カウンター


プロフィール

かのん

Author:かのん
薪さんと同身長が自慢です

基本、「薪さんと鈴木さんは精神的両想いだった」「薪さんと青木には、心身共に結ばれてほしい」という、偏った視点で書いております
創作も主に、薪さんが「青木と幸せになる未来」と、「鈴木さんと幸せだった過去」で構成されております

コメ、拍手コメ共に、過去記事にも遠慮なく投稿いただけたらと思います
レスは「コメをいただいた翌々日までにお返しする」ことを自分に課しておりますが、諸事情により遅れる場合もございます
でも必ず書かせていただきますので
ご了承下さいませm(_ _)m

リンクは嬉しいので、ご自由にどうぞ♪


当ブログ拍手頁

最新の公開拍手コメのレスはこちら それ以前の公開拍手コメ&レスは、各記事の拍手ボタンを再度押していただければ読めます 鍵拍手コメにつきましては、拍手をいただいた記事下コメント欄にレスを書いております

所属してます♪


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


検索フォーム


 
Scene23:自問


薪に何かあると、はっきりと分かった青木の目には、薪が、無理を押して仕事をしているのが、見て取れた。
薪は休みも取らず、激務をこなしていく。
一見、平静な顔で。

『薪が抱えている物・・それが分かったとして、何になる? 君に何が出来る?』
フォスターのセリフが、青木の胸をよぎる。
「何が出来る?オレに」青木は自問していた。

『これまで、薪が抱えてきた物を、君は本当に理解したことがあるのか? 君のような人間には、到底理解出来ないことだ』
「理解・・オレには、薪さんを理解することは、出来ないのか?」

違う・・違う!
何か出来る筈だ。
でも、何が・・。

薪は日に日に疲弊していき、岡部も気付くところとなった。
「薪さん・・少し休まれた方がよろしいのでは?」岡部の言葉に、何も答えず、
「曽我、例の被害者のリストを・・」そう言いながら、薪が立ち上がった時・・

「薪さん!!」
倒れかけた薪を、岡部が受け止めた。

「薪さん!」青木や、他のメンバーも取り囲んだ。

「大丈夫だ。・・ちょっとふら付いただけだ」
そう言う薪の顔は、真っ蒼だった。

「やはり、仮眠室でお休みになった方が・・」岡部が言うと、
「仮眠室より、帰って休んだ方がいいだろう」田城がそばに来ていて、言った。

田城も事情を知るだけに、薪の様子を心配しているようだった。
「青木君、悪いけど、薪君を家まで送ってもらえないかね? 薪君もその方がいいだろう」
田城が言った。

「え? 薪さんを送るなら、オレが・・」岡部が言いかけると、
「岡部君には、私から話があるんだ。ちょっといいかな」田城が言った。
「あ・・はい」

等と言っている間に、薪は蒼い顔をして第九を出て行き、青木が薪のカバンと車の鍵を持って、その後を追った。
二人の出て行く姿を、岡部は恨めしそうに見送った。



関連記事

コメント

■ 

くはっっ待ってましたっっっ!!!!

よし!行け!ガンガン行けっ!!青木!!!
チャンスだ★今しかないっっっ(>▽<;

倒れかけた薪さんを受け止めてくれた岡部には悪いけどw
いつも送り迎えしてくれる岡部には悪いけどw

今後のフォスターとのバトルが見物ですねっ!!
すべてはこの後の青木の頑張り次第♪
青木!お前にかかってるんだ!頑張れ(>▽<)♪ウ腐腐腐・・

続きいつも気になって1時間毎に見に来てます(笑)

■ 

○コハルビヨリさま

コメントありがとうございます。

コハルビヨリさんの勢いのあるコメントにウケまくりました(^^)

>すべてはこの後の青木の頑張り次第♪
↑結果的に、頑張りましたよね♪

>続きいつも気になって1時間毎に見に来てます(笑)
↑ものすごく励みになりました!

■ 

○Yさま

拍手コメント、ありがとうございます。

>ドキドキの展開に期待した(笑)
↑どうでしょう・・期待どおりになったでしょうか?

>これだけの長文(しかもめちゃくちゃ面白いし!)をこんなに次々upできるなんてすごすぎます!
↑とても嬉しいお言葉、ありがとうございます!(TT)
この時は、平均一日3~4話UPしておりました・・飛ばしましたね・・(^^;)

>今回はちょっと岡部さんがかわいそうですね。せっかく薪さんを送ろうとしたのに止められるし(涙)
↑岡部さんには申し訳ありませんが・・・(笑)


○Mさま

拍手コメント、ありがとうございます。

>よしっ!青木っ、チャンスだ!!青木が積極的に出てくれることを期待しつつ
↑皆さん、この時点では思いは同じだったようです(笑)
・・どうでしょう、期待どおりになったでしょうか?

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://kanon23.blog36.fc2.com/tb.php/79-7d7e1297

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP |