じことの繰り返しなのに、つまらないかな・・と思いつつも、浮かんだシーンを全部書きたくなってしまったもので・・
でもそうおっしゃっていただき、書いて良かったと思えました(TT)

> きゃっ♪♪♪
> 2年間ぐらいで、あの薪さんの美貌に変化はありませんよね~☆☆☆

だと思います。
美しい女性達を見慣れている(?)今井の目でも「変わってなかった」そうですから☆

> しかも、青木の愛に満たされてお肌はツヤツヤ(≧∇≦)

ウ腐腐♪
ですよね~♪♪

> しかし、薪さんは普通の事を言っているのに(多分)・・・第九メンバーは、なぜか、戦々恐々としている(^▽^;)
> 相変わらず、面白過ぎます(笑)
> さすが、かのん様\(^ー^)/
> すっごく一人一人キャラの特性が出ていますね~

そうですか?
嬉しい・・嬉しい・・嬉しいです・・・・・

いえ、キャラがそれぞれ特性があって面白いのは、原作の魅力故ですが、それを動かしてそうおっしゃっていただけると・・・本当にありがたいです・・

> 本当に、とある方々、薪さんの初出勤なのですから、最低30分前には来ましょうね(`▽´)
> ちなみに、掃除腐・・・でない、掃除婦の私は2時間前に来て、室長室を磨き上げておりますよ(^_^)v←薪さんなので、2年振りに気合い入っています♪(≧∇≦)♪

に・・・2時間前!!!
素晴らしい!!!
社会人の鑑ですね!

先日、Kハルさんのブログを最初から見直していて、たつままさんが掃除婦になったきっかけを、改めて見つけました。
酔ったタキシード薪さんを青木が介抱している・・あの頃が発端だったのですね。
しかもサンタ薪さんの時には衣装係もされているし・・

Mひろさんのところも含め、たつままさんは、一体いくつのお仕事を兼任されているのか・・・(^^)

> あらっ。またまたおかべっくは何かを・・・

おかべっく(笑)、当ブログの創作の中では、理解ある大人のいい男・・ではあっても、「そういう意味」では報われない立場です。
ごめんね、おかべっく・・

> 今後、薪さんの第九でのますますのご活躍をご祈念いたします☆☆\(^▽^)/☆☆

ありがとうございます!!!
薪さんに成り代わり、お礼を申し上げますm(_ _)m

いつもパワーを充電させてくれる楽しいコメントを、どうもありがとうございます!

■ 鍵拍手コメ下さったAさま

〇9/18に鍵拍手コメント下さったAさま

更新の無い間も、ご訪問して下さり、コメント下さって、ありがとうございます!

薪さんは第九を離れた方がいいのではと思われたとのこと、お気持ち分かります(;;)
そうですね・・エピローグのセリフ、切ないですよね。

コメントの内容が重なっていたとしても、もちろんOKですよ!
私も同じことを繰り返し書いたりしておりますし(^^;)
「秘密」に対する想いをお聞かせいただき、いつも楽しく、ありがたく思っております。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://kanon23.blog36.fc2.com/tb.php/281-b219941c

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP |