カウンター


プロフィール

かのん

Author:かのん
薪さんと同身長が自慢です

基本、「薪さんと鈴木さんは精神的両想いだった」「薪さんと青木には、心身共に結ばれてほしい」という、偏った視点で書いております
創作も主に、薪さんが「青木と幸せになる未来」と、「鈴木さんと幸せだった過去」で構成されております

コメ、拍手コメ共に、過去記事にも遠慮なく投稿いただけたらと思います
レスは「コメをいただいた翌々日までにお返しする」ことを自分に課しておりますが、諸事情により遅れる場合もございます
でも必ず書かせていただきますので
ご了承下さいませm(_ _)m

リンクは嬉しいので、ご自由にどうぞ♪


当ブログ拍手頁

最新の公開拍手コメのレスはこちら それ以前の公開拍手コメ&レスは、各記事の拍手ボタンを再度押していただければ読めます 鍵拍手コメにつきましては、拍手をいただいた記事下コメント欄にレスを書いております

所属してます♪


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


検索フォーム


 
Scene6:会議


薪は、中央会議室に居た。
険しい顔で、総監を見ている。

警視正以上の階級の物が集まるこの会議で、薪は、立ち上がって発言しているところだった。

「何故です! 一刻も早く、エヴァンズの顔写真を公開して、世間に注意を促すべきでしょう!」
他の者は、総監の顔を伺った。
フォスターだけは、総監ではなく、薪の方を、興味深げに見つめている。

「・・しかし、犯人は今、日本に逃亡したことで油断している。自分が指名手配されていることを知ったら、しばらく潜伏してしまうかもしれない。動きを止められたら、居場所を突き止めることはより困難になる。我々の目的は、一刻も早く犯人を逮捕して、アメリカ側に引き渡すことだ」
総監が言った。

「動きとは、次の犯行を犯すということですか。こうしている間にも、彼は次の犠牲者を探しているかもしれない!」

「だからこそ、早く犯人の居場所を突き止め、逮捕するよう、尽力してもらいたい。期待しているよ、薪警視正」
そう言って総監は立ち上がり、それを合図に、会議は終了になった。

会議室から第九へ、フォスターと薪は、廊下を並んで歩いていた。

無言で怒りを発している薪を見て、フォスターが歩きながら声をかけた。
「無駄に怒るな。そのエネルギーは、捜査に向けた方がいい」

薪は進みながら、チラリとフォスターを見上げ、言った。
「あなたは、自分のところの所長が、ことなかれ主義だと言いました。でも、あなたも同類では?」

フッと、フォスターは笑う。

「私は、既に決定していることに異議を唱えることを、無駄だと思うだけだ。実際、この会議に出席することさえ、無駄だと思っている。だからこそ、余計なことを言わず、さっさと終わらせ、捜査に戻りたい。君もそうじゃないのか?」

薪は何も答えず、先を急いだ。

「薪、出来ないことを、思い悩むな。この仕事をしていれば、自分の力ではどうしようもないことが、無数にある。それを悩んだところで、自分で自分を、苦しめるだけだ」

フォスターの言葉に、思わず、薪は立ち止まった。

見上げると、フォスターは、いつもの、皮肉な笑みを口元に浮かべているだけだ。
フォスターはそのまま、歩いていった。
薪は一瞬、その背中を見つめ、そしてすぐに、後を追った。



関連記事

コメント

■ 

秘技!!!コメント連打!!!!!

え?ヒマなのかって?
いえ、決してヒマじゃないんですけど、つい(ー▽ー;
よっぽどかのんさんの小説を愛してるんでしょうねwww

薪さん素敵★素敵★
やっぱりこういう男らしい薪さんが好きです(><)
悔しそうな薪さんを見てると萌えるわ~♪
そしてフォスターとのムズムズする絡み!!!あ~気になる!
忘れちゃならない総監との絡みも!!(←再三言うけどお前だけだ)

続き♪続き♪

■ 

○コハルビヨリさま

コメント連打(笑)ありがとうございます!!!

コハルビヨリさんのマメなコメントに、かなり励まされておりますm(_ _)m

>やっぱりこういう男らしい薪さんが好きです(><)
>悔しそうな薪さんを見てると萌えるわ~♪

そうなんです。
男っぽい薪さん、悔しがる薪さん、好きです~♪

>そしてフォスターとのムズムズする絡み!!!

こういうシーンはあっという間に書けるんですよ(笑)事件部分は時間がかかる癖に。

忘れちゃならない総監との絡みも!!

総監ご出演シーンは、全部コハルビヨリさんに捧げます(笑)


○Aさま

拍手コメント、ありがとうございます。

いえ・・全然上手じゃないですよ~(><)
でもそう言っていただけると嬉しいです!
頑張りますね!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://kanon23.blog36.fc2.com/tb.php/59-af3db725

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP |