カウンター


プロフィール

かのん

Author:かのん
薪さんと同身長が自慢です

基本、「薪さんと鈴木さんは精神的両想いだった」「薪さんと青木には、心身共に結ばれてほしい」という、偏った視点で書いております
創作も主に、薪さんが「青木と幸せになる未来」と、「鈴木さんと幸せだった過去」で構成されております

コメ、拍手コメ共に、過去記事にも遠慮なく投稿いただけたらと思います
レスは「コメをいただいた翌々日までにお返しする」ことを自分に課しておりますが、諸事情により遅れる場合もございます
でも必ず書かせていただきますので
ご了承下さいませm(_ _)m

リンクは嬉しいので、ご自由にどうぞ♪


当ブログ拍手頁

最新の公開拍手コメのレスはこちら それ以前の公開拍手コメ&レスは、各記事の拍手ボタンを再度押していただければ読めます 鍵拍手コメにつきましては、拍手をいただいた記事下コメント欄にレスを書いております

所属してます♪


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


検索フォーム


 
※大人の話題です。閲覧にご注意下さいませ。

また、ごく個人的な趣味について、おしゃべりしているだけです。
あらかじめご了承の程、お願い申し上げます。



そんな時。
凛々しくて、男性的で、積極的で・・かつ、「受け」な薪さんが、私は好きです。

薪さんには。
内面、外面、共に様々な魅力がありますが。
その中でも、私が特に惹かれているのは、薪さんの「凛々しさ」だと思います。

「凛々しい」とは。
手元の国語辞典を見てみると「きりっとして、勇ましい」とあります。

そう。
いつも、すっくと背筋を伸ばし。
光り輝く硬質のオーラを放ち。
澄んだ瞳で、澄んだ心で、物事に向かっていく、その姿。

眩しいその姿こそが、私の中に立つ、薪さんです。

もちろん、その意味から、「凛々しい」とは、性別を超えて使われる言葉であり。
薪さん自身、性別を超えた魅力がありますが。

私が薪さんに見る「凛々しさ」は、男性的な物です。
その美貌や、儚さ、危うさは、女性的でもあるけれど。
私にとって、薪さんの一番の魅力は、「男性的な凛々しさ」です。

とっさの判断力。
行動力。
何よりも強い責任感。

かっこ良くて、男らしい、薪さんの魅力。

だから、ベッドの上でも。
どちらかと言うと。
薪さんには、女性的にはなってほしくない・・という、思いがあります。

人前では。
つい、情熱のままに走ってしまいそうな青木を。
薪さんは、大人として、体面を考えたり、青木の立場を思ったりして、制する側に回るかもしれない。

でも、いざ二人だけで、愛し合う場に置かれたら。
ちゅうちょすることなく。
湧き上がる欲望のままに。
ストレートに相手を求め、その身をさらけ出す。

そんな薪さんが、好きなんですね。

女性のように(以下は、一般的な女性のイメージで、個々は違うと思いますが)
恥じらったり。
雰囲気を重視したり。
相手の男性が、焦る気持ちを抑えて、ゆっくりゆっくり気を遣って、ことに及ばねばならなかったり。

人によって、「その時」の薪さんのイメージは、全く違った想像が浮かぶと思いますし、色々な形があって、それはそれで良いと思いますが。
私の中では、薪さんは、そんな「女性的なやり方」をする人では無いんですね。

あくまで、男らしく、ストレートに、したいことをする薪さん・・とでも言ったらいいでしょうか。

だから、私の脳内薪さんは、自分の裸体を見られるのが恥ずかしいとか、行為に及ぶ光景が見えるのが嫌で、部屋を暗くするなんてことも無く。
灯りを消すとしたら、それは、視覚を遮断することにより、より嗅覚や触覚、聴覚や味覚といった、他の感覚が鋭敏になることを、積極的に楽しむ為・・だったりします。

じゃあ。
そんな「男らしい」薪さんが好きなら、女性相手に「攻め」てる薪さんでもいいじゃないか・・と、自分に問うてみたことがあるのですが。

それは全く、イメージが湧かないんですね。

薪さんが、女性とするなんて、自分が嫉妬するからか?と考えてみたのですが。
じゃあ、相手が自分だと想像してみたら良いじゃないか、ということになるのですが。
薪さんが自分を相手に・・・全く!想像が湧きません!!

それは、薪さんが相手にするには、自分があまりに不釣合いだからか。
今度はそう、考えてみました。
確かに、自分はもちろんのこと、タレントやモデルさんクラスの美人でも、薪さんのお相手・・と考えると、そうそう釣り合う方が思い浮かびません。

では、内面も外面も、文句無く美しい、この上ない美女を、想像したとします。
清水先生がお描きになる絵柄で、薪さんに釣り合うような、美しい女性を・・。
頑張って想像してみました。
うん・・並ぶと絵になる女性が、浮かんできました。

・・・が。
いざ、その女性と薪さんが、ことに及ぶ・・シーンを想像しようとすると、やはり、脳内画像が消えてしまいます・・。

それは、嫉妬からでもなく。
薪さんに釣り合う程の女性が、居ないからでもなく。

とにかく、無条件で。
薪さんが、女性相手にしてるシーンが、想像出来ないんですね。

並んで立つ。
抱き締め合う・・位までは、想像出来ます。

ですが、まあ、早い話。
薪さんが、「挿入なさっている」画が、浮かばないんです・・!
(直接的表現でスミマセンm(_ _)m)

「男性的な薪さんが好き」と言いながら。
その薪さんが、男らしく「攻め」の体勢で感じてらっしゃるシーンが、全く想像出来ない。

なので。
女性に限らず、薪さんが男性に対して「攻め」の役割を担っているシーンも。
・・やはり、想像出来ません。

BLの世界では、「攻め」と「受け」の役割が決まっていることが多いですが。
実際のゲイの方々の世界では、役割分担が出来ている方が少ないと、聞いたことがあります。
そこにビジネスが介在し、どちらかが客となると、客の要望によって、大体役割が決まるそうですが。

実際のゲイカップルの方々は、どちらも男性ということで、どちらも男性としてのやり方を試したり(つまりは、リバースですね)、あるいは、「挿れる」という方法を全く用いずに、別のやり方で双方果てる等・・。

後者の、「挿入にこだわらず、別の方法で最後まで行く」というやり方は、青木×薪に重ねても違和感無く、実際に、二次創作でもよく書いておりますが。
リバースは・・やはり、薪さんが「攻め」になっている体勢が全く想像出来なくて、私の二次創作の世界では、生まれません。

「男性的な薪さんが好き」なのに「攻め」てる薪さんが想像出来ない。
だから、男性相手に攻めてる薪さんは、イメージが湧かないし。
まして、女性相手では、駄目なんですね。

それと。
薪さんは基本的に、女性に限らず、弱い者には、とても優しい方だと思います。
なので、女性とするとしても、その相手に、優しくあってほしい、ベッドの上で、女性相手にツンケンしたり、強引だったりする薪さんは、嫌です。

でも、女性を相手に、ベッドで優しく振る舞う薪さんも、全く想像出来ないんです。

矛盾しているようですが。
薪さんは、女性とするとしたら、優しくあってほしい。
でも、女性にベッド上で優しくしている薪さんも、想像出来ない。
・・という、相反する思いがあるんです。

じゃあ、どんな薪さんが想像出来るかと言ったら。
「男性相手に、強引な薪さん」これに尽きるんですねえ・・。

そんな薪さんに対して、青木の方はと言うと。
若い情熱を必死に抑え、薪さんを、大事に丁寧に優しく扱おうと思いながらも。
激しく大胆な薪さんに呑まれていく・・という構図であってほしいです。

「女々しい薪さん」が、あまり好きではないので。
薪さんが、誰かに無理矢理される・・という展開も苦手です。

それは、無理矢理されることで、薪さんの心や身体が傷付いてほしくない、という思いもありますが。
薪さんが、身体を押さえつけられ、後ろから強引に・・とか、口に強制的に・・とか、そういう図が、私のイメージする、凛々しく男らしい薪さんには、合わないんですね。

実は、一見強制的にされる図・・というのも一度書いたことがあるのですが。
それすら、実は薪さんの意思が入っていた、というオチにしてありますし。
大体、その相手が青木ですから、無理矢理なんて青木が出来るわけがありませんしね・・。

男らしい薪さんが好きなのに、男らしく「攻め」てらっしゃる薪さんが想像出来ない。
女性に優しい薪さんであってほしいのに、女性に優しくする薪さんが想像出来ない。
「受け」な薪さんしか想像出来ないのに、強引にされてる薪さんは受け入れられない。

自分でも、矛盾しているとは、思うのですが。
薪さんが、精神的には「攻め」で、体勢的には「受け」な状況が、理想なんですね。

凛々しく、男らしく、積極的に、「受け」る薪さん。
そんな薪さんが、好きです。





関連記事

コメント

■ 鍵拍手コメ下さったAさま

○9/20に鍵拍手コメント下さったAさま

こんにちは。
コメントありがとうございます。

薪さんの魅力について、同意していただき嬉しく思います(*^^*)
上司として頼もしさを発揮する場面、そうなんですよね。
私が、最初に薪さんに落ちたのは、「秘密2005」のラスト近く、「香里が目をつぶっていたと」と言って薪さんが去っていく、あの背中を見た時でした。
「秘密2009」で、青木が、大臣の娘を自分が救うと言って、結局薪さんが、自分が引き受けて青木を叱咤して去って行く時もそうでしたが、薪さんの、とっさの判断力や行動力、そして、リスクを負ってもなお、部下の全てを背負う上司としての責任感、人としての大きさ、優しさ・・・そういった物を全て含めた薪さんの凛々しさを、その背中に感じます。

また、この話題に付きましても、共感して下さったようで・・。
薪さんの脆さや繊細さといった女性的な部分も、もちろん魅力ではあるんですが、ベッドでは、ねえ(笑)
普通の男性には無い、色気は発揮したとしても、それとはまた、ちょっと違うんですよね・・。

そうなんですよね、最初は、そんな設定もあったそうですよね(^^;)
その構想のままだったら、薪さんと、青木や鈴木さんの関係も、もっと違った物になり、「秘密」は全く違った雰囲気の話になっていたでしょうね。

そしてやはり・・想像出来ませんか(笑)
目隠しの相手は、読者にゆだねられていますよね。
清水先生ご自身は、性別は関係ないとして、描いてらっしゃる気がしますが。

現在、他の「秘密」ブログさんはほとんど見られない状態なので、話題に付いていけないのですが(><;)
青木にキスして離さない薪さんは、当ブログの二次創作でも書いております。
積極的な薪さんは、やっぱり良いですね!(^^)

■ 鍵拍手コメ下さったCさま

○9/20に鍵拍手コメント下さったCさま

コメントありがとうございます。

そうですね、おっしゃるとおり、それぞれのイメージ等が、出てきますよね。
薪さんの魅力は、あまりに多彩過ぎるので、そのどの部分に特に惹かれるのか、どこが萌えツボなのかが、人によって分かれるんでしょうね。

薪さんの過去に関しては、そのようにご想像なさってるのですね。
私も、原作薪さんを客観的に見た場合は、年も年ですし(笑)女性とのお付き合いもそれなりに経験してきたのではと、考えております。
ただ、画像が浮かばないんですよね(^^;)
そして・・やはり似合いませんか(笑)
薪さんの男らしさが好きなのに、何故男らしい体勢は想像出来ないのか・・不思議です。

そういう設定に萌えるという声、多いですよね(笑)
凛々しければこそ・・なんでしょうね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://kanon23.blog36.fc2.com/tb.php/799-14f28388

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP |