カウンター


プロフィール

かのん

Author:かのん
薪さんと同身長が自慢です

基本、「薪さんと鈴木さんは精神的両想いだった」「薪さんと青木には、心身共に結ばれてほしい」という、偏った視点で書いております
創作も主に、薪さんが「青木と幸せになる未来」と、「鈴木さんと幸せだった過去」で構成されております

コメ、拍手コメ共に、過去記事にも遠慮なく投稿いただけたらと思います
レスは「コメをいただいた翌々日までにお返しする」ことを自分に課しておりますが、諸事情により遅れる場合もございます
でも必ず書かせていただきますので
ご了承下さいませm(_ _)m

リンクは嬉しいので、ご自由にどうぞ♪


当ブログ拍手頁

最新の公開拍手コメのレスはこちら それ以前の公開拍手コメ&レスは、各記事の拍手ボタンを再度押していただければ読めます 鍵拍手コメにつきましては、拍手をいただいた記事下コメント欄にレスを書いております

所属してます♪


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


検索フォーム


 
良い曲や歌詞に巡り合うと、もれなく青薪ソングか鈴薪ソングに聴こえてしまう病にかかっておりますが。
(この病のこれまでの履歴はこちら

最近ちょっと気になったのがこちら。




Ne-Yoさんの「Let Me Love You」です。

普段はこういったテクノ系ダンスミュージックってほとんど聴かないのですが(皆同じに聞こえるので←年ですね…)

たまたま耳に入ってきた歌詞に興味を惹かれまして。
改めてネットで歌詞検索をしてみたら、もう、薪さんに捧げる歌としか思えなくなりました。
特に、「Until you learn to love yourself」という部分が、たまりません…

この「you」を、「あなた」にするか「君」にするかで、青薪ソング、鈴薪ソング、どちらにも取れますが。
ちょうど連載中の展開がピッタリ合うので、今は鈴薪ソングとして聴くのが妥当でしょうか。

対訳を付けてみました。
いつもながら、自分なりの和訳ですので、おかしな部分もあるかもしれませんが。



Much as you blame yourself, you can’t be blamed for the way you feel
Had no example of a love, that was even remotely real
How can you understand something that you never had
Ooh baby if you let me, I can help you out with all of that
Ooh baby 

Girl let me love you
And I will love you
Until you learn to love yourself
Girl let me love you
And all your trouble
Don’t be afraid, girl let me help
Girl let me love you
And I will love you
Until you learn to love yourself
Girl let me love you
A heart of numbness, gets brought to life
I’ll take you there

Girl let me love you
(refrain)

I can see the pain behind your eyes
It’s been there for quite a while
I just wanna be the one to remind what it is to smile
I would like to show you what true love can really do

Girl let me love you
And I will love you
Until you learn to love yourself
Girl let me love you
And all your trouble
Don’t be afraid, girl let me help
Girl let me love you

And I will love you
Until you learn to love yourself

Girl let me love you
(refrain)

君自身を責めたところで 君がどう感じるかまで責めることは出来ないよ
愛に手本なんて無い それが現実
これまで君が経験したことが無かったことを どうしたら君は理解するのか
君がよければ オレはその全てを助けることが出来るのに

君を愛させて
オレは君を愛し続ける
君が君自身を愛することを知るその日まで
君を愛させて
君の問題も全て共に
怖がらないで オレに助けさせて
君を愛させて
愛し続けるから
君が君自身を愛せるようになるまで
君を愛させて
壊れかけた心に 命を吹き込もう
オレがそこに君を連れて行くから

君を愛させて

君の瞳の奥に痛みが見える
長い間抱えている痛みが
オレはただ笑顔を思い出してほしいだけ
オレは君に見せたいんだ 真実の愛が出来ることを

君を愛させて
オレは君を愛し続ける
君が自分を愛せるようになるまで
君を愛させて
君の抱えている悩みも共に
怖がらないで 君を助けたいんだ
君を愛させて

オレは君を愛し続ける
君が君を愛せるようになるまで

君を愛させて


・・・是非、薪さんには、鈴木さんが叫ぶ愛に応えていただきたいものです。






関連記事

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://kanon23.blog36.fc2.com/tb.php/908-c9c0712b

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP |