カウンター


プロフィール

かのん

Author:かのん
薪さんと同身長が自慢です

基本、「薪さんと鈴木さんは精神的両想いだった」「薪さんと青木には、心身共に結ばれてほしい」という、偏った視点で書いております
創作も主に、薪さんが「青木と幸せになる未来」と、「鈴木さんと幸せだった過去」で構成されております

コメ、拍手コメ共に、過去記事にも遠慮なく投稿いただけたらと思います
レスは「コメをいただいた翌々日までにお返しする」ことを自分に課しておりますが、諸事情により遅れる場合もございます
でも必ず書かせていただきますので
ご了承下さいませm(_ _)m

リンクは嬉しいので、ご自由にどうぞ♪


当ブログ拍手頁

最新の公開拍手コメのレスはこちら それ以前の公開拍手コメ&レスは、各記事の拍手ボタンを再度押していただければ読めます 鍵拍手コメにつきましては、拍手をいただいた記事下コメント欄にレスを書いております

所属してます♪


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


検索フォーム


 
良い曲に出会うと、つい、薪さん自身や、薪さんと青木、薪さんと鈴木さんといった関係に重ねてしまう。
「秘密」に出会ってから、そんな病にかかっておりますが。

「秘密」アニメのエンディングテーマに使われた、まきちゃんぐの「」。
そのカップリング曲である「雨と傘と繋いだ手」。
ノラ・ジョーンズのアルバムから「Those Sweet Words」。
同じアルバムの「Don’t Miss You At All」。
元ちとせさんのアルバムから、「君ヲ想フ」「ひかる・かいがら」「ワダツミの木」
ORIGINAL LOVEの「接吻 kiss」。
そして、ドビュッシーの「月の光」。

これまでに、以上の曲を取り上げて参りました。

実はこの他に。
昨年から今年にかけて、自分の中で、「秘密」のイメージソングだった1曲がありました。



「いとしき日々よ」 平井堅


  たとえ時がうつろうと
  縫いあわせた絆は決してほどけない
  ああ あなたの声は忘れれば忘れゆくほどに
  焼きついてた
  あなたの手を 強く握ることも
  あなたを抱きしめることも
  許されない運命(さだめ)だと知ってても
  その笑顔に その涙に
  そのひたむきな想いに触れたかった
  心から…

  いとしき日々よ サヨナラは言わないで
  あなたに会いたくて もう一度会いたくて
  届くまで叫びつづける
  忘れはしない この体が消えても
  あなたに吹く風よ あなたに咲く花よ
  あなたと追いかけた明日よ
  また会いたくて

  今も胸に残るよ 世界で一番美しい夕陽が
  ああ その瞳には 不安より大きな希望が輝いてた
  ただ近くで見つめあえるだけで
  幸せのすべてを知った
  道のさきに哀しみが待ってても
  その願いを その言葉を
  そのひとすじの光を守りたかった
  いつまでも…
  その笑顔に その涙に
  そのひたむきな想いに触れたかった
  心から…

  いとしき日々よ サヨナラは言わないで
  あなたに会いたくて もう一度会いたくて
  届くまで叫びつづける
  忘れはしない この体が消えても
  あなたに吹く風よ あなたに咲く花よ
  あなたと追いかけた明日よ
  また会いたくて
  いとしき日々よ いま歩きだそう



CDが発売されたのは、昨年の5月初め。
4月期のドラマの主題歌となり、その放映と合わせて、あちこちで流れておりました。

そう・・・。
青木が雪子との別れを決意し。
「あんな事になる前に」と思い、誰かが銃を構える光景が流れていた。

メロディ2011年6月号が発売された、その頃のことだったのです。

それ以降。
回を重ねる毎に、厳しさを増す「秘密」の展開に。
それでも、薪さんと青木の絆を信じたくて。
この曲が、重なっていったのです。

でも、当時は、この曲の。
「忘れはしない この体が消えても」という部分が、あまりにもリアルで。
薪さんの未来を表しているようでもあり。
怖くて、人に話すことは出来ませんでした。

でも今。
薪さんの無事が示されて。

誰だって、いつかは「この体は消える」けれど。
それは、今すぐではない。
それが分かって。

改めて、この曲を聴き、薪さんと青木に想いを馳せることが、出来るようになりました。

人によって、曲を聴いて受ける印象は様々だと思いますが。
私の中では、これは、1番は薪さんの青木への想い。
2番は、青木の薪さんへの想い。
そして最後のコーラスは、二人の、互いを見つめる声に聞こえます。

  あなたの手を 強く握ることも
  あなたを抱きしめることも
  許されない運命(さだめ)だと知ってても
  その笑顔に その涙に
  そのひたむきな想いに触れたかった
  心から…


薪さんは、青木を抱きしめることは出来ない。
けれど、青木の笑顔に、涙に、真っ直ぐな魂に触れるだけで、幸せで。

  今も胸に残るよ 世界で一番美しい夕陽が
  ああ その瞳には 不安より大きな希望が輝いてた


今。
薪さんの瞳には。
不安を乗り越えた、大きな希望が輝いている。

  ただ近くで見つめあえるだけで
  幸せのすべてを知った
  道のさきに哀しみが待ってても
  その願いを その言葉を
  そのひとすじの光を守りたかった
  いつまでも…


薪さんが居るだけで、共にそこに居られるだけで、青木は幸せで。
薪さんという光を、守りたくて。

  いとしき日々よ サヨナラは言わないで
  あなたに会いたくて もう一度会いたくて
  届くまで叫びつづける
  忘れはしない この体が消えても
  あなたに吹く風よ あなたに咲く花よ
  あなたと追いかけた明日よ
  また会いたくて
  いとしき日々よ いま歩きだそう


同じ曲なのに。
去年の今頃聴いていた時とは、全く違って聴こえます。

たとえその体が消えるようなことになっても。
二人の絆は無くならない。
そんな風に、自分に言い聞かせていた。

でも、今は違う。
そこには、確かな希望が見える。

いつか。
その身が朽ちる日が来ても。

忘れはしない、二人で追いかけた明日。

それは。
薪さんの想いであり。
青木の想いであり。

やがて・・・二人の想いは一つになって。

良かった。
こんな想いで。
この曲を聴けるようになって、本当に良かった。

そう。
「もう一度会いたい」という想いが。
二人で歩む愛しい日々が。

また・・・「歩きだす」。

きっと。






関連記事

コメント

■ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

■ 非公開コメ下さったRさま

〇6/25に非公開コメント下さったRさま

こんにちは。
いらっしゃいませ!
わざわざおいで下さって&コメント下さってありがとうございます(*^^*)

当ブログを、以前に、ご覧下さったことがあるのですね。
もったいないお言葉・・・穴があったら入りたい位ですが・・(><;)
でも嬉しいです。ありがとうございます。

本当に、「秘密」ブロガーさん、皆様の「秘密」に対する愛情は、半端ないものですよね。
でも、Rさんだって、とても深い愛情を持って「秘密」を読んでらっしゃると思います。

そして、「自分の中で確立してから・・」とのお言葉に、Rさんの真摯な姿勢を感じました。
私も、「秘密」レビューに関しては、よそ様の感想を読まないようにして、まずは自分のレビュー記事を書き上げております。
書き終える前に、よそ様の感想を拝見してしまうと、どうしても影響を受けてしまうんですよね。
まっさらな自分の気持ちで、「秘密」に向き合いたい、そんな風に思いまして。

でも、最近は自分のレビューが書けないことも多くて。
そのせいで、よそ様にしばらくお邪魔出来なくなってしまったんですよね・・。
今年の6月号に関しては、レビューを書き上げて、自分の中で「秘密」に対しての想いに整理が付いたので、よそ様にお邪魔することが叶いました(^^;)

ろ・・ろまんちっくだなんて・・お恥ずかしい(汗)
でも、記事をお読みいただいたことは、とても嬉しく思います。

そしてそして・・・
「ある日どこかで」お好きでしたか・・!
この映画を見たという方とお話し出来たのは、これまでの人生で初めてです!

いえ・・映画ファンの間では、そこそこメジャーな映画ですが。
一般的には知られてない映画ですし、公開されたのはもう30年も前ですし・・・。
TOHOシネマズの企画で、「何度見てもすごい50本」のリストに、誰もが知ってる大作や名作と共に、この映画が掲載されているのを見た時は、評価はされているのだと改めて知って、嬉しかったですね。

お話し出来て嬉しいです(≧▽≦)

映画では、ラフマニノフも効果的に使われていましたし、ジョン・バリーのオリジナルスコアも素晴らしかった・・今でも、二人が去って行った真っ白な背景と共に流れるラストシーンの曲が、脳内に流れて参ります。
この時のジェーン・シーモアは最高に美しかったし、クリストファー・リーヴはスーパーマンとして有名ですが、私の中では、この役が一番印象に残っております。
調度品や衣装等、この時代の時代考証も素敵でしたし、撮影も綺麗だった・・

すみません・・元映画オタクなもので・・好きな映画について語り出すと止まらなくて(><;)

Rさんは、映画も沢山見てらっしゃるんですね。
今度、そういったこともお話に参りたいなと思っております。
(一時、イギリス系俳優さんに凝ったことがあるもので、C・ファースについてなど、おしゃべりしたいです・・)

でででも・・・
それ程お好きな映画となると・・それを元にした創作をいざお読みになった時に、あまりにもガッカリなさってしまうのではと・・・心配になります(TT)

「ある日どこかで」にも「秘密」にも、愛とリスペクトだけは、間違いなく込めて書いておりますが。
読んで気落ちされたら・・本当にすみません・・!(><;)

エピローグ・・ドキドキしますね。
そんな中、おいで下さって、感謝致します。

ありがとうございました。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://kanon23.blog36.fc2.com/tb.php/875-5f0807ef

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP |