カウンター


プロフィール

かのん

Author:かのん
薪さんと同身長が自慢です

基本、「薪さんと鈴木さんは精神的両想いだった」「薪さんと青木には、心身共に結ばれてほしい」という、偏った視点で書いております
創作も主に、薪さんが「青木と幸せになる未来」と、「鈴木さんと幸せだった過去」で構成されております

コメ、拍手コメ共に、過去記事にも遠慮なく投稿いただけたらと思います
レスは「コメをいただいた翌々日までにお返しする」ことを自分に課しておりますが、諸事情により遅れる場合もございます
でも必ず書かせていただきますので
ご了承下さいませm(_ _)m

リンクは嬉しいので、ご自由にどうぞ♪


当ブログ拍手頁

最新の公開拍手コメのレスはこちら それ以前の公開拍手コメ&レスは、各記事の拍手ボタンを再度押していただければ読めます 鍵拍手コメにつきましては、拍手をいただいた記事下コメント欄にレスを書いております

所属してます♪


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


検索フォーム


 
薪さん・・愛してます

前記事で、いちおうメロディ10月号レビューに区切りが付いたので、皆様がこの2ヶ月の間に書かれた、メロディレビューを、読ませていただきました。

10名以上の方の分を一気に拝読したので、たぶん、脳内でミックスしておりますが・・。

(次号発売直前の今になって、コメを入れてもご迷惑かもと思い、ほとんど読み逃げです。すみません。気になった記事には、拍手を押させていただきましたm(_ _)m)



やはり・・「秘密」レビューではよく言われるように、「同じ漫画を読んでいるとは思えない」程、皆様の見方がそれぞれ違うことに、びっくり!・・・致しました。

特に、例のエレベーターシーン。
リモコンシーンに並ぶ、解釈の多様さ・・。

自分が読んだその時には、自分の解釈が自然・・と感じているだけに、皆様のレビューを読ませていただいて、いや、自分の見方は、かなり偏っている・・と、毎度のことですが、改めて感じたりも致しました。

そんな中で、皆様の意見が、ほぼ共通していた部分は、

その1・・メロディ表紙の薪さんの可愛さに、もれなく撃ちぬかれた。
その2・・次々と明かされる薪さんのプライベート情報に、喜びを感じた。
その3・・薪さんの私服と、飲食するところに、萌えた。
その4・・青木がこれ程までに、薪さんを想っているという事実に、驚いた。
その5・・薪さんのメール相手を、詮索せずにはいられなかった。

といったところでしょうか。

それ以外については、本当に様々に意見が分かれていて。
また、コメント&レスも活発に展開されていて、今回も話題に事欠かなかったことは、間違いないと言えるでしょう。

それにしても、全部を拝見したのが、今で良かったと思います。
10月号を読んだ直後に、皆様のレビューを読ませていただいていたら、たぶん、自分のレビューは挙げられなかったと思うので。

見方や感じ方が人それぞれ違うのは当然ですが、やはり、読んだ直後の、神経が過敏になっている時には、些細なことでも、落ち込む要因になり兼ねませんので。
今になってから拝見したから、こういう見方もあるのかと、皆様の記事を、いずれも興味深く読めて、また、自分の視点の偏りに、ショックを受けずに済んだのだと思います。

改めて10月号の「秘密」を振り返り、思ったのですが、今回のメロディ表紙、実に実に魅力的で、「慈愛」というSSまで書いてしまった程ですが。
私は、それ以上に、本編の表紙絵の方が、心惹かれる気が致します。

電話で互いの声を聞く、薪さんと青木。
薪さんの、穏やかで、優しい、綺麗な綺麗なその表情は、電話の向こうの青木を、愛しく愛しく想っている証。

最初に見た時は、この薪さんの表情が印象的で、青木の方には、そんなに目が行かなかったけれど。
本編を読み終えてから、再びこの表紙を見ると、青木も、何かメモを取ろうとしながら、薪さんの声を、大切に大切に、聴いているように見えるのです。

決して一方通行ではない、二人の互いを想い合う気持ちが、そこに漂っているようで。
苦しいような、それでいて温かいような、何とも言えない、うずきを胸に感じるのです。

そしてまた今号では、青木の若さ、真っ直ぐさを、改めて感じました。
笑顔で雪子に答えつつ、熱心にパソに向かい、夢中なあまり薪さんと取り違え、しかも正直な発言を醸し。

後半は、薪さんを見つめ、薪さんを想い、薪さんとの別れの予感に泣いて、薪さんの優しさを感じる・・。
どこまでも真っ直ぐで、自分の気持ちに、正直な青木。
その正直な気持ちが、何を表しているかを、自覚しないままに。

この、青木の「無自覚だけれど、確かな想い」が、今後、どう発展していくのか、注目したいです。

また、薪さんは、今回も全編、美しかった・・・!!!!!

薪さんが登場された瞬間、ページが華やぐというか、心が浮き立つというか・・。
長年の付き合いである雪子も「なんか ますます・・・」と思う位、冴え渡る薪さんの美貌・・。

ただ綺麗なだけじゃないんですよね。
何と申しますか・・色気があるんですよね。
何でしょうね、これは・・。

それでいて、飲み会の席で見せる表情は、可愛らしさも満載で・・。
しかもそんな可愛いお姿で、お酒を次々に召し上がり、男っぽいポーズで、口調で・・そのギャップもたまらなく。

第九全国展開のプランをお話になる時は、生き生きとした室長の顔になり、皮肉な事態さえも静かに受け止め、呆然とする部下達に、彼らを室長として送り出すつもりだと、そう告げる・・。

いつになるかは不明だけれど、いつかは、自信を持って、彼らを送り出す・・その為に責任を持って指導をしてきた薪さん。
上司としての薪さん・・その責任感、指導力・・かっこいい・・!!

でも、青木が栓抜きを落としたその様子に、薪さんの表情は、途端に物想う物となる。
そして栓抜きを青木に手渡すまでのシーンに、去来する想いを、感じてしまいます。

さて、今後は、第九に、遂に新人が登場するようですが。
一体、どんな新人であり、第九に、薪さんと青木の関係に、どんな動きを、もたらしてくれるのでしょうか。

・・とりあえず、第九に女性が配属という展開だけは、絶対にやめて下さい・・!!

私としては、女じゃなければ、男であれば、どんな新人で、どんな展開になっても、受け入れられると思いますが、これが女だったらと考えると、どんな新人で、どんな展開でも、脳内が想像を拒否してしまうのです。
新人登場まで、そのことだけは、祈り続けたいと思います。

今回も、薪さんは、どのショットを取っても本当に魅力的でしたが、何と言っても、青木目線の、見返り薪さんに、一番目を引かれました。

青木の胸の中に居る、「朝 必ず第九にいてくれる」薪さんは、こんな表情をしているのですね。
生き生きと輝いて、かすかに微笑み、こちらを、青木のことを、きちんと視線に捉えて。

そしてまた、ベンチに座る、薪さんの横顔。
これも、青木の目に映る姿。

「朝 いてくれる」薪さんの顔が、第九室長としての、青木が敬愛する薪さんだとしたら、こちらは、「はじめて見る プライベートの」薪さん。
それは、「寂しい子供のような」顔だった。

気を張って仕事をこなしている、麗しい薪さんと、仕事から離れ、気を抜いた瞬間の可愛らしい薪さんと。
その両方を見ている青木。

自分にとっての薪さんは、きらきらと輝く憧れの人であり、同時に守りたくなるような、抱き締めたくなるような人だと・・青木は、心の奥底で、気付いたのではないでしょうか。

泣きベソをかく、情けない自分に、付き合ってくれるのは、薪さんの方だけれど。
少年のような外見で、でも、その行動は、ずっと大きくて、寛容さを湛えている。

この、黙って青木に寄りそう薪さんの優しさが、私の中に、深く深く入り込んできて・・。
それがたぶん、「美酒」での、今井さんを送り届ける薪さんや、「恋人」での、青木を黙って抱き締める薪さんに、繋がったのだと思います。

様々な苦しみを抱え、責任を背負い、感情の波に心を散らせている薪さんが。
本来なら、人の気持ちに構うどころではない筈の薪さんが。
大きく、広く、深く、青木を受け止めている。

薪さんの無言の優しさに・・胸が切なく痛みます。

だから、これからは。
青木が。
青木の方から、この状況を、打破していってほしい。

先日、はやぶささんのところで、

「自分を、相手を守るために望んで心の壁を作る薪さん
青木は無意識なんだろうが、あくまでその壁を壊してくる」

という文と、イラストを拝見致しました(こちら)。
(はやぶささん、引用を快くお許し下さり、ありがとうございました!m(_ _)m)

文もイラストも、胸に、ストレートに突き刺さって。

そう。
そうなんですよね。

薪さんは、自分と、そして相手をも守る為に、壁を造るんですよね。
他の人達なら、壁を造る薪さんに、そういう人なのだと、素通りしたり。
あるいは、薪さんのその気持ちを汲んで、あえて壊さず、壁の向こうから見守っていたり。

でも、青木は壊していく。
誰も手を出さなかったその壁に、穴を開けていく。

薪さんは、その壁を壊してくる人間の出現に、戸惑いながらも、壊された壁の穴から、風が入り、光が差すのを感じる。

これを拝見して、思いました。
青木、ためらわず、君らしく、この壁を、どんどん壊していってほしい。

それが薪さんを、新たな世界へと、踏み出させてくれるのだから。




メロディ10月号レビュー 終





関連記事

コメント

■ お疲れ様でした!

こんにちは。かのん様♪

7回に渡るメロディ10月号レビューお疲れ様でした☆\(^▽^)/☆

今月号は、表紙からくらくらでしたね(〃▽〃)
うう~薪さん可愛いよ~☆☆☆

途中、辛すぎる箇所がありましたが、2ヶ月近く経つと心が落ち着いて、楽しかったり、嬉しかったりしたことだけを思い出しているようです。←辛い所は心に蓋。

エレベーターシーンは、やはり解釈の異なる場所のNo.1でしたね。
本当に皆様、いろいろな考察や解説があり、参考になります。

Hやぶささんのところの心情風景拝見しました。
自分を守るために壁を作る。
でも、どこかで、その壁を壊してくれる、手を差しのべてくれる人を待っているのかな・・なんて考えてしまいます。

メロディ12月号の青木の行動に期待します(^_^)v

薪さんが言っていた「新人」来るのでしょうか?
『第九に新人が来て薪さんに猛アタック! 青木、心中穏やかでなくなり、自分の本当の気持ちに気が付く!』
という一時期話題に上がったあのパターンになったらビックリですね(≧∇≦)

あっという間に明後日はメロディの発売日です。
チーム関西の方々は、なんと明日ですね。
メロディを読む前に心の準備をしたい私は、明日は、チーム関西様の周りをうろうろしています(^_^;)

■ 

○たつままさま

こんにちは。
コメントありがとうございました!
読んでいただき、本当に嬉しく思います。

昨日は、我が家にもやっと光通信を引き込み、設定が終わるまでは、ネットが繋がらず。
今日は、チーム関西の方々がきっとメロディ速報をされるでしょうから、その前にと、ブログ様巡りをしておりまして、レスが今になってしまいました。

> 今月号は、表紙からくらくらでしたね(〃▽〃)
> うう~薪さん可愛いよ~☆☆☆

本当ですね。
色々と辛いこともありましたが、この表紙のお陰で、救われました!

> 途中、辛すぎる箇所がありましたが、2ヶ月近く経つと心が落ち着いて、楽しかったり、嬉しかったりしたことだけを思い出しているようです。←辛い所は心に蓋。

「心に蓋」すみません、笑ってしまいました☆
でも本当にそうですね。

薪さんにはもちろん頻繁にお会いしたいですが、それでも「メロディ」が隔月刊で、良かったと思います。
これが毎月だったら・・心がちょっともちません(^^;)

> エレベーターシーンは、やはり解釈の異なる場所のNo.1でしたね。
> 本当に皆様、いろいろな考察や解説があり、参考になります。

同じ一言のセリフに対しても、解釈が全く違うんですよね・・「秘密」奥深いです・・。

> Hやぶささんのところの心情風景拝見しました。
> 自分を守るために壁を作る。
> でも、どこかで、その壁を壊してくれる、手を差しのべてくれる人を待っているのかな・・なんて考えてしまいます。

ああ・・薪さん・・そうかもしれないですね(;;)

薪さんは、自分と、同時に「相手をも」守る為に壁を作っているのだと、そう思ったら、度々見る、薪さんの一人の背中が、余計に辛くなってしまいました・・。

> メロディ12月号の青木の行動に期待します(^_^)v

・・どうなんでしょう。
あれだけ薪さんを想っていながら、やはり、青木のことだから進展が無かったり・・なんてことも?

「秘密」ですからね、どんな展開が来るか、全く分からない・・覚悟もしつつ、前向きに臨みたいと思います(漫画雑誌を読む、ただそれだけの話題とは思えませんね・・^^;)

> 薪さんが言っていた「新人」来るのでしょうか?
> 『第九に新人が来て薪さんに猛アタック! 青木、心中穏やかでなくなり、自分の本当の気持ちに気が付く!』
> という一時期話題に上がったあのパターンになったらビックリですね(≧∇≦)

新人が来るなら、やはり、いい方向に風を吹かせてほしいですね。
ドキドキ・・・

> あっという間に明後日はメロディの発売日です。
> チーム関西の方々は、なんと明日ですね。
> メロディを読む前に心の準備をしたい私は、明日は、チーム関西様の周りをうろうろしています(^_^;)

私は、速報を拝見すると、かえって動揺してしまうので、自分が「メロディ」を明日手にするまでは、他所様へのご訪問は、一切控えようと思います。

出来たら、12月号は、早めにレビューをUPして、気持ちに区切りを付けてから、オフ会で皆様にお会い出来たらと、思っております(^^)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://kanon23.blog36.fc2.com/tb.php/437-3a67e853

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP |