カウンター


プロフィール

かのん

Author:かのん
薪さんと同身長が自慢です

基本、「薪さんと鈴木さんは精神的両想いだった」「薪さんと青木には、心身共に結ばれてほしい」という、偏った視点で書いております
創作も主に、薪さんが「青木と幸せになる未来」と、「鈴木さんと幸せだった過去」で構成されております

コメ、拍手コメ共に、過去記事にも遠慮なく投稿いただけたらと思います
レスは「コメをいただいた翌々日までにお返しする」ことを自分に課しておりますが、諸事情により遅れる場合もございます
でも必ず書かせていただきますので
ご了承下さいませm(_ _)m

リンクは嬉しいので、ご自由にどうぞ♪


当ブログ拍手頁

最新の公開拍手コメのレスはこちら それ以前の公開拍手コメ&レスは、各記事の拍手ボタンを再度押していただければ読めます 鍵拍手コメにつきましては、拍手をいただいた記事下コメント欄にレスを書いております

所属してます♪


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


検索フォーム


 
本日、9月29日。
ブログ開設から、丸三年が立ちました。



「秘密」に出会ってから、約3ヶ月半の時を経て、ブログを立ち上げ、今日に至るまで。
沢山の方々に、お世話になりました。

皆様、お一人お一人に、頭を下げてお礼を申し上げたい気持ちですが。
この場にて、感謝の言葉を述べさせていただきます。

皆々様。

本当に、どうもありがとうございました・・!!m(_ _)m

記事の一つ一つについては、100記事毎の記念記事にて、見直しておりますので。
今回は、この3年間にUPした全ての記事を、まとめて振り返ってみたいと思います。

最初は、「秘密」レビューを通して、薪さんへの溢れる想いを綴る筈だったブログが。
振り返ってみると、793記事のうち、7割近くが、二次創作とその後書きで占められることとなりました。

自分でも、全ての記事の中で、やはり、二次創作小説が印象に残っております。

特に印象的なのは、「第二の居場所」「朱色の空」「Sの手口」といった、30話を超える長編です。
長いお話は、それだけ、構想期間も長く、実際に書いている日数も長くなり、それだけ長い時間、そのお話の世界に浸ることになるので、その間は、まるで本当にその世界が存在して、自分がそこに生きたかのような錯覚に陥るのです。

今になって読み返してみると、確かに自分が書いた物である筈なのに、もう、その世界は自分の手を離れ、独立して存在しているような、不思議な感覚を覚えます。

書いている間、なかなか終わりが見えてこず、自分でもいつ終わるのかと、必死の思いで書き綴りながら。
いざ、最終話を書き終えると。
まだ、その世界に居たいような、抜け出したくないような思いに駆られて。

当ブログのメイン創作となる、薪さんと青木の話のスタートとなった「第二の居場所」。
遠距離となった薪さんと青木が、イタリアで過ごした二週間を描いた、「朱色の空」。
そして・・互いに死を覚悟した、「Sの手口」。
内容的にも、それぞれ節目となったお話だったと思います。

節目と言えば。
私にとって、一番の節目になっているお話は、「誓い」です。
書いたのは、もう2年以上も前のことになりますが、前振りとなった「別れ」と共に、これが、自分の中で一番重要な位置を占めるお話であることは、この先もずっと、変わらないでしょう・・。

それ以外で、私の中で、特に大切なお話は、「薪と鈴木と雪子」のシリーズです。
自分が初めて書いた二次創作が、この第1章であり、これがきっかけで、コハルビヨリさんにお声を掛けていただき、この第1章と第2章を、同人誌に掲載いただきました。
これらのお話は、読み返す度に原点に返ることが出来る、特別な物です。

同じ、すずまき話の中でも、「審判」は、一番、書くに当たって重かったお話です。
もっと重く厳しい物を書いている方、沢山いらっしゃると思いますが。
私自身は、これが限界。
書いて重く、読み返して重く・・でも、書くことが出来て良かったと、しみじみ思える物でした。

重いと言えば、「狂風」も、書いていて、途中、辛くなりました。
でも、当初の目的だった青木の嫉妬を、徹底して描き切り、やり遂げた感も残りました。
舞い散る桜の中でのラストは、自分でも、特に好きなシーンです。

それから、自分が、たぶん一番繰り返し読み返したお話は、「休日」です。
あおまきメインでも、すずまき話でもなく。
特に、全体の流れの中で、節目になったお話でも無いのに。
何故、書き終えたその後も、折に触れ、繰り返し読み返したくなったのか。
自分でも分かりません。

オリキャラのフォスターが、薪さんと休日を過ごす話ですが。
それ以前の、フォスターが薪さんに決定的な失恋をする「刹那」や、結婚を決めた「伝言」よりも。
その間の、ささやかな休日である、既に薪さんを求めることは諦め、薪さんを手放す決意をした後の、この話が、何故か、胸に響いてくるのです。

失恋と言えば、「再会」。
こちらは、もう一人のオリキャラ、ファビオの失恋話と言えますが。
ファビオのキャラクターのお陰か、それとも、薪さんが全く気付いていないせいか、「刹那」よりも明るい気持ちで読み返すことが出来ます。

フォスターも、ファビオも、そして「Sの手口」の萩原も。
薪さんに惹かれ、焦がれ、けれど決して叶わないという点で、いずれも私の分身とも言えます。

姫と近衛兵、ハカマ姿の少女と元軍人の書店員、中国の財閥と日本の研究員、おとぎ話の二人の王子(アビシニアンとラブラドールレトリバー)、戦後を生きた劇団俳優と脚本家、富豪の御曹司とボディガード・・・

それら、別世界バージョンの薪さんと青木達も。
それぞれの世界に生きる、大切な存在です。

二次創作は、「創作」ではあるけれど。
それは結局、原作への願いであり、希望であり。

薪さんが、鈴木さんとの日々を・・あの辛い最期の光景ではなく、それまでに育んだ、素晴らしい日々を、思い起こせるように。
薪さんが、誰よりも大切に思う人・・青木と、共に歩む未来を、掴めるように。

薪さんが・・幸せになるように。

そんな思いを、込めて。
書き綴って参りました。

そんなブログを、見守り続けて下さった皆様がいらっしゃるからこそ。
ここまで、ブログを続けることが出来ました。

「秘密」の最終回が、目前に迫っていますが。
どんなラストを迎えることになっても、最後まで見届け、そして、このブログも、続けて参りたいと思います。

いつまで、どこまで、どんな形で続けられるかは、分かりませんが。
たとえ「秘密」が最終回を迎えても。
薪さんへの想いは、消えることは無いから。

更新頻度が減ったり、ブログの形態を変えたりといったことは、あるかもしれませんが。
薪さんへの愛が続く限り、ブログも続けたいと、思っております。

どうか、これからも。

よろしくお願い申し上げますm(_ _)m






関連記事

コメント

■ おめでとうございます\(^ー^)/

こんにちは。かのんさん♪

コメント欄は、久々なので、ちょっと緊張いたします(^_^;)

ブログ三周年おめでとうございます☆\(^ー^)/☆

まだ、三年? という気がします。
もっと前から、いつもお話しをしていたような…不思議ですね。
薪さん愛が、時間も変える??

「第二の居場所」「朱色の空」「Sの手口」
どれも思い出深いです。

「第二の居場所」
フォスターの登場、薪さんと青木が結ばれた等、かのんさんのブログの重要なお話ですね。

その後、遠距離のお二人の短い日本での逢瀬をドキドキしながら、コメント欄で楽しませていただきました(≧∇≦)

「朱色の空」
ロマンチックで雰囲気のあるキスシーン☆☆☆
皆様と大盛り上がりしました(≧∇≦)

薪さん、あの時の手袋は、今でも大切になさっているのでしょうね。

「Sの手口」
薪さんと青木の結びつきの深さを強く感じました!

あの時…二人はどうなるかと…(T_T)

いえ、かのんさんがそんなことをなさるわけがないと思いながらも…胸が苦しくて、そして、二人の愛に感激しつつ…号泣しながら毎日拝読していました。

しかし、後書きで、
かのんさんがスーパーでお肉をじっと見ていたところには大笑いさせていただきました(^O^)

「狂風」
書いていらっしゃるかのんさんもかなりお辛かったようで…
青木の嫉妬は苦しかった…
しかし、薪さんが、また青木に惹かれていくのがたま…(≧∇≦)
「お前の僕だ。」この一言に感激しました!!

「誓い」
もう何も言えません!!
素敵すぎて、素敵すぎて…大好きでたまらないお話です!!
eternalvow
永遠の誓い。
たつままもこの言葉が欲しくて、指輪の購入を考えてしまいました~(^_^)

もうすぐ、秘密のラストが近づいてきます。
とても、悲しいことです。
いつもメロディの発売に、かのんさんや皆さんと共に一喜一憂していたのが、
これからも続くと思っていましたから…

ラストがどうなるかわかりません。
あまり考えないようにしています。

薪さんが選んだ道だったら…たつままもどんな形でも受け入れられます!

かのんさんが、この薪さん愛のたくさん詰まったブログを止めないと言って下さったことが、
本当にとても嬉しいです(^_^)

これからも、たくさんお邪魔いたしますので、よろしくお願いしますm(_ _)m

■ 鍵拍手コメ下さったAさま

○9/29に鍵拍手コメント下さったAさま

お祝いのお言葉、ありがとうございました。

そうなんです・・開設当初は、自分が二次創作をすることになるなんて、全く考えてもいなかったのですけどね(^^;)
お忙しい中、時間を作ってお読み下さって、本当にありがとうございます。

同人誌で描いていただいたイラストは・・本当に贅沢で、美しくて・・。
今でも信じられないような思いです。

オリキャラやレビューにも、お言葉ありがとうございました。

今のところ、ブログを閉じるという選択肢は、全くありません。
例えば、清水先生が、別の連載を始められて、そちらがメインのブログに移行する・・ということも、今は考えられません。
可能な限り、「秘密」を味わい、薪さんを愛し続けるブログでありたいと思っております。

もったいないお言葉、どうもありがとうございました。

■ たつままさま

○たつままさま

こんにちは。
コメントありがとうございます!

> コメント欄は、久々なので、ちょっと緊張いたします(^_^;)

お忙しい中、いらして下さいまして、本当にありがたく嬉しく思います。

> ブログ三周年おめでとうございます☆\(^ー^)/☆

どうもありがとうございます!(*^^*)

> まだ、三年? という気がします。
> もっと前から、いつもお話しをしていたような…不思議ですね。
> 薪さん愛が、時間も変える??

そうですね・・。
あまりに充実していた3年だったので、あっという間だったと同時に、まだ3年ということが、不思議な気もします。

そしてこのブログは、たつままさんと共に、3年間を歩んで参りました。
本当に・・実際にお会いしたのは数度なのに、コメ欄で、濃密なやりとりをさせていただいて・・3年よりももっと長いお付き合いのようですね(^^)

> 「第二の居場所」
> フォスターの登場、薪さんと青木が結ばれた等、かのんさんのブログの重要なお話ですね。

これがあったからこそ、その後が続いたんですよね。
記念すべき一作でした。

> その後、遠距離のお二人の短い日本での逢瀬をドキドキしながら、コメント欄で楽しませていただきました(≧∇≦)

楽しかったですね~♪
まだあの頃は、直接的表現は避けていたので、かえって皆様が色々と想像して下さって・・(≧∇≦)
初の長編二次創作で、これだけ見守っていただいたこと、本当に幸せだと思っております。

> 「朱色の空」
> ロマンチックで雰囲気のあるキスシーン☆☆☆
> 皆様と大盛り上がりしました(≧∇≦)

このお話は、何故「いつまでもしないのか」というお声もあちらこちらからいただきましたが・・(笑)

このキスシーンに向けて書いていたので、書き上げた充実感と、皆様が盛り上がって下さった喜びで、幸せを感じました。
「ロマンチック」で「雰囲気のある」というお言葉が、とても嬉しいです(〃▽〃)

> 薪さん、あの時の手袋は、今でも大切になさっているのでしょうね。

こういったエピソードを覚えていて下さって、とてもありがたく、嬉しく思います。

> 「Sの手口」
> 薪さんと青木の結びつきの深さを強く感じました!

とにかく、準備期間も含め、時間と精神を注ぎ込んだお話でした。
お言葉、本当に嬉しいです。

> あの時…二人はどうなるかと…(T_T)
> いえ、かのんさんがそんなことをなさるわけがないと思いながらも…胸が苦しくて、そして、二人の愛に感激しつつ…号泣しながら毎日拝読していました。

きゃ~~~~っ!!
そうでしたよね・・お読み下さる方々には、ご心配をお掛けして・・(><;)
それでも、最後までお付き合いいただいたこと、また、それ程に深く思いを寄せてお読みいだたいたこと、心から感謝しております。

> しかし、後書きで、
> かのんさんがスーパーでお肉をじっと見ていたところには大笑いさせていただきました(^O^)

脳内はホラーでしたね(^^;)
長編を書き続けている時は特に、何を見ても何をしても、創作の世界に重なってしまいます。

> 「狂風」
> 書いていらっしゃるかのんさんもかなりお辛かったようで…
> 青木の嫉妬は苦しかった…
> しかし、薪さんが、また青木に惹かれていくのがたま…(≧∇≦)
> 「お前の僕だ。」この一言に感激しました!!

書いている最中はハードでしたが、その分、書き上げた際には、達成感もありました。
「これから落ちる」というレスに、たつままさんが倒れてしまったのを覚えております・・(その節は、本当にすみませんでしたm(_ _)m)

この一言は、私も忘れられない言葉ですので・・ありがとうございます!

> 「誓い」
> もう何も言えません!!
> 素敵すぎて、素敵すぎて…大好きでたまらないお話です!!

きゃーーーーっ!!
ありがとうございます!!

これは、たつままさんのリクエストから生まれたお話でした。
たつままさんのお陰で、私自身も忘れられないお話を書くことが出来て・・本当に感謝しております。

> eternalvow
> 永遠の誓い。
> たつままもこの言葉が欲しくて、指輪の購入を考えてしまいました~(^_^)

えっ・・そんな、もったいなくも嬉しいエピソードが今、披露されるとは・・。
書いた物を、こんな風に読んでいただけるなんて・・どう申し上げたらよろしいか・・書き手冥利に尽きます。

> もうすぐ、秘密のラストが近づいてきます。
> とても、悲しいことです。
> いつもメロディの発売に、かのんさんや皆さんと共に一喜一憂していたのが、
> これからも続くと思っていましたから…

いつかは、終わりが来るとは分かっていても。
それがこんなに早く来るとは・・もっと早く、「秘密」に、薪さんに出会っておきたかったと思います・・(;;)

> ラストがどうなるかわかりません。
> あまり考えないようにしています。
> 薪さんが選んだ道だったら…たつままもどんな形でも受け入れられます!

そうですね・・考えないようにしている・・私もそうです(TT)
そろそろメロディレビューに入ろうと思っておりますが、今、提示された事実のみを追い、まだ分からない先のこと、ラストのことは、考えないようにしようと思います。
・・結局は、どんな形のラストでも、受け入れる覚悟を持つしかありませんよね・・・。

> かのんさんが、この薪さん愛のたくさん詰まったブログを止めないと言って下さったことが、
> 本当にとても嬉しいです(^_^)
> これからも、たくさんお邪魔いたしますので、よろしくお願いしますm(_ _)m

「秘密」の連載が終わっても。
清水先生が、新作の連載を始められたとしても。
今は、薪さんを追い続けるこのブログを、このまま続けたいということしか、考えられません。

嬉しいだなんて・・こちらの方こそ、嬉しくありがたくてなりません・・(;;)

心のこもったお祝いコメント、どうもありがとうございました。

■ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

■ 非公開コメ下さったNさま

○10/2に非公開コメント下さったNさま

コメントありがとうございました。

そちらで非公開コメにて、レスさせていただきましたm(_ _)m

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://kanon23.blog36.fc2.com/tb.php/803-bb2bc369

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP |