カウンター


プロフィール

かのん

Author:かのん
薪さんと同身長が自慢です

基本、「薪さんと鈴木さんは精神的両想いだった」「薪さんと青木には、心身共に結ばれてほしい」という、偏った視点で書いております
創作も主に、薪さんが「青木と幸せになる未来」と、「鈴木さんと幸せだった過去」で構成されております

コメ、拍手コメ共に、過去記事にも遠慮なく投稿いただけたらと思います
レスは「コメをいただいた翌々日までにお返しする」ことを自分に課しておりますが、諸事情により遅れる場合もございます
でも必ず書かせていただきますので
ご了承下さいませm(_ _)m

リンクは嬉しいので、ご自由にどうぞ♪


当ブログ拍手頁

最新の公開拍手コメのレスはこちら それ以前の公開拍手コメ&レスは、各記事の拍手ボタンを再度押していただければ読めます 鍵拍手コメにつきましては、拍手をいただいた記事下コメント欄にレスを書いております

所属してます♪


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


検索フォーム


 
これは、「Sの手口」や「伝言」の後に続くストーリーです。
また、「新春」にも、少し繋がる部分があります。
ですが、これらを未読の方に、今回のお話を単独でお読みいただいても、筋は通ると思います。

全5話となります。

※清水先生の作品とは、一切関係ございません。


オリジナルストーリー

「美酒」



Scene1:休憩



その日、第九では、今井と小池、宇野と曽我が、それぞれに違う事件の捜査を進めていた。

薪は、岡部を伴って会議に出席していた。
青木も一緒だ。
青木は会議には出席しないが、帰りに被害者の遺族のところへ、岡部達と共に、説明に寄ることになっていた。

薪、それに、実質的にナンバー2の岡部までもが居ない気楽さに、その場は、くだけた物となっていた。
今井と小池は、抱えていた捜査が一段落したこともあり、余計に気持ちが軽くなっていた。
報告書をまとめる為の素材も、大体揃ったところだ。

ちょうど宇野と曽我も休憩に入り、4人でコーヒーを手に、くつろぐこととなった。

「そう言えば・・曽我。今回は快気祝いをしようとか、言い出さないんだな」
今井が言った。

「え・・?」
「何かあれば、すぐお祝いだ、飲み会だって言い出すだろ?」
「あ・・さすがに、今回のことは、オレだって、そうそう言い出せませんよ。確かに、薪さん達が戻ってきたのは良かったですが・・お祝いって雰囲気じゃないですよね・・」

「へええ・・」
小池が、意外そうに相槌を打つ。
「何だよ?」
そんな小池を、じろりと見やる曽我だった。

「そう言えば、引越し祝いも、騒がなかったよな」と、宇野。
「引越し?」
「ああ・・薪さんのか」今井も言う。

「ああ・・・」
曽我は、何かを思い巡らすような顔をした・・・

「あの時も・・薪さんが日本に戻ったばかりで、落ち着かなかったですし・・その前に、帰国祝いは大々的にやりましたから」
「それに、引越し祝いって言ったら、普通、本人の引越し先でやりますよね・・薪さんのマンションにわざわざ訪ねて行って飲むなんて、オレだって考えられないっすよ」

小池の言葉に、宇野もうなずいた。
だが、曽我の様子は、ちょっと違った。

「そうなんだよな・・薪さんと青木のマンションに訪ねていくって・・何となく・・な」
どうも、小池や宇野が思う理由だけではなく・・曽我の言い方には、何か含みがあるように、今井には、見えた・・・

「それを考えたら、ホント、青木は大した奴ですよね」
小池が言った。

「大した奴」・・青木が、薪と同居を始めた、そのことを知った時、ここに居る第九メンバーは皆、青木のことを、そう思った。

そして・・6月の事件。
あの時、青木は仮死状態になった薪の後を追おうと、毒を口に含んだと、メンバー達は知らされた。

当初は、危険な状態にあった、薪と青木の安否を案ずるばかりで、それ以外のことを気にする余裕も無かったのだが。
後になって・・青木のその決意を振り返り、改めて彼らは、驚きを覚えた。

青木にしてみれば、目の前で薪が拉致され、凶悪犯に幽閉されたあげく、自分は犯人の口から直接、薪が死んだと吹き込まれ、信じさせられたのだ。
青木が正気を失うのは、よく分かった。
余程、尋常じゃない精神状態だったのだろう・・・

薪のことも心配だったが、ある意味それ以上に、青木の様子が、皆、心配だった。
だが、青木は薪と共に、予想以上に早く退院し、すぐに職場に復帰した。

薪も変わらず、そして・・青木も変わっていなかった。
いつもの青木が、そこに居た。

そんなもろもろの事柄も含めて、皆、青木を「大した奴」と、口にするのだった・・・。

「まあ・・確かに、今回は祝うようなことでもないけどな・・だが、青木をねぎらう意味で、何かやってやっても・・」

今井は、手元のコーヒーを見つめながら、そうつぶやいた。
事件のことを思い起こしながら・・

「今井さん・・・今井さんっ・・!」

曽我の声に、今井はハッとした。
気が付くと、皆、席に戻っている。
つまりそれは・・・

「・・飲み会の計画か? 楽しそうだな、今井」
ひいいいいいいっ・・・!!!

・・・と、声にならない悲鳴が、今井の胸中をよぎった。
恐る恐る振り返ると・・まさしく、そこには薪が立っていた。

「お帰りなさい!薪さん!」
今井は、反射的に立ち上がった。

「お早い・・ですね・・」
「会議から、僕だけ直接戻ってきた」
「え・・」

「遺族のところへは、岡部と青木を行かせた。今後の為にも、なるべくお前達一人一人に、任せた方がいいからな」
「そ・・そうですか」

失礼します・・と、つぶやいて、今井は自分の席に戻ろうとした。
「今井」
薪の声が、それを止める。

「はい!」
今井の足が止まる。
残暑の中、クーラーが効きすぎると感じるのは、気のせいだろうか・・・

「大分、仕事に余裕があるようだな」
「は・・いえ・・」
「担当事件の捜査は、区切りが付いたからな。僕は、報告書の提出を待つだけだ」
「はい・・」

「どうやら、早々に手にすることが出来そうだな」
「はい・・・・」

宇野も、曽我も、小池も・・
背中に冷たい物を感じながら、自分の仕事に、没頭する態勢となっていた。





関連記事

コメント

■ きゃ~(≧∇≦)

おはようございます。かのん様♪♪♪

きゃ~(≧∇≦)
楽しいですね~♪
こんな愉快な第九メンバーの日常が好きです(^_^)v

やっぱり、今井さんの役どころは、こうでなくっちゃ!!!

薪さんがお留守の時は、扉が見える場所に座り、帰ってきたら、直ぐにお仕事モードに切り替えないと・・・・(きっと薪さんの慧眼にはバレバレでしょうけど♪)

でないと、厳しい残暑に負けないほどのブリザードが・・・

きゃ~羨ましい(〃▽〃)
薪さんにいたぶられたい・・・♪\(≧∇≦)/♪
そして、ムチの後にはアメが欲しい・・・←朝から変態っぽくてすみませんm(_ _)m

曽我は、心中複雑ですね(^▽^;)
鈍い彼でも・・・何かを感じたのですよね・・・あの街中を歩くプライベートな二人を見て・・・

何となく、バレそうで・・・でも、確証があるわけでは・・・というのがドキドキで良いですね(≧∇≦)v

「美酒」って誰のこと?
味わうことは出来るのでしょうか・・・(≧∇≦)←フォスター意外無理!!!

今井さんの健闘を期待していま~す☆

続き、楽しみにお待ちしております(^_^)v

■ 

○たつままさま

こんにちは。
コメントありがとうございます!♪

> きゃ~(≧∇≦)
> 楽しいですね~♪
> こんな愉快な第九メンバーの日常が好きです(^_^)v

嬉しいです!!
サブタイトルは「薪さんと第九の愉快な仲間たち」です(笑)

> やっぱり、今井さんの役どころは、こうでなくっちゃ!!!

ですよねっ♪

ごめんね今井さん・・でもあなたが薪さんにイジメられる光景が好きなんですもの。

> 薪さんがお留守の時は、扉が見える場所に座り、帰ってきたら、直ぐにお仕事モードに切り替えないと・・・・(きっと薪さんの慧眼にはバレバレでしょうけど♪)
> でないと、厳しい残暑に負けないほどのブリザードが・・・

そうですね・・
うっかり油断していると・・
でも薪さん、別に休憩を取っていることを、決して責めているわけではない(?)んですけどね。

> きゃ~羨ましい(〃▽〃)

そう来ましたか!(笑)

> 薪さんにいたぶられたい・・・♪\(≧∇≦)/♪

そうですね♪
アイスネタでイジメられた今井さん、いつもイジメられている小池・・羨ましい!です。

> そして、ムチの後にはアメが欲しい・・・←朝から変態っぽくてすみませんm(_ _)m

おおお・・!
またも、たつままさん、鋭いっ!(^^)

ムチの後にはアメでした、今井さん。
良かったね。

> 曽我は、心中複雑ですね(^▽^;)
> 鈍い彼でも・・・何かを感じたのですよね・・・あの街中を歩くプライベートな二人を見て・・・

あ・・ちゃんと繋げて下さったのですね。
そうですね・・曽我はずっとモヤモヤを抱えているんですよね・・(笑)

> 何となく、バレそうで・・・でも、確証があるわけでは・・・というのがドキドキで良いですね(≧∇≦)v

曽我も微妙ですからね。
青木の後追いに今度こそバレるかも・・とも思いましたが、そうはならなかったみたいです。

> 「美酒」って誰のこと?

ブハッ☆
誰って・・「誰」って・・・

たつままさん、「人」決定なのですか?(笑)
「酒」って書いてあるのに・・(またまたウケました!)

> 味わうことは出来るのでしょうか・・・(≧∇≦)←フォスター意外無理!!!

ブハハハッ!!☆☆

ここに・・ここに、青木でも他の第九メンバーでもなく、いきなりフォスターの名前が出るんですか!
(駄目・・またも笑い過ぎてお腹が痛い・・)

いえ・・光栄です。
いつも彼を忘れずに居て下さって・・(TT)

もしかして「第二の居場所」での、「味わい深いワイン」というセリフを覚えていて下さって、そこにかかっているのでしょうか?

> 今井さんの健闘を期待していま~す☆

あの・・ちょっと聞いちゃいますが、どんな「健闘」をお望みで・・
今回、後輩への気遣いや書類仕事で、彼なりの健闘をしましたが・・こんな健闘で、許して下さるでしょうか?

> 続き、楽しみにお待ちしております(^_^)v

ありがとうございます!
とても、とても励みになります!!

明日の夜にメインのシーンをUPする予定でおります(^^)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://kanon23.blog36.fc2.com/tb.php/410-2a43d14b

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP |