カウンター


プロフィール

かのん

Author:かのん
薪さんと同身長が自慢です

基本、「薪さんと鈴木さんは精神的両想いだった」「薪さんと青木には、心身共に結ばれてほしい」という、偏った視点で書いております
創作も主に、薪さんが「青木と幸せになる未来」と、「鈴木さんと幸せだった過去」で構成されております

コメ、拍手コメ共に、過去記事にも遠慮なく投稿いただけたらと思います
レスは「コメをいただいた翌々日までにお返しする」ことを自分に課しておりますが、諸事情により遅れる場合もございます
でも必ず書かせていただきますので
ご了承下さいませm(_ _)m

リンクは嬉しいので、ご自由にどうぞ♪


当ブログ拍手頁

最新の公開拍手コメのレスはこちら それ以前の公開拍手コメ&レスは、各記事の拍手ボタンを再度押していただければ読めます 鍵拍手コメにつきましては、拍手をいただいた記事下コメント欄にレスを書いております

所属してます♪


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


検索フォーム


 
※ネタバレです。



















ああああああっ・・・!
やはり、失われたのは、あのお顔だったのですか・・・もったいない!なんてもったいない!!

いえ、同じ顔だったとしても、全くの別人ではありますが。
ああ・・清水先生ったら、残酷。
あの美しい顔を持つ人には、美しい魂が宿っていてほしかった・・・(TT)

薪さん・・・
一体、何世代前から不幸な運命を背負ってらっしゃるのですか(><)。。。

そして・・・薪俊さんと琴海さん。
本当にありがとうございました。
改めて、謹んでご冥福をお祈り致します・・・(;;)






関連記事

コメント

■ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

■ 非公開コメ下さったKさま

〇3/4に非公開コメント下さったKさま

こんにちは。
コメントありがとうございます。
お返事が遅くなりまして、すみませんでしたm(_ _)m

当ブログに通って下さっているという嬉しいお言葉をいただきましたのに。
その後、更新が滞ってしまいまして、申し訳ございません(><;)

そうですね。
そうして「あの」薪さんになっていったんですね・・・。

辛い・・本当に、おっしゃるとおりです。
ここから始まったのだと思うと・・ずっと、薪さんと鈴木さんの過去編が見たいと自分で言っておりましたし、こうして遂に見られることは嬉しいのですが、その先に、あの末路が待っていると思うと・・・(;;)

自分で二次創作を書いている時でさえ、そうです。
青薪を書いている時は、原作が辛い段階でも、先の事はまだ分からない、希望が持てると思って書くことが出来ました。
そして、結果的に、あのような薪さんと青木の姿を、見ることが出来ました。

でも、鈴薪を書いている時は、どんなに輝かしい日々、楽しい出来事を書いていたとしても、二人の未来を思うと、辛くなるのです。

でも、だからこそ。
先が分かっているからこそ、辛いけれど、辛くても、薪さんと鈴木さん、二人の時間が、貴重で掛け替えのない物として、眩しく映るのかもしれません・・・

そして、お気持ち分かります。
「第九の愉快な仲間達」が恋しいですよね(^^;)
頼れる凛々しい室長はカッコイイです!

警察官になった薪さん、見られると良いですね。
どういった形でも、「秘密」が続いて、薪さんのお姿が見られることは、何よりの幸せです。
でも、今後の薪さんも見たい気持ちもやっぱり有りますよね。

過去の薪さん、現在の薪さん、まだ見ぬ想像上の未来の薪さん。
どの薪さんの話題でも、こうして薪さんのお話が出来ますこと、とても嬉しいです(*^^*)

ありがとうございました♪

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://kanon23.blog36.fc2.com/tb.php/916-9666e7ad

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP |