カウンター


プロフィール

かのん

Author:かのん
薪さんと同身長が自慢です

基本、「薪さんと鈴木さんは精神的両想いだった」「薪さんと青木には、心身共に結ばれてほしい」という、偏った視点で書いております
創作も主に、薪さんが「青木と幸せになる未来」と、「鈴木さんと幸せだった過去」で構成されております

コメ、拍手コメ共に、過去記事にも遠慮なく投稿いただけたらと思います
レスは「コメをいただいた翌々日までにお返しする」ことを自分に課しておりますが、諸事情により遅れる場合もございます
でも必ず書かせていただきますので
ご了承下さいませm(_ _)m

リンクは嬉しいので、ご自由にどうぞ♪


当ブログ拍手頁

最新の公開拍手コメのレスはこちら それ以前の公開拍手コメ&レスは、各記事の拍手ボタンを再度押していただければ読めます 鍵拍手コメにつきましては、拍手をいただいた記事下コメント欄にレスを書いております

所属してます♪


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


検索フォーム


 
メロディ2012年8月号「秘密-トップ・シークレット- エピローグ・一期一会」

レビュー6:ため息とともに



「かぁ っこい~~~~~~・・・」

と、曽我はつぶやいた。

ええ、薪さんはかっこいいんですよ!
カッコイイの!
凛々しいの!

そしてそして、美しいんです・・・!!

扉絵の薪さんに、まずは見とれる。

穏やかな顔。
薪さんが、これから先。
こんな安定した表情で、歩んで行けるなら、私も幸せです・・・。

・・なんて、静かな気持ちで見守れたのは、最初だけ。

ああ、その柔らかなそうな髪を、くしゃくしゃしたい。
凛々しい眉を吊り上げて、睨んでほしい。
その澄んだ瞳を、見つめていたい。
僅かに開いた、艶やかな唇を・・・・・・!

ストップストップ。
ぜーはーぜーはー。
深呼吸して、次に行ってみよう。

ソファに座って、足を組むお姿が、素敵過ぎる。
曲げた細い手首が、たまらない。

高級感あるソファに、しっくり馴染んでらっしゃいますね。
今回のネクタイもお似合いです。
仕立ての良さそうなスーツも。

「あなたのような立場の人が?」
「その容姿で?」
と、尋ねられるということは。

そのポストが、エリート中のエリートの座であること。
そして、華やかな容姿であるということ。
それが、彼の地でも、誰しもに認められているということですね。

薪さん、アメリカに赴任してから、延べ何人に言い寄られましたか?
ことごとく蹴散らしたのですか?
身の危険はありませんでしたか?

微笑みが眩しい・・・。
その睫毛に射抜かれます。

白衣とポロシャツという、割とラフな服装のスタッフの間で、しっかりとスーツをお召しになっている薪さん。
隙を見せない服装が、薪さんらしい。

インタビューの時の穏やかな顔と違って、仕事の席上では、ちょっとキツイ目線で見上げている薪さん。
こういう表情も、いい。

「あなたがもし これから人を殺したあとも」という例もまた・・・。
記者の呆れた質問に、皮肉を持って答えた・・という図式に、皆、受け止めたのだろうけれど。
薪さん、本当に、プライド高い上に無能な女が嫌いなんですね・・・

でも、この女性。
見当違いな質問をした癖に、「僕と個人的にお約束して」という、何だかドキッとする言葉をもらって・・・

すみません。
この女性を、ちょっと刺したくなってしまったことを、お詫び申し上げます。

次々と、質問の回答を自分に求められることに。
少々戸惑いを見せている様子が可愛い。

ええ、誰もが認める「その容姿」で、開発を率いてきたと思われる警視正、加えて、回答もウィットに富み・・・となったら、記者達が薪さんに質問をしたくなるのも当然というもの。
皆、それぞれテレビ局や新聞社に帰ったら、薪さんの噂話を披露するに違いない。
「いいなあ~っ。今度は私が取材に行きたいわ!」と、記者同士で、MDIP担当の争奪戦が繰り広げられていることでしょう。

そしてそして・・・

タキシード姿、出たーーーーーっ!!!

原作絵でこれが見られるとは。
ああ・・・・・・っ!!!(←言葉にならない)

七五三にはなりませんでしたね(失礼)
恰幅のいいおじさん達の正装姿の中で、そこだけ艶やかな花が咲いているかのような・・・。
今すぐ押し倒・・・!(だからストップ)

相手方の名前をきちんと並べて。
「日本の宝」とか言わせちゃって。
お偉いさん達に対して、完璧なエスコートぶりを発揮する薪さんが、何とも言えない。

そう、薪さんて。
上司に楯突くようなイメージもあるけれど、実際は、必要な時には、必要な愛想を振り撒いて、礼儀を尽くすことも出来る人なんですね。

それとも、これは、「組織を変えられるだけの役職に就いて 第九が捜査員の安全と家庭と共に発展していけるように尽力する」と、決意したから、なのでしょうか。

以前は、「協調性がなく 独善的な彼の室長としての資質を疑問視する声」が、上がっていた。
薪さんは、周囲や上司にへつらって、上を目指そうという意欲が、その頃は無かった。
けれど、警察機関に残るからには、自分のやりたいように出来るように、上を目指す意欲が沸き、愛想を振り撒き、礼儀を尽くすように、なったのでしょうか。

そして、そんな薪さんに。
トイレの中まで追い駆けてもらえて、青木ったら、なんて幸せ者。

しかも、二人きりの時間を過ごせるような手筈まで整えてもらえて。
青木、意趣返しだなんて蒼ざめてないで、ありがたく思いなさい!

薪さんにしてみれば、心おきなく、罵倒出来る話し合える状況を、作りたかったのでしょう。
他の人間の前では、「偉大なる開発を手掛けた薪警視正」でなければならない。

でも、そんな気遣いをしないで済む相手の前で、素の自分をさらけ出せる、本音で話せる。
落ち込む青木に声を掛けてやりたいという優しさと同時に、自分自身が、そんな時間を欲したその思いが。
このひと時を、作り出したのでしょう。

「捜査にいなくても困らない奴」と、たった今、青木が悩んでいることを、すかさず突っ込む薪さんが好き。
こういう時の薪さんて、本当に楽しそう。
上役達に褒められ、笑顔で握手をしている時なんかより、ずっと生き生きしてる。

そして、開発の成功を称えられている自分が。
本当は、矛盾した行動を取っていることを、口にする。
自嘲している。

華やかな舞台で、その中心に居ると思われた薪さんが。
内面に、そんな思いを抱えていたのだと。
青木は知る。
読者も知る。

薪さんの、こんな瞬間に、切なくなる。
薪さんを、誰かに抱き締めてほしいと思う(具体的に言うと、君にだよ、青木)

そして。
青木を思いきり罵倒した後、褒めて微笑むなんて・・・・・・

ツンデレ全開の薪さん!
最高!!


青木、本当に幸せだなあ。
薪さんのこと、雲の上の人になってしまったみたいに思っているようだけれど。
ここに至っても、薪さんの、こんな様々な表情が見られるなんて。
どれ程の役得だか・・分かってる?

そして、自分で看板を動かす薪さんに萌える。
たぶん、入り口のすぐ傍に畳んで置いてあったんでしょうけど。
トイレに立ち入る前にも、こうやって、看板を持ってきて置いたんですよね。

想像すると萌える。
普通に何かを動かす薪さんが見られて、嬉しい。

人の輪の中心に立つ薪さん。
でも、輪の中に入ってしまうと、埋もれて見えなくなってしまうところが・・ああ、愛しい・・・。

一年後。
薪さん、今度は、フランスにいらっしゃるんですね。
薪さんがいらっしゃるなら、私もフランスに行きます!!

二次元ですけど。
50年以上も未来ですけど。
たとえ、存在する世界や時代が同じだったとしても、万が一にも、私が薪さんにお会い出来るような立場にはありませんけどっ。

ネクタイをほどく瞬間て、色っぽいですね。
かしげた首が、広がった襟元が・・・・・・
フランスでも、危険な目には合っていませんか?

職場では「ワーカホリック」と言われているんですね。
やはり、よこしまな輩なんて、仕事しか頭にない様子を見せて、蹴散らしてらっしゃるんでしょうね。

それにしても・・同僚ですか?秘書ですか?
薪さんの噂話をしている女性達って。
薪さんのお傍に居られるなんて・・・い~いなあ~~~・・・。

「ただのプリントハガキ」を、額に入れて、デスクの背後の壁に飾る薪さん。
「意味深」と言われていたけれど、何も説明しないと、子供が居ると誤解されるかも。
舞ちゃんが実は薪さんの隠し子で、事情があって親戚(?)の家で育てられているとか。

この写真を手にした時の、薪さんの表情が、綺麗過ぎて・・・。
青木が舞ちゃんと過ごす微笑ましい光景に、本当に嬉しそうで。

「無償の愛」という言葉が・・・改めて浮かぶ。

薪さんは、青木に何も求めない。
求めるとしたら、青木が青木であり、つつがなく生きていってくれることだけ。
それを知るだけで、いいのでしょう。

薪さんは、その青木の姿を、壁に掛ける程。
きっと、それがデスクの背後にあるだけで、励まされる程。

青木を、想っている。

そして。
薪さんの、綺麗な、綺麗な、涙。

改めて、思う。

薪さんの姿が美しいのは。
ただ、生まれつきの容姿に恵まれているというだけではなくて。

薪さんの、心の純粋さ。
その美しさが、薪さんを、輝かせていると。

様々な表情を見せてくれた、薪さん。

生きている限り。
守るべきもの、大切なもの、失いたくないものが。
また、生まれてくるのであれば。

生きていれば、この先も。

怒ったり、笑ったり、泣いたり・・・するのでしょう。






関連記事

コメント

■ 鍵拍手コメ下さったAさま

〇8/21に鍵拍手コメント下さったAさま

コメントありがとうございます。
お返事が遅くなってしまい、すみませんでしたm(_ _)m

そうですね。
二人の表情に未来が見えるような、とても素敵なイラストでした(;▽;)

第九メンバーの様子には、和みますよね(^^)

薪さんも可愛かったですね。
鋭い切り口の発言をしたかと思うと、あんな可愛い表情を見せる・・ギャップがたまりません!
ツンデレも良かったですよね。

薪さんの涙・・・本当に良かったですね(^^)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://kanon23.blog36.fc2.com/tb.php/884-fdb391dd

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP |