カウンター


プロフィール

かのん

Author:かのん
薪さんと同身長が自慢です

基本、「薪さんと鈴木さんは精神的両想いだった」「薪さんと青木には、心身共に結ばれてほしい」という、偏った視点で書いております
創作も主に、薪さんが「青木と幸せになる未来」と、「鈴木さんと幸せだった過去」で構成されております

コメ、拍手コメ共に、過去記事にも遠慮なく投稿いただけたらと思います
レスは「コメをいただいた翌々日までにお返しする」ことを自分に課しておりますが、諸事情により遅れる場合もございます
でも必ず書かせていただきますので
ご了承下さいませm(_ _)m

リンクは嬉しいので、ご自由にどうぞ♪


当ブログ拍手頁

最新の公開拍手コメのレスはこちら それ以前の公開拍手コメ&レスは、各記事の拍手ボタンを再度押していただければ読めます 鍵拍手コメにつきましては、拍手をいただいた記事下コメント欄にレスを書いております

所属してます♪


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


検索フォーム


 
6月6日、当ブログで300個目に当たる記事をUPすることが出来ました。

皆様のお陰で、ここまで続けることが出来ました。
どうもありがとうございますm(_ _)m



100記事目をUPしたのが、ブログを開設した9月29日から数えて70日目の、12月7日。
200記事目をUPしたのが、それから更に95日後の、3月12日。

そして、今回300記事目をUPしたのは、そこから更に86日後。
トータルで、ブログを開設してから251日で、300記事を達成したことになります。


100記事目までについては、「100記事記念のご挨拶」に、200記事目までについては、「200記事記念のご挨拶」に書きましたので、今回は、201記事から300記事までについて、振り返ってみようと思います。


この201から300記事に至るまでの大きな特徴は、ほぼ途切れずに、コンスタントに更新を続けていたことです。

一日に3記事以上UPした日が、全部で5日。
さまよえる姫」の創作時に、一日で4記事UPした日があるだけで、後は全て一日3記事以下と、以前に比べて一度に多く更新する日は減りました。

その代わり、更新が途絶えていた日が、最長で4日という時が一度あったきりで、後は更新が停滞していたのは、全て3日以下でした。

4日間途絶えていたのは、娘が春休みで忙しく、また、ちょうどこの頃あちこちで取り上げられていた鈴木さんのことを、ぐるぐると考えていた時期ですね。


201~300記事までの拍手総数は、1177件。

同じく201~300記事までの、拍手コメント以外の、記事下のコメント総数が、308件。
こちらは、ほぼ半数が私のレスで、いただいたコメントのみを数えると、152件になります。

拍手、拍手コメント、記事コメント、その一つ一つが皆様の手によるものであり、本当にありがたく、嬉しく、感謝の気持ちで一杯です。


拍手数の多い記事ベスト5は、


1位 4/3 オリジナルストーリー -続・おぼろ月夜- こちら 37拍手

2位 4/5 オリジナルストーリー -続・おぼろ月夜- 後書き こちら 28拍手

3位 5/13 オリジナルストーリー -誓い- Scene4:誓い こちら 27拍手

4位 3/25 オリジナルストーリー -休日- Scene6:月夜 こちら 25拍手

5位 3/18 オリジナルストーリー -別れ- こちら 24拍手


・・と、100記事記念、及び200記事記念の時と同様、全てオリジナルストーリーでした。

1位の「続・おぼろ月夜」は、たぶん、これまでで、一番ハードなRだったでしょうか。
これを書く直前に、短期のスランプに陥り、そして書いたものということで、自分の中では、Rだということ以前に、気持ちが入った一作です。

まだ薪さんと青木が出会ったばかりの春を描いた「おぼろ月夜」の、その5年後の出来事として描いたものですが、最初の「おぼろ月夜」と、その続編の違いに、驚かれた方も多かったようですね。

同じくR系の「滴(しずく)」の35拍手や、「独白」の28拍手を抜いて、今のところ、拍手数ではトータルでも1位ですね。

そして2位は、その後書き
それまでの後書きと趣向を変え、薪さんと青木の会話形式・・若干Rな香り入り・・にしたところ、意外にもウケたようです。

3位の「誓い」は、ブログの拍手数が2000を超えたことに感謝を込めて、記念に書いたものです。

私自身も、とても思い入れのある創作であり、特にこの「Scene4:誓い」は、心からの想いを込めて書き上げたもので、皆様の支持をいただけたこと、本当に嬉しく思います。
私自身、このシーンは、この先ずっと、忘れることは無いでしょう。

4位の「休日」は、帰国を控えた薪さんと、フォスターが二人で過ごす週末を描いたもの。

フォスター絡みの話はいくつも書いておりますが、特にこの「Scene6:月夜」は、彼の想いの行き着いた先とも言えるシーンです。

オリジナルキャラ偏重のストーリーでありながら、読んでいただき、こうして拍手までいただける・・本当にありがたいことだと思います。

5位の「別れ」も、思い入れの強い創作です。
私が初めて、過去編以外で鈴木さんの想いを登場させたお話で、その後の薪さんと青木の未来をも示唆する、色々な意味で、ターニングポイントになったお話でした。

こうして見ると、5つとも、自分でも思い入れの深い物ばかりで、これらに多くの拍手をいただけたこと、大変嬉しく、ありがたく思います。


続いて、記事下にいただいたコメント数で見ていきたいと思います。
コメント総数だと、私が書いたレスも入っているので、皆様からいただいたコメント数のみで、見て参ります。

皆様からいただいたコメント数の多い記事は、


1位 3/16 オフ会レポ その2 こちら 15コメント

2位 5/31 今日も脳内薪さん一色♪ -第九メンバーが妻帯者でも許せる?- こちら 8コメント

3位 5/16 今日も脳内薪さん一色♪ -お住まい編- こちら 5コメント

4位 3/12 オリジナルストーリー -刹那- Scene6:涙 こちら 4コメント

同数4位 3/18 オリジナルストーリー -別れ- こちら 4コメント

同数4位 3/21 オリジナルストーリー -別れ- 後書き こちら 4コメント

同数4位 4/5 オリジナルストーリー -続・おぼろ月夜- 後書き こちら 4コメント

同数4位 5/25 今日も脳内薪さん一色♪ -百人一首と[「秘密」- こちら 4コメント


となりました。

圧倒的多数のコメントをいただいた、「オフ会レポ その2」。
あの時、お会いした方、残念ながらお会い出来なかった方、双方から暖かいコメントをいただきました。
ありがとうございました。

2位は、ごく最近の記事、「第九メンバーが妻帯者でも許せる?」でした。
皆様それぞれの見解に、楽しませていただきました。

3位の「お住まい編」は、薪さんがどんな所にお住まいか、原作の少ない情報から考えた物でした。
2位の記事同様、皆様それぞれの予想があって、コメントを楽しく読ませていただきました。

そして、同数4位の5つの記事のうち、4つは、オリジナルストーリーでした。

刹那」は、拍手数の多かった「休日」同様、フォスターと薪さんの関係を描いたものでした。

そしてこの「Scene6:」は、フォスターが、後にも先にもこの一度きり、涙を見せたシーンで、書いていた私が、そのシーンを俯瞰で実際に見たかのような錯覚に襲われました。
切なさを感じたという皆様のコメントが、とても嬉しく、心に残りました。

そして、拍手数も多かった、「別れ」と、その後書き、「続・おぼろ月夜」の後書きにも、多くのコメントをいただきました。

百人一首と秘密」は、みちゅうさんの記事を拝見して、そこから発展して書かせていただいたものです。
様々な場所に「秘密」ネタがある・・そう思うと、毎日が楽しいですね。


201記事から300記事までを、全体的に振り返ってみます。


自分の中で印象的なのは、何と言っても、やはり「オフ会レポ」ですね。
皆様にお会い出来て、直接お話し出来たことは、夢のような思い出です。


そして、この86日間も、やはり、創作に燃えた日々でした。

1話完結の短編が、「別れ」「おぼろ月夜」「続・おぼろ月夜」「走馬灯」「朝日」「仕返し」と、全部で6編。
4~15話の中編が、「刹那」「休日」「誓い」「新春」「再会」と、5編。
そして、27話に渡った「さまよえる姫」。

特に今回強い思い入れがあるのは、やはり、2000拍手記念の「誓い」でしょうか。

でも、思い返すと、「別れ」の三人それぞれの姿、「おぼろ月夜」で二人で夜桜を見上げる薪さんと青木、「続・おぼろ月夜」で、並んで歩いていく薪さんと青木の後ろ姿、「刹那」で街路を歩いていくフォスター、「休日で湖畔で笑い合うフォスターと薪さん、「再会」で見られた薪さんの笑顔、「さまよえる姫」での姫とアオキールの初めてのキス・・

挙げていくとキリが無い程、自分で忘れられないシーンが多々あり、どれも一つ一つ愛着があります。


そしてまた、今回は、メロディ6月号のレビューに時間がかかりました。

結局全部で10記事に渡るレビューとなりましたが、やはり、「その瞬間」が、一番強い思い入れを込めて書いたような気がします。
後は、「何故、宇野だったのか」も、書いていて楽しかったですね。


他にも、コハルビヨリさんの同人誌「秘密日和」に登場する「HOST CLUB秘密」で勝手な妄想を展開した記事も自分では好きですし、薪さんの夢を初めて見られた、そのご報告記事が書けたのも、嬉しかったなあ・・。


皆様のブログにお邪魔すると、そのコメレスで、私のブログ記事の感想をいただけたりすることもあり、たとえコメントの無い記事でも、実は色んな方が見て下さってるのだなあと、嬉しく思います。

このブログを見て下さる方々、その皆様に、心から感謝を申し上げます。


それから、実は今日は、私にとって、記念すべき日に当たります。

一年前の今日、6月10日に、「秘密」に、薪さんに出会った、そう、「秘密」記念日なのです。

あの日、amazonから届いた「秘密」1巻から4巻をまとめて読み、瞬く間に、薪さんに落ちたのでした。

この一年は、「秘密」を通して、色々な経験が出来た、「秘密」ファンの皆様との素晴らしい出会いが出来た、本当に充実した日々でした。

「秘密」のお陰で、皆様のお陰で、今の私があります。

本当にありがとうございますm(_ _)m
そして、どうぞこれからも、よろしくお願い申し上げます!!





関連記事

コメント

■ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

■ Congratulations☆☆☆

こんにちは。かのん様☆

300記事&秘密記念日おめでとうございます☆☆☆\(^▽^)/☆☆☆

昨日は、薪さんと出逢った記念日♪♪♪素敵ですね~(≧∇≦)

薪さんと青木みたいに記念日パーティーどうですか♪\(^▽^)/♪←ご主人ビックリするかも・・・

300記事記念の記事お疲れ様でした(^_^)v

この度も、リンクを1つ1つ読み返して楽しんでしまいました(^_^)v
相変わらず、羽ばたきすぎた私のコメント・・・後から見ると本当に恥ずかしいです(/o\)

おまけに夢中になりすぎて、ネタバレ紛いの質問をしてしまったり・・・本当にすみませんm(_ _)m
ご迷惑をお掛けしてます(∋_∈)

本当にかのん様の小説の世界は愛に溢れ、深くて質が高いですよね\(^ー^)/

「刹那」や「休日」「走馬灯」でフォスター氏への愛。

「誓い」「新春」「おぼろ月夜」「続・おぼろ月夜」「仕返し」「再会」等、帰国後の薪さんと青木の二人の生活の変化や愛の深まり方。

そして「別れ」。鈴木さんが、今まで大切に、見守ってきた薪さんが、自分から幸せになろうとする様子に安心して、旅立ってしまう・・・(T_T)
これは、青木が薪さんにプロポーズをする小説ですが、読み手の私には鈴木さんが中心のように感じられました。
鈴木さんの薪さんへの最高の愛し方だと思います\(^ー^)/

マキアーヌ姫シリーズ「さまよえる姫」全く、異なる世界で、独特の雰囲気で素敵ですよね♪♪♪

そして、感想や考察も素晴らしく、温かく薪さんと青木、第九を見つめながら、鋭い感性で冷静に分析されているのが、文章の端々から感じました\(^_^)/

かのん様の小説の世界に浸り、コメを読んで楽しく過ごしていました。
幸せ~☆(〃▽〃)☆

・・・何だか、早朝だったのに、こんな時間(^_^;)
急いで、家事をして、郵便局に行って・・・あっ!その前に宅配来るから注文書書かないと~~(≧ヘ≦)

長々と失礼しましたm(_ _)m

■ Re: タイトルなし

6/10 16:10に非公開コメント下さったRさま

コメントありがとうございます。

何もRさんがお気になさるようなことはございませんので・・どうか何もお気になさらず(^^)

300UPにお祝いのお言葉、どうもありがとうございますm(_ _)m

「走馬灯」がお好きですか。
レビューの合間に書いた、少し地味目の創作にも、こうして目を向けていただけること、本当に嬉しいです!!(≧▽≦)

「再会」も、ドキドキしながらお読みいただけたようで、書いたかいがございます。

私も、ブログは自分が楽しむことが出発点であり、今もそれが一番大事なところかなと思っております。
「秘密」へ込めたその想いは、皆様同じでは・・。

好きな記事を挙げていただいたことも、嬉しかったです。
どうもありがとうございました!

■ 

○たつままさま

こんにちは。
拍手コメに引き続き、こちらでもコメントをありがとうございます!!

> 300記事&秘密記念日おめでとうございます☆☆☆\(^▽^)/☆☆☆

どうもありがとうございます!!m(_ _)m

> 昨日は、薪さんと出逢った記念日♪♪♪素敵ですね~(≧∇≦)>
> 薪さんと青木みたいに記念日パーティーどうですか♪\(^▽^)/♪←ご主人ビックリするかも・・・

周囲の人間は誰も知らない私だけの記念日なので・・密かに胸に納めておきます。
でもこうして、「秘密」ファンの皆様にはお話することが出来るので、充分幸せです♪

> 300記事記念の記事お疲れ様でした(^_^)v

ありがとうございます。
毎回100記事ごとに、ブログを自分で振り返る作業、時間はかかりますが、楽しいんですね。

> この度も、リンクを1つ1つ読み返して楽しんでしまいました(^_^)v
> 相変わらず、羽ばたきすぎた私のコメント・・・後から見ると本当に恥ずかしいです(/o\)

読み返していただけて、しつこくリンクを貼ったかいがございます!
いつもありがとうございます。
私のブログの歴史は、たつままさんのコメントと共にありますよね。

> おまけに夢中になりすぎて、ネタバレ紛いの質問をしてしまったり・・・本当にすみませんm(_ _)m
> ご迷惑をお掛けしてます(∋_∈)

いえいえ何も!!
読みながら、色々と予想したり、質問したりしていただけるのは、本当に嬉しいことですから!

> 本当にかのん様の小説の世界は愛に溢れ、深くて質が高いですよね\(^ー^)/

ひゃ~~~っ☆
もったいないお言葉・・穴があったら入りたい気持ちです・・
・・どうもありがとうございます・・・・・・

> 「刹那」や「休日」「走馬灯」でフォスター氏への愛。

薪さんを想って、ある意味では報われ、ある意味では決して報われない、そんな人物。
彼がこんなに創作の中で大きな存在に成長するとは・・私自身、登場させた時には思いもしませんでした・・。

> 「誓い」「新春」「おぼろ月夜」「続・おぼろ月夜」「仕返し」「再会」等、帰国後の薪さんと青木の二人の生活の変化や愛の深まり方。

二人の軌跡を描いていくのは、書いている私も本当に嬉しく、楽しい作業でもありますね。

> そして「別れ」。鈴木さんが、今まで大切に、見守ってきた薪さんが、自分から幸せになろうとする様子に安心して、旅立ってしまう・・・(T_T)
> これは、青木が薪さんにプロポーズをする小説ですが、読み手の私には鈴木さんが中心のように感じられました。
> 鈴木さんの薪さんへの最高の愛し方だと思います\(^ー^)/

ああああ・・・・・・・ありがとうございます(TT)

鈴木さんは、情報が少ないだけに、自由に想像出来る人ではあるけれど、でも、だからこそ難しく、そしてとても特別な存在なので・・

なんてお返事を返したら良いか・・
胸が一杯です・・・

> マキアーヌ姫シリーズ「さまよえる姫」全く、異なる世界で、独特の雰囲気で素敵ですよね♪♪♪

これも楽しんでいただけたようで、私も嬉しいです。
薪さんが性別を超えて魅力的な方!だからこそ、描ける世界だと言えますね(^^;)

> そして、感想や考察も素晴らしく、温かく薪さんと青木、第九を見つめながら、鋭い感性で冷静に分析されているのが、文章の端々から感じました\(^_^)/

・・・・・・
素晴らしいお言葉の数々に・・何て申し上げたらよろしいか・・・

薪さんや青木や第九を好きなのは確かですが・・鋭い・・?冷静・・?
少なくとも「冷静に分析」は出来ていないような気が致しますが・・いえ、お言葉は嬉しいんですが。

> かのん様の小説の世界に浸り、コメを読んで楽しく過ごしていました。
> 幸せ~☆(〃▽〃)☆

そんな風に楽しんでいただけて、こちらの方こそ幸せです・・(TT)

> ・・・何だか、早朝だったのに、こんな時間(^_^;)
> 急いで、家事をして、郵便局に行って・・・あっ!その前に宅配来るから注文書書かないと~~(≧ヘ≦)

お忙しいのに、過去記事を読み返して下さり、丁寧な嬉しいコメントまで下さって・・本当にありがとうございました!!

どうぞこれからも、よろしくお願い申し上げます!m(_ _)m



昨日から、少し停滞していた他のブログ様巡りを始め、また、娘が熱を出したり、夫も体調を崩して早く帰宅したり、父の体調に変化があったり、学校に行く用事があったりとバタバタしており、レスが遅れました。
申し訳ございませんでした。

今日は娘が登校出来たと思ったら、また熱が上がったと学校から連絡があって、今からお迎えに行くところです(^^;)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://kanon23.blog36.fc2.com/tb.php/308-7d84101b

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP |