カウンター


プロフィール

かのん

Author:かのん
薪さんと同身長が自慢です

基本、「薪さんと鈴木さんは精神的両想いだった」「薪さんと青木には、心身共に結ばれてほしい」という、偏った視点で書いております
創作も主に、薪さんが「青木と幸せになる未来」と、「鈴木さんと幸せだった過去」で構成されております

コメ、拍手コメ共に、過去記事にも遠慮なく投稿いただけたらと思います
レスは「コメをいただいた翌々日までにお返しする」ことを自分に課しておりますが、諸事情により遅れる場合もございます
でも必ず書かせていただきますので
ご了承下さいませm(_ _)m

リンクは嬉しいので、ご自由にどうぞ♪


当ブログ拍手頁

最新の公開拍手コメのレスはこちら それ以前の公開拍手コメ&レスは、各記事の拍手ボタンを再度押していただければ読めます 鍵拍手コメにつきましては、拍手をいただいた記事下コメント欄にレスを書いております

所属してます♪


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


検索フォーム


 
リンク
100記事記念のご挨拶
200記事記念のご挨拶
300記事記念のご挨拶
400記事記念のご挨拶
500記事記念のご挨拶
600記事記念のご挨拶


去る、4月26日の火曜日。
ブログを開設してから、940日目。

当ブログ記事が、700記事に達しました。

ここまで来られましたのは、訪れて下さる皆様のお陰に他なりません。
改めてお礼申し上げますm(_ _)m



600記事に達したのが、昨年の8月26日ですから、そこから100記事更新するのに、これまでで最長の、243日間、ちょうど8ヶ月、かかったことになります。

例年、ブログを休止させていただく、年末年始に加え。
今回は、まず、「メロディ」2010年10月号の「秘密」の展開の衝撃に、9月から10月半ば過ぎまで、更新が途切れがちだったこと。
1月の後半に、家族が全員寝込み、自分も体調を崩したこと。
そして何より、3月の震災。

これらの影響で、更新に、時間を要することになりました。
パソに向かえない時は、レスも滞りがちでしたから、その後、コメントやメールのお返事に費やして、更新が遅れた時期もありました。

現実世界でも、大きな出来事があった上に。
趣味であり、楽しみである筈の「秘密」が、「メロディ」が発売される度、毎号毎号、過酷な試練のようだった、8ヶ月間でした。

そんな中、皆様に、当ブログを訪れていただき、また、拍手やコメントまでいただいて、本当に励みになりました。
ありがとうございました。

以下は、恒例の、拍手数の多い記事、ベスト5です。

1位 1/15 オリジナルストーリー -デートに行こう!- 後編 55拍手

2位 3/3 オリジナルストーリー -雲- 44拍手

3位 11/18 オリジナルストーリー -交差点- 43拍手

4位 9/22 淀んでいます 42拍手

同4位 12/29 メロディ2011年2月号「秘密」を読んだ最初のつぶやき 42拍手

デートに行こう!」「」「交差点」と、上位3つを、二次創作が占めました。
それも、長編の中の1話といったものではなく、いずれも、1~3話完結の短編。
些細な光景を切り取った、あおまき話でした。

皆様、このような、何気ない日常を。
薪さんが、青木と過ごす穏やかな幸せを。
望んでいらっしゃるのだろうかと・・そんなことを思い。

それは、私自身の願いと、訪れて下さる皆様の想いが、共鳴するようで、本当に嬉しく思いました。

4位の「淀んでいます」と、5位の「メロディ2011年2月号『秘密』を読んだ最初のつぶやき」は、いずれも、「秘密」原作についての、苦しい心情を綴った物でした。

こんな、辛い気持ちを書き連ねた暗い記事を、読んで下さる、それだけでもありがたいことなのに。
こうして、拍手までいただける・・・
改めて、皆様の思いが、ありがたく、嬉しく、胸がいっぱいになりました・・。

続いて、記事下にいただいたコメント&レス数が多かった記事です。

1位 12/17 近況と、年末のご挨拶 13コメント

2位 3/16 その後 11コメント

3位 12/29 メロディ2011年2月号「秘密」を読んだ最初のつぶやき 10コメント

4位 9/29 二周年と近況 8コメント

同4位 10/28 メロディ2010年12月号「秘密」を読んだ最初の想い 8コメント

最近は、皆様からいただくコメントより、私が書いた、鍵拍手等でいただいたコメレスの方が多い傾向にあるので、拍手数の多い記事と、コメント数の多い記事は、重なるのかと思っておりましたが。
実際に重なったのは、3位の、「メロディ2011年2月号『秘密』を読んだ最初のつぶやき」の、1記事だけでした。

年末や、二周年記念のご挨拶記事、また、震災後の記事に、温かいコメントを、どうもありがとうございました。
皆様の優しさに、救われ、励まされ、自分はここに居られるのだと・・改めて感じます。

後の2つは、いずれも、「メロディ」で「秘密」を読んだ第一声を書いた記事です。
昨年から今年にかけての「秘密」は、本当に厳しい展開ですが。
皆様と想いを共有出来たことで、乗り越えてこられたのだと思います。

ここまでの100記事を、自分なりに、振り返ってみようと思います。

601個目の記事は、創作「未来」の第4話。
それも含めて、全部で12の創作を綴りました。

いつか再び」「雪子の災難」は、鈴木さんが絡んだ物。
木漏れ日」「」は、まだ、青木が第九に配属されて間もない頃の、薪さんと青木の関係を描いた物。
未来」「交差点」「」「デートに行こう!」は、当ブログメインの、既に伴侶として歩んでいる、薪さんと青木。
願いごと」と「バーゲン!バーゲン!」は、どちらも、「第九メンバーの性格考察」とも言えるかもしれません。
昔々の・・」は、別世界バージョンで、自由に書くことが出来ました。

そして、「」は、カテゴリでは、二次創作に分類はしておりませんが。
メロディ10月号の苦しさから、必死に灯りを求めて、手を伸ばす思いで書いた、薪さんと青木の姿です。

一番長い物で、「昔々の・・」の12話と、今回は、短い物が多数を占めました。
現実での出来事と、「秘密」原作の過酷さから、じっくりと長編に取り組む、時間的・精神的余裕が無かった・・ということだと思います。

この中で、特に、自分の中で印象に残っているシーンが、「未来」のラストシーンです。
薪さんが、赤ん坊を腕に抱いて立ち、その両脇を、青木とフォスターが挟む形で立っている。
オリキャラのフォスターの位置は、岡部さんや、他の第九メンバーでもいいんです。

こんな穏やかな時間が・・薪さんに訪れることを。
未来を担う赤ん坊に対して、この世は生きていく価値があるところだと、そう、薪さんが思える日を。
・・願ってやみません。

レビューは、この期間、書くまでに時間がかかりました。
すぐに書けたのは、12月号レビューのみで。
10月号レビューは、12月号発売間際に書き上げ。
2月号に至っては、結局次号発売に間に合わず、4月号と共に、6月号発売の直前に、2号分のレビューをまとめて書くこととなりました。

それだけ、本当に、原作の展開が、辛かったんですね。

それ以外の記事も、鬱々とした気持ちを綴っている物が多くて。

明るめの記事は、「誰になりたい?」や「それでも私は『あおまきすと』」、それに、娘が絡んだ「『秘密』と娘」「『ヒュッ』となって『バッ』となる」「警察官と警察署」位でしょうか。

今、私が「秘密」の世界に望んでいることは、「この先『秘密』で『起きてほしくないこと』」に、集約されております。
「こんな展開になってほしい」ではなく、「こんな展開にだけはならないでほしい」としか、書けない。
それだけ、切羽詰った想いが、渦巻いているんですね。

清水先生の誕生日。
昨年は、無謀にも、人生初の「薪さん絵」に挑戦致しましたが。
今年は、絵を練習する余裕も無く、また、震災で、スキャナも、デジカメのデータを読み込むパソコンの機能も、故障してしまったことから、絵を描くことは、諦めました。

そして。
今の想いを。
薪さんへの祈りを。

に、託しました。

この先、「秘密」の世界に。
薪さんに。
何が待ち受けているのか。

恐くてたまらず、今はまだ、メロディ6月号を開くことも出来ずに居る私ですが。
こんな私でも、ここまで来られましたのは、ひとえに、支えて下さる、皆様のお陰です。

本当に、どうもありがとうございましたm(_ _)m






関連記事

コメント

■ 鍵拍手コメ下さったAさま

○5/1に鍵拍手コメント下さったAさま

お祝いのお言葉、どうもありがとうございました!(*^^*)

本当に、色々ありましたね・・。
それでも、こうして「秘密」に心を寄せられる環境というのは、幸せだと思います。
漫画や本に触れるどころではない方々も沢山いらっしゃるわけですから。
でも、現実世界は色々と厳しいからこそ、「秘密」の世界では、薪さんに、幸せになってほしい・・そのことが、リアルでの力にもなるんですよね・・。

Aさんの例え、なる程と思いました。
本当に・・辿り着いたその時に、感動的な光景があることを、悲しみではなく、嬉しい涙が溢れる光景が広がっていることを、切に願います。

ずっと見守っていただき、ここまで来ることが出来ました。
ありがとうございました。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://kanon23.blog36.fc2.com/tb.php/715-bcd53689

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP |