カウンター


プロフィール

かのん

Author:かのん
薪さんと同身長が自慢です

基本、「薪さんと鈴木さんは精神的両想いだった」「薪さんと青木には、心身共に結ばれてほしい」という、偏った視点で書いております
創作も主に、薪さんが「青木と幸せになる未来」と、「鈴木さんと幸せだった過去」で構成されております

コメ、拍手コメ共に、過去記事にも遠慮なく投稿いただけたらと思います
レスは「コメをいただいた翌々日までにお返しする」ことを自分に課しておりますが、諸事情により遅れる場合もございます
でも必ず書かせていただきますので
ご了承下さいませm(_ _)m

リンクは嬉しいので、ご自由にどうぞ♪


当ブログ拍手頁

最新の公開拍手コメのレスはこちら それ以前の公開拍手コメ&レスは、各記事の拍手ボタンを再度押していただければ読めます 鍵拍手コメにつきましては、拍手をいただいた記事下コメント欄にレスを書いております

所属してます♪


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


検索フォーム


 
この度は、オリジナルストーリー「技巧」をお読み下さいまして、どうもありがとうございましたm(_ _)m


今回のテーマは、薪さんの「顔○」・・・・・では、なくて。
薪さんと青木、二人の「同時進行」は可能か?・・・・・でも、なくて。

一言で表すならば、「薪さんの凄さ」でした。

初めてR系に手を染めたのが、今年の2月のこと。
その頃から、私の中で、ずっと、一つの課題がありました。

その課題とは、行為の最中の薪さんが、青木をどう攻めるのか、それを書き表すことが、上手く出来ないということでした。

こういった物を書くようになる以前から、私の中で、薪さんは、そういった点でも冴え渡る方なのだと、そんなイメージがありました。

それは例えば、薪さんが、休日はどう過ごしているのか、何を食べ、どんな本を読み、どんなスポーツをするのか・・そういったことを想像するのと同じように、薪さんという方を思い、どんな方なのか知りたいと願う、そういう中で自然に沸いた物でした。

仕事の場で、奇跡のような能力を見せてくれる薪さんだから。
そういう場面でも、素晴らしい物を見せてくれるに違いないと。

ところが、実際にRを書くようになると、薪さんが青木に攻められているところは書けるのに、逆を書くことが、ままならない。

薪さんが感じている光景は、いくらでも筆が(パソ打ちが)進み、エスカレートし過ぎないよう、自分で抑えなければならない程なのに、薪さんが攻めて青木がいい思いをする・・そんな光景を書こうとすると、どうもパソ打ちが進まず、止まってしまうのです。

結局、書いている私自身が、薪さんが感じることには大いにそそられるのに対して、青木が感じるなんてことには、全く興味が持てないということが、原因のようでした。

そういう面での、薪さんの凄さを描きたいと思いつつ、課題を残したまま、時は過ぎ。

今回のストーリーが、いつ、どんなきっかけで脳内に生まれたのかは、もう覚えていないのですが、半年位前から、映像が浮かんでおりました。
青木に愛される薪さん、愛する薪さん、青木のそれを、受け止める薪さん。
更には、その偶発的な出来事を、青木が思いもかけない場面で、活かす薪さん。

流れはとっくに出来ていて、ずっと書きたかったのですが。
他にも書きたい物が次々に出てきて、なかなかここまで辿り着けなかったことや、また、書いてしまっていいのだろうかと、様子を伺っていたことから、今に至りました。

様子を伺っていたというのは、アニメ・コミックジャンルで、ここまで書いてしまっていいのかと、ブログを管理する立場として、警戒していたこと。
それと同時に、このブログを訪問して下さる「秘密」ファンの方が、こんな薪さんをご覧になって、不快にならないだろうかと、慎重になっていた部分もありました。

Rを書き始めた頃には、こんな物を書いて、果たして読んだ方がどう思われるのかと不安もありましたが、幸い、肯定的に受け止めていただき、そんな方々に支えられて、書き続けて参りました。

それでも、薪さんが青木を攻めたり、その麗しいお顔に・・ということは、これまでとまた違った流れと言え、目にした方に、嫌な気分を起こさせてしまったらという不安も、なかなか消えることは無く。

少しずつ、少しずつ、先に進んだ内容を書いていく中で、拍手やコメントなど、皆様の、ありがたい反応をいただき、どうやら、大丈夫らしいとの手応えを感じられるようになり、今回、書き上げることが出来ました。

ですから、今回これを書けたのは、これまで応援して下さった、皆様のお陰なのです。

このところ、レビューなど、創作以外の物を書いたり、時間的にパソに向かう暇がなかなか取れなかったりして、創作物を書きたいという意欲が沸いて、仕方がありませんでした。

中でも、R系は常に複数の構想があり、私の脳内では、まるでぴんく映画館のように、3本立てで薪さんの乱れたお姿が舞い、書くことで脳の外に放ちたいという衝動で、はち切れそうでした。
今回、無事に書き上げることが出来、課題がこなせて、衝動も鎮まり、安堵致しております。

仕事の面でも、謙虚に学ぶ姿勢を見せ、経験を次に活かし、時に大胆な行動にも走りつつ、成長していく青木。
その性格がきっと、ベッドでの行為にも、如実に反映されるのでしょう。

一方薪さんは、青木を導きながら、回を重ねるごとに、期待以上の成果を上げていく青木に、新鮮な驚きと、喜びを覚えていることでしょう。

そんな青木に対して、薪さん自身は。
心から想う人と、愛し愛されることに、我を忘れてのめり込み。

例え意識はしなくても。
感じたい、感じさせたい、その想いの果てに現れる行為で、青木を翻弄していく。

だから青木は。
どんなに成長しても、薪さんには、決して敵うことは無い。
でも、それで良いのです。

そんな青木を、薪さんは、愛しているから。
青木の優しさも激しさも。
成熟も未熟も。

その全てを、全身で、感じているから。

タイトルの「技巧」とは。
これは、前半に現れる、成長した青木の技巧。
中盤の、薪さんの魅力的な技巧。

それ以上に、そんな物を駆使しなくても、ほんの一言で、青木を思いのままに動かせてしまう、薪さんの心理戦に長けた「技巧」でありました。

Rは、いつもそうですが。
他の創作以上に、脳内映像を、正確に文章に表すことが難しく、伝わるように表現出来ているのか、自信はございませんが。

読んでいただけたら、そして少しでも楽しんでいただけたら、幸いです。
どうもありがとうございました。


※12/1追記

コハルビヨリさんが、「技巧」の1シーンを美麗イラスト化して下さいました。
詳細は次記事をご覧下さいませ。




関連記事

コメント

■ 

○11/30にこちらに鍵拍手コメ下さったKさま

改めまして、どうもありがとうございましたm(_ _)m

嬉しいです。
嬉しいです。
嬉しいです・・・

改めてそちらにコメに伺います!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://kanon23.blog36.fc2.com/tb.php/453-cc79ae5d

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP |