カウンター


プロフィール

かのん

Author:かのん
薪さんと同身長が自慢です

基本、「薪さんと鈴木さんは精神的両想いだった」「薪さんと青木には、心身共に結ばれてほしい」という、偏った視点で書いております
創作も主に、薪さんが「青木と幸せになる未来」と、「鈴木さんと幸せだった過去」で構成されております

コメ、拍手コメ共に、過去記事にも遠慮なく投稿いただけたらと思います
レスは「コメをいただいた翌々日までにお返しする」ことを自分に課しておりますが、諸事情により遅れる場合もございます
でも必ず書かせていただきますので
ご了承下さいませm(_ _)m

リンクは嬉しいので、ご自由にどうぞ♪


当ブログ拍手頁

最新の公開拍手コメのレスはこちら それ以前の公開拍手コメ&レスは、各記事の拍手ボタンを再度押していただければ読めます 鍵拍手コメにつきましては、拍手をいただいた記事下コメント欄にレスを書いております

所属してます♪


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


検索フォーム


 
既にご覧になった方も、居らっしゃるでしょうか。



新宿駅のコンコースに、由のポスターが貼られているそうです。
(詳細はこちら
(※10/4追記:このイベントは終了しています)

「LaLa」が創刊35周年を記念して、読者からの応募により投票が多かったキャラの名ゼリフを、35個集めて、新宿駅に掲示したというものです。
その35個の中に、由のセリフも選ばれたそうです。

35枚の、「LaLa」に登場したキャラのポスターが貼られている光景は、壮観でしょうね。
(そのうち、私が読んだことがあるのは、初期の8作品のみですが)

10月2日まで貼られているそうで、この週末が最後になるので、お近くの方は、ご覧になってみてはいかがでしょう。
私は見に行くことは叶いませんが、清水先生作品のセリフが選ばれ、由のポスターが貼られていることを、嬉しく思いました。

それにしても、私は白泉社のケータイサイトに登録しているのですが、こういったお知らせは、一切入りませんでした。
トップページを「メロディ」に設定しているからかな?とも思ったのですが、「LaLa」のページにも、このようなお知らせは載っていませんでした。

これだけのイベントを、白泉社のサイトに登録しているファンにすら宣伝しないなんて、もったいないと思うのですが。

こちらのサイトに掲載されているのは、イメージポスターだそうで。
実際は、どうなのでしょう。
少なくとも、「エイリアン通り」のシャールくんは、こちらに掲載されている物と同じ絵が使われているようです。
こちら

(※10/2追記:実際に見に行った方の情報によると、由のポスターも、白泉社のサイトに掲載されていた絵と同じ物だったそうです)

「エイリアン通り」は、コミック全巻のセリフを覚えている程、夢中になった作品なので、この絵にこのセリフが重なったポスターを見ると、胸がキュンとします。

沢山の名ゼリフが詰まった作品でしたが、個人的には、ジェルとセレムが交わす、
「でもオレ、年取るのって、嫌いじゃないよ」
「年を重ねるほど自由になるって、私の友人も言ってました」
「いいなあ、そういうの。上手に年を取ったんだなあ」
というセリフが好きです。

クライマックスでも何でも無い、たわいない光景の中での、穏やかな会話ですが。
このセリフに、当時大人になることに懐疑的だった私は、全ては自分次第なのだと、目を開かされる思いでした。

今回の対象作品は、「LaLa」の掲載作品でしたが。
もし、「秘密」の中で、薪さんの名ゼリフを選ぶとしたら、どのセリフになるだろうかと思いました。

「秘密」は、セリフやモノローグの無いシーンにこそ、様々な思いが表されていたりするので、選ぶのは難しいかもしれませんが。
「秘密」の連載が終了したら、改めて考えてみたい気もします。

今回選ばれた由のセリフ。

「君が──たとえ どんなに罪深いとしても その罪ごと愛している」

これ、青木に言ってほしいと思いました。

「あなたが──たとえ どんなに罪深いとしても その罪ごと愛しています」

・・・・・・無理か。






関連記事

コメント

■ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

■ 非公開コメ下さったMさま

○10/2に非公開コメント下さったMさま

こんにちは。
お忙しい中、ご訪問下さいまして、ありがとうございます。

イベント・・終わってしまいましたね。
私は最初から行けなかったので諦めが付きましたが、行けたかもしれない状況だと、落ち込みますよね・・(><;)

LaLa本誌では告知が掲載されていたようですが、現在はメロディで活躍中の作家さんも何人も選ばれてらっしゃいますし、「メロディ」やケータイサイトでもお知らせしてほしいですよね・・。

成田先生作品の中で、一番お好きでしたか。
私も、「みき&ユーティ」から「アレクサンドライト」までずっと読んでおりましたが、何と言っても「エイリアン通り」が一番好きだし、思い入れがあります。
純粋に面白くて引き込まれましたし、また、感受性の強い時期に、沢山のことを、教えられた作品でもありました・・。

そしてそして・・セレムがお好きとのこと!私も好きでした(〃▽〃)
人生において、最初に真剣に恋した人と言っても過言ではありません(^^;)
ヒューズさんのエピソードが出てきた時は・・話としても面白いし、セレムにとってもいい出会いだったと思いつつも、悲しかったですね(笑)
ジェルパパがセレムに心奪われるエピソードには、ウケました(≧m≦)☆

確かに、いいセリフですよね。
一番ではないかもしれませんが、清水先生の作品に流れる物を、分かり易く表す言葉とも言えるかもしれません。

名言集・・とは、薪さんbotのことでしょうか。
私も、これをフォローする為だけに、ツイッター登録致しました(笑)
既にフォロー数は260になっていますが、彼女は本当に、素晴らしい物を作って下さいましたよね!
「一つなんて、選べない」おっしゃるとおりです。

そして・・そうですね、青木はとっくに、薪さん、その人を。
自分が知らない部分も含めて、薪さんの闇ごと、愛していると思います・・。

「口に出しても出さなくても、その想いの深さに変わりはない」・・素敵なお言葉ですね。
おっしゃるとおりだと思います。

胸に響くお言葉の数々を、ありがとうございました。

■ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

■ 非公開コメ下さったMさま

○10/5に非公開コメント下さったMさま

コメントありがとうございます。

「清水玲子bot」先程、検索したらすぐにhitして、見つけることが出来ました。
早速フォロー致しました♪
嬉しいです(*^^*)

教えて下さいまして、どうもありがとうございました!m(_ _)m

ツイッターは、私もまったく分かりません。
元々短文をちょこちょこ打つということが苦手で(ケータイメールも本当に必要な時しか送らない)、文章を作る時は、じっくりと向かいたい方なので、つぶやこうという気も起きなくて。
慣れればきっと、楽しいんでしょうけどね(^^;)

そうなんです・・何だか忙しくて・・。
お勤めしていないのだから、もう少し時間的余裕を持った生活が出来そうなものなんですけどね。
お気遣い、ありがとうございました。

全国的に寒くなって、紅葉もまだなのに、雪が降ったところもあるそうですね。
どうかMさんも、体調を崩しませんよう、ご自愛下さいませ。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://kanon23.blog36.fc2.com/tb.php/805-5f389e2d

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP |