カウンター


プロフィール

かのん

Author:かのん
薪さんと同身長が自慢です

基本、「薪さんと鈴木さんは精神的両想いだった」「薪さんと青木には、心身共に結ばれてほしい」という、偏った視点で書いております
創作も主に、薪さんが「青木と幸せになる未来」と、「鈴木さんと幸せだった過去」で構成されております

コメ、拍手コメ共に、過去記事にも遠慮なく投稿いただけたらと思います
レスは「コメをいただいた翌々日までにお返しする」ことを自分に課しておりますが、諸事情により遅れる場合もございます
でも必ず書かせていただきますので
ご了承下さいませm(_ _)m

リンクは嬉しいので、ご自由にどうぞ♪


当ブログ拍手頁

最新の公開拍手コメのレスはこちら それ以前の公開拍手コメ&レスは、各記事の拍手ボタンを再度押していただければ読めます 鍵拍手コメにつきましては、拍手をいただいた記事下コメント欄にレスを書いております

所属してます♪


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


検索フォーム


 
レビューの途中ですが、ふと、思ったことを。



夕べ、「秘密」の最終回について、あれこれと思い巡らしていた時、気付いたのですが。

私が「秘密」に出会い、「メロディ」を購入するようになったのは、3年前。
その頃から続いていた連載物が、昨年の後半から今年にかけて、相次いで最終回を迎えているんですよね。

2010年10月号で、「っポイ!」が最終回を迎えたのを皮切りに。
続く12月号では、「玄椿」が終了。

翌年の2月号で、「天空聖龍-イノセント・ドラゴン-」が、そして4月号で「お伽もよう綾にしき ふたたび」も、最終回を迎えました。

そして・・皆様お聞き及びかと思いますが、「秘密」も、今年中に最終回を迎えるそうです。

もしかすると、これは、「メロディ」自体が、何か変化を遂げる前ぶれなのかと。
ふと、そう思いました。

「秘密」以外に、現在連載が続いてる作品を見てみると、そのほとんどが、ショート・ショートや、1話完結形式のシリーズ物、あるいは、原作が別にある漫画化作品です。

つまり、「メロディ」は、もしかすると、今年いっぱいで、休刊、あるいは、オール読み切り形式の雑誌に移行するのではないか・・そんなことを思ったんですね。

「プリーズ・ジーヴス」「パタリロ!」「兄さんと僕」「ミルとキク」「すぴすぴ事情」「ベランダ絵日記帖」は、元々、読み切り形式ですし。
「陰陽師 玉手箱」は、連載を始めたばかりですが、これもある意味、1話完結物と言えますしね。

「花咲ける青少年」は、現在2話毎に完結していますが、特別編なので、キャラをひととおり取り上げたら、それで終了するでしょうし。

「まほろ駅前多田便利軒」も、元が短編集なので、どこで区切りを付けるかは、自由に出来るでしょう。

あと、連載と言えるものは、「大奥」「花よりも花の如く」「そこをなんとか」ですが。
しばらく過去を辿っていた「大奥」は、吉宗の時代に戻り、何となく終わりが見えたような気もしますし。
「そこをなんとか」も、東海林先生が別の事務所に移籍したことで、ぼんやりとしていた、らっこちゃんの気持ちに、そろそろ区切りが付きそうな気もします。

「花よりも花の如く」だけは、あまりに淡々と進んでいるので、クライマックスがどこに来るのか見えないのですが・・どうでしょうね?

そんなわけで。
「次号はどうなるのだろう?」「この人は、一体どうなっちゃうの?」と、毎号毎号、先の展開を思い、胸を締め付けられる・・そんな、連載ならではの醍醐味は味わえなくなる、そんな雑誌になってしまうのかなと。

連載を終了された先生方が、次々と新連載を開始されるのであれば、そんな予想は杞憂だと思えるのですが。
皆様、連載を始める様子が無く、読み切りを描かれたり、あるいは、別雑誌で活躍されていたりするのを見ると、もう「メロディ」で連載は描かれないのかなと思えてしまうんですね。

まあ、最終回が続いたのは、ちょうど、連載作品の区切りの時期が重なったというだけかもしれませんし。
どうなるかは、分かりませんけどね。

「秘密」のことを言えば、最終回は、永遠に来てほしくありません。
清水先生の柱にあった「ラストに向けて」というお言葉を拝見して以来、いつかは来るのだと、覚悟はして参りましたが。

最長でも、あと4回で終わってしまう・・もしかしたら、あと3回、あるいは2回ということも有り得る・・。
そのことを思うと、胸がずん・・と重くなります。

今号の「秘密」の展開に、希望の光が見えたのが救いですが。
この光が、再び見失われることが無いようにと、今は、切に願っています。





関連記事

コメント

■ 鍵拍手コメ下さったAさま

○5/12に鍵拍手コメント下さったAさま

コメントありがとうございます☆

やはり、そういった噂があるのですか。
「秘密」の最終回のことは、まだ冷静に受け止められないですね・・考えようとすると、おかしくなりそうで。
今は、進行中の「秘密」について考えるだけで、精一杯です(TT)

そう、番外編という構想がおありなのですよね。
私はこれを知った時、清水先生は、きっと本編の「その後の第九」を描きたいとお思いなんだ、だから薪さんも第九メンバーも、無事に生き延びるに違いない!
・・と、自分に言い聞かせる材料に致しました。
(・・でも、過去編や、本編のサイドストーリー、あるいは全く別メンバーの第九という可能性もありますが・・><;)

年に一回でも発表してほしい、本当にそうですね。
個人的には、「銀英伝」の外伝のライちゃんとキルヒみたいに、薪さんと鈴木さん、二人の蜜月(?)を沢山描いていただけたらと思います(^^)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://kanon23.blog36.fc2.com/tb.php/721-b0c29bbb

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP |