カウンター


プロフィール

かのん

Author:かのん
薪さんと同身長が自慢です

基本、「薪さんと鈴木さんは精神的両想いだった」「薪さんと青木には、心身共に結ばれてほしい」という、偏った視点で書いております
創作も主に、薪さんが「青木と幸せになる未来」と、「鈴木さんと幸せだった過去」で構成されております

コメ、拍手コメ共に、過去記事にも遠慮なく投稿いただけたらと思います
レスは「コメをいただいた翌々日までにお返しする」ことを自分に課しておりますが、諸事情により遅れる場合もございます
でも必ず書かせていただきますので
ご了承下さいませm(_ _)m

リンクは嬉しいので、ご自由にどうぞ♪


当ブログ拍手頁

最新の公開拍手コメのレスはこちら それ以前の公開拍手コメ&レスは、各記事の拍手ボタンを再度押していただければ読めます 鍵拍手コメにつきましては、拍手をいただいた記事下コメント欄にレスを書いております

所属してます♪


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


検索フォーム


 
その4:番外編について


渡米後の様子ですが、元々は、彼らのその後を、後書きにチラッと書くつもりだったんです。
それが、書いてるうちにどんどん膨らんでしまい、結局3篇に渡る、番外編という形になりました。

本編を書いた直後にこんな物を書いて、どうかとも思いましたが、反響も大きく、嬉しく思っておりますm(_ _)m

さくやさんが、「かのんさんがかねてより主張していた」と指摘されてますが、そうですね、「もし、万が一、青木とそういうシチュエーションが訪れた場合、薪さんは、自分でも驚くほど、その行為に溺れて、のめりこんでしまいそうな気がする」説が、このシーンにつながったのかなあと、指摘されて気が付きました。

あと、都めぐるさんのブログで妄想に走った、「最初は薪さんリード、以後、青木も成長してくれる・・」説も、私の中では健在です(笑)
青木、仕事も飲み込み早いしね!謙虚なようで大胆なとこあるしねっ!(頑張ってほしい)

で、たつままさんとコハルビヨリさんの「薪さんと青木の会話はピロートークか」というご質問ですが・・・
まあ、ここはね、読者が皆様大人の女性達ですからね、余計な説明をしなくても、それなりに判断していだけるかと・・ね。

え?・・・ハッキリしてほしい?ですか・・?
いや、作者が説明するのはルール違反でしょう、小説というのは、書いてUPした時点で、もうそれは作者の意図を離れて、読む側の自由な想像にまかせるのがルール・・。

え?いいですか?ルール違反でも?
じゃあ・・ヒントを。

「そんな暇があったら・・」のセリフの後、薪さんは、すぐ行動に移ったと思いますよ。
え、どんな行動かって・・?

それは、「こんな叱られ方」ですよ、きっと。



関連記事

コメント

■ バッサ★バッサ★バッサ

こんばんは~。かのん様。

遅い時間まで、お疲れ様です♪♪♪

皆さまの疑問にお答え(ヒントを)下さって、ありがとうございますヽ(^-^ )
(ハッキリ質問しているのはコハルビヨリ様と私だけ(^_^;)ですね…。)

やはり、あれは…アレだったのですね。
「そんな暇があったら…。」で、二回戦突入ですか?
きゃぁぁぁ(≧∇≦)

「こんな叱られ方」
こんな…叱られ…方…?
こんな?どんな?仕方でしょうね(笑)
きっと、薪さんと青木にしか分からないでしょうね★★★
ねっ♪かのん様♪♪♪

後は、小池がフォスターにはぐらかされてしまった「あの」件ですねっ♪
あの独白からみると、まだまだ…手を握って…抱擁ぐらいでしょう。
それだって、薪さんにしてみたら有り得ないこと。
フォスターにしたら、今までになく自分の弱さをさらして、それを理解してくれる薪さんと…抱擁(体を密接…。薪さんの頭に顔を埋めて髪にキスぐらいしているかも★★★)
最終的な事がなくても…フォスターには味わい深い深い『ワイン』だったのではないかと…。

勝手に妄想してしまいました~★★★
バッサ★バッサ…失礼いたしました。

本当にお疲れ様でした☆☆☆

■ 

上のたつままさんのコメントを拝見して、ふと気づきました・・・
こういうホニャララ的な質問してるのって・・・
私とたつままさんだけなのでは・・・?

で、でも、でもでも、実のところみなさんも気になってますよね?!!!
そ、それに!妄想三翼将だから仕方ないですよねっっっ★ねっ★(>▽<;

たつままさんも気にされてる、
>「こんな叱られ方」
>こんな…叱られ…方…?
>こんな?どんな?仕方でしょうね(笑)

激しく同意★
いろいろ想像はできるんですけど、私なりに分析してみました。
(↑そんなんもんするなっ!)

「そんな暇があったら・・」の後にセリフがないことから、
口は塞がってると思われます。

この場合は2つの行為が上げられますね★
キスとホニャララ。

確かに青木もしゃべってませんので、キスの可能性もあるでしょう。
しかし、

>薪さんは、すぐ行動に移ったと思いますよ。

とあるように、「行動」=「キス」はありえない!
キスを行動なんて言わないですもんね!

と、なると残りはホニャララしかありません。

「こんな叱られ方」について検証してみましょう(笑)

「でも、こんな叱られ方なら・・・」の後には、
「いいかなぁ・・・」と続くでしょう。

そうです!
「行動」で「叱られた」のではなく、
「言葉」で「叱られた」後の、
「ホニャララ」によって「いいかなぁ・・・」に続くワケなのです!
(↑わかりにくいよ!!)

な★の★で★
この時の行動とはホニャララである、ということがわかりましたね(>▽<)
キャ★恥ずかしいわ♪♪♪

ではでは5へGO!!

■ 

○たつままさま

コメントありがとうございます。

後は、小池がフォスターにはぐらかされてしまった「あの」件ですねっ♪
↑一つ前の記事のコメレスにも書きましたが、このシーンには、皆さんそれぞれの結論があるのですね。どれもが真実だと思って読ませていただきました(^^)

>体を密接…。薪さんの頭に顔を埋めて髪にキスぐらいしているかも★★★
↑想像したら、なかなか雰囲気のあるシーンでした・・ふふふ♪


○コハルビヨリさま

コメントありがとうございます・・ていうか、ウケました~~!!

ここまで、ここまで具体的に・・分析って・・け、検証って・・!!

駄目です・・最初に読んだのが、また夕食の支度の前だったので、ジャガイモむきながら(カレーだった)ヒーヒー思い出し笑いしちゃいましたよ・・

>キャ★恥ずかしいわ♪♪♪
↑今さら遅いですって!!(笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://kanon23.blog36.fc2.com/tb.php/91-dc691b80

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP |