カウンター


プロフィール

かのん

Author:かのん
薪さんと同身長が自慢です

基本、「薪さんと鈴木さんは精神的両想いだった」「薪さんと青木には、心身共に結ばれてほしい」という、偏った視点で書いております
創作も主に、薪さんが「青木と幸せになる未来」と、「鈴木さんと幸せだった過去」で構成されております

コメ、拍手コメ共に、過去記事にも遠慮なく投稿いただけたらと思います
レスは「コメをいただいた翌々日までにお返しする」ことを自分に課しておりますが、諸事情により遅れる場合もございます
でも必ず書かせていただきますので
ご了承下さいませm(_ _)m

リンクは嬉しいので、ご自由にどうぞ♪


当ブログ拍手頁

最新の公開拍手コメのレスはこちら それ以前の公開拍手コメ&レスは、各記事の拍手ボタンを再度押していただければ読めます 鍵拍手コメにつきましては、拍手をいただいた記事下コメント欄にレスを書いております

所属してます♪


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


検索フォーム


 
メロディ 2010年 12月号「秘密-トップ・シークレット-2010 END GAME ACT.2」


レビュー7:岡部さん


我らが岡部さん。
読者の心の癒し、岡部さん。

今回、目立つ程の動きはありませんでしたが、薪さんを想う、その気遣いは、着実に伝わってきました。

前記事を書くに当たり、「秘密2003」等を、読み返していたのですが。
例の「ご存じだ」のシーンを見て、懐かしくなりました。
この時、岡部さんは「気にイらねー」と、おっしゃっていましたが。

こういう場面、今は無くなってしまいましたねえ。
だって・・・岡部さんが青木に嫉妬するような、青木×薪的な絡みが、今はありませんものね。

岡部さんは、普通に、自然に、当然のように、薪さんの傍らに居て。
薪さんが、何も言わなくても。
何も求めなくても。

アンテナを敏感に働かせ、薪さんに関わることを、薪さんがどういう状況に置かれているか、それによって何が引き起こされるかまで、敏感に察知し、援護しようとする。

事件のことや、鈴木さんのことに、気を取られている薪さんは。
岡部さんが、自分を心配して探し回っていたことや。
立ち尽くす自分を、じっと傍で見ていることも。

気付いていないかもしれない。

それでも、そんなことは関係ない。
岡部さんは、薪さんが気付いて感謝する・・なんて見返りは、一切、求めていない。

けれど、知らないところでさえ、変わらずに、着実に、自分を想ってくれている人の存在は。
薪さん自身も無意識のうちに、薪さんにとって、どれ程の力になっているだろう。

岡部さんの存在って、何てありがたいんだろう。

いい人だなあ。
いい男だなあ。

・・と、思えば思う程。
微妙な気持ちになるんですよね・・・・・。

どう言ったら良いのでしょう。
ちくちくと、形容し難い小さな痛みに、胸を、つつかれるような。

薪さんを愛する者にとって。
岡部さんのような人が、薪さんの傍に付いていてくれることは、感謝すべきことだと思います。

「あおまきすと」の私から見ても、青木の存在は、薪さんの力にもなるけれど、弱みにもなる。
ハラハラさせる存在というか(その関係性が良いのだけど)。
それじゃなくても重責を抱える薪さんの心を、更に波立たせる原因にもなるというか。

そんな、仕事に人間関係に、常に緊迫している薪さんにとって。
岡部さんだけは、心を波立たせる必要の無い、静かに凪いだ海のような、揺るぎ無くそこにある大地のような。
そんな、安心出来る存在で。

読者にしてみても。
緊張を強いられる「秘密」の世界で、岡部さんがそこに現れることで、その無条件の優しさに、行動に、ホッと癒されたりする。

岡部さんが、薪さんにとって、第九にとって、「秘密」の世界にとって。
とても大切な人だということが、よく分かるだけに。

青木、頑張ってくれよ。
・・・と、思ってしまうんですね。

人間的大きさというか、男前度で、青木、完璧に岡部さんに負けてるよ・・・。
いや、岡部さんと青木では、薪さんに対しての立ち居地が全く違うし、比べるものでは無いと、分かってはいるのですが。

岡部さんの薪さんへの愛を、素直に喜べていた頃が、懐かしい。
それが変わったのは、「メロディ2月号ショック」(メロディ2009年2月号で、青木がY嬢と蒟蒻したと知ったこと)の時ですね。

その前までは、岡部さんが薪さんをお姫様抱っこするシーンにも、キャーキャー言いながら喜んでおりましたから。
つまりは、薪さんと青木の間に、誰にも負けない強い絆があるという前提で読んでいたから、薪さんと岡部さんの、深い信頼関係を見せられても、安心して楽しめたのですね。

それが・・青木、君のせいで・・!(怨)

何だかね、思うんですよ。
青木は、Y嬢でもそうでなくても、いつか女性と結婚したら、家庭第一になって、薪さんから遠ざかる日が来ることも、有り得るなあと。

仕事の面でも。
第九解体が、この先、実際にどう動くかは分かりませんが。
それが実現したとして、青木が、薪さんから離れて他の第九室長になったら、その仕事にまい進して、薪さんと連絡を取ることも、無くなっていくかもしれない。

薪さんを追い、薪さんだけを見つめていた日々を、心の中の糧にして。
でも、昔のことだと、ただ振り返る日が来ても、おかしくないなあ・・と。
(あ・・書きながら泣きそう・・・・)

青木が今、薪さんに抱いているような、強い強い想いは。
何かのきっかけで、終わる日が、来るかもしれない。
それは、激しい恋と同じで。

それを終わらせない為には、この二人は、ずっと一緒に居るしかないと、思ってしまうんです。
傍に居て、互いを感じて、そんな距離に居てこそ、変わらずに想いを育み続けられるというか。
(いえ、互いの想いを確かめ合った後でなら、遠距離恋愛でも全く構わないのですが)

その点、岡部さんは。
結婚しようが、物理的に薪さんから離れようが。
薪さんに対する態度は、想いは、一生変わらないような気がするんですよね。

それは、恋とは違う、人間と人間との深い信頼関係だからこそ、何があっても変わらずに、持続可能で。
そんな揺るぎ無さというか、安心感が、岡部さんには感じられて。

だからね。

頑張ってよ・・・・・青木。





関連記事

コメント

■ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

■ 非公開コメ下さったMさま

○11/12に非公開コメント下さったMさま

コメントありがとうございます。

圧縮ファイルだなんて・・もったいないお言葉を・・(><)
お読みいただき、嬉しく思います。

そうそう、あの過去編で、あんな素直な薪さんと岡部さんの会話がありましたね。
・・メロディでリアルタイムで読んでいた頃は、この薪さんが可愛くて、岡部さんとの馴れ初め(?)が見ていて嬉しくて、心から楽しく読んでいたんですよね。
それが・・今になって読み返すと、その信頼関係がチクチク痛むんです・・「青木~! しっかりしろ~!」・・と。

そうそう、岡部さんは女房役ですよね。
野球で言うならば、エースとキャッチャー、みたいな。
この場合のエースは、キャッチャーを信頼しつつも、キャッチャーのサインに首を横に振って、自分の投げたいように投げるタイプですね。
その態度に驚きつつも、無謀な球でも、確実に受けるキャッチャー・・(ああ、自分でなぞらえながら、自分で落ち込んでおります・・(T▽T))

岡部さん、実際に、「秘密」ファンの間で、すごくモテてますよね。
第九メンバーの中で、結婚したい人ナンバー1に岡部さんを上げてる方も沢山いらっしゃいますし。

ちなみに私にとっての岡部さんは「飲み友達になりたい人ナンバー1」です。
一緒に飲んだらとても楽しそう♪

青木は、そう、自分の家庭を持ったら、家族を大事にするタイプだと思います。
仕事にも全力で打ち込み、家族サービスも全力でしそう。
・・だから、そうなったら、過去の自分を思い返している暇は無いかな・・なんて・・(あ、またしても、自分で書きながら、落ち込んでおります・・)

そうですね、薪さんは、ああ見えて(?)常識人なところがありますし、最後まで拒むと思います。
だからこそ、その場の勢いで常識を打ち破る馬鹿青木(笑)に、本領発揮してもらいたいと思っております。

「『秘密』がBLになったら引く」とか「自分は引かなくても、世間の一般読者が引いて、『秘密』本来の魅力を分かってもらえなくなりそうで嫌」という意見もよく目にしますが。
清水先生の作品には、過去に「月の子」のショナとセツの例もありますし、たとえ二人が結ばれても、BLだけの作品にはならないというか、メインのテーマから外れることも、作品の質を落とすことも無いと思うんです・・偏った意見だとは、分かっているのですが。

「どう見たって『好き同士』」本当にそうですよね。
この二人には、互いに相手の想いと自分の想いに、気付いてほしいと思います。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://kanon23.blog36.fc2.com/tb.php/646-2a32553a

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP |