カウンター


プロフィール

かのん

Author:かのん
薪さんと同身長が自慢です

基本、「薪さんと鈴木さんは精神的両想いだった」「薪さんと青木には、心身共に結ばれてほしい」という、偏った視点で書いております
創作も主に、薪さんが「青木と幸せになる未来」と、「鈴木さんと幸せだった過去」で構成されております

コメ、拍手コメ共に、過去記事にも遠慮なく投稿いただけたらと思います
レスは「コメをいただいた翌々日までにお返しする」ことを自分に課しておりますが、諸事情により遅れる場合もございます
でも必ず書かせていただきますので
ご了承下さいませm(_ _)m

リンクは嬉しいので、ご自由にどうぞ♪


当ブログ拍手頁

最新の公開拍手コメのレスはこちら それ以前の公開拍手コメ&レスは、各記事の拍手ボタンを再度押していただければ読めます 鍵拍手コメにつきましては、拍手をいただいた記事下コメント欄にレスを書いております

所属してます♪


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


検索フォーム


 
「今日は、大好きな漫画の発売日なので、戦々恐々としています」

・・という例文を国語のテストで書いたら、四字熟語の意味を取り違えてると、間違いなく×が付けられるだろう。
なんてことを思いつつ。


※微妙に色々とネタバレしております



後に延ばしても、結局いつかは向き合うことになるのだと。
今月は、久しぶりに、発売日に購入してすぐ、「秘密」を読む決心をした。

書店で「メロディ」を見つけた瞬間、グッ・・と、胸が詰まる。
表紙に「秘密」と書いてることを確認する。
この時点で、もう吐きそう・・・。

「メロディ」を手に、レジへと向かう。
表情と歩調を、意識して平静に保つ。
・・頭痛がしてきた。

お会計を済ませる。
・・・泣きそう・・・・・・・。

以前は、マイタンブラーを持参して、書店が入っているショッピングセンター内のカフェでコーヒーを買って、飲みながら「メロディ」を開いた。
震災で色々と物入りな今は、その数百円を節約して、家でアイスティーを入れたマイボトルを手に、外に出る。

ショッピングセンターの中は、沢山の人が往来しているのに、2階のテラス席は、貸し切り状態。
そうだよね、せっかく中は冷房が効いてるというのに、わざわざこんな蒸し暑い日に外でお茶しようなんて、イタリア人と自分位だよね・・などと思う。

外では、気を散らす音楽も、人のざわめきも無く。
ゆっくりと「メロディ」を開くことが出来る。

・・恐くて、なかなか「秘密」の頁がめくれない。
前後にある他の漫画を読む。
でも、ストーリーを追うだけで、そこに、心は無い。

マイボトルに口を付けて、一口、二口・・・。
深呼吸をして、遂に開く。

薪さんと青木が・・そこに居る。



以下感想。




なんか、もう。


なんか、もう。


なんか、もう・・・・・・・・・・。




滝沢、人にやらせてたのかと思ってたら、自分でやっていたのか。
鈴木さん・・ままままままさか、あなたは・・・!?
岡部さん、あなたは、いつまでもそのままでいて下さい。

薪さん・・痛過ぎる・・・・・・。

青木、君はいい子だ。
薪さんの真意が分かる子だって、信じてるよ・・!!


とりあえず。
身体は誰も、どこも、傷付いていない。
うん、大丈夫。

でも、心は・・・・・・

そして、薪さんは・・・・・・・。

そうなの?
そういう結末なの?
薪さん、あなたは・・・・・・・・・・・・・・。


色々と衝撃ですが。
心が、その衝撃を実感することを、避けているみたいで。
まだ、呑み込めていないというか、呑み込まないようにしている自分がおります。

消化する程に、じわじわと、後からショックが来そうです。





関連記事

コメント

■ かのんさん。こんにちは

〉消化する程に、じわじわと、後からショックが来そうです。

来ると思います。。

ショックを克服するように短時間に何度も読みましたけど…
なんていうか…。



もう見てられないです。

、今はそれしか言えません;

かのんさんの感想に沿って、またコメントさせて頂きます。

癒やしが欲しい…。

かのんさんの、ラブラブな二人のお話が読める日を、心から待ってます…!

それでは失礼します
m(_ _)m

■ 鍵拍手コメ下さったAさま

○6/28に鍵拍手コメント下さったAさま

コメントありがとうございます。

そうですね・・あまりに色々とあり過ぎて、まだ脳内に衝撃が到達していない感じです(←鈍過ぎるにも程がありますね)

あおまき成立に関しては、今回は、進展も後退も感じなかったのですが・・。

救い・・そうですね、薪さんにとって、そして読者にとっても、岡部さんとの関係は救いですよね。
でも、個人的には、岡部さんとヤケ酒を飲んだことも、辛い要素の一つでした。
詳しくは、後々レビューで書いて参りたいと思いますが・・。

清水先生の描き方は、本当に容赦が無いですね。
でもそんな先生の描く世界だからこそ魅了されているわけですし・・複雑です。

何はともあれ、今回は、書きたいことが沢山あるので、精神的にはレビューが書けそうです。
ただ、明日も明後日もその次も予定が入っているので、時間的に、来週以降になりそうです・・。

■ 鍵拍手コメ下さったSさま

○6/28に鍵拍手コメント下さったSさま

はじめまして。
いらっしゃいませ。
コメントありがとうございます。

最近「秘密」にはまった、あおまきすとさんなんですね。
おいでいただき、嬉しく思います(*^^*)

薪さんが一人で抱えているお姿・・本当に苦しいですよね(;;)
最後のページ・・読んだことは読んだのですが、実はまだ、気持ちがそこまで行っていなくて・・その辺りを考えるまでには、時間を要すると思います。

薪さんを愛する人にとって、薪さんを心配する気持ちは一つだと思います。
そんな想いを共有出来て、コメント嬉しく拝見致しました。
どうもありがとうございました。

■ AYさま

○AYさま

コメントありがとうございます。

> 来ると思います。。
> ショックを克服するように短時間に何度も読みましたけど…
> なんていうか…。
> もう見てられないです。
> 、今はそれしか言えません;

・・やっぱり来ますよね、そうですよね。
ショックを克服する為にあえて何度も読む、そういう方法もあるんですね。

私は、一度読んだら、もうそれ以降読めずにいるのですが。
まだ何だか呆然としていて・・何がどう衝撃なのか、それすらよく分かっておらず・・。

> かのんさんの感想に沿って、またコメントさせて頂きます。

どうもありがとうございます。
少なくとも落ちてはいない・・ので、レビューは、時間が出来れば書けると思います。
書くことで、気持ちを整理出来るとも思いますし・・。

> 癒やしが欲しい…。
> かのんさんの、ラブラブな二人のお話が読める日を、心から待ってます…!

うう・・ありがとうございます(;▽;)
こんなお言葉をいただけて・・光栄です。

自分でも、また、ラブラブな物を書ける状態に、気持ちが持って行ければと、思っております。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://kanon23.blog36.fc2.com/tb.php/755-0b6eeb7b

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP |