カウンター


プロフィール

かのん

Author:かのん
薪さんと同身長が自慢です

基本、「薪さんと鈴木さんは精神的両想いだった」「薪さんと青木には、心身共に結ばれてほしい」という、偏った視点で書いております
創作も主に、薪さんが「青木と幸せになる未来」と、「鈴木さんと幸せだった過去」で構成されております

コメ、拍手コメ共に、過去記事にも遠慮なく投稿いただけたらと思います
レスは「コメをいただいた翌々日までにお返しする」ことを自分に課しておりますが、諸事情により遅れる場合もございます
でも必ず書かせていただきますので
ご了承下さいませm(_ _)m

リンクは嬉しいので、ご自由にどうぞ♪


当ブログ拍手頁

最新の公開拍手コメのレスはこちら それ以前の公開拍手コメ&レスは、各記事の拍手ボタンを再度押していただければ読めます 鍵拍手コメにつきましては、拍手をいただいた記事下コメント欄にレスを書いております

所属してます♪


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


検索フォーム


 
※大人な、そして意味の無いおしゃべりです。閲覧にご注意くださいませ。



ちょっと腐なイラストを描いたり、SSを書いたりする中で。
皆様、他の漫画や小説やサイト等を、参考になさる場合もあると思うのですが。

先日のオフ会でも少し話したのですが。
私の場合、ベースになっているのは、20年以上も前に読んだ、アメリカの小説です。

ゲイの方が書いた、一人の少年の初体験を描いたものなのですが。
まだ、BL等というジャンルも言葉も確立されていなかった頃。
当時、アメリカの現代小説を片っ端から読んでいた中で、この本も、特にゲイ小説とは見ず、青春小説の一冊として、捉えていました。

今思うと、男性同士がどうやってことを成すのかという基本的なことは、これで知ったと言えるでしょう。

「秘密」の二次創作をするようになって、やがてRにも手を伸ばした時。
この知識がベースにあったからこそ、脳内で薪さんが自然に動いて下さったのだと思います。

ただ、その本に描かれていたのは、あくまで初めての相手との交際だけだったので。
内容は爽やかで、技巧を凝らしたものは出てきません。
なので、ブログで書いてきたRは、この本に描かれた行為をベースに、自分の中で、応用・発展させた物です。

でもきっと、自分は女であるだけに、まだ未知の世界があるのだろうと。
もっと様々な薪さんの行為を、薪さんのお姿を、妄想して描きたい。
実際に、男性同士がしている映像を見たら、新たな発見があるのではないか。
そう思い、ある時、ネットでそういったサイトを検索して、色々と見てみました。

これまでに見た、実写版の映像に対する腐女子の方々の感想は。
漫画やアニメと違って、実写は生々しくて苦手、受け入れられないというものと。
これにハマると、二次元より萌える!というものと。
大体二つに分かれていました。

さて、私はどちらに入るのだろうかと。
そう思いながら、見つけたサイトを次々に見ていったのですが・・。

結論としては。
私は、どちらにも入りませんでした。

別に、生々しいとか、そういった嫌悪感も抱かなかったし。
かと言って、いけない物を見るドキドキ感も無く、萌えもありませんでした。
ただ淡々と、そこにある映像を見つめている自分が居て。

たぶん私は、「男性同士の行為」に興味があるわけではなくて。
「薪さんの行為」に興味があるのだろうと、自分で思いました。
薪さんだから、どんな行為でもドキドキする。
でも、同じことを他の方がしているのを見ても、特に何も感じないんですね。

で。
当初の目的である、参考資料としてですが。

これまた結論としては。
全く参考になりませんでした。

体位や手順やその他諸々。
もっと斬新な物が、そこにあるのかと期待したのですが。
どれもこれも。
既に自分が書いた、あるいは書かないまでも、妄想した域を超えるものは出て来ず、残念に思いました。

考えてみれば。
別にこれらは、腐女子の参考資料として作られているわけではないので。
ゲイのサイトも、男女のサイトと同じく、そこに好みのタイプの子が出てきて、それなりのことをしてくれれば、充分目的が果たせるわけで。
別に技巧に走る必要は無いんでしょうね。

これだったら、自分の脳内に存在する、薪さん主演専門R映画館の薪さんの方が、余程色々なことをして下さっていると思いました。
もしかしたら、高額の有料サイトに登録すれば、もっと凄い物が見られたのかもしれませんが・・・。

そんなわけで。
結局は、その後も、20年以上も前に得た知識をベースに、自分の中で自由に発展させながら、書いております。

またそのうち、焼け付くようなRが書きたいのですが。
以前書いた物と、同じやり方をしている物を、繰り返し書きたくはないし。
何か、これまでと違うイメージが浮かぶのを、待ちたいと思います。


そう言えば、前々回のオフ会で。
「調理中に、青木を見つけた」なんて話をしました。
(その話題にうろたえてらした方、その節はすみませんでした)

夕食の支度時、まな板の上に乗った、自家製大根。
お店で売られている物は、大抵真っすぐで、大きさも揃っていますが。
自家製の物は、大きさも形も不揃いです。

その中に、太さといい、曲がり具合といい。

「・・・・・・青木?」

と思えてしまう物があったのです。
ちょうど、私のイメージする、あれした時の青木のそれに、ピッタリだったんですね。

これが薪さんの体に・・うーん。
青木には、やはりローションは必ず使用して、相当気を付けてしてもらわねば。
薪さんのこと、大事にしなさいね、青木。

・・なんてことを思いながら、その大根を包丁で刻んだのでした。

そしてまたある日。
サラダを作ろうと思い、野菜を調理していた時のこと。

ふと気付くと、トレーの上に並んだ、大根とキュウリ・・・。

お分かりでしょうか。
ええ、その大根は、かつて見た大根に酷似していて。

その隣りに並ぶキュウリは、ちょうど・・・・・・・・・

体格差をよく考えなさい、青木。
薪さん、青木に大事にしてもらってね。

なんてことを思いながら。
大根とキュウリを、スライサーで細切りにしたのでした。


ええ、日常的にこんなことを考えております。
全ては、薪さんの色気がそうさせるということで。






関連記事

コメント

■ 鍵拍手コメ下さったAさま

○11/16に鍵拍手コメント下さったAさま

コメントありがとうございます。

おお・・鴎外の娘さんですね。
独特の耽美な世界があるだけに、実際は違うだろうなと思ったりしますよね。
そして、疑問に思うだけでなく、その後の行動が・・行動力がおありになりますよね。

貴重なお話を聞かせて下さり、ありがとうございました。
リアルなお話、興味深く拝見しました。
即物的・・そうそう、サイトを見た時も、そんな感じがしたんです。
まあ、私の求める物と、目的が違うということでしょうね(^^;)

爆笑していだたいたそうで、良かったです(笑)

Rは・・同じようなパターンならいくらでも脳内に流れているのですが。
同じRを書くなら、その都度違ったテーマで描きたくて。
何か浮かぶと良いのですけどね(^^;)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://kanon23.blog36.fc2.com/tb.php/821-bbfef767

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP |