カウンター


プロフィール

かのん

Author:かのん
薪さんと同身長が自慢です

基本、「薪さんと鈴木さんは精神的両想いだった」「薪さんと青木には、心身共に結ばれてほしい」という、偏った視点で書いております
創作も主に、薪さんが「青木と幸せになる未来」と、「鈴木さんと幸せだった過去」で構成されております

コメ、拍手コメ共に、過去記事にも遠慮なく投稿いただけたらと思います
レスは「コメをいただいた翌々日までにお返しする」ことを自分に課しておりますが、諸事情により遅れる場合もございます
でも必ず書かせていただきますので
ご了承下さいませm(_ _)m

リンクは嬉しいので、ご自由にどうぞ♪


当ブログ拍手頁

最新の公開拍手コメのレスはこちら それ以前の公開拍手コメ&レスは、各記事の拍手ボタンを再度押していただければ読めます 鍵拍手コメにつきましては、拍手をいただいた記事下コメント欄にレスを書いております

所属してます♪


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


検索フォーム


 
この度は、オリジナルストーリー「紅葉(もみじ)」を、お読み下さいまして、どうもありがとうございましたm(_ _)m


このお話が生まれたきっかけは、3ヶ月前にさかのぼります。
7月の初め、しづさんが、ブログ「法医第十研究室」にて、500拍手記念のリクエストを募っていらっしゃいました。

そこで私が、「あおまきの貸し切り露天風呂とか」などと書いたところ、しづさんが、それは是非そちらのお二人で、と、「リクエスト返し」して下さいました。
ここや、ここでやりとりしています)

この時の私のリクエストは、しづさんが素敵な創作「冬の七夕」に反映して下さいました。
青木が「湯あたり(薪さんあたり?)」するところが、ちょっとかぶってしまって、申し訳ございませんでしたm(_ _)m

その時は、しづさんところのまだ微妙なお二人とは違い、当ブログの二人は既に安定期なので、今更そんなことをしても、ただお風呂に入るだけになるのでは・・と思ったのですが。
しづさんに、「安定期にこそマンネリ打破」とのお言葉もいただき、書けたらいいな、書いてみたい・・と思いました。

その際にパッと浮かんだのが、枝を伸ばした楓の木をバックに、お湯に浸かっている薪さんのお姿でした。
視界をずらすと、隣りに青木も入っていて、そこに風が吹き、楓の葉が落ちてくるシーンが見えました。

でも、ちょうどその頃は、長編「Sの手口」を書き始めた時期でもあり、季節的に、もう少し時期をずらして書こうと思い、今回の形になりました。

しづさんのお言葉にあった、「星空の下で薪さんの入浴シーンを見る青木」も書くことが出来ました。
しづさん、素敵なリクエスト返しを下さいまして、どうもありがとうございました!!m(_ _)m

タイトルは「紅葉(もみじ)」。

Scene1で、薪さんが、この辺りの紅葉が「見頃だろう」と言い、Scene2で、紅葉の下を薪さんと青木、二人で散策し、Scene3で紅葉した楓の下で湯船に浸かり、Scene4で楓の葉を散らしたお料理を食し・・と、全編を紅葉が彩ります。

でも実のところ、今回のテーマである紅葉は、薪さん、その人でした。

秋に限らず、一年中を通して、輝く薪さんの魅力。
それはきっと、春は桜の花のように、初夏は若葉のように、夏はきらめく海のように、秋は紅葉のように、冬は降り積もる雪のように・・

移り変わる季節のごとく、見る人を飽きさせることなく、それは、一年中見頃であり、一年中堪能出来る、鮮やかに発散する美しさ。

そして青木は、そんな薪さんの美しさを、余すところなく味わうことが出来る。

ラスト、Scene6では、朝日に照らされた紅葉を、薪さんは見つめています。

薪さんは知らないでしょう。
どれ程美しい花しかり、燃えるような紅葉しかり、それらは皆、薪さんという人を引き立てる、脇役に過ぎないことを。

実は、私自身が一番好きなのは、薪さんが、休暇予定表の青木の名前を指し示して、「僕も、この日に休暇を取る」と言うところです。
地味なシーンですが、薪さんの、青木に対する思いや、二人の通じ合う心を感じて、幸せになるのです。

二人が泊まったお宿ですが、これは、具体的に定まったモデルはありません。
これまでに私が泊まったところで、良かったと思うサービス、泊まったことは無いけれど、行ってみたい旅館、今回改めてネットで見て回り、素敵だと思ったお宿・・

そういった物の全てが、私の脳内で溶け合い、いつしか、薪さんと青木の二人には、こんなところに泊まってほしいという、理想のお宿が生まれていました。

観光シーズンでありながら、静かで落ち着いた、そして気配りの行き届いたお宿。
美味しいお料理、天然温泉の露天風呂、必要な物をきちんと提供しながら、押し付けがましくないサービス。
二人には、こういったところでゆっくりしてほしいという、私の願望から生まれたのだと思います。

最初は自分からキスを交わし、でもそれを中断され、その後、湯あたりしていた自分を情けなく思う、青木。
でも、薪さんは、そんな青木を、どんな思いで見ていたのでしょう。

旅行を提案したのは薪さんだけれど、その思いに応えようと、薪さんの為を思って計画し、薪さんのくつろぐ姿に満足する青木。
そんな青木に、今度は自分からキスをする薪さん。

どんな思いが、そこにあったのでしょう。

互いを求め、感じ合い、感じさせ合い、そのことに喜びを見出す。
そんな二人が、愛おしくて、なりません。

結局今回の旅は、車で移動して、二人で散歩して、お食事して、お風呂に入って、×××して・・・
旅行とは言っても、日常とそんなに変わらないのでは?・・というものでした。

でも、そんな、一見大したことは無いような、穏やかな二人の時間が、そっと繫ぎ合うその手が、私は好きです。

心安らぐ時間があるからこそ、過酷な仕事にも立ち向かっていける筈。

そう・・それはまるで過去の、眩しかった、あの日々のように。
それでいて、過去とは違う、切なさや苦しさを伴うものではなく、未来を向いた時間が、そこには、きっとあるから。

束の間ではありましたが、読んで下さる皆様と共に、薪さんと青木の休暇を追うことが出来て、幸せでした。

ありがとうございました・・・!



後書き 終



************



ここからは、全く別の話です。

最近、よそ様のブログで、とてもとても感動したことがあって。
その素晴らしい記事と、私の駄記事とは関係は無いのですが、どうしても、感想を書きたくなってしまって。

その記事とは、こゆうさんのブログ「みずいろの猫」の、こちらの記事です。

優しい歌に乗せて綴られる、薪さん作成奮闘記録。
言葉の選び方や構成など、随所にこゆう節が発揮され、ご本人の、いちいち入る自分ツッコミも最高で。

ほのぼのとした気持ちで、笑いながら見せていただいたのですが。

ラストショットを見た瞬間・・
「あれ・・?」
・・気が付いたら、ぽろぽろ涙がこぼれておりました。

こゆうさんの、あったかいユーモアセンスにくるまれた、深い深い薪さん愛と、切なる願い。
それが痛い程、胸に迫って。

薪さん、あなたを取り巻くこの世界は、こんなにも穏やかで美しい。
そのことに、いつか、気付いて。
安らかな気持ちで眠り、優しい夢を見て。

この動画を拝見して。
いつか、そんな日が来ることを、信じられる気が、しました。

こゆうさん、素敵な物を見せて下さって、&書くことをお許し下さって、ありがとうございましたm(_ _)m





関連記事

コメント

■ 

♪私も♪
 青木と同じ日を指して
「僕もこの日に休暇をとる」と薪さんが言ったあのシーン、一番好きです

胸キュンでした。

無駄な言葉を言わない薪さんからの直球。

日常に忙殺されながらも、薪さんの心の中心には青木がいるんだなぁ

愛の言葉をどんだけ並べるよりも
愛してる、好きだっていう気持ちが伝わってきます~



■ 

かのんさん、こんばんは。

薪さんと青木の休暇、幸せそうで何よりです。

>秋に限らず、一年中を通して、輝く薪さんの魅力。
>それはきっと、春は桜の花のように、初夏は若葉のように、夏はきらめく海のように、秋は紅葉のように、冬は降り積もる雪のように・・

・・・・なんて素敵な・・・・(うっとり)
かのんさんの麗しい文章を読んでいると、
馬鹿なコメントを残すのに気がひけてしまいます・・・(^_^;)
すみませんすみません、すぐ消えますので。

「紅葉」で好きなシーンは、二人が手をつなぐ場面です・・・(*´∀`*)
薪さんが目を細めて青木を愛しそうに見つめるお姿も好きです。
本当に幸せそうな二人を見ていると、じんわりと嬉しさがこみ上げてきます。
途中、鼻血で服が紅葉のように染まったのは言うまでもありません。

素敵なお話をありがとうございました。

それと、動画の感想をありがとうございました(T_T)胸いっぱい!です。

かのんさんの創作「紅葉」を読ませていただいて、どうしてもやりたくなってしまいました。

ここに貼っていいものか迷いましたが・・・。

http://blog-imgs-31.fc2.com/m/i/z/mizuirononeko/CIMG0152.jpg

不都合がございましたら、編集しますので・・・・。
失礼いたしました。

■ 薪さん(〃▽〃)

おはようございます。かのん様♪

「紅葉」執筆お疲れ様でした♪
薪さんと青木の多忙な日常から離れた、ゆったりとした情緒溢れる素敵な旅行でしたね(≧∇≦)

鮮やかに燃え上がる紅葉のような薪さんの魅力を十分に堪能させていただきました♪♪♪

一年中食べ頃な・・・いえいえ、多彩な魅力を放ち、いつでも見頃な旬な薪さん(〃▽〃)
よだれが・・・いえいえ、その魅力に私たちも、うっとりと見とれております☆\(^▽^)/☆

私も、こゆうさまのところ、拝見しました(≧∇≦)
とっても可愛らしい、手作りの薪さんに癒されました☆
こゆうさまの苦労も楽しく伝わってきました。
BGMがぐっときますね!
こちらのこゆうさまのコメントに貼ってありました「紅葉の中で眠る薪さん」素敵でした(≧∇≦)

皆様、それぞれに薪さんを深く愛し、表現の仕方もそれぞれに違って・・・どなたも、とても魅力的です(≧∇≦)

■ 

○それも秘密さま

コメントありがとうございます!

> ♪私も♪
>  青木と同じ日を指して
> 「僕もこの日に休暇をとる」と薪さんが言ったあのシーン、一番好きです
> 胸キュンでした。

きゃああああああ(≧▽≦)☆☆
そうでしたか?

嬉しいです(^^)

> 無駄な言葉を言わない薪さんからの直球。

あ、嬉しいです♪
そう思っていただいて。

私の中の薪さんはそういうイメージなので。
(でも、ある意味、かえって回りくどいかも・・^^;)

> 日常に忙殺されながらも、薪さんの心の中心には青木がいるんだなぁ
> 愛の言葉をどんだけ並べるよりも
> 愛してる、好きだっていう気持ちが伝わってきます~

ああああああああ・・・・嬉しいです(TT)

「心の中心には青木が居る」いい言葉ですね・・・

■ 

○こゆうさま

こんにちは。
コメントありがとうございますm(_ _)m

> 薪さんと青木の休暇、幸せそうで何よりです。

嬉しいです(≧▽≦)
読んで下さって、ありがとうございました!

> ・・・・なんて素敵な・・・・(うっとり)
> かのんさんの・・・

ひゃ~っ・・・・
ありがとうございます・・・

いえ、麗しいのは私の文章じゃなくて、薪さんその人です!

> 「紅葉」で好きなシーンは、二人が手をつなぐ場面です・・・(*´∀`*)
> 薪さんが目を細めて青木を愛しそうに見つめるお姿も好きです。
> 本当に幸せそうな二人を見ていると、じんわりと嬉しさがこみ上げてきます。
> 途中、鼻血で服が紅葉のように染まったのは言うまでもありません。

ありがとうございます・・・
手を繋ぐ場面と、青木を見つめるお姿・・好きとおっしゃっていただき、本当に嬉しいです。

互いを想い合う心が、行動の端々に現れる・・そんな二人が理想なので☆☆☆

きゃ~~っ!
紅葉色に染色されちゃいましたか?(笑)
私としては本望です!嬉しいです!!(^^;)

> 素敵なお話をありがとうございました。

いえいえもう・・
こちらの方こそ、嬉しいコメントを、ありがとうございました。

> それと、動画の感想をありがとうございました(T_T)胸いっぱい!です。

動画、本当に素敵ですよね、素敵ですよね、素敵ですよね~~!!
ホントはもっと詳細に書きたかった気持ちもあったのですが、私が言葉で全部お伝えしてしまうのはもったいない気もして・・この程度に止めました。
(なので、その代わり、詳細感想はそちらにお邪魔致しました^^)

> かのんさんの創作「紅葉」を読ませていただいて、どうしてもやりたくなってしまいました。
> ここに貼っていいものか迷いましたが・・・。

きゃああ!きゃあああ!きゃあああああああああ!!!!!☆☆☆

何て・・何てことを・・

・・・・・・・・・・・・。

素敵過ぎる・・・・・・(TT)

真っ赤に色づいたもみじに埋もれてお休みになる薪さん・・
嬉しくて嬉しくて倒れそうです・・!

ありがとうございます!!!!

こ、この画像、いただいていいですか?
いいですか?

ああ・・追記でご紹介したいなあ・・。
いや、別記事にしようかな。

こゆうさんのブログでも是非この画像をUPなさって下さいませ!
ここだけなんて、もったいないっ!(≧▽≦)

ありがとうございました!!

■ 

○たつままさま

こんにちは。
コメントありがとうございます!♪♪

> 「紅葉」執筆お疲れ様でした♪
> 薪さんと青木の多忙な日常から離れた、ゆったりとした情緒溢れる素敵な旅行でしたね(≧∇≦)

きゃあああああっ☆☆☆
たつままさんが表現して下さると、私まで「何て素敵な旅だったの」と錯覚しちゃいます(笑)

> 鮮やかに燃え上がる紅葉のような薪さんの魅力を十分に堪能させていただきました♪♪♪

う腐腐~~♪
そうおっしゃっていただき、嬉しいです(^^)
それが今回のテーマでしたから!(笑)

> 一年中食べ頃な・・・いえいえ、多彩な魅力を放ち、いつでも見頃な旬な薪さん(〃▽〃)
> よだれが・・・いえいえ、その魅力に私たちも、うっとりと見とれております☆\(^▽^)/☆

たつままさん・・本音が随所に見えて・・ウケちゃいました~~~!(≧m≦)☆

> 私も、こゆうさまのところ、拝見しました(≧∇≦)
> とっても可愛らしい、手作りの薪さんに癒されました☆
> こゆうさまの苦労も楽しく伝わってきました。

記事の後半にもコメントありがとうございます。
書いたかいがございました!

> BGMがぐっときますね!

あれ・・たまらないですね・・
優しい響きだけでも迫りますが、歌詞検索してじっくり読んだらもう・・(TT)

> こちらのこゆうさまのコメントに貼ってありました「紅葉の中で眠る薪さん」素敵でした(≧∇≦)

ね~~☆
嬉しい嬉しいサプライズでした!(^^)

> 皆様、それぞれに薪さんを深く愛し、表現の仕方もそれぞれに違って・・・どなたも、とても魅力的です(≧∇≦)

この「皆様」には、当然、たつままさんも入ってらっしゃいますね!
本当に・・こんな風にそれぞれに魅力と才能溢れる方の作品の数々を目にすることが出来て、また、その方々と交流することも出来て・・何て幸せなのかと思います・・。

■ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

■ 

○10/12に、こちらに非公開コメントを下さったRさま

早速お返事下さいまして、どうもありがとうございました!m(_ _)m

やはり・・

続きはそちらに伺いますね。

■ 

遅くなってしまってすみません!(><)
ここに一番にコメを入れなきゃいけないのはおまえだろ!と脳内でうちの薪さんが怒ってます・・・・・(;;)

3ヶ月前・・・なんかすごく懐かしいです。
あのコメント欄の何気ないおしゃべりから、こんなステキなお話が生まれたんですか?(うひゃー、言ってみるもんだ、よくやったぞ、しづ!)

ホントにステキな旅行でした。短い時間でしたが、充分に満たされました。
お互いが思いあい、感じあい、感じさせあう・・・
かのんさんのところのおふたりは、まさに理想の関係だと思います。だから何をやっても素敵なんですよね。
普通に買い物しても散歩しても部屋でごろごろしてても(笑)、ふたりが一緒にいるだけで、幸せな雰囲気が伝わってきます。
そこには互いを思い合う気持ちがあるから。
それを全面に押し出さず、随所にさりげなくちりばめることによって、その想いはいっそう深みを増す。
「好きだ」とか、一言も言ってませんもんね。だけど「僕もこの日に休暇を取る」とか、そっと手をつなぐとか・・・・・だたそれだけで、痛いくらい気持ちが伝わってきて・・・・・・・かのんさんマジックですね!!

かのんさんの創作を読むときは、たいていニヘラニヘラしてます。(怪しいやつです・・・・)
今回も思い切りニヤつかせていただきました。

幸せなひとときを、ありがとうございました!!

■ 『紅葉』完結お疲れさまでした!!!

かのんさん、こんばんは!!

こちらではご無沙汰しておりますm(__)m
それなのに、いつもいつも温かく励ましてくださりありがたいです(><)
お陰さまでやっとブログさん巡りを再開できるようになりました。
でもずっとウロウロはしてたんですよ!
『紅葉』も更新されてないか毎日何度もcheckしてました☆

『紅葉』心穏やかな気持ちで、楽し~く読ませていただきました☆
今の季節にぴったりで、二人と一緒に旅をした気分でした(^-^)♪

いつもなんですけど、かのんさんのお話は世界が美しいんですよね(//o//)
今回は特に山の澄んだ空気と、紅葉の赤が脳内に色鮮やかに浮かびました。

そうそう、自然に手を繋いだ二人にもほんわかでしたvvv
それに並んだ布団を見た時の反応が初々しくて可愛かったな~☆

そっか~、テーマは『紅葉=薪さん』だったんですね~!
なるほどなるほど納得です!

>それはきっと、春は桜の花のように、初夏は若葉のように、夏はきらめく海のように、秋は紅葉のように、冬は降り積もる雪のように・・

くっ・・この表現美しすぎます!!!
そして、

>移り変わる季節のごとく、見る人を飽きさせることなく、それは、一年中見頃であり、一年中堪能出来る、鮮やかに発散する美しさ。

まさに!!もう同じ人間とは思えません!!天使です!!神です!!
あぁ、恋煩い・・・苦しい・・・薪さんらぶすぎる・・・

>そして青木は、そんな薪さんの美しさを、余すところなく味わうことが出来る。

き~~~羨ましいぞ青木め~~~お前が憎い!!!!!(>口<;

>実は、私自身が一番好きなのは、薪さんが、休暇予定表の青木の名前を指し示して、「僕も、この日に休暇を取る」と言うところです。

きゃ!私もです!実は私もここで萌えましたvvvvv

くそっ!つくづく青木が憎くて仕方ない・・て、本当に「あおまきすと」?(笑)
いえ、私は今でもふぉすまきすとです☆(しつこい)

>観光シーズンでありながら、静かで落ち着いた、そして気配りの行き届いたお宿。
美味しいお料理、天然温泉の露天風呂、必要な物をきちんと提供しながら、押し付けがましくないサービス。

いいですね~こんなお宿に泊まりたいですね~vvv
おお!秘密仲間で一泊旅行なんていかがですか~♪て無理かな(^^;
私は案外身軽なんで全然問題ないんですけどね!
でもお子さんいらっしゃるとどう考えても無理ですよね・・・残念・・・

て、話がそれましたwww

このお話、大きな事件があるわけでもなく、旅行とはいえ、なんてことはない日常なんですけど、でも今そんななんてことない日常を過ごすことができる、今までの二人の歩いてきた過去を思うと感慨深いです・・・
色々あったなぁ、としみじみ・・・
(と、原作でも思えたら最高ですね)

現在のコハルの脳内BGM:『幸せ~って何だっけ何だっけ~♪』

二人だけのとっておきの時間、本当に素敵でした!
幸せのおすそわけありがとうございました(*^o^*)

■ 

○しづさま

コメントありがとうございます。

> 遅くなってしまってすみません!(><)
> ここに一番にコメを入れなきゃいけないのはおまえだろ!と脳内でうちの薪さんが怒ってます・・・・・(;;)

そんなことございませんっ!!
連休前から、心身共にお忙しく、大変だったことと思います。

そんな中、時間が出来たら早速いらしていただき、大変ありがたく思いますm(_ _)m

> 3ヶ月前・・・なんかすごく懐かしいです。
> あのコメント欄の何気ないおしゃべりから、こんなステキなお話が生まれたんですか?(うひゃー、言ってみるもんだ、よくやったぞ、しづ!)

すす・・ステキでしたか・・(汗)
ありがとうございます(T▽T)

しづさんのリクエスト(返し)のお陰で生まれました。
感謝致しております。

> ホントにステキな旅行でした。短い時間でしたが、充分に満たされました。

じ~ん・・・・・

> お互いが思いあい、感じあい、感じさせあう・・・
> かのんさんのところのおふたりは、まさに理想の関係だと思います。だから何をやっても素敵なんですよね。
> 普通に買い物しても散歩しても部屋でごろごろしてても(笑)、ふたりが一緒にいるだけで、幸せな雰囲気が伝わってきます。

ううう・・嬉しいです。
部屋でごろごろ・・そういえば、そんなお話も書きましたね・・(笑)

> そこには互いを思い合う気持ちがあるから。
> それを全面に押し出さず、随所にさりげなくちりばめることによって、その想いはいっそう深みを増す。
> 「好きだ」とか、一言も言ってませんもんね。だけど「僕もこの日に休暇を取る」とか、そっと手をつなぐとか・・・・・だたそれだけで、痛いくらい気持ちが伝わってきて・・・・・・・かのんさんマジックですね!!

くふーっ・・!☆☆☆

しづさんの表現が素敵です・・
こんな風におっしゃっていただいて・・ありがたいです(TT)

そうですね、言ってない・・かも。
他のお話でも無い・・いや、「独白」で言ってる・・あ、でも「独白」だから、口には出していないかも・・
もしかして、今までに、こちらの創作内で、一度も言ってないかもしれないですね。

> かのんさんの創作を読むときは、たいていニヘラニヘラしてます。(怪しいやつです・・・・)
> 今回も思い切りニヤつかせていただきました。
> 幸せなひとときを、ありがとうございました!!

もう本当に嬉しいです・・・
こちらの方こそ、こんな素敵なコメントをいただいて・・(TT)
本当に本当に、ありがとうございました!!

■ 

○コハルビヨリさま

こんにちは。
コメントありがとうございます!

少しはお時間に余裕が出来たようで、良かったです。
ブログさん巡り出来ない時って、もどかしいですよね(><)

> でもずっとウロウロはしてたんですよ!
> 『紅葉』も更新されてないか毎日何度もcheckしてました☆

ありがとうございます。
嬉しいです・・(T▽T)

> 『紅葉』心穏やかな気持ちで、楽し~く読ませていただきました☆
> 今の季節にぴったりで、二人と一緒に旅をした気分でした(^-^)♪

「心穏やかに」「楽しく」読んでいただけたというお言葉、それは、一番望んでいたことですので、本当に嬉しいです(〃▽〃)

> いつもなんですけど、かのんさんのお話は世界が美しいんですよね(//o//)
> 今回は特に山の澄んだ空気と、紅葉の赤が脳内に色鮮やかに浮かびました。

ああ・・嬉しいです・・

私の脳内に見えた光景が、読む方にも伝わったのでしたら、それは本当に嬉しいことです。

> そうそう、自然に手を繋いだ二人にもほんわかでしたvvv

この時の青木は、薪さんを抱き締めたい位の気持ちだったのでは・・と、想像しております(^^)

> それに並んだ布団を見た時の反応が初々しくて可愛かったな~☆

このシーンに目を留めていただいて、嬉しいです。
あの二人の反応は・・何だったのでしょうね(笑)

普段から、いつも一つのベッドに寝ている癖に・・☆

> そっか~、テーマは『紅葉=薪さん』だったんですね~!
> なるほどなるほど納得です!

一番綺麗な紅葉ですね(^^)

> くっ・・この表現美しすぎます!!!

ありがとうございます(〃▽〃)
普段から、季節の移り変わりに、薪さんを感じるのです・・変でしょうか(笑)

> まさに!!もう同じ人間とは思えません!!天使です!!神です!!
> あぁ、恋煩い・・・苦しい・・・薪さんらぶすぎる・・・

きゃ~っ☆
コハルさん、大丈夫ですか?

でも分かります。
思いは同じですからっ!

> き~~~羨ましいぞ青木め~~~お前が憎い!!!!!(>口<;

出ましたね。
コハルさんの青木への嫉妬♪
コハルさんの本気さ加減が伝わって参ります。

> きゃ!私もです!実は私もここで萌えましたvvvvv

萌えて下さいましたか?
嬉しいです。
薪さん・・人をドキドキさせるのがお上手ですよね・・(しかもたぶん計算抜きなところが・・)

> くそっ!つくづく青木が憎くて仕方ない・・て、本当に「あおまきすと」?(笑)
> いえ、私は今でもふぉすまきすとです☆(しつこい)

ブハハッ☆
ここにまたその名前が出てきますか?
ウケます・・いえ、もう嬉しいです、本当に・・。

> いいですね~こんなお宿に泊まりたいですね~vvv
> おお!秘密仲間で一泊旅行なんていかがですか~♪て無理かな(^^;
> 私は案外身軽なんで全然問題ないんですけどね!
> でもお子さんいらっしゃるとどう考えても無理ですよね・・・残念・・・

いいですねえ・・
修学旅行みたいで、ものすごく楽しいでしょうね・・(遠い目)

いえ、結婚してても子供が居ても、お勤めしてらっしゃる方なら、時間が取れれば許される気が致しますが。
私の場合、夫の稼ぎに頼って暮らしてるのに、そして家族旅行もままならない現状で、私だけそんな楽しみにお金を使うということは、家族に申し訳なくて・・(^^;)

> このお話、大きな事件があるわけでもなく、旅行とはいえ、なんてことはない日常なんですけど、でも今そんななんてことない日常を過ごすことができる、今までの二人の歩いてきた過去を思うと感慨深いです・・・
> 色々あったなぁ、としみじみ・・・

そんな風に思っていただいて、ありがたいです。
コハルさんのこのお言葉で、私も、これまでの二人の足跡を思い返してしまいました。
色々・・ありましたねえ・・

> (と、原作でも思えたら最高ですね)

本・当・に!!

色々あってもいいんです!
最終的に薪さんに(出来ればあおまきすと的にも)幸せが訪れれば!!

ああああ・・・・・!!
(原作の話題になると、どこかスイッチが入るようです)

> 現在のコハルの脳内BGM:『幸せ~って何だっけ何だっけ~♪』

私の脳内にも流れましたよ~(≧m≦)
あのCM、当時流行りましたけど、あれって結構言い当ててる気もするんですよね・・どちらかと言うと、あまり一人暮らしでは使われることの少ない、鍋などに使われる調味料・・それが常備されてる家っていうのは、鍋を囲む家族や友人等が居るお家ってことですものね・・

> 二人だけのとっておきの時間、本当に素敵でした!
> 幸せのおすそわけありがとうございました(*^o^*)

こちらこそ、コメントを拝見して、幸せになりました。
ありがとうございました。

■ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

■ 

○12/5にこちらに非公開コメントを下さったGさま

こんにちは。初めまして。
ご訪問ありがとうございます!!♪

レスがすっかり遅くなり、申し訳ございませんでしたm(_ _)m

ブログを訪れて下さっているとのこと、どうもありがとうございます!
嬉しいです!☆☆☆

嬉しいのですが、携帯でR・・・だだ・・大丈夫でしょうか??(@@)

「Sの手口」も読んで下さったのですね。
ありがとうございます。

ええ、指輪は今も薪さんと青木、それぞれに大事にしていることでしょう。

お揃いの指輪、していたかもしれないですね(^^)
指輪のことを覚えてて気にしていただいて、嬉しいです♪

本当に、皆様のコメントには、いつも楽しませていただいております。
でも、楽しくなければなんて思われる必要もありませんから。

私なんて、よそ様のブログで「くぅ・・・」とか「薪さん・・・(TT)」とか「きゃああああ!」とかいった一言の拍手コメしか残さないこともしばしばです・・。
いえ、手抜きをしているわけではなくて、本当にその時は、その一言しか浮かばないんですけどね。
でも、皆様優しく受け止めて下さるので、ついつい甘えてしまいます(^^;)

でももちろん、公開にしなければとプレッシャーにも思わないで下さいね。
皆様、それぞれ色々な理由で、非公開コメを下さる方もたくさんいらっしゃるので(^^)

どうもありがとうございました。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://kanon23.blog36.fc2.com/tb.php/429-40c9b084

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP |