カウンター


プロフィール

かのん

Author:かのん
薪さんと同身長が自慢です

基本、「薪さんと鈴木さんは精神的両想いだった」「薪さんと青木には、心身共に結ばれてほしい」という、偏った視点で書いております
創作も主に、薪さんが「青木と幸せになる未来」と、「鈴木さんと幸せだった過去」で構成されております

コメ、拍手コメ共に、過去記事にも遠慮なく投稿いただけたらと思います
レスは「コメをいただいた翌々日までにお返しする」ことを自分に課しておりますが、諸事情により遅れる場合もございます
でも必ず書かせていただきますので
ご了承下さいませm(_ _)m

リンクは嬉しいので、ご自由にどうぞ♪


当ブログ拍手頁

最新の公開拍手コメのレスはこちら それ以前の公開拍手コメ&レスは、各記事の拍手ボタンを再度押していただければ読めます 鍵拍手コメにつきましては、拍手をいただいた記事下コメント欄にレスを書いております

所属してます♪


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


検索フォーム


 
幕間 : 「登場人物リスト」


今回も、登場人物のリストを作ってみました。
なお、原作からのキャラも、こちらのブログの創作での、オリジナルな設定や解釈を加えております。

また、オリジナルキャラの名前は、あえて「日本人に多い名前(姓)リスト」から取っている物が中心になっておりますので、同名の方がかなりの確立でいらっしゃるかと思われます。
もしいらしたら、申し訳ございませんm(_ _)m

冒頭にも掲げましたが、実在の人物や団体とは一切関係ございませんので、ご了承いただきたく、お願い申し上げます。


薪剛
科学警察研究所 法医第九研究室(通称第九)室長。2年間、アメリカのMRI研究所で過ごし、半年前に帰国。

青木一行
第九の捜査員。薪とは、指輪を交換し、生涯を共に過ごすことを誓った仲。薪が帰国してから一緒に住んでいるが、他の捜査員には「部屋をシェアしている」と説明している。

岡部
第九の捜査員。薪に次ぐナンバー2的立場で、薪がアメリカに居る間は、室長代理を務めた。捜査一課出身で、現在も一課の人間との交流がある。

今井
第九の捜査員。顔が広く、他部署との付き合いも多い。人当たりの良さから、外部の人間との交渉ごとを引き受ける。

宇野
第九の捜査員。無駄なことを言わず、さり気なく周囲に気配りが出来、着実に仕事をこなす。物事を冷静に見つめる、クールな一面も。

曽我
第九の捜査員。時に周囲の空気を無視した発言もするが、場を和ませるムードメーカー。

小池
第九の捜査員。一言多く、薪にそれをネタに苛められることも。おだてに弱い。

田城
科学警察研究所の所長。薪に理解を示すが、同時に責任者としての立場との板挟みになることも多い。

坂上均志(さかがみひとし)
第一の被害者。元国会議員。各方面に、強い発言力を持っていた。

高橋喜正(たかはしよしまさ)
第二の被害者。テレビプロデューサー。スクープの為に、様々な手段を使っていた。

内山(うちやま)
テレビディレクター。高橋を尊敬している。

仲村(なかむら)
国会議員。6年前に刺殺された。

萩原(はぎわら)
大学の非常勤講師。英文学を教えている。



************



ここからは、話の筋とは関係ない、ほぼ個人的なおしゃべりです。

今回の創作を書き始めてから、約2週間。
朝から晩まで、何をしていても、頭の隅では、この創作のことを考えております。

書き始めたばかりの頃、スーパーに買い物に行き、豚バラの塊肉を見ながら、
「1ポンドのお肉っていうと、これ位・・(約450g)。成人男性の胸から取るとなると、どう切り出すことになるかしら・・」
と、考え込む私。

この日は、このお肉を買って帰り、夕食に豚の角煮を作りました。

またそれから数日後、今度はひき肉コーナーをじっと見つめる私。
「今夜は、ハンバーグにでもすんの?」と、いきなり声をかけられてびっくり。

すぐ隣りに、知人の女性が立っていたのでした。
「ごめんなさい。全然気が付かなくて」と謝ると、
「熱心にお肉選んでたもんね」と彼女。

実は「こんな風にミンチにして焼いちゃったら、何の肉か、ひと目では見分けがつかないよね・・」と、「人肉ミートパイの可能性について考えていました」とも言えず(当たり前)、その場は微笑んでやり過ごしました。

この夜のオカズは、このミンチ肉を使い、ハンバーグでも、ミートパイでもなく、マーボー茄子になりました。

昨日は、4ヶ月ぶりに、ヘアサロンに行って参りました。

普段「メロディ」以外に雑誌を買わない為、ヘアサロンで過ごす時間が、唯一の、ファッション誌をめくる時間となるのですが・・・ベリーショートなパンツ、ミニ丈のワンピ・・この夏も、真似するなんてとても出来ない露出の多いファッションが流行のようで・・

自分とは違う世界が広がっていて、読者モデルのページすら、映画スターを見ているようで、自分がそんな素敵な服を着ている姿が、全く想像出来ません。
・・薪さんのことでは、あらゆる妄想が羽ばたく私が、自分のこととなると、一気に想像力が乏しくなるようです。

体型を何とかしようと、最近、美容体操を試みたりもしたのですが。
3日も続けたら、持病の腰痛が出てしまって・・。
どうやら、その本に載っていた体操は、腰痛持ちの人間にはふさわしくないものだったらしく・・・

「普段動かない人間が、いきなり動いたって、無理が来るの当たり前だろ。まずは基本になる筋肉作りのストレッチをして、それから目的の体操をしなきゃ」と、陸上部出身の夫に呆れられ・・

ああ・・薪さんは、学生時代、何部だったのか知りたいなあ・・
(運動系、文科系、薪さんはどちらも似合ってしまうだけに、妄想が絞れないのが困り物)

とりあえず、美容体操はストップし、かかり付けの鍼師さんの元へ。
お洒落な本に載っていた美容体操をあきらめ、ご年配の方々と待合室でおしゃべり等しながら、鍼治療を受ける私・・・自分はきっと、こちらの年齢層に近いのね・・と思ったり。

創作は、第三幕が終わり、やっと後半に入りました。

このまま行けば、今月中には終わらせることが出来ると思います。
ただ、明日から、娘の小学校が夏休みに入り、自分の時間が減ることになるので、一日二話のペースが保てるかどうか。

夏休み中、家族旅行等の予定はありませんが、写生会、料理教室、木の実を使ったクラフトなど、親子で参加出来る物に、いくつか申し込んであります。
全て、地元で出来て、しかも無料か、数百円の材料費のみ、という点が魅力です(笑)

創作中は、皆様の二次創作を拝見すると影響を受けてしまうので、読まないように我慢をしているのですが、二次創作以外の記事は拝見してコメントを・・と思っておりました。

ところが、どうやら、今はメロディレビューや、人物の考察等を拝読しても、心が動揺してしまい、創作に集中出来なくなる上、時間も足りないことが分かったので、結局ほとんど皆様のところにお邪魔することも、コメントを残すことも出来ず、大変ご無沙汰を致しております。

この創作が終わったら、皆様のところを巡らせていただくつもりです。

創作「Sの手口」、話は長いし、つまらない事件説明的シーンばかりで、ついて来て下さる方には、申し訳ない思いが致します。

ずっと、最初に書きたいと思った、あるシーンに向かって、必死に書いております。
自分でも、早くそこに辿り着きたい気持ちはあるのですが。

読んで下さる方には、申し訳なくも、嬉しく、ありがたく、感謝の気持ちで一杯です。

薪さんへの愛を込めつつ、頑張って書いていきたいと思いますので、最後まで見守っていただけたら、幸いです。
よろしくお願い申し上げますm(_ _)m

それでは、第四幕に続きます。





関連記事

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://kanon23.blog36.fc2.com/tb.php/349-fda53f99

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP |