カウンター


プロフィール

かのん

Author:かのん
薪さんと同身長が自慢です

基本、「薪さんと鈴木さんは精神的両想いだった」「薪さんと青木には、心身共に結ばれてほしい」という、偏った視点で書いております
創作も主に、薪さんが「青木と幸せになる未来」と、「鈴木さんと幸せだった過去」で構成されております

コメ、拍手コメ共に、過去記事にも遠慮なく投稿いただけたらと思います
レスは「コメをいただいた翌々日までにお返しする」ことを自分に課しておりますが、諸事情により遅れる場合もございます
でも必ず書かせていただきますので
ご了承下さいませm(_ _)m

リンクは嬉しいので、ご自由にどうぞ♪


当ブログ拍手頁

最新の公開拍手コメのレスはこちら それ以前の公開拍手コメ&レスは、各記事の拍手ボタンを再度押していただければ読めます 鍵拍手コメにつきましては、拍手をいただいた記事下コメント欄にレスを書いております

所属してます♪


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


検索フォーム


 
いつもなら。
時間が、少しずつ、気持ちを晴らしてくれるのに。


今回は、最初に「メロディ」を読んでから、時間が立てば立つ程、どんどん重くなってくる・・。
妄想に逃避したくても、その妄想すら、沸きません。

レビューを、書いて書いて書きまくって、思うことを全て吐き出せば、気持ちの整理が付くだろうかと思い、書いてはいるのですが。
次のレビューで、犯行現場を改めてなぞろうとしたら・・・ページがめくれない自分に気付きました・・・・。

うーん、困った・・・・・

・・というわけで、レビューでもなく、妄想でもない、リアルな出来事を綴ってみることにしました。


************


うちの一人娘の話です。

現在8歳6ヶ月。
幼稚園年少時代から、「前へならえ」で、常に腰に手を当てる位置に居続ける、小学3年生です。

「秘密」への想いは、夫にも、やんわりと認めてもらっているものの、かと言って、話題を出されること自体は、あまり喜ばしいことではない様子なので、夫の前では「秘密」の話題を極力出さないようにしています。

その反動もあり、娘の前では堂々と、この2年間、薪さんへの愛を語りまくり。
娘も興味を持って、コミックを、5巻位までパラパラとめくり。

娘は、漢字があまり読めないし、「秘密」の内容は、読んでも理解出来ないようだったのですが、私の解説付き・・と言うより、

「薪さんはね、この、鈴木さんていう友達が大好きだったの!なのにね・・」と、切々と訴えられたり。
「薪さんは青木を想ってるのよ。なのに青木ったら、大切にされながら、他の女を・・!」と、愚痴られたり。

・・されている間に、ストーリーも大体把握してしまい、今では、私の薪さん愛を、時に笑い、時に黙って、見守ってくれています。

幼少の頃から、姉の影響で少女漫画を読み慣れていた私と違い、年齢相応の本しか読まない娘にとって、「秘密」のコミックは、「読む」と言うより「眺める」ようなもの。

最初は、遺体が出て来るシーンなど、子供の目には残酷過ぎると焦ったのですが、どうやら、それがどういう状態の物なのか、理解出来ないので、ピンと来ないまま、そのページを通り過ぎていました。
問題の「4巻特別編」も、まったく意味が分からなかった様子で、ぱらぱらとページをめくり、そのままスルーしてました。

もうちょっと成長してからの方が、かえって、目に触れさせることに、注意しなければならないかもしれません。

そんな中で、岡部さんが、薪さんにイジメられて泣いたり、青木のことでスネたり、状況に焦ったりする様子は、子供の目にも理解し易かったようで。
そんなシーンを繰り返し眺めては、声を上げて笑っていました。

そんな娘のお気に入りは、当然、岡部さん。
最初は「あのおヒゲの人」と呼んでいましたが、すぐに名前を覚え「面白いから好き」と言っています。

薪さんのことは、最初の頃は、「可愛いよね。女の子みたいで」と言っていたのに、最近は、あまりコメントをくれません。

岡部さんと薪さん以外のメンバーに至っては、一人一人を指して「どう思う?」と尋ねても、無表情で首をひねるだけで、全く興味を持たない様子。
娘にしてみたら、皆、単なる「おじさん」にしか過ぎないのかもしれません・・・。

私がブログを開設し、そこで「秘密」のレビューや二次創作を書いていることも、娘に話しているので、「今は、こういうお話を書いているんだけど、上手く書けなくて・・」なんて話も日常的にしていて。

「お母さんが書いたの読みたい」と言われることもあり、過去に、「とらわれの姫」「バレンタインの夜」「ずるい人」など、いくつか読んで聞かせたこともありますが、それ以外は、「子供に見せられない物も書いてるから、18歳になっても読みたいと思う気持ちが残ってたら、その時は読んでね」と、正直に伝えています。

実は、「秘密」ブロガーさんのサイトを拝見している時も、時々、横から娘に覗かれております。
これは、色々と問題がある場合もありますし、皆様の方でも、まさか8歳の子供が見るとは思わず管理してらっしゃるでしょうから、「内緒内緒」と言って、見せないようにしております。

でも、「綺麗な薪さん」とか「面白い漫画」といった、問題の無いものを見ている時に覗かれた時は、たま~に、「このページだけね」と、見せることもあります。
特に、岡部さん登場率の高い、KゆうさんやMロンさんのサイトが、娘はツボにハマったようです(Kゆうさん、Mロンさん、勝手にすみません!m(_ _)m)。

そんな娘が、この夏、夏休みの宿題に、作文を書きました。
作文のテーマは「私の家族」と言うもので、家族全員を書いても、誰か一人を取り上げて書いてもいいというものでした。

娘は最初「家族全員書く。うちは人がいっぱい居るから、書くこと沢山あるし」と言っていた筈なのに、いつの間にかそのタイトルは「わたしのお母さん」に、なっていました。

・・ここで、何となく、その内容が読めた方もいらっしゃるかもしれません。
見せてもらった物は、既に学校に提出されてしまったので、覚えている範囲で、書き出してみます。

「わたしのお母さんは、おりょうりも、おさいほうも、あまりとくいではありません」

・・いきなりそれですか。
いえ、反論出来ませんけど。

「でも、とてもがんばってくれています」

以下、離れと母屋の両方で家事をしていること、犬の散歩など、ペットの世話をしていること、お盆には接待漬けだったことなどが書かれ。

「お母さんは大へんです。それでもお母さんは、めげずにがんばっています。わたしは、お母さんが、とてもえらいと思います」

・・・じ~ん。

「そんなお母さんだけど、いそがしくても、しゅみも楽しんでいます」

・・・・・え?

「お母さんは、2年前まで、あるはいゆうさんにむちゅうになっていました。はいゆうさんの出ているドラマを見たり、はいゆうさんののっているざっしをとりよせたり、ネットでじょうほうをあつめたり、ぶたいを見に行ったりしていました」

「それなのに、2年前に、お母さんはべつの人をすきになって、今は、『まきさん、まきさん』と言っています。まきさんはだれかと言うと、それは、マンガのキャラクターです」

「どこがいいのかは分かりませんが、お母さんは、とってもはまっているんです」

どこがいいか分からないって、ちょっとコラ!以前は可愛いって言ってくれてた癖に。

「お母さんだけでなく、ネットのお友だちには、たくさんはまっている人がいるそうです。わたしの目の前で、そんなお友だちと、パソコンで、メールのやりとりをしています。なんだかすごくはまっています。ぎゃくにすごい」

「逆に凄い」って、どういう意味だろう?
「それはそれで凄い」という意味かしら・・。

「パソコンやケータイで、まきさんのファンどうし、メールのやりとりをしたり、ブログを見たり、まきさんの絵を見たりして、にやりとへんなわらい顔になったりしています」

・・・・・・・・・。

「へんなところもあるけど、お母さんは、がんばっています。わたしは、そんなお母さんが大すきです。大きくなったら、お母さんみたいな人になりたいです」

・・・娘よ、本当にいいのか?
こんな母で。
本当に、こんな母のようになりたいのか・・・?

見せられた作文に、色々と思うところはあったけれど、誤字脱字や、文脈がおかしいところ以外は、何も書き直しはさせませんでした。

とりあえず、私自身がブログを開設して、二次創作を(しかもRな)書いていることには、触れられていないので。
これならまあ、学校の先生に読まれても、そんなに問題は無いだろうと思いましたが。

この作文に、担任の先生から、一体どんなコメントが付けられて返ってくるのか、あまり想像したくはありません・・・・。





関連記事

コメント

■ 素敵なお嬢様ですね♪

こんにちは。かのん様♪

きゃっ(≧∇≦)
素直で可愛い素敵なお嬢様ですね!!!

女の子は冷静にお母さんを観察(←失礼しました)していますね。

そして、2家族分の家事やお盆の接待をこなして、いつも頑張っているお母さんをとても尊敬しているのですね。

ぐうたらたつままもかのん様を立派な主婦の鑑として尊敬してます☆\(^▽^)/☆

うちは、作文に書かれたら・・・非常にマズイです・・・鬼のようなお母さんとか書かれそう(笑)

かのん様のお嬢様は、秘密に関してもネットに関しても『お母さんの趣味』と理解があるようで羨ましいです☆

最近、うちの子は、ガラスの本棚の上段にある秘密が気になるらしく見たがります。

でも、「『殺人事件』ものだからダメ!」と止めています。
なので、子供の頭の中では、秘密は二時間サスペンスと同じようなものになっているみたいです(笑)

うちも、パソコンや携帯を見ていると、やはり覗き込んできますが
「見ちゃダメ!!」
と言うせいか、画面を見ているとふてくされてしまいます(∋_∈)

も~家族が寝静まった後しか出来ません←超怪しいサイトを見てるみたいですね(笑)

本当に女の子は羨ましいです!
一緒に、ショッピングして、インテリアの小物とかオシャレを楽しみたいです♪♪♪

そして、かのん様のように、親子でゆっくりカフェでお茶したいです~

うちはサンドイッチやケーキなどをガツガツ食べて、終わったらさぁ行こう!!ですから・・・(泣)

最近は
「将来、デートでそんなことしたら速攻フラれるよ。」
と脅しています!(b^ー°)

お嬢様の夏休みの作文、先生からの感想が楽しみですね♪
もし、お仲間だったらびっくりですね!!

■ たつままさま

○たつままさま

こんにちは。
コメントありがとうございます!

> きゃっ(≧∇≦)
> 素直で可愛い素敵なお嬢様ですね!!!
> 女の子は冷静にお母さんを観察(←失礼しました)していますね。

もったいないお言葉を、ありがとうございますm(_ _)m

そうですね。
冷静な目で見ていると感じます(^^;)

> そして、2家族分の家事やお盆の接待をこなして、いつも頑張っているお母さんをとても尊敬しているのですね。
> ぐうたらたつままもかのん様を立派な主婦の鑑として尊敬してます☆\(^▽^)/☆

いえ、これはですね。
元々私が不器用で、散々失敗している姿を、娘はいつも見ているからだと思います(笑)
要領良くこなせる母親だったら、それが当然という目で見ると思うので。

子供の頃から、料理や裁縫等、生産的なことが苦手なんですね・・(T▽T)
結婚したら、料理本片手に、全て本のとおりに作ることから始めましたし、娘の入園グッズを作る際は、ミシンを買い、初心者用通園グッズの作り方の本を片手に、やはりそのとおり作るところから始めました(笑)

でもやってみると、今は、レンジやミシンが賢いし、色々と便利な素材もあるので、結構私のようなものでも何とかなっています(^^;)
今思うと、実家の母は、カレーを作るというと、小麦粉を炒めるところから始める人でしたから・・母のとおりにやろうとしてたから、私には無理があったんですね・・。

こんな私に尊敬だなんて・・恐れ多い・・(><)
たつままさんこそ、家事に育児に役員のお仕事に家族サービスと、フルにご活躍ではありませか。
大体、毎朝の早起きだけでも、尊敬します!

> うちは、作文に書かれたら・・・非常にマズイです・・・鬼のようなお母さんとか書かれそう(笑)

そんなこと(笑)ありませんよ~!
息子さんと一緒に趣味を楽しむ明るく優しいお母様ですもの。

> かのん様のお嬢様は、秘密に関してもネットに関しても『お母さんの趣味』と理解があるようで羨ましいです☆

きっと、娘が小さい今のうちだと思います。
遠からず、冷ややか~な目で見られる日が来ると、覚悟しております(笑)

> 最近、うちの子は、ガラスの本棚の上段にある秘密が気になるらしく見たがります。
> でも、「『殺人事件』ものだからダメ!」と止めています。
> なので、子供の頭の中では、秘密は二時間サスペンスと同じようなものになっているみたいです(笑)

二時間サスペンス!(笑)
でも、刑事や遺体が出て来るし、実際サスペンスフルな展開ですし、パッと見た印象は近いかもしれませんね(^^;)

> うちも、パソコンや携帯を見ていると、やはり覗き込んできますが
> 「見ちゃダメ!!」
> と言うせいか、画面を見ているとふてくされてしまいます(∋_∈)

あはは☆
息子さん、可愛いですね!

娘も、少し前までは、面白くないところがあったらしく「お母さんは、まきさんとわたしとどっちが好きなんだろう・・」と、夫にこぼしてたことがあるらしいです(直接言ってこないで、夫に言うところが何とも・・参りました)

私も反省するところがあり、リアルな生活を大事にしようと思い直しましたし、娘も、今はある程度割り切ってくれているようです。

> も~家族が寝静まった後しか出来ません←超怪しいサイトを見てるみたいですね(笑)

ホントですね(笑)
でもそれも、薪さんと「秘密の密会」みたいでワクワクするかも(?)

> 本当に女の子は羨ましいです!
> 一緒に、ショッピングして、インテリアの小物とかオシャレを楽しみたいです♪♪♪
> そして、かのん様のように、親子でゆっくりカフェでお茶したいです~
> うちはサンドイッチやケーキなどをガツガツ食べて、終わったらさぁ行こう!!ですから・・・(泣)

私にしてみれば、男の子が羨ましいですよ!
よく食べて、元気で、優しくて。

うちの子は、本当~~~~に小食なので、そのことで、随分悩みましたし、周囲から色々と言われもしました。
食べることに心配しないで済む男の子達を見て、本当に羨ましかったです。

今はもう、そういう期間を通り過ぎ、せっかくだから、女の子との時間を、楽しもうという部分はありますね。
私自身が、買う目的の無いウィンドウショッピングはしないし、食べるのも早い(夫よりも)人なのですが、娘と出歩く時は、買わなくてもゆっくり見て回ったり、長々とお茶する時間もいいものだと思うようになりました。

まあ、私は先に食べ&飲み終えてしまい、ちまちまとケーキをつつき、いつまでもジュースが減らない娘の横顔を眺めていたり、おしゃべりを聞いたり、買い物の際も、娘が「あれ可愛い!」と手を引っ張って見に行く物に付き合い、買った時は荷物持ち・・と、まあ、言わば彼氏の役割ですね(笑)

女の子は、あっという間に「友達と」「彼氏と」の方がいいと言って来る日が来ますから、今のうちだと思っております。

> 最近は
> 「将来、デートでそんなことしたら速攻フラれるよ。」
> と脅しています!(b^ー°)

面白いです☆(≧▽≦)

> お嬢様の夏休みの作文、先生からの感想が楽しみですね♪
> もし、お仲間だったらびっくりですね!!

お仲間・・?あ、もしかして、「秘密」を読んでいたら、とか、漫画が好きな人だったら、ということでしょうか。
そうですね、びっくりですね(笑)

でも、娘の担任は、一言で言うなら「猛者」という感じの、体育専攻の男の先生で、言うことを聞かない児童が居たら、廊下に引きずり出すという、今時、非常に貴重な先生なんです(怖くても子供に人気のある先生で、娘も私も信頼しているのですが)。

きっと、二次元に夢中になるなんて、この先生にとっては、一番理解出来ない世界かもしれません(^^;)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://kanon23.blog36.fc2.com/tb.php/620-038f7df2

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP |