カウンター


プロフィール

かのん

Author:かのん
薪さんと同身長が自慢です

基本、「薪さんと鈴木さんは精神的両想いだった」「薪さんと青木には、心身共に結ばれてほしい」という、偏った視点で書いております
創作も主に、薪さんが「青木と幸せになる未来」と、「鈴木さんと幸せだった過去」で構成されております

コメ、拍手コメ共に、過去記事にも遠慮なく投稿いただけたらと思います
レスは「コメをいただいた翌々日までにお返しする」ことを自分に課しておりますが、諸事情により遅れる場合もございます
でも必ず書かせていただきますので
ご了承下さいませm(_ _)m

リンクは嬉しいので、ご自由にどうぞ♪


当ブログ拍手頁

最新の公開拍手コメのレスはこちら それ以前の公開拍手コメ&レスは、各記事の拍手ボタンを再度押していただければ読めます 鍵拍手コメにつきましては、拍手をいただいた記事下コメント欄にレスを書いております

所属してます♪


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


検索フォーム


 
まずは、お礼を述べさせて下さい。

当ブログの拍手数が、5000を越えました。
拍手の数だけ、皆様お一人お一人が、手間をかけ、押して下さった・・そこに込めて下さった気持ちを、大切に大切に思います。

本当に嬉しく、感謝の気持ちで一杯です。
どうもありがとうございました!!!m(_ _)m


************


さて、メロディ12月号の「秘密」について、先日「最初の一言」で、簡単に思ったことを書きましたが、改めて、テーマ別に感想を綴って参りたいと思います。

まずは、事件から。



ここが学校であること。
そこで犯罪が行われること。
場所は体育館倉庫であること。
凶器はそこに残されたこと。
そして、被害者がまだ息のあるうちに、それを目撃していた者が居ること。

それらを全て、無駄の無い絵で見せていく。
今回も、冴えた描写に、冒頭から引き込まれてしまった。

一転して、それらを知らない生徒達の様子に、ここから事件が紐解かれていくのかと思ったら、そんな甘い物ではなかった。

突然の震災。
ニュースで表現される、その規模の大きさ。
少年の失踪と同時に、その少年の転落。
そして驚いている隙も与えずに起こる、交通事故。

畳み掛けるその描写に、息を付く暇も無く、圧倒され、その不可解さに、背筋を戦慄が走る。
これらの事件がどう繋がっていくのか、全く見当が付かない。

震災では死者が出なかったのに、一つの小学校で、3人が死亡。
ただ、ほぼ同時に起きた、刺殺と、転落死と、交通事故死を描くだけならば、震災は必要ない筈。
何故、この3つの事件に震災を絡める必要性があったのか。
それは、これから分かっていくのだろうか。

この悲惨な現場を、教員が写真に収めたというのも、解せない感じもする。
救急が到着するまでの間に、他に出来ることも無く、学校長やその他関係者に後で状況説明をする為・・だったのかもしれないが。

普通なら、他の生徒の誘導をしたり、保護者への説明をしたり、関係機関に連絡をしたり・・教員達は、ものすごく忙しい筈で。
精神的な面からも、こういう状況下で現場にカメラを持ち出すという余裕が、教員にあるとは思えない。

これはただ、現場を薪さんや読者に見せる為だけの物だとしたら・・気にしなくていいのかもしれないけれど。

第九で捜査をするということが、早速新聞の社会面に掲載された。
前回の大臣の事件で、第九への期待と認識が高まったこの状況で、今回の事件は、また色々な意味で、大きく注目されることになるのだろう・・薪さんの責任の重さを感じて、また、苦しくなる。

でもきっと、薪さんは、そんな注目度等に関係なく、今回も、全力を尽くして、捜査に当たるのだろうけれど。

最初に刺殺された教員は、脳の損傷によって、MRI捜査は不可能と説明された。
つまり、第九で脳を見るのは、転落死した少年と、事故死した少年の物・・ということになるのだろう。

2巻の平井少年や、5巻の誘拐された少年に続いて、また子供が関わる事件ということに、改めて辛くなる・・

約10分、苦しんだ後、地震による倒壊被害を受けたと目される被害者・・。
被害者の視界が描かれ、悲惨過ぎる最期を思わせる・・。

薪さんはすぐに気付く。
現場の再捜索が必要だと。
そう、そこに、凶器が残っている。

そして、少年達に、いじめや虐待の被害の跡は無い。
それを、薪さんは気にしていたという。
子供が被害者の場合、まずそういった可能性から消去していくのだと、そう思った。

大型モニターでの、転落死した少年の画の検証。
袖の模様からして、操作しているのは青木と見て、いいのだろうか。
しゃべっているのは薪さんと思われるので、薪さんの指示で、一番前に座っている青木が操作している、ということになるのだろう。

最初に画の中の異変に気付くのは、やはり青木(たぶん、同時かその直前に薪さんも気付いている)。
今回は、まるで幽霊のように、人を影として認識するその画・・。
「脳を見る」という、同じ事件の捜査方法でありながら、毎回毎回、違った物を見せてくれる、驚くべきその展開に、ため息が出る・・。

そして、「MRI捜査」とは何か、何を目的に「MRI画像」を見るのか。
それを他人に明確に説明することが出来るのは、青木自身が、しっかりと、そのことを把握し、捜査に対する目的に、気持ちのぶれが無いからだろう。
絹子の事件で泣いていた青木を思い出し、成長したと、改めて思う。

そして明かされる山本の経歴と、訴訟されることを視野に入れ、検察官と協力していくという、第九の将来・・。
またまた、ため息・・

第九が常に抱えている問題と、いずれ全国展開する時の体制・・それらに対して、こういう布石が置かれるとは。
清水先生・・見事です・・。

更には、その山本の複雑な表情から、彼の存在が、今後、捜査の行方を左右する予感もさせて・・。

とにかく、捜査は続行されることになったけれど、今後どういった展開を見せるのか、全く予測不可能。

「人を影として捉えている」と思われる少年が、どうやって人を判別していたのか。
最後の「影の人物」を、何故追いかけたのか。
その「影」は誰なのか。

「MRI画像」は、「万能」では無い。ということは、以前にも、繰り返し語られてきた。
今回は、性別さえも分からない程の「影」でしか捉えられていない画像で、どう判断され、捜査されるのか。

事件はまだ導入部に過ぎず、何一つ分からない。

今回も、あっと驚く展開を見せてほしい、読者を濃厚なミステリーの世界に酔い痴れさせてほしい。
そう思う一方で。

薪さんが苦しむことの無いよう、穏やかな解決を見せてほしい。
そうも、思う。

読者の、ワガママ。





関連記事

コメント

■ 5000拍手おめでとうございます♪

こんにちは。かのん様♪

5000拍手おめでとうございます♪\(^▽^)/♪
皆様、かのん様の優しく美しい世界が大好きなのでしょう。←私もその一人です!!

今回の事件に付いての感想も、無駄なく、すっきりと、でも重要なポイントはしっかり押さえて・・・
凄いですよね。
私、かのん様の文章に触れる度に素晴らしいと思います(^_^)

事件は、小学校が舞台ですね。
子供を扱う事件は、やはり痛ましいですね(T_T)

でも、薪さんは、その痛ましさを乗り越えて、冷静で的確な捜査を進めていくなんて、本当にお辛いだろうな・・・と思います(T_T)(T_T)(T_T)

確かに、読者のワガママ(^_^;)
でも、薪さんには、これ以上辛い思いをしてほしくない。これが一番の本音ですね・・・

もうすぐ、「原画展&叫ぶ会」ですね(^_^)v

かのん様、調子はいかがですか?
私は、ちょっと風邪気味ですが、気合いで治して、オフ会に臨みたいです(≧∇≦)

再会出来る日を楽しみにお待ちしております\(^▽^)/

■ おめでとうございます。

レビューありがとうございます!
今回も辛い事件になりそうですね。子供が絡むとどうしても苦しい展開になりそうで。

平井少年が関わった絹子事件のときより、薪さんが被害者に感情移入してるのが気になります。昔の薪さんは人前で被害者の写真を見て憂いを見せるひとではなかったように思うのですが。(恋はひとをかえるのかしら(笑))
薪さんの感情が昔より鋭敏になってしまったとしたら、ますます苦しまれるのかしら、と不安です・・・・。

>読者のワガママ。

わたしも事件ものは大好きで。陰惨で残酷で妄執に捕らわれたような話が好きなので、とても楽しみです。(リアルで鬼だな)
薪さんが苦しむのは辛いですが、捜査官やってる以上はここは避けられないので。恋愛関係で泣かれるよりマシだわ、と思うことにします。(・・・・ダメ?)

かのんさんがお元気になられて、本当に良かったです。安心しました。
オフ会、楽しみにしてます(^^

最後になりましたが、5000拍手おめでとうございます!
かのんさんの素晴らしい創作に、熱いレビューに、これからもこころを込めてポチッと押させていただきます!これからも楽しみにしてます!!

■ 

○たつままさま

こんにちは。

記事をUPしてから、たった40分後に現れたコメントに、びっくりしてしまいました。
そして、とてもとても嬉しく思いました。
ありがとうございました☆☆☆

> 5000拍手おめでとうございます♪\(^▽^)/♪

ありがとうございます!
大半をたつままさんが占めて下さっているのではと・・本当にありがたいですm(_ _)m

> 皆様、かのん様の優しく美しい世界が大好きなのでしょう。←私もその一人です!!

くぅ・・・
なんて素敵な表現をして下さるのでしょうか・・(TT)

自分では、このブログがどういった雰囲気に感じられるのか、私の書くレビューや創作が、どういったイメージなのか、全く分からないので・・。
「優しく美しい世界」と表現して下さったことが、とても嬉しく、もし本当に、少しでもそんな風に感じられるのだとしたら、書いていて本当に良かったなあと・・そう、思えましたので。
とても、とてもありがたいです。

> 今回の事件に付いての感想も、無駄なく、すっきりと、でも重要なポイントはしっかり押さえて・・・
> 凄いですよね。
> 私、かのん様の文章に触れる度に素晴らしいと思います(^_^)

ひょえひょえひょえ・・・・

そそそんなことは無いと思われ・・。
無駄・・無い、でしょうか?
私としては、どうしていつも文章が長くなってしまうのだろうと。
もっと短く出来ないかと、それがいつも課題としてあるもので・・。

あ、あ、ありがとうございます・・・。

私の方こそ、いつもたつままさんの文章の素晴らしさに、ひれ伏しているのですが・・。

> 事件は、小学校が舞台ですね。
> 子供を扱う事件は、やはり痛ましいですね(T_T)

「痛ましい」・・まさしく、そうですね・・(;;)

> でも、薪さんは、その痛ましさを乗り越えて、冷静で的確な捜査を進めていくなんて、本当にお辛いだろうな・・・と思います(T_T)(T_T)(T_T)

そうなんですよね。
それがお仕事とは言え・・。

せめて、自分がしていることに、薪さんが、やりがいや価値を見出せる、第九での捜査が事件を良い方向に解決するものであってほしいと思います。
捜査が、かえって物事を悪い方向に促したり、薪さんが、自分の力が及ばず、空しさに肩を落とすような展開にならないでくれたらと、そう願います。

> 確かに、読者のワガママ(^_^;)
> でも、薪さんには、これ以上辛い思いをしてほしくない。これが一番の本音ですね・・・

そうなんです。
ワガママ勝手と分かってはいても(笑)、薪さんには、辛い思いをして欲しくない・・どうしてもそう思ってしまうのですね・・。

> もうすぐ、「原画展&叫ぶ会」ですね(^_^)v

あと4日ですね!
ワクワク(楽しみ)と、ドキドキ(緊張)が交差しております。

駄目駄目。
浮き足立たずに、気をしっかりと保たなくては(また事故や体調を崩すことは、避けねばなりません^^;)

> かのん様、調子はいかがですか?
> 私は、ちょっと風邪気味ですが、気合いで治して、オフ会に臨みたいです(≧∇≦)

風邪、大丈夫ですか?
心配です。
天気や気温が変わり易く、体調も崩し易いですよね。
どうかどうか、早く治りますように。

実は私も少~し風邪気味で。
先週体調を崩して以来、微熱を引きずっているのですが。
今週に入ってから医者に診せたら、先週のことは、「お腹に来る風邪だったのでは」という診断でした。
ノドを見て「また、高熱出るかもしれないね~」と軽く言われたので、処方された薬をしっかり飲み、なるべく早寝をする等、かなり気を付けております(^^;)

> 再会出来る日を楽しみにお待ちしております\(^▽^)/

私もです。
お互い、万全の体調で、当日を迎えたいですね(^^)

■ 

○しづさま

コメントありがとうございます。

> レビューありがとうございます!
> 今回も辛い事件になりそうですね。子供が絡むとどうしても苦しい展開になりそうで。

あ・・ありがとうって?何故???
こちらこそ、読んで下さり、どうもありがとうございます!m(_ _)m

子供が絡むのは辛いですね。
それだけで、ずっしりと重くなります・・・

> 平井少年が関わった絹子事件のときより、薪さんが被害者に感情移入してるのが気になります。昔の薪さんは人前で被害者の写真を見て憂いを見せるひとではなかったように思うのですが。(恋はひとをかえるのかしら(笑))
> 薪さんの感情が昔より鋭敏になってしまったとしたら、ますます苦しまれるのかしら、と不安です・・・・。

そうですね・・。
元々鋭敏な方だとは思いますが、人前では捜査に没する方だったような気もしますね。
3巻のチャッピー事件では、行方不明の学生達の人命を第一に考えて捜査をしてはいましたが、どこか加害者との心理戦を楽しんでいるようなところもありましたし・・。

やっぱり4巻が分岐点ですよね。
色々な意味で、方向性が変わったような・・。

でもきっと、4巻のウィルス事件までのように、捜査が順調に進行している時は、それに没頭しているけれど、特別編のように、事件を隠すことになったり、5巻のように、扱う事件がどれも空しい結果に終わった時は、人知れず、これまでも多々泣いていたのかもしれませんよね・・。

だから、2巻の絹子事件で、青木が自分のしている捜査に疑問を持ち、人知れず涙を流している姿を見て、薪さんは、自分を見るように、共感したのだと思うのです。
まあ、あの時の青木の苦悩は、責任者としての薪さんの苦しさとは、比べ物にならないかもしれませんが。

> わたしも事件ものは大好きで。陰惨で残酷で妄執に捕らわれたような話が好きなので、とても楽しみです。(リアルで鬼だな)
> 薪さんが苦しむのは辛いですが、捜査官やってる以上はここは避けられないので。恋愛関係で泣かれるよりマシだわ、と思うことにします。(・・・・ダメ?)

そうなんですよね。
事件の内容の濃さや深さは、保っていただきたいと思うんです。

確かに捜査官やってたら、避けられないところですしね。
大体、辛い展開が見たくないなら、最初から「ポリティカルサスペンス」なんて、読まなきゃいいと思います(笑)

自分から読んでおいて、苦しい、辛い、見たくないって言ってるんですから・・ワガママですよね~(^^;)
でも、薪さんに惚れ込んでしまってからは・・駄目ですね・・これはもう理屈抜きで、苦しむお姿は見たくないという・・。

でも、そうですね。
そういう、「お仕事上の苦悩」を、プライベートで包んでくれる人が現れたら(もうこの際、いい人であれば、腑抜け青木じゃなくてもいいよ ← でも男限定)、恋愛面で泣くことが無くなれば、きっと公的な場でも、しっかりと立ち、精神面でも切り抜けていけるようになると思うのですが・・・。

> かのんさんがお元気になられて、本当に良かったです。安心しました。
> オフ会、楽しみにしてます(^^

ご心配下さり、本当にありがとうございます。
オフ会・・考えるだけでドキドキ致します。

> 最後になりましたが、5000拍手おめでとうございます!
> かのんさんの素晴らしい創作に、熱いレビューに、これからもこころを込めてポチッと押させていただきます!これからも楽しみにしてます!!

ありがとうございます!!!
しづさんには、過去記事から、ずっと読んでいただいて・・本当に本当にありがたいです。

こんなところでよろしければ、これからもどうかよろしくお願い致しますm(_ _)m

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://kanon23.blog36.fc2.com/tb.php/442-db414f70

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP |