カウンター


プロフィール

かのん

Author:かのん
薪さんと同身長が自慢です

基本、「薪さんと鈴木さんは精神的両想いだった」「薪さんと青木には、心身共に結ばれてほしい」という、偏った視点で書いております
創作も主に、薪さんが「青木と幸せになる未来」と、「鈴木さんと幸せだった過去」で構成されております

コメ、拍手コメ共に、過去記事にも遠慮なく投稿いただけたらと思います
レスは「コメをいただいた翌々日までにお返しする」ことを自分に課しておりますが、諸事情により遅れる場合もございます
でも必ず書かせていただきますので
ご了承下さいませm(_ _)m

リンクは嬉しいので、ご自由にどうぞ♪


当ブログ拍手頁

最新の公開拍手コメのレスはこちら それ以前の公開拍手コメ&レスは、各記事の拍手ボタンを再度押していただければ読めます 鍵拍手コメにつきましては、拍手をいただいた記事下コメント欄にレスを書いております

所属してます♪


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


検索フォーム


 
メロディ 2010年 8月号 「秘密-トップ・シークレット-2010 最後の晩餐 The Last Supper」

リンク
最初の叫び


レビュー1:付録とカラー絵



6月28日。
発売日当日、メロディ8月号を2冊、購入した。

その時はまだ、書き終えたばかりの創作の、後書きを書いていなかったので、原作の「秘密」を読んだら創作世界どころではないと思い、後書きをUPするまでは、メロディを開かない決意をしていた。

書店でメロディを手に取ると、表紙と背表紙に、薪さんのお姿が。
そのお姿を拝見しただけで、たちまち、息が止まりそうな感覚に陥った。

これまでの例だと、こういうところに掲載される絵は、既出のカラー絵だったりすることが多い。
けれどそれは、今までに一度も見たことの無い、薪さん。
きっと今回のカラー絵だということは、瞬間的に、分かった。

その小さなお姿に、動揺し、心臓がキュッ・・と痛む。
なるべくそのお姿を目に入れないよう、抱えたメロディから目をそらしながら、レジに向かった。

そして翌日、創作の後書きをUPし、いただいたコメントへのレスも全て済ませてから、メロディを開いたのだった。

付録のポストカードは、全6枚。
大きなサイズであることも、嬉しかった。

TOPを飾る、猫を抱き上げる薪さん。
この、リラックスした表情が、好き。

このイラストは、メロディ編集部スタッフの、イチオシなのだろうか。
昨年の付録のクリアファイルや、今年のmixi年賀状にも、使われていたし。
今回も使用され、更には、コミック8巻の表紙にもなるという。

コミックの表紙は、これまでは、ハードな雰囲気の物が多かったので、意外だった。
男性や、犯罪中心に読む読者も手に取り易いようにとの、配慮だと思っていたのだけれど。

2枚目・・ああ、良かった、青木も居た。
今回は、ポストカードとして、華やかな雰囲気の絵が選ばれると思っていたので、もしかしたら、薪さん単独のイラストのみという可能性もあると思っていたので、嬉しかった。
薪さんオンリーだったら、それはそれで嬉しいけれど、やはり私は、ツーショットの方が好き。

モノクロっぽい人物と、鮮やかな発色の花木。
このコントラストが、余韻のある雰囲気を醸し出し、清水先生ならではだと思う。

3枚目。
これも、クリアファイルに使われた物。
これは、入るだろうと思っていた。

花々に埋もれた薪さんが、本当に美しい。
花の一つ一つが、丁寧に描かれ、とても綺麗でありながら、決して、花が主役にはなっていない。
これだけ綺麗な花であっても、それは、薪さんの引き立て役であり、瞬時に目を引かれるのは、主役は、あくまでも、薪さんなのだ。

4枚目。
コミック表紙の為に描き下ろされた為、他で見ることのないイラストなので、これが入っていたことは、嬉しかった。
背景の無い、こんなシンプルな人物画も、いい。

それにしても、後ろ姿の青木が、オヤジ臭いと、改めて思う。
薪さんも、麗しいオデコを晒すという、滅多に見られない貴重なショットでもあるし、もしかしたら、これは、数年後、未来の二人の姿かもしれないと、そんな夢を見た。

年を重ねた青木と、髪型を変え、再びネクタイをするようになった薪さんの、未来の姿であると。
二人は、変わらず、年を重ね、共に歩み続けているのだと。

5枚目は、私の大好きな、蝶のイラスト。
実は、コミック4巻で、この絵を見たばかりの頃は、そんなに好きという程でも、無かった。
それが、何度も繰り返し見るうちに、段々と好きになっていった、味わう程に深みを帯びる、絵だった。

とりあえず、今回の付録を代表して、この絵を額に入れ、ダイニングのカウンターに飾った。
それを見て、娘が言った。

「ねえ、どうして、薪さんのところには、チョウチョが沢山居るのに、青木のところには、あんまり居ないの?」

き・・気付かなかった。
薪さんにばかり見とれていて、あとは目に入っていなかったというか・・・

「そりゃあ・・チョウチョは、綺麗なお花に集まるものでしょ?」
「綺麗なチョウチョもいるけど、何だか恐い感じもするね」
「往々にして、綺麗な物には、トゲや毒がある・・美しい物ほど、怪しさも発しているものよ・・フフ」

・・8歳の娘に、こんな萌え語りをして、通じているかどうかは、分からない。

ブログのテンプレにも選んだ、蝶のモチーフは、元々好きだったということもあるけれど、「秘密」にハマってから、より、惹かれるようになった。

「月」と「蝶」は、「秘密」のイメージに繋がる。
月は、他の清水先生作品でも、重要な役割を果たしているのに対し、蝶は特に、薪さんのイメージに、直結していると思う。

ラスト、6枚目は、老木のイラストだった。
薪さんの顔が、ロープに見え隠れしているし、割と地味なイメージのイラストだったので、これが一番、選ばれたことが、意外だった。

ただ美しいだけではない、様々な比喩を感じさせる、清水先生の絵の奥深さを、メロディスタッフも、感じてほしいと思っているのだろうか。

個人的には、トランプ絵や、第九メンバー集合写真も見たかったけれど、ポストカードにするには、華が足りないと、判断されたのかもしれない。

いずれにせよ、どの絵であれ、清水先生の絵を堪能出来る付録を付けてくれることは、本当にありがたい。
ありがとう、メロディ。

そして、カラー絵。

「え・・・?」
見た瞬間、ぐっ・・と、胸を突き上げられるような、感覚が走った。
何故なら、それは、以前の老木絵と、呼応するイラストだったから(当時のレビューはこちら)。

あの時、私は、ここは「境界線」ではないかと、そう思った。
でも今回、その二つの世界を阻むロープは、見当たらない。

薪さんと青木は、同じ地に立っている。
薪さんは、青木の存在を、しっかりと見つめて。
青木の方は・・薪さんを見ているのか、それとも、更に下に視線を落としているのか、確定することが出来ないけれど。

そして、前回は、顔のアップが中心で、空まで見えなかったけれど、今回は、蒼い空に、ぽっかりと浮かんでいる月が見える。
その月明かりに照らされているのか、二人の顔には、光と影が浮かんでいる。

あれ?でも。
月は、左後方にあるのに、光はまるで、右前方から、差しているようにも、見える。

二人を照らし出しているのは、また別の光なのだろうか。
それとも・・これは、描く都合上のことで、さほど気にしなくても良いこと?
自分では全く絵を描かないので、その辺りは、よく分からない。

前回は、ロープの向こうで、まるで挑むかのような、しっかりとした視線を上げていた、薪さん。
今回は、ただ、静かに、青木を見上げている。
「動」を感じさせた前回の絵に対し、今回は「静」とでも、言えるだろうか。

服装も全く違ったものになり、薪さんは、ノーネクタイの、いつもの姿。
薪さんは、様々な色合いの服を着こなしてらっしゃるけれど、私は、このブルーグレーのスーツが、一番好き。
薪さんを思い浮かべる時、最初に浮かぶのは、決まって、この色のスーツ姿だから。

対して青木は、白っぽいシャツに、直接コートを羽織っているのか。
ネクタイは、得意のレジメンタル。
このグレイッシュな色合いは、今までで一番、似合っているかもしれない。

前回の、茶色いシャツ姿の腕とは、明らかに違う。
やはり、別人だったのか。
それとも、薪さんも別の服装であることから、青木ではあったけれど、時間が違うだけなのか。

同じ時間に、同じ地に立ち、互いの存在を確認する。
そんな二人を見下ろしている月は、もしかして・・鈴木さん?

何も、正確なことは分からない。
もしかしたら、清水先生にしてみたら、比喩なんて、何も無いのかもしれない。

それでも私は、嬉しかった。
前回は、他者と阻まれ、境界を掴んでいた薪さんが。

今回は、境界の無いこの場所に、青木と共に、立っていることが。





関連記事

コメント

■ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

■ 非公開コメ下さったMさま

○7/14に非公開コメント下さったMさま

コメントありがとうございます。

Mさまのところへ非公開コメにて、レスさせていただきますm(_ _)m

■ すみませんm(_ _)m

おはようございます。かのん様♪

過去記事にすみませんm(_ _)m

ひっそり、拍手コメにしようとしましたが、
気が付いたら、長すぎてしまいました・・・
こちらに失礼しますm(_ _)m

ポストカードの付録、とっても幸せで嬉しいですよね(≧∇≦)♪

実は、いつでも手元に置きたく、
また外出する時もバッグに忍ばせて置きたくて・・・

ポストカード入れのアルバムを購入しました(^_^)v

そしたら・・・
今回のカードは大判という事をすっかり失念しておりました(^_^;)

そうです!!
入らないのです~(T_T)(T_T)(T_T)

以前に原画展で撮った写真入れには大きすぎるし・・・
たつままのお馬鹿!(∋_∈)

リョウ・サカモトさんという方のイラストが可愛くて購入したのに・・・
ポストカード入れなのに千円もした・・・←すみません~スケールがちっちゃくて(^_^;)

あの蝶のイラスト、綺麗ですよね。
薪さんの表情が美しすぎて・・・(〃∇〃)

あらっ?
蝶は薪さんの側に・・・

まあまあ、お嬢様、さすが鋭いですね!!!
はい、かのん様のおっしゃるとおり、
蝶ちょは美しい花に寄っていきます(≧∇≦)

あっ・・・!!
きっとそこには、かのん様蝶と一緒にたつまま蛾も混ざっているかも?(^_^;)

今回のカラーイラスト・・・とても深いです。
私も、以前のイラストで、
網の向こうに朽ち果てそうな老木と共にいる薪さんに悲しみを覚えていました(T_T)

今回のように、傍に青木がいる、共にある、というだけで、とても心強く感じます。

青木が薪さんの心に寄り添い、癒せば・・・
いつかは
老木が、緑生い茂る緑樹になるかもしれません!!!

そんな日をたつままは願っています(^_^)

■ たつままさま

○たつままさま

こんにちは。
コメントありがとうございます!♪

> 過去記事にすみませんm(_ _)m
> ひっそり、拍手コメにしようとしましたが、
> 気が付いたら、長すぎてしまいました・・・
> こちらに失礼しますm(_ _)m

え?
最新記事から、たった1個前の記事じゃありませんか。
「過去記事」とは申しませんよ!
(よそ様で、3ヶ月も前の記事にコメしたりしている私です・・・・)

それに、たとえブログ開設当初の記事にだって、コメントいただければ嬉しいです!(^^)
どの記事にも、いつでもコメントは大歓迎です♪

> ポストカードの付録、とっても幸せで嬉しいですよね(≧∇≦)♪

色がもっとクリアだともっと嬉しかったですが・・ポストカードという媒体で考えたら、充分だと思いました♪
清水先生の絵の、薪さんの、美しさを堪能出来る付録を付けてくれたメロディに感謝です☆

> 実は、いつでも手元に置きたく、
> また外出する時もバッグに忍ばせて置きたくて・・・
> ポストカード入れのアルバムを購入しました(^_^)v

おおっ!
さすがたつままさん。
愛が深いですね!(≧▽≦)

> そしたら・・・
> 今回のカードは大判という事をすっかり失念しておりました(^_^;)
> そうです!!
> 入らないのです~(T_T)(T_T)(T_T)
> 以前に原画展で撮った写真入れには大きすぎるし・・・
> たつままのお馬鹿!(∋_∈)

ああ・・そうですよね、今回のは、大判でしたものね。
無念、お察しします~~~(><)

> リョウ・サカモトさんという方のイラストが可愛くて購入したのに・・・
> ポストカード入れなのに千円もした・・・←すみません~スケールがちっちゃくて(^_^;)

「ココちゃん」とか描いてる方でしょうか?
可愛いですよね。

ポストカードは無料(雑誌代に込み)なのに、それを入れるケースに千円。
たつままさんの愛を感じますよ~~!

> あの蝶のイラスト、綺麗ですよね。
> 薪さんの表情が美しすぎて・・・(〃∇〃)

見れば見る程美しいですよね。
ネクタイを外しかけた指先にもそそられます(*^^*)

> あらっ?
> 蝶は薪さんの側に・・・
> まあまあ、お嬢様、さすが鋭いですね!!!
> はい、かのん様のおっしゃるとおり、
> 蝶ちょは美しい花に寄っていきます(≧∇≦)

言われてみればそうなんですよね。
でも、薪さんの周囲を花や蝶が囲んでいるのはあまりに当然のことで、娘に指摘されるまで、不思議に思いませんでした(笑)

> あっ・・・!!
> きっとそこには、かのん様蝶と一緒にたつまま蛾も混ざっているかも?(^_^;)

確かに!
薪さんの周囲に私達も群れ飛んでおりますね!(笑)

でも、蛾だなんて。
たつままさんは、麗しい蝶の姿でひらひらと舞い飛んでいるに違いありませんよっ。

> 今回のカラーイラスト・・・とても深いです。
> 私も、以前のイラストで、
> 網の向こうに朽ち果てそうな老木と共にいる薪さんに悲しみを覚えていました(T_T)
> 今回のように、傍に青木がいる、共にある、というだけで、とても心強く感じます。

同じ思いということが感じられて、嬉しいです。
同じ空間に、共に居てほしいですよね。

> 青木が薪さんの心に寄り添い、癒せば・・・
> いつかは
> 老木が、緑生い茂る緑樹になるかもしれません!!!
> そんな日をたつままは願っています(^_^)

ああ!
緑樹に・・ですか。
素敵な表現ですね。

共に、そんな日を願って参りましょう・・!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://kanon23.blog36.fc2.com/tb.php/592-08ba444b

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP |