カウンター


プロフィール

かのん

Author:かのん
薪さんと同身長が自慢です

基本、「薪さんと鈴木さんは精神的両想いだった」「薪さんと青木には、心身共に結ばれてほしい」という、偏った視点で書いております
創作も主に、薪さんが「青木と幸せになる未来」と、「鈴木さんと幸せだった過去」で構成されております

コメ、拍手コメ共に、過去記事にも遠慮なく投稿いただけたらと思います
レスは「コメをいただいた翌々日までにお返しする」ことを自分に課しておりますが、諸事情により遅れる場合もございます
でも必ず書かせていただきますので
ご了承下さいませm(_ _)m

リンクは嬉しいので、ご自由にどうぞ♪


当ブログ拍手頁

最新の公開拍手コメのレスはこちら それ以前の公開拍手コメ&レスは、各記事の拍手ボタンを再度押していただければ読めます 鍵拍手コメにつきましては、拍手をいただいた記事下コメント欄にレスを書いております

所属してます♪


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


検索フォーム


 
メロディ2012年8月号「秘密-トップ・シークレット- エピローグ・一期一会」

レビュー追記(私信含む)



メロディ8月号の「秘密」について、自分の感想を全てUPしたので。

早速、よそ様をご訪問し、「秘密」感想が上がっていたブログさんを30程、ざざっと読ませていただきました。
(全て読み逃げです。申し訳ありません。後ほど、それぞれにゆっくりとお邪魔させて下さいm(_ _)m)

以前からよくご訪問している「秘密」ブログさんが20数カ所。
それに、検索をして新たに出てきたブログさんの「秘密」感想がいくつか。

お馴染みのブログさん以外の方々は、どういった「秘密」感想を書いてらっしゃるのか。
時々検索しては、チェックしておりまして。

その際、例えば「秘密 薪 青木 8月号 レビュー」等と入れて、検索をかけるのですが。
今回、出てきた検索結果一覧を見たら・・・冒頭、しかも4項目連続で、自分のブログのページが並んでいて、びっくり&苦笑・・・。

それもその筈。
メロディ8月号が発売されてから8日後まで、どこにもご訪問せず、せっせと「秘密」レビューを書き綴っておりましたが。
皆様のところを巡り歩いて、分かったのですが。
この間に、9個も「秘密」感想記事を上げていたのは、閲覧した範囲では、自分だけでした・・・。

自分がまだ見つけていないブログさんもあるかもしれませんし、一つの記事に納まる文章量としては、ずっと多い記事も沢山ありましたし、それに、記事を書く手間も時間もそこに込める愛の深さも、記事数や文章量に比例する物ではありませんが。

何と申しますか・・・「私って、馬鹿かしら」・・と。
自分が情けないような、何とも複雑な気持ちになったのでした。

まるで、Mさんのところのイラストの、薪さんに大量の手紙を書き送って、呆れられている青木みたいに。
自分としては、忙しい合間に、何とか時間をひねり出して、記事を書いているつもりでしたが。
実は自分は、「秘密」ブロガーさんの中で、一番暇な人間なんじゃなかろうか・・と思ったり。

確かに、今は、一番の農繁期は過ぎたところだし。
一番忙しかった役職を降りて、前年度までに比べて、格段に集まりごとが減って楽になったし。
父のことも大体落ち着いて、初盆の準備まではまだ余裕があるし・・・。

それにしたって、それなりに忙しく過ごしているつもりだったんだけど・・・暇な人なんだなあ、私ってきっと。
・・・と、自分で自分に呆れたのでした。

さて。
皆様の感想を読ませていただいて、まず感じたことは。
「あおまきすと」の皆さんが、総じて喜んでらっしゃるということ。

自分も、もっと思い切り舞い上がっても良かったかな・・・と、思いました。

今回、読む前に、大よその内容の予想が付いてしまった・・というせいもあるかもしれませんが。
予想が付いたと言っても、もちろん、青木が、あんな形で気持ちを綴ってくれるとは思ってもみなかったので。
意外でしたし、嬉しかったし、幸せな気持ちにはなりました。

でも、どちらかと言うと。
狂喜乱舞といった喜び方ではなくて。
じっくり、じんわり、嬉しさが胸に広がるような。
しみじみと、喜びを噛み締めるような・・・そんな、幸福感を覚えました。

もっと、きゃあきゃあ叫んで、盛大に喜んだ方が、今号の「秘密」を楽しめたのかもしれませんが。
たぶん・・・あまりにも、この瞬間を願っていた時間が長過ぎて、力が抜けてしまったのでしょう。

とにかく、今は。
思い付きや、その場の勢いではない、よくよく考えた上で、青木が出した結論に。
「えらい。よくやった・・・!」と、青木の肩にがしと手を置いて言ってやりたい気分です。

また、皆様の感想を読ませていただいて、改めて、考えさせられたことや、気付かされたことも、沢山ありました。

まずは、些細なことなのですが。
私自身が、間違った解釈をしていたかもしれないことが、いくつか。

トイレの入り口にあった、立ち入り禁止のスタンドですが。
私、これを蹴ったのは、青木の足だと思ってたんですね。
薪さんが居ることに動揺して、その場から逃げ出そうとしたら、薪さんが、中に入る前に出しておいた看板にぶつかって、びっくりした・・という風に。

でも、青木はずっとシンクの所に居て、入り口に近いところに立っていたのは薪さんですから。
薪さんが、中にあったスタンドを、この時に蹴り出して、その様子に青木はひっ・・となった、と解釈した方が自然ですよね。

薪さんが、そんな足技を使うイメージが無かったもので。
てっきり青木の足だとばかり・・・。

それから、青木の「ちなみに結果は26回目決定ですけどね」というセリフ。
これは、「26回目で、曽我の結婚が決定した」という意味にも取れるようで。

私は、「25回目のお見合いの結果、また次のお見合いをすることが決定した」つまり、「25回目のお見合いの結果は、駄目だった」という、曽我の連戦連敗を表す言葉だと思い、うなだれる曽我の表情を想像して、笑っちゃったのですが・・・。

ま、いずれも、間違っていても、読んでいて差し障りのあることでは無いので。
(以前、その号の「秘密」の印象を丸ごと変えるような、大きな勘違いをしていた時に比べたら・・)

それから、新しい場所で、薪さんに、どれ程の苦労があったかということを、改めて考えさせられました。
今、目の前に見える華やかな舞台だけを見て、その業績と、薪さんの天才ぶりばかりを称えるマスコミや上役達と同じように。
私自身も、その陰にあった筈の、薪さんの苦労と努力・・・それを、忘れていたような気がします。

結果を出す為に・・どれだけ頑張って来たのか・・・。
それこそ、第九で培った思い出、そこで今も捜査に励む部下達・・彼らを思い、そこから力を得て、ここまで進んで来たのでしょう。

薪さんの歩んだ、この一年間を思って。
改めて・・・胸が熱くなりました。

「何人に言い寄られたのか」なんてことばかり詮索してた自分が恥ずかしいです・・・。
(Tさん、そのうちコメント書きに参りますね)

それから、今一度、思ったのは。
薪さんという上司に出会えて、青木は本当に幸せだということ。

今回、「上司と部下」という枠を超えて、「家族」になりたいと、青木は決意しましたが。
たとえ、「上司と部下」だけの関係だったとしても、青木は、こんな上司に出会えて、恵まれていたと思います。

青木の真っ直ぐな意見を「そんな青臭い道理が通用すると思うか。状況を考えろ」と一蹴されたり。
大胆な行動力も、「勝手な真似はするな。組織に属する限り、立場をわきまえろ」等と言われていたりしたら・・・

たとえ、事件が無難に解決し、青木は滞りなく出世出来たとしても。
青木の本来の良さはつぶされ、本心から自分のやっていることを信じて捜査に臨める人生は、無くなっていたことでしょう。

「おまえだけの資質」を認め、それを伸ばしてくれた・・そんな上司が居たから、青木は、青木のままで、ここまで来られたのだと思います。

それは、青木に限らず、岡部さんはじめ、第九の部下達、全てに言えることだと思いますが。

例えば、今井さんあたりだったら、上司がどう評価しようと、自分は自分で冷静に自己を見極め、正義感を損なわずに捜査に臨めたかもしれません。
でも、青木の場合、上司の、薪さんの評価に左右されるところが、特に強かった気がするだけに。
社会に出たばかりのこの時に、薪さんという人に巡り合えて、本当に幸せだったと思うのです。
(ね、Nさん。また長文メール送りつけてもよろしいですか?←迷惑を考えてない)

それから、人間の「秘密」という物について。

「秘密」という作品の中で、暴かれる人間の秘密は、事件に関わる被害者や加害者の物であり。
当然の成り行きとして、それは、主に後ろ暗い物であったりします。

でも、今号で、最後に薪さんが自覚した、「欲しくなくても出来てしまう」「秘密」は。
心を満たしてくれる、優しい物でした。

「秘密」は悪いことではない。
人間は本来、「秘密」を持って生きていっていい、幸せな「秘密」だってあるのだと。
最後のページを見返しては、しみじみと思い。

そう思うことで、このラストページが。
より、深く、温かく、胸に迫って参りました・・・。
(とってもとっても素敵な記事・・・後ほどコメにお邪魔しますね、Mさん!)

それと。
「秘密」の連載が終わってしまうと、気が抜けて、寂しくなってしまうところですが。

これからは、展開のハードさに振り回されて、何も書けなくなってしまうなんてこともなく、じっくりとブログに向かう時間も持てることにもなるんですよね。
今後は、「秘密」について、じっくりゆっくり考えて、記事作成に臨みたいと思います。
(Yさん、お互い前向きに行きたいですね)

というわけで。

「秘密」の連載終了を持って、「秘密」ブログを畳むという方も、いらっしゃるかもしれませんが。
私はこれからも、薪さんを愛し、「秘密」について考え、青木や第九メンバーに思いを馳せることは止められないし。
そういった事柄を、これからも、このブログに綴って参りたいと思います。
(なのでYさん、これからもよろしくお願いします)

これから、時間をかけて、皆様のところを巡らせていただきます。
また、今後、学校行事や、娘の夏休み、お盆等が入ってくるので、リアルも慌ただしくなって参ります。
「秘密」以外の本や、録画しておいたTV番組も溜まっておりますし。

しばらくの間、記事更新は滞るかと思います。

季節の変わり目、体調を崩し易い日々ですので、皆様、お身体に気を付けて、お過ごし下さいませ。






関連記事

コメント

■ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

■ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

■ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

■ 非公開コメ下さったAさま

〇7/14に非公開コメント下さったAさま

コメントありがとうございます。
お返事が遅くなってしまいまして、すみませんでした。

Aさんのブログのコメント欄にて、お返事させていただきましたm(_ _)m

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://kanon23.blog36.fc2.com/tb.php/887-5efa444c

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP |