カウンター


プロフィール

かのん

Author:かのん
薪さんと同身長が自慢です

基本、「薪さんと鈴木さんは精神的両想いだった」「薪さんと青木には、心身共に結ばれてほしい」という、偏った視点で書いております
創作も主に、薪さんが「青木と幸せになる未来」と、「鈴木さんと幸せだった過去」で構成されております

コメ、拍手コメ共に、過去記事にも遠慮なく投稿いただけたらと思います
レスは「コメをいただいた翌々日までにお返しする」ことを自分に課しておりますが、諸事情により遅れる場合もございます
でも必ず書かせていただきますので
ご了承下さいませm(_ _)m

リンクは嬉しいので、ご自由にどうぞ♪


当ブログ拍手頁

最新の公開拍手コメのレスはこちら それ以前の公開拍手コメ&レスは、各記事の拍手ボタンを再度押していただければ読めます 鍵拍手コメにつきましては、拍手をいただいた記事下コメント欄にレスを書いております

所属してます♪


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


検索フォーム


 
この度は、オリジナルストーリー「木漏れ日」をお読み下さいまして、どうもありがとうございましたm(_ _)m


2009年に「帰郷」、2010年に「登庁」と、続けて元旦記念創作をUPしていたことから。
今年も、何か、新年のご挨拶代わりの創作記事を書けないかと、考えておりました。

具体的に書こうと取り組んだのは、先月の年末のご挨拶記事をUPした後。
この時、最初は、新年にふさわしい創作のストックは、ありませんでした。
脳内にあったのは、長編や中編、ダークな雰囲気の物、すずまき創作、R系など。

ご挨拶代わりなのだから、1話完結の、短編にしたい。
また、新年にふさわしく、明るい物を書きたい。
そして、すずまきは、夏の鈴木さんの命日にも書いているし、「あおまきすと」として、元旦にはあおまき物をUPしたい。

R系なら、脳内に、薪さん主演作品限定フルカラーR3本立て映画館が、常時存在しているので、書く気になれば、いくらでも書けるのですが。
ご訪問いただく方、皆様へのご挨拶なのだから、Rが苦手な方や、お若い方にも、分け隔てなくご覧いただける物にしたいですし(←確か昨年もこんなことを書いていた気が・・)。

そんな思いで、少し考えていたのですが。
過去には、年末年始に関わる帰省や、冬の朝の風景を題材にしました。
今回も、この時期や季節にちなんだキーワードで何か書けないかと、そういった物を、いくつか思い浮かべてみました。

お正月と言ったら・・初もうで・・これは、すずまき話で書いているし。
年越しそば、お節料理、こたつみかん・・う~ん、どれもイメージが沸かない。
大体、薪さんは、家でくつろいでらっしゃる場面より、冬もほとんど休むことなく、お仕事をなさっている画が浮かびます・・。

冬と言ったら・・寒さ、木枯らし、雪・・・雪・・・

その瞬間、真夜中の第九の庁舎が、しんしんと降る雪に覆われ、その窓の向こうに、徹夜で仕事をしている第九メンバーの姿が見えました。
そして、朝になり・・・・

そこからは、一気に最後まで映像が流れ、パソに向かい、それをそのまま書き上げることとなりました。

暗い夜の風景から、明るい朝へ。
重い捜査から、その捜査の結末と共に迎える、子供のような戯れへ。

小池が言っていましたが、徹夜明けで心身が疲れきると、かえって、馬鹿みたいなことをしたくなったりすることがありますよね。
例えば、いい大人が、職場の中庭に、雪だるまを作ったり。
雪合戦をしてみたりと。

それだけではなく、彼らには、MRI捜査という重さがあるからこそ、心身の均衡を保つ為には、時に、そんな戯れるひとときが必要なのかもしれませんが。

今回も、脳内では、第九メンバー一人一人が、それぞれの役割をこなしていました。
特に、小池が、今回の一件を引き起こすキーパーソンになったり、今井さんが、何気なく、大人の男の立ち姿を見せてくれたりしているのは、この二人が、私のお気に入りだからかもしれません。

途中でネタばらししておりますが、これは、青木が第九に配属されてから、間も無い頃の出来事です。
「2ヶ月にも満たない新人」ということですから、3月前半から半ば位のことでしょう。

創作で言いますと「バレンタインの夜」と「おぼろ月夜」の間。
」で明かされた、ホワイトデーの一件の前後辺りでしょうか。

薪さんを一途に慕いながら、まだその想いに自覚の無い青木。
そしてまた、青木に何かを、少しずつ感じていく、薪さん。

たわいも無い出来事の中で、互いの想いが見え隠れする、この頃の二人が、好きです。

同じ木漏れ日の中に居て。
差し込む光を受ける薪さんが、青木にはどう見えたのか。
一方、日差しの中に居る青木が、薪さんにはどう見えたのか。

読んで下さった方と、この情景を共有できましたこと、幸せに思います。
どうもありがとうございました。



拍手やコメント、メールなど、どうもありがとうございます。

年末から年始にかけていただいた、コメントや拍手コメント、Eメールやケータイメールのお返事が、滞っております。
創作は、予約投稿で事前にUPしておいたのですが、その後は、なかなか、集中してパソに向かう時間が取れなくて・・(><。。)

お返事は、記事以上に心を込めて書きたいので、時間が取れた時に、少しずつ書かせていただきます。
申し訳ございませんm(_ _)m





関連記事

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://kanon23.blog36.fc2.com/tb.php/669-38e65af5

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP |