カウンター


プロフィール

かのん

Author:かのん
薪さんと同身長が自慢です

基本、「薪さんと鈴木さんは精神的両想いだった」「薪さんと青木には、心身共に結ばれてほしい」という、偏った視点で書いております
創作も主に、薪さんが「青木と幸せになる未来」と、「鈴木さんと幸せだった過去」で構成されております

コメ、拍手コメ共に、過去記事にも遠慮なく投稿いただけたらと思います
レスは「コメをいただいた翌々日までにお返しする」ことを自分に課しておりますが、諸事情により遅れる場合もございます
でも必ず書かせていただきますので
ご了承下さいませm(_ _)m

リンクは嬉しいので、ご自由にどうぞ♪


当ブログ拍手頁

最新の公開拍手コメのレスはこちら それ以前の公開拍手コメ&レスは、各記事の拍手ボタンを再度押していただければ読めます 鍵拍手コメにつきましては、拍手をいただいた記事下コメント欄にレスを書いております

所属してます♪


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


検索フォーム


 
可愛過ぎます・・薪さん

※大まかではありますが、ネタバレとなっております。ご注意下さい。


読むに至る経緯

※どうでもいい話です。感想を知りたい方は、後半に飛んでいただいた方がよろしいかと思います。



今回も、自分のレビューを書き上げるまでは、他の方のレビューには近付かないようにしようと思い、しばらくご訪問出来ない分、前日までに、「秘密」ブログ様を巡っておりました。

自分が手に取るまでは「メロディ10月号」の情報は一切入れるまい・・と思っていたのに、あちこち巡っているうちに、うっかり雑誌の表紙を目に入れてしまいました。

ひと目見たその瞬間・・・

・・・・・・・・
・・・・・・・・

文字どおり、骨抜きになりました・・・。

相手が人間だからではないせいでしょうか。
くつろいだ姿勢で、無防備なお顔を晒す薪さん・・

ああ・・
たったこれだけで、メロメロ・ふにゃふにゃ・トロトロに・・・

8月号のショックが大き過ぎて、原作から離れて自分の創作の世界へと逃避していた私。
(好きなのに、あえて離れるって・・・)

でもやっぱり、原作薪さんの存在は、とても大きくて。
一瞬で、そのお姿に心奪われ、夕べは何だか身体が浮き上がった状態のまま布団に入り、全く眠れず・・・

表紙だけでこれでは、中身を読んだら、私はどうなってしまうのかしら・・と、不安もよぎり・・。

そして、発売当日の今日。

夫と娘を送り出してから、家事に励み、何度も何度も何度も時計を見ては、近所の書店の開店時間を気にする私・・。

なのに何故か。
その時間、10時を過ぎても、出かけることが出来ません。
日常の家事はとっくに終わっているのに、別にこの日やらなくてもいい場所を片付けたり、念入りにお掃除したり・・・

そのうち、始業式で帰りの早い娘を迎えに行く時間に。
元気に帰宅した娘にホッとしつつ、心はどこか浮遊したまま。
娘とお昼を食べ、洗い物をしていたら、お皿を割ってしまいました。

落としたわけでも、どこかにぶつけたわけでもない、ヒビも入っていないお皿なのに、ただ洗っていただけで割れてしまった・・一瞬、私の手は、念力が使えるのかと・・。
(たぶん、洗う時に左右の手の力の込め方がおかしかったのでしょうね。それにしても、こんなこと、初めてです)

割れたお皿で右手親指の根元を切ってしまい、あらら・・と思ったものの、全く痛みを感じない・・
心がどこかへ行ってしまっている為に、痛覚さえ無くしてしまったようです・・・

駄目だ。
やっぱり「メロディ」を買わずに、薪さんに会わずには、いられない・・・

決心して出かけることに。
買い物に誘ったら、「おっきいお家(母屋)でお爺ちゃんとお留守番してる」と申し出た娘に、内心感謝しつつ、一人でお出かけ。

薪さんと二人きりで会える(いや違うから)
そう思い、朝のメイクを、丹念に時間をかけて直し(分かっております。馬鹿です)
ユ○クロファッションから、ちょっとよそ行きの服装に着替え(ええ、馬鹿ですとも)

お気に入りのネックレスまで身に付けて、書店のある、近所のショッピングセンターへ、車を走らせました。
書店のフロアへと、一人エレベーターに乗っている間も、鏡を見て服装を直す始末・・(末期だ・・)

そして書店の雑誌コーナーへと。
探さずとも、薪さんの寝姿が、真っ先に目に飛び込みます。

なのに、あえてそこをスルーして、別雑誌を手にとってパラパラとめくる私・・(何だか、前回もこんなことしてたような・・)
3冊も立ち読みした挙句、読んだ内容が全く頭に残らない・・何を無駄なことをしているのでしょうか・・。

そして、改めて「メロディ」表紙の薪さんを見つめ、そっと手に取り、途端に足が自然と速くなり、レジに向かいます。
購入して、同じフロアの、行きつけのカフェに入り、いつもはホットドリンクを頼むのに、何だか暑くてたまらず、珍しくアイスカフェラテなど頼み、奥の席へ・・

一口カフェラテを口にしてから、手を拭き、メロディを袋から取り出し・・・「秘密」のページを開きました・・・・



************



「秘密」を読み終えた最初の叫び

※内容に関しては、大まかではありますが、ネタバレになっております。



なんですか、これは。
なんですか、これは。
なんですか、これは・・・・・・

前号の予告に「青木×雪子」がメインの話になるのかと思い、ハッキリ言って、私の中では、完璧に盛り下がっておりました。

それが、フタを開けてみれば、
「薪×雪子」そして・・

思いっきり「青木×薪」だったとは・・・・・

それだけでも驚いたのに、これまで色々と憶測が飛び交っていた、事件当時の、薪さんへの鈴木さんの家族の反応(TT)、薪さんに対する雪子の気持ち、何故第九メンバーに異動が無いのかといったことに対する疑問などなどの答えが描かれ・・・

そして・・・・

遂に遂に、飲み会に出席する薪さん!
至福の・・じゃなかった、私服の薪さんがご登場・・・・!!!!!!!

更には、第九の未来と、薪さんへの、青木の想いが描かれて・・・

何でしょう・・
この、胸に突き刺さる痛みと、萌えとの板挟み・・・

私・・動揺しています。
ものすごく、動揺しております。

泣きたいのか、喜んだらいいのか、それすら、分かりません。

ただ一つ。

「苦しい」のは、確かです。
でも、一体何がどう苦しいのか・・・

すみません・・・
これを一体どう消化したら良いものか、今の私には、分かりません・・・・・・





関連記事

コメント

■ 

こんばんは☆

恐くてメロディ買ってません…(>_<:)
苦しい気持ちと、萌えの板挟みですか……。(:_;)アアア…読むかどうか悩みます…。

かのんさんがおっしゃっている、『秘密』が好きなのに離れたい気持ち…凄くわかります。m(__)m
私も同じ気持ちです…。

■ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

■ 

かのんさん、こんにちは。

お読みになったのですね…
私はまだですが…だいたい‥いえ、ほとんど
分かってしまいました。

‥確かに美しい薪さん‥目の前でみたいです‥。
タイトルページも麗しいそうですが‥
そういうときは中が恐ろしいことに‥

今回もそうですね。
実は泣いてました‥
なんで‥なんで薪さんが婚約おめでとう?
‥耐えられません‥
それだけでダメです。
いくら薪さんの私生活が垣間見れ、
青木が薪さんと離れることの予感に涙したって‥
アレの顔も気配さえも感じたくない‥
‥たとえ、なにがどうであれ‥ほんとは
こういう人なのだ‥と言われても、
決して受け入れることが出来ない存在です。
もう、こればかりは仕方のないことで‥
頑固ものです‥私は‥。

今、非常に辛い状況になっております。
これは特別編なのに‥

でも特別編はくせものでしたね…
あの、忌まわしい2007年の特別編がまだ
私の中で尾を引いてますから‥
しつこいですね…。


今回、買わないことになりそうです。

‥実は立ち読みしてたりして‥
それで本屋さんで泣いて
不審がられたりして‥‥。
‥ゴムがかかってたのに‥外したのは‥
誰でしょう‥‥

でも、特別編でよかった‥

これが2010年の出だしだったら‥
1年間の空白になるところでした。

ほんとうに‥‥辛いです。
考え方は色々ありますが、私にとっては
婚約なんたらに薪さんが‥‥
それは絶対許せないことでした。

これからどうやって生きていったら‥
それくらいのダメージうけてます。

すみません‥落ち込み放題のものが愚痴ばかり申しまして…。

また参ります。お邪魔しました。



■ 

○レモンさま

こんにちは。
コメントありがとうございます!(^^)

> 恐くてメロディ買ってません…(>_<:)
> 苦しい気持ちと、萌えの板挟みですか……。(:_;)アアア…読むかどうか悩みます…。

2ヶ月ごとに心臓が鍛えられますよね・・(><)

このところ、メロディ2月号や8月号はショックで、4月号や6月号は喜びを運んでくれましたが・・今回の10月号は、そういった、一言で割り切れない、私にとっては、感情が引き裂かれるような内容でした・・・。

でも、人によっては「嬉しかった!」と喜びのコメントをされてる方もいらっしゃるし、そうかと思うと「ショックだった」とガックリされてる方もいらっしゃるしで・・

いつもにも増して、今回は本当に感想が分かれるところかもしれません。

> かのんさんがおっしゃっている、『秘密』が好きなのに離れたい気持ち…凄くわかります。m(__)m
> 私も同じ気持ちです…。

そうなんですよね。
「秘密」が好きで、薪さんが好きでたまらないのに・・

苦しいです・・。

それからそれから・・
先日は、レモンさんのところで、大量の拍手コメをしてしまい、申し訳ございませんでした。

感極まって書いておりましたので、最後に「レスはお気になさらず」と入れるつもりで、すっかり忘れておりました・・(←遅過ぎる・・T▽T)

お忙しいでしょうに、丁寧にレスを下さり、感激致しました。
本当にありがとうございましたm(_ _)m

■ 

○8/29にこちらに非公開コメントを下さったMさま

コメントありがとうございました!

「秘密」には、本当に翻弄させられますよね・・・
いえ、それだけ感情が揺さぶられる、素晴らしい物だということなのでしょうけれど・・。

Mさんの判断、それはいいことです!
正しい行動だと思います。
私も今は混乱しておりますが、最終的にそんな風に捉えられたらいいなと、自分でも思っております。

「あおまきすと」的に見たら、かなり嬉しい部分もあるのは、間違いないですよね。
なので、持ち上がっている方、Mさん以外にも、きっといらっしゃるかと思います。

トラバ、確認いたしました(^^)
お忙しい中、どうもありがとうございましたm(_ _)m

■ 

○ruruharuさま

こんにちは。
コメントありがとうございます♪

> ‥確かに美しい薪さん‥目の前でみたいです‥。
> タイトルページも麗しいそうですが‥
> そういうときは中が恐ろしいことに‥

今回は・・恐ろしいのか、嬉しいのか、結局自分の中では判断が尽きませんでした・・・
これからゆっくりと、気持ちを整理していきたいと思っております。

> 今回もそうですね。
> 実は泣いてました‥
> なんで‥なんで薪さんが婚約おめでとう?
> ‥耐えられません‥
> それだけでダメです。

ああああ・・・お気持ち分かります。
それだけでも辛いですよね・・
今回は本当に辛いシーンも多くて・・それが萌えと拮抗しているから・・私はとまどっているのかもしれません・・・

> いくら薪さんの私生活が垣間見れ、
> 青木が薪さんと離れることの予感に涙したって‥

そうなんですよね。
嬉しいシーンも、辛い出来事に覆いかぶされてしまう・・(TT)

> アレの顔も気配さえも感じたくない‥
> ‥たとえ、なにがどうであれ‥ほんとは
> こういう人なのだ‥と言われても、
> 決して受け入れることが出来ない存在です。
> もう、こればかりは仕方のないことで‥
> 頑固ものです‥私は‥。

いえ、分かります・・分かります・・・・

私は彼女をこれまで、肯定しよう、何とか肯定しよう・・と彼女の心情を自分なりに推察し、頑張って参りました・・
ですが、今回の一件で、もう永遠に肯定出来ないと悟りました・・彼女を受け入れる最後の砦を失ったと申しますか・・もう、駄目ですね・・

> 今、非常に辛い状況になっております。
> これは特別編なのに‥
> でも特別編はくせものでしたね…
> あの、忌まわしい2007年の特別編がまだ
> 私の中で尾を引いてますから‥
> しつこいですね…。

う~ん・・・辛いですね。
色々な答えと同時に、疑問すらも投げかけて・・清水先生、凄い方です・・・

> 今回、買わないことになりそうです。
> ‥実は立ち読みしてたりして‥
> それで本屋さんで泣いて
> 不審がられたりして‥‥。
> ‥ゴムがかかってたのに‥外したのは‥
> 誰でしょう‥‥

書店で立ち読み・・は、メロディ2月号でやって、後悔してから、二度と出来ない状態です(><)
それまでは本当に毎号楽しみで、レジに持っていくまでも耐え切れず、その場で立ち読みして薪さんにニヤけてから購入しておりましたが・・2月号で思いがけないショックを味わって以来、立ち読みはしておりません。
覚悟を決めて、コーヒーを手に心を落ち着けてから、読むようになりました・・・(^^;)

> でも、特別編でよかった‥
> これが2010年の出だしだったら‥
> 1年間の空白になるところでした。
> ほんとうに‥‥辛いです。
> 考え方は色々ありますが、私にとっては
> 婚約なんたらに薪さんが‥‥
> それは絶対許せないことでした。

そうですね。
「秘密」を読んでの感じ方は、本当に人それぞれですが・・

薪さんの気持ちを思うと・・辛い部分が大きいですね。

> これからどうやって生きていったら‥
> それくらいのダメージうけてます。

あああああ・・・・お気持ち分かります(><)・・けど、どうか元気を出して下さい・・!
(・・と、私が申し上げても説得力無いかもしれませんね・・)

> すみません‥落ち込み放題のものが愚痴ばかり申しまして…。

いえいえ。
コメント嬉しかったです。
是非またいらして下さいませ。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://kanon23.blog36.fc2.com/tb.php/400-a0be5571

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP |