カウンター


プロフィール

かのん

Author:かのん
薪さんと同身長が自慢です

基本、「薪さんと鈴木さんは精神的両想いだった」「薪さんと青木には、心身共に結ばれてほしい」という、偏った視点で書いております
創作も主に、薪さんが「青木と幸せになる未来」と、「鈴木さんと幸せだった過去」で構成されております

コメ、拍手コメ共に、過去記事にも遠慮なく投稿いただけたらと思います
レスは「コメをいただいた翌々日までにお返しする」ことを自分に課しておりますが、諸事情により遅れる場合もございます
でも必ず書かせていただきますので
ご了承下さいませm(_ _)m

リンクは嬉しいので、ご自由にどうぞ♪


当ブログ拍手頁

最新の公開拍手コメのレスはこちら それ以前の公開拍手コメ&レスは、各記事の拍手ボタンを再度押していただければ読めます 鍵拍手コメにつきましては、拍手をいただいた記事下コメント欄にレスを書いております

所属してます♪


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


検索フォーム


 
すっかり遅くなってしまいましたが。
まずは、ご挨拶を。



昨年は、年末にご挨拶記事を上げることも出来ず、すみませんでした。
改めまして。

皆様、昨年は大変お世話になりました。
今年も、どうぞよろしくお願い申し上げますm(_ _)m




それから、お詫びです。

年末から年始にかけて、携帯用ブログ記事の下欄に、大人向けバナーが入っておりました。
気付いた時は、自分でも大変ショックを受けまして。
FC2ブログ全てに同じ現象が起きているようで、FC2の年末年始休業が明けて、業務が再開されたら、すぐに削除されるものと思い、FC2の対処を待って耐え忍んでいたのですが。

業務が再開されてから3日目、FC2の障害情報に、「モバイル携帯からの閲覧の際に表示される広告に、不具合が発生しており、只今、原因の調査・修正に時間を要している」との記事が掲載されました。

何故このようなことになったのか、原因は示されていませんが、余程修正の難しい不具合なのか、「携帯閲覧時の広告が一般的なものに変更されるまで、今暫くお待ち下さいませ」「現象によりましては改善までに時間が掛かる場合もございます」とあり、該当のバナーは掲載されたまま、削除される様子はありませんでした。

(追記:1/10「メンテナンスが完了いたしました」と報告が載っていました。原因等の説明はやはりありませんでした)

結局、先週、元旦創作の後書きをUPする前に、下欄の広告掲載を消去致しました。
本来、広告を消すのはルール違反なので、こんなことはやりたくなかったのですが・・・ブログを閲覧下さる方々に申し訳ない思いでいっぱいで(><)。。

年末から1週間程、携帯から閲覧いただいた方には、大変ご不快な思いを与えてしまいましたこと、申し訳ございませんでしたm(_ _)m



ここからは、この3か月間の近況です。

この秋から冬にかけても、学校や子供会育成会の行事が色々とありました。

学校行事としては、奉仕作業や学校公開日や授業参観があり、学校公開日では、児童達が田植えや稲刈りをして作ったお米を、おにぎりにして食べる収穫祭や、市内のスタジアムを使用した持久走大会が行われました。
持久走大会の直前まで、娘は病気でしばらく欠席していたので心配でしたが、最後まで走り抜くことが出来て、ホッとしました。

PTAの委員としては、懇談会に出席したり、図書の貸し出し当番をしたり。
地元の子供会の役員として、市民運動会に参加してお弁当等を手配したり、クリスマスには子供達へお菓子のプレゼントを配ったりしました。

そして、育成会の役員として、学区会議や市の会議、研修会等に出席。
地元のイベントの準備で、トン汁の材料を切りまくったり。
お祭りの手伝いで、水ヨーヨーを大量に作って、子供達にヨーヨー釣りをさせたりしました。

家庭内では、義父の誕生日があり。
今年は、義父が、前のケータイを野良仕事でポケットから落として、砂が入って買い替えることになったと話していたのを聞いて。
ベルト等に着けられる革のケータイ入れを見つけて贈ったところ、使ってくれているようです。

また、震災被害にあった、母屋の屋根の修理作業が入ったことに続き、漆喰壁の修理も入り、数日、職人さんがいらして、お茶等を出す日々が続きました。
これで、母屋の修理も、離れの家具や家電の買い替えも、ひととおり済みました。

個人的には、10月の初めに、ツイッターでつぶやきを始めました(こちら)。

元々は、「薪さんbot」や「清水先生bot」をフォローしたいがために、ツイッター登録しただけで。
ツイッターというのは、毎日頻繁につぶやく物という固定観念があり、自分はこまめに文章を書き込むのは苦手なので、つぶやく気はありませんでした。

でも、何も、頻繁につぶやかねばいけないという縛りも無いのだから、自由に使えばいいのだと気付き。
今は、週に一度、薪さんへの想いをつぶやく形で、のんびりとマイペースで使っています。

ただ、ツイッターの使い方に慣れるまでは、色々と試したりしていたせいか、つぶやき始めた時期には、酷い片頭痛と眼精疲労に襲われてしまいました。
パソコンの画面は、毎日見続けても平気なのに、ケータイの画面を見続けると、あっという間に、目がチカチカして、頭痛が起きてしまいます。

11月の初めには、念願のオフ会に、参加させていただきました(レポートはこちら)。
本当に楽しい一日でした。
その節は、幹事様はじめ、皆々様、大変お世話になりましたm(_ _)m

11月は、さて、「秘密」ブログさん巡りをしよう!・・と、張り切っていたのですが、ケータイとパソが相次いで壊れ、いずれも修理に出すことに(TT)

ケータイは10日程で修理されてきたのですが、パソコンは、既に部品が生産されていないということで、未修理で戻ってきました。
諦めきれず、パソコンの中古店にも持ち込んでみたのですが、やはりメーカーで部品が生産されていないと修理は難しいとのことで、買い替えを勧められました。

8年愛用したパソが使えないなんて・・と失意の思いで電気店に新しいパソを見に行ったのですが・・。
今どきのパソコンは、軽い、見易い、使い易い、そして安い。

パソコンそのものは、以前と同じ、NECのLaVieを選んだのですが、中に入っているハードは、前機種よりずっと性能の良いメーカーの物だそうで。

しかも、以前は色なんて選べなかったのに、今のパソはデザインも多様。
ひと目で気に入ったシンプルな白のパソが在庫もあるということで、即決。

ついでに、家にあるデジカメも壊れて使えなくなっていたので、パソと一緒に購入したのですが。
これまた・・10年前に買ったデジカメとは比べ物にならない程、薄くて軽くてコンパクト。
動画まで撮れて、そして安い。

夏にプリンターを購入した時も思ったのですが。
基本的に、電気製品は、どれも壊れるまで長く使うせいか、次に買い替える時は、飛躍的に性能がアップしていて・・感動するんですよね。

震災の時、スキャナも棚から落ちて壊れたのですが、今は、プリンターがスキャンやコピーも兼ねるし。
パソが使えない時も、プリンターに直接コンパクトフラッシュやSDカードを入れて写真をプリントアウト出来るし。
プリンターに無線LAN機能も設定出来るから、パソとコードで繋がなくてもパソの情報を飛ばせるし。

パソを購入したのは、12月も末のことだったのですが、パソとプリンターの性能が良いお陰で、家族全員分の年賀状作成&印刷が、あっという間に出来て、夢のようでした。
以前のパソとのお別れに涙したのはどこへやら・・今はウキウキと新しいパソに向かっております。

11月後半から12月にかけて。
旧パソが壊れてから、新しいパソを購入するまで、ブログ更新や、ブログさん巡りが思うように出来なかった間。
他の趣味にいそしんだりしました。

11月の終わりには、家族で美術館へ。
県北のこの美術館は、被災によってしばらく閉館していたのですが。
この程再開したと知り、早速見に行って参りました。

明治から昭和初期に活躍した日本画家の展覧会だったのですが。
見終わって、外に出た途端、私の口から出た言葉は。
「こんな風に絵が描けたら・・人生、楽しいだろうね」
・・・でした。

「言いそうだなと思った」と、夫には笑われましたが。
だって、どんなに才能のある芸術家でも、生きているうちにその才能を認められ、それで生計を立てていける人なんて、ごく僅か。

けれどこの画家は、幼少のうちから才能を開花させ、専門家にも世間にも認められ、大きな仕事を任され、存分に腕を振るってこの世を去った。
もちろん、それは、才能に加えて、本人のたゆまぬ努力の賜物ではありますが。

なんて幸せな人生だろう。
そう思わずには、いられませんでした。
素晴らしい絵と、それを描いた画家の豊かな人生に、色々な意味で刺激を受けました。

それから、ケータイで遊べる、恋愛シミュレーションゲーム、いわゆる「乙女ゲーム」を、初めて体験しました(詳しくはこちら)。
いくつか試してみましたが、とあるゲームのキャラが気に入って、ひととおりクリアしたのは、そのゲームのその彼だけだったのですが。

「とってもいい子だけど、調子が良くて女好きだから、ずっと付き合ってたら、この先、苦労しそう」
「母子家庭で長男だから、結婚したら母親と同居かな。妹も今は可愛いけど、将来は、彼がこのしっかり者の妹に頭が上がらなくなりそう・・小姑にも苦労するかも」
・・・なんてことまで考えてしまい、夢の世界に浸りきれない自分が悲しいです。

また、中古書店で、読んでみたかった漫画を見つけ、愛蔵版全6巻を大人買いしました。
「秘密」ブロガーさんにもファンの多い、「花咲ける青少年」。
所々を読んでいて、話は知っていたものの、通して読んだことは無かったんですね。

「LaLa」誌上で読んでハッキリ記憶しているのは、オープニングのマハティのお話でした。
その後、少女漫画から離れ、雑誌もあまり買わなくなったので、数年後に「LaLa」で「花咲け」を見た時、「あの王子様に良く似た男の子が出てるなあ」と思いつつ、繋がっている話だとは思いもよらず。

なので、それからまた数年後、たまたま見た「LaLa」で、ハリーがリーレンに真相を告白する回が掲載されていて、そこにあったマハティとキャスリーンの姿を見て、初めて「え!?あの話から始まってるの!?」と・・やっと気付いたのでした。

読者アンケートでは、圧倒的多数でリーレンが一番人気ですし、その理由も分かるのですが。
個人的には、ルマティが好きです。
裏を知らない真っ直ぐさというか、重責を当然のごとく受け止めて、己の信じる道を突き進む。
果てしない重さを背負いながら、痛々しくはない、明るさや大胆さが、ツボです。

そして、11月末、カレンダーやクリスマスカードを選ぶと、師走の準備の始まりを実感します。
年末は、体調を崩しがちだったのですが、少しずつ大掃除をしたり、クリスマスのケーキやプレゼントを手配したりと、物事を片付けていきました。

娘のプレゼントはDSのソフトで決まり、夫と、互いのプレゼントはどうしようかという話になった時。
フライパンや傘立てが壊れているから買い換えねばということになり。

夫「じゃ、オレ、フライパンが欲しい」
私「じゃ、私は、傘立てが欲しい」
それぞれ挙手して宣言し、贈り物が決まったのでした。

娘は、友達の家でのクリスマスパーティーを、初めて経験しました。
秋にも、週末にお友達の家に遊びに行ったり、ハロウィンパーティーに参加したりと、友達との交流が増えてきた娘ですが、今回のクリスマスパーティーは、1カ月も前から友達同士で計画し、楽しみにしていました。

友達と交換するプレゼントも買いに行ったのですが。
娘いわく。
「プレゼントはね、もらうよりも、あげる方が大事なの。500円以内っていう決まりの中で、どんなプレゼントを選ぶか、それをどんな包装にするかで、その人のセンスが見られるのよ」
・・・小学4年生で、どこからそんな発想が。

クリスマスが過ぎ、年賀状も無事投函を終えると、正月準備も一気に佳境に。
大掃除を終え、家族で餅つきをして、夫や娘と港まで魚介類を買いに行き。
元旦用のSS創作をブログにUPして、年を超えました。

年が明けてからしばらくは、お年賀に見える方々の接待で明け暮れました。
特に2日は、叔母一家や義妹家族達が集まるのが恒例になっていて、今年は、家族を含めて18名(と、義妹のお腹の中に1名)で食事をしました。
忙しいけれど、こうして皆が会せることは、もう自分の実家では叶わないことでもあり、ありがたいことだと思います。

5日は、娘が冬休み最終日ということで、宿題や新学期の準備の総まとめ。
無事に、始業式に娘を送り出すことが出来ました。

この週末には、隣り町の神社に初もうでに行き、おみくじを引いて参りました。
おみくじも、今は色々な種類があるんですね。
私が引いたのは、一枚一枚開いていくと、桜の花の形になるおみくじです。

今年のおみくじ
この状態から

結果は「吉」
こうなります

神社と言えば、受験祈願等の絵馬が沢山下がっていましたが。
私は、近所のショッピングセンターに毎年出ている絵馬に、願い事を書いて参りました。
このショッピングセンターは、バレンタインデーやクリスマスにも、願い事を書き込んで下げておくスペースを設けてくれるのですが。

去年のお正月
2011年の絵馬
「薪さんが幸せになってくれますように」

バレンタイン
バレンタイン
「薪さんと青木が心身共に結ばれますように」

クリスマス
クリスマス
「to薪さん 心からの笑顔が浮かぶ人生を送って下さい」

今年のお正月
2012年の絵馬ハンドルネームで
「薪さんが生きて幸せになりますように」

普通の願いごとも並べてきます(欲張り?)
こちらは本名で
「○○(娘の名)が健康で幸せに過ごせますように」

秋から冬は、病院を往復した日々でもありました。

実は、持久走大会の前に、娘は1カ月近くも咳が続き・・薬を飲んでも治らず、3人目の医師にマイコプラズマだと診断されるまで、咳をしながら、食べた物を吐いたり、痰に血が混じったりするまでになっていました。

咳が出始めた当初に、この咳の仕方は、以前かかったマイコプラズマではないかと思いつつも、医者から「ノドから来る風邪」と言い切られてしまうと、こちらから疑問が言い出せず・・。
マイコプラズマだと分かり、それに対処する薬を処方してもらったところ、咳が治まりました。

もっと早く正確な診断がされていれば、最初の時に、医師に検査をお願いしていればと、自分を責める気持ちが募って・・・子供を守るには、親がしっかりしなければと、改めて思いました。

施設に入居している実父も、この秋に病気にかかり。
父は、以前やった病気の後遺症で、食べ物を呑み込む力が弱く、施設では、刻み食やトロミ食にして対応してくれているのですが。
それでも、食べ物が肺に回ってしまうことがあり、それが肺に菌を蔓延させる、「ごえん性肺炎」に繋がってしまいます。

高熱を出して入院し、約1か月立って退院。
けれどまたすぐ肺炎にかかり、再び入院。

身体が不自由な父にとって、食べることは唯一の楽しみであり。
主治医に無理を言い、施設のヘルパーさんも協力してくれ、肺炎のリスクがあってもと、少しずつリハビリをして、口からトロミ食を食べられるまでになって退院したのですが。

こう繰り返すとなると、もう、口から食べることは諦めた方がいいかもしれないという宣告を受け、姉と二人、ショックを受けました。
父は今、点滴と、鼻から直接胃に送るチューブで、栄養を取っています。

また、この状態では、父が元の施設に戻ることは難しいとの判断もされ、4年間お世話になった施設を退所し、新しい所を探すことになりました。

病院や施設を次々と変わり、その度に、父の神経が不安定になり。
やっと落ち着けた今の施設を出ることも、私達にとっては、大きなショックです。
今の施設は、経営方針が良心的で、人員体制も整っていて、ヘルパーさん達もきめ細やかに対応してくれて、父も穏やかに過ごしてきました。
そんなところが、また見つけられるのか・・・。

でも、なるようにしかならないし、出来る範囲で、出来ることをやっていくしかないと自分に言い聞かせ、今は、施設の情報を集めながら、父の入院する病院に通っております。

実は、オフ会の時に、既に父は入院していて、参加するかどうか迷う思いもあったのですが。
幸い父の病状も落ち着いていたことと、こういう時だからこそ行きたいとの思いもあって、参加致しました。
お陰で、オフ会では、皆様から、沢山のパワーをいただきました。

オフ会が過ぎてからすぐ、自分が熱を出し。
その後も、風邪を引いて、早めに病院に行って処方された薬を飲み、なるべく睡眠を取るように心がけたりもしたのですが、なかなか治らず。
マスクを付けて、娘を病院に送迎したり、父の病院に通ったりしておりました。

お正月には、子供や妊婦も来るし、風邪を治しておきたいと思いつつも、結局治らず。
周囲に感染しないことを願いながら、マスクを付けて、咳をしながら炊事をして。
結局、この週末まで長引いて、丸2か月間、マスクを付けた生活を続けました。

夫いわく。
「結婚した最初の年みたいだな」

言われてみれば、結婚した当初は、フルタイムで働きながら、週末は夫の実家に行って農作業を手伝ったり(当時は同居じゃなかった)、お盆や正月に泊まり込んで接待をしたりする生活に慣れず、延々体調を崩していたのでした。

そうなると・・今回風邪が長引いたのも、精神的なことから来るものなのか。
自分では、日々楽しく過ごせているつもりなのに。
父のことが、やっぱり、知らず知らず、自分の心身に陰を落としているのかと、そんなことを思います。
うーん・・弱いなあ・・・。

色々とありますが、震災後も、こうして、日常が過ごせることに、感謝しています。
そして、薪さんや「秘密」のことを考えられることも、幸せだと思いますし、それが、日々の大きな支えになっております。

さて。
年末年始、この1カ月程は、育成会等の行事がありませんでしたが。
今週からはまた、年度末まで、毎週、何かしら会議や行事が入ってきます。
4月の総会に向けて、決算も大詰めです。

ブログでは、メロディレビューやコミックレビューも書きたいし。
「秘密」ブログさん巡りも、今度こそしたい・・。

やりたいことが、沢山あります。

寒い日々ですが、どうか皆様、お身体に気を付けて。
元気でお過ごし下さいませ。






関連記事

コメント

■ 鍵拍手コメ下さったAさま

○1/10に鍵拍手コメント下さったAさま

こんにちは。コメントありがとうございます。
いえそんな・・大したことはしてないのです・・(><;)
優しいお言葉、ありがとうございました。

Aさんの方こそ・・色々と大変ですね。
接触の時は、お怪我は無かったんですよね?大丈夫でしたか?
精神的ダメージが大きいですよね。
解決まで時間もかかりますし・・。
早く全てが解決しますように、お祈りしております。

■ 

かのんさん、こんにちは!
本年もよろしくお願いいたします!!


近況の記事を拝読する度に思うのですが、
かのんさんは本当によく働きますねえ。 しかもがんばりやさん。
お嫁さんもお母さんも役員さんも、全部手を抜かずにこなしているかのんさんを見ると、仕事にかこつけて家の中荒れ放題の自分が恥ずかしくなります。(^^;
うちのオットも、こういうお嫁さん欲しかっただろうな、ていうかわたしが欲しいです。(え)


昨年は本当に落ち着かない年で。
かのんさんちも大変でしたね。 特に、病気関係は心身ともに堪えますよね。(>_<;)
うちも11月下旬から12月上旬にかけて、家族が連続で病気になりまして。 2週連続で土曜の夜をT市の救急センターで過ごしました。 
付添ですけど、生まれて初めて救急車に乗っちゃいましたよ。 あれって、乗り心地悪いんですね★


クリスマスの傘立とフライパンのお話は、
まあ、O・ヘンリーを地で行ってるじゃありませんか。 なんて素敵なご夫婦。(〃∇〃)


かのんさんが毎年懸けられてきた絵馬に、思わず微笑んでしまいました。
ホント、ここにきては神だのみもしたくなりますよね。 命係ってますからね。
わたしも毎年、初詣にはあおまきさんの幸せを祈願するのですけど、今年は『二人とも五体満足で』という条件が付きました。(^^;
神さまの方も、お、今年はなんか悲壮だぞ? とか思ったかなあ。


3月の学期末に向けて、役員のお仕事も忙しくなると思いますが、どうかお身体に気をつけて。
レビュー、楽しみに読ませていただきます。(^^





■ しづさま

○しづさま

こんにちは。
コメントありがとうございます。
レスが遅くなりまして、すみませんでしたm(_ _)m

新年早々いらしていただき、とても嬉しく思います。
どうぞ今年もよろしくお願い申し上げます!(*^^*)

> 近況の記事を拝読する度に思うのですが、

お読み下さってありがとうございます。
いえいえ、全然そんなことは無いのですよ(><;)
慣れないうちは闇雲に頑張っておりましたけど、今では嫁業も母業も役員のお仕事も、手の抜き方を覚えましたので(笑)
しづさんこそ、いつもお仕事大変そうで・・でもご家族を大切に明るく頑張ってらっしゃるご様子、尊敬致しております。

> うちも11月下旬から12月上旬にかけて、家族が連続で病気になりまして。 2週連続で土曜の夜をT市の救急センターで過ごしました。 
> 付添ですけど、生まれて初めて救急車に乗っちゃいましたよ。 あれって、乗り心地悪いんですね★

ご家族のご病気、大変でしたね・・。
しかも、2週連続とは(TT)
さぞご心配だったことだろうとお察しします。

家族が救急車で運ばれ、救急センターの廊下の椅子に座って、処置室のドアを眺めているあの光景・・。
父が初めて倒れてからの10年間、何十回と経験しましたが、何度経験しても、慣れるものではありませんね。

> クリスマスの傘立とフライパンのお話は、
> まあ、O・ヘンリーを地で行ってるじゃありませんか。 なんて素敵なご夫婦。(〃∇〃)

え?え?そうでしょうか?
どの辺りが・・。
自分では「何とロマンの無い、所帯じみたクリスマスプレゼント・・」と思ったのですが(^^;)

> かのんさんが毎年懸けられてきた絵馬に、思わず微笑んでしまいました。

いつもちゃっかりタダでお願いさせていただいてますので・・。
Rさんのように、ちゃんとお金を出して神社で絵馬を買ってお願いした方がいいかしら、とも思うのですが。

> ホント、ここにきては神だのみもしたくなりますよね。 命係ってますからね。
> わたしも毎年、初詣にはあおまきさんの幸せを祈願するのですけど、今年は『二人とも五体満足で』という条件が付きました。(^^;
> 神さまの方も、お、今年はなんか悲壮だぞ? とか思ったかなあ。

「悲壮」!確かにそうですね(苦笑)
でも本当に、ここまで来るとお願い事も壮絶になりますよね。
神様仏様清水先生!どうか薪さんを無事で!幸せにしてさしあげて・・と願わずにはいられません。

> 3月の学期末に向けて、役員のお仕事も忙しくなると思いますが、どうかお身体に気をつけて。
> レビュー、楽しみに読ませていただきます。(^^

どうもありがとうございます。
しづさんこそ、寒さの中、戸外でのお仕事も多いでしょうし、どうかご自愛下さいませ。

レビューですが・・書きたい思いはあるのに、メロディを開くと胸が苦しくなって、なかなか先に進みません・・(^^;)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://kanon23.blog36.fc2.com/tb.php/833-53f82ed4

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP |