カウンター


プロフィール

かのん

Author:かのん
薪さんと同身長が自慢です

基本、「薪さんと鈴木さんは精神的両想いだった」「薪さんと青木には、心身共に結ばれてほしい」という、偏った視点で書いております
創作も主に、薪さんが「青木と幸せになる未来」と、「鈴木さんと幸せだった過去」で構成されております

コメ、拍手コメ共に、過去記事にも遠慮なく投稿いただけたらと思います
レスは「コメをいただいた翌々日までにお返しする」ことを自分に課しておりますが、諸事情により遅れる場合もございます
でも必ず書かせていただきますので
ご了承下さいませm(_ _)m

リンクは嬉しいので、ご自由にどうぞ♪


当ブログ拍手頁

最新の公開拍手コメのレスはこちら それ以前の公開拍手コメ&レスは、各記事の拍手ボタンを再度押していただければ読めます 鍵拍手コメにつきましては、拍手をいただいた記事下コメント欄にレスを書いております

所属してます♪


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


検索フォーム


 
メロディを購入したら。
「秘密」を読んだら。

きっと、他のことが手に付かない。
しばらくは、メロディの購入は控えよう。
そう思いながらも。

薪さんのことを思っては、ため息が出る日々。
そんな私を、ちらりと見やる娘に、言った。
「ちょっとね。色々と考えちゃって」

すると娘。
「色々じゃないでしょ。考えてることは一つでしょ」
「うっ・・! ち、違うもん! 一つのことについて、色々と考えてるんだもん!」
「同じでしょ」

・・・・・・・・・。

今時の10歳の女子って、皆、こんな感じなのだろうか。
それにしても、『色々と考えてる』と言っただけで、『何について』とは一言も言っていないのに、何故娘にはお見通しなのだろう。
って言うか、私が分かりやす過ぎ・・・?(←どこかで見たようなセリフ)

・・・と言うわけで。
メロディ最新号の「秘密」を、読んでも読まなくても、気に掛かるのは同じ。
だったら、買って読んでしまおうと、意を決して、書店に向かった。



************



※以下ネタバレです。











とりあえず。
薪さんは、消えたりはしなかった。

人事異動で公然と出て行くだけだった。
納得が行かない気持ちも残るが、とにかく、良かった。


それと。

どうせなら。

朝ではなく、前夜に駆け付けて欲しかった・・・!!


駆け付けてどうするって・・ええ、それはもちろん、離れる前に一夜の契りを・・って、ええ、そういう漫画ではないことは分かっておりますけどもね・・そこまで行かなくてもせめて、真昼の戸外のベンチではなく、夜のホテルの個室でなければ打ち明けられないような会話をしてほしかった・・ええ、だからそういう漫画ではないって、分かってるんですよ、分かっているんですけど・・薪さんだって青木だって、互いにぶつけていない胸の内があるでしょう・・それはお預けですかそうですか・・そう、お預けになっただけで・・きっと未来には薪さんのもとに青木が・・どこまでも追い駆けるのが取り柄だろう君は・・まさか傍らに居るのが薪さんではなく○子だったりしたら、すかさず君に飛び蹴りをくらわせ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・


・・・もう、こんな思いをするの、やめたい。

薪さんのことを、青木や第九メンバーと共に居る薪さんを、ずっと見ていたいと。
どんな展開になっても、その姿を見ていられるだけで、幸せだと思っていたけれど。

もう。

こんな風に、もやもやと、先のことを思い煩う日々から、解放されたい。
それも、一種の幸せだと分かってはいるけれど。

いっそのこと。
もう、終わってほしかった。

もう一話続くことが。
読者としては、薪さんを愛する者としては、嬉しいことの筈なのに。

かえって、しんどい。






関連記事

コメント

■ 鍵拍手コメ下さったYさま

〇5/1に鍵拍手コメ下さったYさま

コメントありがとうございます。

そうですねえ・・
ここに来てこの展開、更にもう2カ月延ばされるということは、精神的にキツイ物があります(T▽T)

きゃ~っっ!
創作の世界を思い出して下さっていたのですね。
恥ずかしくも光栄です(><;)

早速ご説明にいらして下さって、こちらこそすみませんでしたm(_ _)m

そうなんですよね。
後でレビューにも取り上げるつもりですが、薪さん、ネクタイなさってましたね。
これまでネクタイをなさらなかった理由は明確にはなっていませんが、勝手に、吹っ切れた証なのかと思いました(つ;)

フォスターは・・居ないと思いますが(笑)、アメリカに、彼のような、薪さんのボディガード的な役割を担う人は居てほしいですね。
薪さん、男女問わず言い寄られまくりではないかと、心配でならないので・・。

あはは☆別れたと思いましたか。
「焦った」とのお言葉に、Yさんならではと思いました(^^)
いちおう、脳内では、彼は妻と添い遂げるようです。
Yさんがおっしゃってたように、成長した息子とキャッチボールをするシーンも見えております(^^;)

■ 鍵拍手コメ下さったNさま

〇5/1に鍵拍手コメント下さったNさま

コメントありがとうございます。

気持ち、分かって下さいますか・・(TT)
色々な意味で、手を取り合って泣きたい気分です・・うう(><。。)

ツイートもご覧いただいたようで・・。
思い出して下さったとのこと、もったいなく嬉しく思います。

そう・・薪さんは振り返らない。
些細な、でも重要なポイントだと思うので、その薪さんを見て・・ということも、何だか嬉しかったです。

特攻って・・(笑)
そうなんですよね。
舞ちゃんも居る身だし、なかなか前夜のうちにというわけにはいかなかったとは思いますが、当日の朝とは違う言葉が出たかも・・なんて、今更叶わぬ妄想をしてしまいます・・(;;)

レビューは、前号で書きたいことが沢山あったにも関わらず書けなかったことが、とても心残りなので、今回は、全力で時間を作って取り組みたいと思っております。

いつも偏ったレビューではございますが、それでもお言葉を掛けていただき、とても励みになります。
ありがとうございました。

■ 鍵拍手コメ下さったAさま

〇5/1に鍵拍手コメント下さったAさま

コメントありがとうございます。

本当に、娘には敵わないと思います。
うちは一人っ子ですし、近所に同世代の子供も居ないのでよく分からないのですが、こういうものなのでしょうか・・。

不安とおっしゃっていたので、コメントが明るいご様子で良かったです。
そうですね、第九も登場人物達も明るい未来を感じさせるラストでしたね(^^)

そうですね・・色っぽい展開とまでは行かなくても、青木には、「オレ達」ではなく「オレ」が薪さんを求めているということを、せめて口にしてほしかったです・・。
薪さんにも、青木を部下の一人としてではなく、それ以上に思っていると、伝えて欲しかったですし。
(伝えても青木が理解するかは微妙ですが・・(T▽T))

そうですね・・もやもやが解消されれば良いですね。
でも、解消どころか最後に突き落とされる(あおまきすと的に)展開になっていたりしたらと思うと、エピローグは見ない方が良いのでは・・と思ったりもしております(←弱気)

オリキャラを引き合いに出していただき、光栄です(^^;)
少なくとも、男女問わずむらがるであろう薪さんに言い寄る人達から、薪さんを守る、ボディガード的な人は現れてほしいです。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://kanon23.blog36.fc2.com/tb.php/854-ce3710ef

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP |