カウンター


プロフィール

かのん

Author:かのん
薪さんと同身長が自慢です

基本、「薪さんと鈴木さんは精神的両想いだった」「薪さんと青木には、心身共に結ばれてほしい」という、偏った視点で書いております
創作も主に、薪さんが「青木と幸せになる未来」と、「鈴木さんと幸せだった過去」で構成されております

コメ、拍手コメ共に、過去記事にも遠慮なく投稿いただけたらと思います
レスは「コメをいただいた翌々日までにお返しする」ことを自分に課しておりますが、諸事情により遅れる場合もございます
でも必ず書かせていただきますので
ご了承下さいませm(_ _)m

リンクは嬉しいので、ご自由にどうぞ♪


当ブログ拍手頁

最新の公開拍手コメのレスはこちら それ以前の公開拍手コメ&レスは、各記事の拍手ボタンを再度押していただければ読めます 鍵拍手コメにつきましては、拍手をいただいた記事下コメント欄にレスを書いております

所属してます♪


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


検索フォーム


 
メロディ2012年8月号「秘密-トップ・シークレット- エピローグ・一期一会」

レビュー5:軌跡の果てに



驚いたのは。
ここに、リード大統領の事件が出てきたこと。

もう、既に結論は出ていたと思えた、この事件。
様々な陰謀論が飛び交う中、大統領が守ろうとした物は、「見ていただけ」の想い、たった一つの「秘密」だったという意外な展開に、私自身は、鮮やかさを感じたのだが。

現役大統領の死、反体制武装組織の一員といった、ハードボイルド的な内容を扱いながら。
結局は、恋愛にまつわる秘密という、スケールの小さい物に落ち着いてしまったことが不満・・という評価も目にしたことがある。

けれど、あの事件は、終わりではなかった。
読者にさえ、相手が大統領だと知らない強盗犯から、大統領が無理に写真を奪い返そうとして刺殺された・・そう説明されていた物が。

実は、未だ、論争が繰り広げられていた。
容疑者が逮捕されながら、更に捜査が続いていた。
それが読者に示され。

更に。
実はこれは、単なる強盗ではなく。
強盗を装った、組織的犯行だったことも、明らかになる。

そして、その解明が叶ったのは。
薪さんも関わった、MRI捜査の技術開発の貢献によるものだとされる。

あの時、大統領の目から見た光景が。
今度は、相手の目に映し出される。

その瞬間。

まるで、別世界のように描かれていた、「秘密」のプロローグのようになっていた、あの事件が。
今、確かにこの、薪さんの居る「秘密」の世界に繋がっていたのだと。
改めて気付かされる。

スケールが小さいどころではない。
何て・・・見事な構成なのだろう。
ため息を付かずにはいられない。

実際には、13年、続いた「秘密」という作品。
その世界の中でも、8年(最終的には9年)という歳月が、流れたのだ・・・・・・。

大統領の暗殺事件から。
薪さんと青木が立っている、この時まで。

リード大統領の事件だけではない。
今号では、これまでの、様々な事件や、その際に起こった出来事が、次々に現れる。

ウィルス事件での「『第九』の現場はここだ このMRIだ!」と、薪さんが言い放ったシーン。
小学校の事件で、謝罪する青木に薪さんが言った、「何の件で?」という言葉。
最後の事件で、青木が薪さんをトイレに監禁した事実。
薪さんが、滝沢の頭を打ち抜いた光景。

郁子の事件の際、新たに配属された、岡部さんや曽我や小池の様子。
天地の事件の前に、薪さんが岡部さんに書類を叩きつけたシーン。
チャッピーの事件で、今井さんが苛められていた光景。
配属された当初の山本が、薪さんに怒鳴られたシーン。

その山本が、翌朝、出勤して震えながらも薪さんに挨拶し、それを周囲の人間が、穏やかな顔で見ていたという、新たなシーンまで付け加えられて。

そして、あの。
「一期一会」で。
やがて皆が離れていくと知った際の青木のモノローグが、改めて、流れる。

更には。
屍蠟化死体事件での、ラストの光景が。
亡くなった子供の母親の言葉が。
薪さんの脳裏に、よみがえる。

「まだ この手で 守るべきものが私にありますか?」

その時、薪さんは、彼女にかける言葉が見つからなかった。
彼女の言葉が、そのまま・・あの時の薪さん自身の心情に、重なったからだ。

でも。
今の薪さんなら。

あの時とは違う、答えが見つかるのだろう。

在りし日の、鈴木さんとの一場面も現れる。
そう・・薪さんには、鈴木さんとの日々があり。
それを失ったところから、「秘密」という物語の世界が、始まった。

そして青木。
前回の「一期一会」では。
薪さんと一緒に捜査が出来たら、同じ目的で一つのモニターを見続けられたら、プライベートは何一つ知らなくても、どうでもいいと・・そう思っていた。

そして、今回のエピローグにも。
同じ「一期一会」というタイトルが付いた。

あの時の、青木の想いに、今、別の答えが出たのだ。

最初に抱いた印象とは、また別の意味で。
やはり、「薪と青木のスペシャル・エピソード」というコピーは、今回の作品に、ふさわしくないと思った。

これは、単なる「薪さんと青木のエピソード」ではない。
蛇足なんかでもない。
「秘密」という作品を総括する、完結するに当たって必要不可欠な、物語だったのだ。

全ては、繋がっている。
様々なことがあった。
とてつもなく、辛いことも、多々あった。

でも。
それらの出来事を経て。

今。
薪さんは、青木は、ここに立っている。

それぞれに。

かつてとは違う、答えを見つけて。






関連記事

コメント

■ 鍵拍手コメ下さったAさま

〇8/12に鍵拍手コメント下さったAさま

コメントありがとうございます。
また、お気遣いありがとうございました。
お言葉に甘えて、お返事がすっかり遅くなってしまってすみません。

やはり、びっくりされましたか。
同じ世界の話とは言え、これまで全く繋がったエピソードが無かったので、驚きましたね。

そして、青木も薪さんも、それぞれに答えを見つけた・・。
本当に素晴らしいラストでした(;▽;)

こんなラストシーンが見られて良かったと、改めて思います。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://kanon23.blog36.fc2.com/tb.php/883-bd68d088

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP |