カウンター


プロフィール

かのん

Author:かのん
薪さんと同身長が自慢です

基本、「薪さんと鈴木さんは精神的両想いだった」「薪さんと青木には、心身共に結ばれてほしい」という、偏った視点で書いております
創作も主に、薪さんが「青木と幸せになる未来」と、「鈴木さんと幸せだった過去」で構成されております

コメ、拍手コメ共に、過去記事にも遠慮なく投稿いただけたらと思います
レスは「コメをいただいた翌々日までにお返しする」ことを自分に課しておりますが、諸事情により遅れる場合もございます
でも必ず書かせていただきますので
ご了承下さいませm(_ _)m

リンクは嬉しいので、ご自由にどうぞ♪


当ブログ拍手頁

最新の公開拍手コメのレスはこちら それ以前の公開拍手コメ&レスは、各記事の拍手ボタンを再度押していただければ読めます 鍵拍手コメにつきましては、拍手をいただいた記事下コメント欄にレスを書いております

所属してます♪


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


検索フォーム


 
バトンを作ってみました。



以前「『秘密』出会いバトン」という物を作りましたが。
それに呼応するような形で、今度は「ラストに向けて、これまでの『秘密』との関わりを見つめ直し、『秘密』に対する思いを整理する」というスタンスで、考えてみました。



************



バトン「秘密」ラストに向けて



■01 『秘密』に出会ってから、どれ位の月日が立ちましたか?


2008年の6月10日に出会ったので、3年と3ヶ月です。



■02 その間、『秘密』に出会ったことで、身辺にどんな変化がありましたか?


機械音痴の私が、「秘密」ブログを立ち上げた。
そこで、感想を書き綴るだけでなく、思いがけず、二次創作を始めた。
そして、コハルビヨリさんにお声を掛けていただき、生まれて初めて、同人誌に参加させていただいた。
同人誌即売会に、初めて足を運んだ。
様々な「秘密」ファンの方々と交流させていただき、オフ会でお会いすることも叶った。

「秘密」に出会わなければ、決して経験しなかったであろうことを経験し、「秘密」に出会わなければ、知り合うこともなかったであろう方々と交流出来ていること、本当に幸せだと思います。



■03 『秘密』に関することと、それ以外の趣味を、どう両立させていますか?


『秘密』に出会う以前は、とある俳優さんのファンでしたが、薪さんに出会ってからは、完全に薪さんに気持ちが移行してしまいました。
どうやら私は、誰かに入れ込むと、その人だけに気持ちが向いてしまうようです。

mixiで日常日記も書いておりましたが、「秘密」ブログを立ち上げてからは、ブログに専念するあまり、mixiはすっかり放置状態に。

「秘密」に時間を割くあまり、映画鑑賞・音楽鑑賞・絵画鑑賞・読書といった趣味に費やす時間も極端に減りました。
でも、二次創作をするようになって、文を書くには、読書量を増やしたり、映画や音楽などに触れたりすることも必要だと、かえって感じるようになり、それからは、意識して時間を作るようにしております。



■04 『秘密』に出会って、良かったことは何ですか?


2の回答とも重なりますが、ブログを管理する、二次創作を書く、同人誌に参加させていただくなど、それまで手を出すことの無かった、未知の体験が色々出来るようになったことや、「秘密」ファンの皆様と交流させていただけること、本当に良かったと思います。

また、ブログを続けていくうちに、皆様に教えていただきつつ、ネット上のルールやマナー等も、学ばせていただきました。
創作をするにあたり、「二次創作」という微妙な問題についても色々と調べ、知らなかったことを知ることも出来ました。

新しいお話を書く度に、その時代背景や文化等、必要な情報を求めて、ネット検索をしたり、図書館に通ったりして、その都度新しい知識を得ることが出来ました。
文章を書いていて、語彙不足を痛感したことが、漢字検定を受けるきっかけにもなりました。

そして何より、「秘密」の薪さんに出会ったことで、日々、充実感を味わえることになった・・・それがとても、幸せです。



■05 では、『秘密』に出会って、弊害は何かありますか?


薪さんの不幸なお姿を見ると、自分も心が荒むことでしょうか(笑)
最初は純粋に、日々に潤いをもたらしてくれる趣味でしたが、薪さんがどんどん辛い立場に追い込まれるにつれ、メロディ発売が、楽しみではなく、恐怖にすり替わるようになりました。

もちろん、その苦しみも含めて、本気で薪さんを想えるというのは、幸せだとも思いますが、毎回毎回心が疲弊していくのは、辛いものがあります。

また、リアルでも滅多に無い程、本気でとあるキャラを嫌いになったり、嫉妬を覚えるようになったり、自分の中の負の感情とも向き合わされました。

薪さんを想い過ぎて、料理の手順を間違えたり、怪我をしたり、大事なことを忘れたりといったことも、しょっちゅう。
メロディ発売のその日に、運転していて、対向車とミラーが接触したことも。

当然、家族との生活の中でも、心が薪さんを想っていて、上の空ということも出てきて。
家族との交流の時間を、ブログに向かう時間に当ててしまい、家族に申し訳なかった時期もあります。

そして、家族も大事にしたい、ブログにも向かいたいという思いから、結局睡眠時間を削ることになり、口内炎がいくつも出来たり、長編を書き上げた途端熱を出したり・・なんてこともありました。

『秘密』のファンとして、薪さんを愛する者として、『秘密』に偏った生活をするのではなく、リアルも大事にしながら、『秘密』に向き合う生活が出来る、そんな人間でありたいと、今は思っています。



■06 あなたが『秘密』ファンであることを、家族・同僚・友人等、周囲の人間は知っていますか? また、それに対する周囲の反応はどうですか?


夫には告白していて、参加した『秘密』同人誌を見せたところ、「良かったな」という言葉ももらいました。
時には、創作に関することで、夫に知恵を借りることもあります。
オフ会への参加を許してもらったり、何だかんだ言って、夫の協力があるからこそ、続けていられる趣味と言えるでしょう。

が、ブログに向かっている時間は、決して夫には面白くないようで、あまりこのことは話さないこと、また、家事や育児や義父母の手伝いをこなした上での趣味という位置を崩さないことが、夫との暗黙の了解になっております。

その分、一人娘には、普段から『秘密』への想いのタケを聞いてもらっています。
現在小学4年生の娘は、この3年間、母の趣味話に耳を傾けてくれ、半分呆れ苦笑しつつも、付き合ってくれている、周囲では一番の理解者と言えます。

同居の義父母や、義妹達には、秘密を貫いております。
以前、俳優さんのファンをやっていた頃は、まだ話せたのですが、二次元に夢中だなんて、たぶん義父母には理解出来ないでしょうし、義妹なんて、なまじネットを見られる環境にあるだけに、二次創作なんて見られたらと思うと、恥ずかしくて憤死しそうです。
なので娘にも、義家族には内緒にしてほしいとお願いしてあります。

実の姉は、元々「メロディ」を読んでいたこともあり、ブログ活動をしていることまで話して、同人誌をプレゼントしたりもしましたが、ある時、「最近の『秘密』の展開には付いていけない」という感想を姉がわざわざメールしてきたことから、それから一切、姉には『秘密』の話をしなくなりました・・(笑)

学生時代からの友人達にも、久々に会った時に、『秘密』にハマり二次創作までしていることを話し、引かれること覚悟で、同人誌まで見せました。
すると予想外に、「すごーい!」「よくやるよね」と感心され、「そう言えば、昔からかのんちゃんて、そういう思い込んだら一直線みたいなところあったわよね」(そうだった・・?)と、友人達は、あっさりと納得していました。

「私も新しいことに挑戦したい」「頑張ってみる」なんて言った友人も居て、その一人は、その後、地元から都会に移り住み、知人とお店を始めてしまいました・・・。

ママ友には、まだそこまで話せる雰囲気ではないので、基本的には黙っておりますが、先日、任期2年目の役員活動で気心の知れてきた若いママさんに、薪さんのファイルとケータイ待ち受けを目撃され「美しい物が好きなの?」と聞かれたことから、嬉しくて、うっかりブログまでやっていることを口にしてしまいました・・・。

「へーっ・・意外―!」と、その場に居たママさん達は目を丸くしていましたが・・次の集まりで、距離を置かれないことを祈るばかりです。



■07 薪さん自身が望む未来とは、何だと思いますか?


第九が、その室長や捜査官達が、職務上の機密という範囲を超えた秘密を背負わされ、脅しや口封じまで受けるような状態から、脱すること。
そして、全ての第九管区で、薪さんが望んできた、正義のもとに、正当な捜査が行なわれるようになること。

そして、薪さんが鍛えた部下達が、その意思を引き継いでいくこと。

青木が・・青木らしく、生きていくこと。



■08 では、あなたが「秘密」に望む未来とは、どんな物ですか?


7で挙げた、薪さんの望む未来が、全て叶う。

と、同時に、薪さんが。
貝沼事件や鈴木さんを手に掛けたこと等のトラウマを乗り越え、心から笑えるようになること。
大切な人と、想いを分かち合い、共に生きていくこと。

・・もう、そんな未来は有り得ないと分かっていても。
それでも。



■09 『秘密』がラストを迎えるに当たり、イベント、付録など、あったらいいなと思う企画は何ですか?


何と言っても、「秘密」のカラー絵を全て網羅した、豪華美麗画集を出していただきたいです。
少々お値段が張ってもよろしいので、原画に限りなく近い品質の物であってほしいです。

それに合わせて、そのカラー原画全てが並んだ原画展が開催されたら、最高ですね。
更に、清水先生のサイン会なんてあったら、もう何も言うことはございません。



■10 あなたにとって『秘密』とは、どんな存在ですか?


この上ない充実感と、いたたまれない苦しみの、両方を与えてくれるもの。
この3年間の、私にとっての「生きる糧」と言っても、過言ではありません。




今回も、質問数を10個に抑え、シンプルなバトンにしました。
もし、バトンをやってみたいという方、いらっしゃいましたら、こちらのバトン記事に関してのコピーやリンクはフリーとし、管理人の私への断わりもお気遣い無用ですので、是非、ご自由にお持ち帰りいただけたらと思います(^^)

以上、バトン記事でした。





関連記事

コメント

■ 鍵拍手コメ下さったAさま

○9/1に鍵拍手コメント下さったAさま

コメントありがとうございます。
お読み下さいまして、嬉しいです。

他のことに目が行かなくなる・・同じですね(^^;)
俳優さんのファンも4年以上やっていたので、当時の私を知る人は、「○○さん、今××のドラマに出てるよね」「映画で見たよ」などと未だに報告してくれるのですが・・今や全く興味が持てず「彼も頑張ってるのねえ・・」と、まるで元カレ(←俳優さんの方は、私の存在すら知らないのに)に思いを馳せるかのような感慨しか浮かびません(笑)

ブログを開設した当初は、勢いにまかせて、一日に5記事もUPしたりしておりましたから・・まあ、日常に支障は出ますよね(笑)

え?こちらがきっかけだったんですか?
光栄です(*^^*)
周囲に「秘密」のことを話すのは、なかなか難しいですよね(^^;)
そんな誤魔化し方をなさってるのですか(笑)

こんなに幸せな気持ちと、こんなに苦しい気持ちの、両方を味合わせられる「秘密」・・。
出会えたことに、感謝しております。

4ヶ月も間が開いたことは、私としては良かったですね。
その間、「秘密」と改めて向き合うことが出来たらと思います。

■ ヾ(*′▽`*)ノ(照)

こんにちは!
かのんさん、ご無沙汰しております!

引っ越しも落ち着いてきたのでネット徘徊してたら
かのんさんのバトン記事を発見しちゃいました☆
そして確認もせずに受け取ってしまいました!
ご、ごめんなさい(^v^;
しかしながら仕事が重なってしまったのでご挨拶が遅れてしまいました。
申し訳ありませんでしたm(__;)m

かのんさんのバトン、当時を思い出しながら読ませていただきました(*^^*)
あの頃、勢いだけでブログ始めてしまって、一気にのめり込んでいって、何度もオフ会に飛んでいって。
今思い出すとすっごい行動力+体力だわ~と感心してしまいます(笑)
かのんさんとはオフ会で何度もお会いする事ができて、本当に嬉しかったです、て過去形にしちゃうと今生の別っぽくて嫌ですねw

同人誌は・・・正直あまりのヘタクソっぷりに恥ずかしいどころではないのですが、ご一緒できて本当に有り難かったし、嬉しかったし、とても楽しかったです。
でも、かのんさんの小説や夜子さんの詩は素敵なのに、自分のマンガやらイラストやらが足をひっぱって悲しい感じで・・・大変申し訳ないです・・・
もっと上手かったらなぁ、と悔しい思いでいっぱいですって他者さまのブログで落ち込んでどうするw

みなさんと一緒に行ったイベントもホント楽しかったですね☆
わいわいきゃいきゃい女子高生か?!ってノリで(笑)
またファン仲間が一堂に会する機会が作れたら素敵ですね!
今度はブロガーさんだけでなく、遊びにおいでくださってる方も一緒に!
どなたか呼びかけしてくださらないかしら・・・w

>メロディ発売が、楽しみではなく、恐怖にすり替わるようになりました。

まるっと同感です(><;
もう正直キツいですよね。
だから最終回は悲しいけど早くこの苦しみから解放されたいという方が強いです。

>夫には告白していて、参加した『秘密』同人誌を見せたところ、「良かったな」という言葉ももらいました。

うおおおおおおおお!!!!!(絶叫)
はぁはぁはぁはぁ・・・
旦那さま、その節はオフ会参加をお許しいただきありがとうございましたm(__;)m

>学生時代からの友人達にも、久々に会った時に、『秘密』にハマり二次創作までしていることを話し、引かれること覚悟で、同人誌まで見せました。

うおおおおおおおお・・・!!!!!(悶絶)

>青木が・・青木らしく、生きていくこと。

泣く・・・

>・・もう、そんな未来は有り得ないと分かっていても。

まだあきらめません!!!
あきらめちゃ駄目です!!!(><)

>「秘密」のカラー絵を全て網羅した、豪華美麗画集
>カラー原画全てが並んだ原画展
>清水先生のサイン会

画集も手に入って、原画展にも行けて、サイン会にも参加できたら・・・
幸せすぎてどうしよう・・・w

>この3年間の、私にとっての「生きる糧」と言っても、過言ではありません。

本当ですね。とにかく大切な存在ですね。
たとえ最終回を迎えたとしてもその思いはずっと変わらないと思います。
まぁ私は普段からいろんなキャラに萌え萌え言ってますが(笑)
でも薪さんのように見るだけで胸が苦しくなるキャラっていないかも・・・


て、長々とコメントしてしまってすみませんでした(><;
メールか?!(←と、自分で突っ込んでみる)
これでも短かめに短かめに、と自制しながら書いたんですけどもw

あと、はじめに書きました通りバトンいただきました!
でもコメントなどはお気遣いなくです!

ではでは(*^-^*)♪

■ コハルビヨリさま

○コハルビヨリさま

> こんにちは!
> かのんさん、ご無沙汰しております!

コハルさん、いらっしゃいませ!
こちらこそ、ご無沙汰しております。

> 引っ越しも落ち着いてきたのでネット徘徊してたら
> かのんさんのバトン記事を発見しちゃいました☆

何かとお忙しいでしょうに、足を運んで下さって、ありがとうございます。

> そして確認もせずに受け取ってしまいました!
> ご、ごめんなさい(^v^;
> しかしながら仕事が重なってしまったのでご挨拶が遅れてしまいました。
> 申し訳ありませんでしたm(__;)m

きゃ~~~っ、そんな!謝らないで下さいませ!!(><;)
お忙しい中、バトンを受け取っていただき、とても嬉しいです。

皆様、リアルがお忙しかったり、原作のハードさ故にブログ活動から離れ気味でいらしたり、メロディレビューの最中だったりされてるのではないかと。
そんな時期に、バトンを挙げても、皆様それどころではないかもと思っておりましたので。
コハルさんに受け取っていただいて、本当に嬉しいです。

それに、挨拶は不要ですと掲げましたので。
自由にお持ち帰りいただいて結構ですので!

> かのんさんのバトン、当時を思い出しながら読ませていただきました(*^^*)
> あの頃、勢いだけでブログ始めてしまって、一気にのめり込んでいって、何度もオフ会に飛んでいって。
> 今思い出すとすっごい行動力+体力だわ~と感心してしまいます(笑)

お読み下さって、ありがとうございました。
そうそう、お互い、薪さん愛のパワーで突き進んでおりましたよね(笑)
でも、コハルさんがこの時、ブログを立ち上げて下さって、本当に良かった。
素敵な絵や楽しい記事に、どれだけ元気をいただいたか(≧▽≦)

> かのんさんとはオフ会で何度もお会いする事ができて、本当に嬉しかったです、て過去形にしちゃうと今生の別っぽくて嫌ですねw

一年の間に3回もお会いした年もありましたね。
こちらこそ、コハルさんにお会い出来て、とても嬉しかったですし、光栄に思います(*^^*)
お会いする度に益々惚れ直すことは、どうかお許し下さいませ☆

> 同人誌は・・・正直あまりのヘタクソっぷりに恥ずかしいどころではないのですが、ご一緒できて本当に有り難かったし、嬉しかったし、とても楽しかったです。

有難かったのはこちらの方です!
お話なんてそれまで書いたこともなかった私に、お声を掛けて拾い上げて下さって・・。
自分が、あんな素敵な本の中に交ぜていただいたこと、本当に夢のようで・・あの二冊の同人誌は、人生の宝物です。
コハルさんのお陰です。
ありがとうございました。

> でも、かのんさんの小説や夜子さんの詩は素敵なのに、自分のマンガやらイラストやらが足をひっぱって悲しい感じで・・・大変申し訳ないです・・・
> もっと上手かったらなぁ、と悔しい思いでいっぱいですって他者さまのブログで落ち込んでどうするw

そんなっ。
コハルさんの絵や漫画や装丁があればこそ、あれだけ素晴らしい本になったのですから!!
でも、悔しいと思うコハルさんの向上心も素敵です☆

こちらの方こそ、ズブの素人の拙い文章を、コハルさんの目映い挿絵で彩っていただいて・・もったいなくて申し訳ない位です。
漫画化していただいたことも・・本当に光栄です。

> みなさんと一緒に行ったイベントもホント楽しかったですね☆
> わいわいきゃいきゃい女子高生か?!ってノリで(笑)

「秘密」イベントになると、年齢は忘れますね(笑)
同じ物を愛する同士が集まれるって、こんなに楽しいものなんですね。

> またファン仲間が一堂に会する機会が作れたら素敵ですね!
> 今度はブロガーさんだけでなく、遊びにおいでくださってる方も一緒に!
> どなたか呼びかけしてくださらないかしら・・・w

そうですね。
これまでにお会いした方にもまたお会いしたいですし、まだお会いしたことない方も沢山いらっしゃいますから・・一同に会せたら良いですね。
皆様それぞれに、お仕事があったり、ご家庭があったりしますから・・難しいことだとは思いますが、それでも、お会い出来たらと思います。

> まるっと同感です(><;
> もう正直キツいですよね。

好きなのに、いや好きだからこそ、見るのがこれ程恐い漫画って・・他にあるのでしょうか(T▽T)

> だから最終回は悲しいけど早くこの苦しみから解放されたいという方が強いです。

そういう捉え方もあるんですね。
確かに・・最終回を迎えるということは、毎回毎回味合わされるこの苦しみから解放されるということですものね。

> うおおおおおおおお!!!!!(絶叫)
> はぁはぁはぁはぁ・・・

笑・笑!!

> 旦那さま、その節はオフ会参加をお許しいただきありがとうございましたm(__;)m

その節は、参加出来るかどうか、コハルさんまでご心配下さって・・ありがとうございましたm(_ _)m

> うおおおおおおおお・・・!!!!!(悶絶)

笑・笑・笑!!☆☆☆

> 泣く・・・

私自身、この部分は書いていて涙目でした・・(;;)

> まだあきらめません!!!
> あきらめちゃ駄目です!!!(><)

・・・ですよねっ!
ねっ!!

この一言が本当に励みになります。
救われます。
ありがとうございます(;;)

> 画集も手に入って、原画展にも行けて、サイン会にも参加できたら・・・
> 幸せすぎてどうしよう・・・w

そうですね・・夢のようですね・・・

> 本当ですね。とにかく大切な存在ですね。
> たとえ最終回を迎えたとしてもその思いはずっと変わらないと思います。

そうですね。
連載が終わっても、薪さんのことはずっと愛し続けるし、「秘密」が特別な作品であることは、変わらないと私も思います。

> まぁ私は普段からいろんなキャラに萌え萌え言ってますが(笑)
> でも薪さんのように見るだけで胸が苦しくなるキャラっていないかも・・・

見るだけで胸が苦しくなる・・本当にそうですね(><;)
私もこれまで夢中になったキャラは居ましたが、多少切なくなることはあっても、ここまで苦しくなる人はこれまでに無かったですし、この先も現れないと思います・・。

> て、長々とコメントしてしまってすみませんでした(><;
> メールか?!(←と、自分で突っ込んでみる)
> これでも短かめに短かめに、と自制しながら書いたんですけどもw

いえいえ!
コメント、とっても嬉しく拝見し、とっても楽しくレスを書かせていただきました!
書きながら、この3年間を改めて振り返り、胸がいっぱいになったりも・・。

> あと、はじめに書きました通りバトンいただきました!
> でもコメントなどはお気遣いなくです!

バトン、もらって下さって、ありがとうございました。
また、お忙しい中、コメントを下さり、どうもありがとうございました(*^^*)

■ バトンを頂きました

たびたびすみません;3周年おめでとうございます!
私なんぞはまだまだ新参者ですが・・バトンを頂きましたのでご報告します。ほんとにやりがいのある、バトンでした♪
ありがとうございました☆

■ ゆかりさま

○ゆかりさま

お祝いコメントを、ありがとうございました!

> たびたびすみません;3周年おめでとうございます!

どうもありがとうございます(≧▽≦)
皆様のお陰で、ここまで続けることが出来ました。

> 私なんぞはまだまだ新参者ですが・・バトンを頂きましたのでご報告します。ほんとにやりがいのある、バトンでした♪
> ありがとうございました☆

「秘密」の長い歴史から申しましたら、出会ってたった3年の私も、新参者です(^^;)
バトン、拾って下さったとのこと、ありがとうございます!
嬉しいです(*^^*)
そのうち、そちらにお邪魔したいと思います。

ありがとうございました。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://kanon23.blog36.fc2.com/tb.php/786-481e1d84

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP |