カウンター


プロフィール

かのん

Author:かのん
薪さんと同身長が自慢です

基本、「薪さんと鈴木さんは精神的両想いだった」「薪さんと青木には、心身共に結ばれてほしい」という、偏った視点で書いております
創作も主に、薪さんが「青木と幸せになる未来」と、「鈴木さんと幸せだった過去」で構成されております

コメ、拍手コメ共に、過去記事にも遠慮なく投稿いただけたらと思います
レスは「コメをいただいた翌々日までにお返しする」ことを自分に課しておりますが、諸事情により遅れる場合もございます
でも必ず書かせていただきますので
ご了承下さいませm(_ _)m

リンクは嬉しいので、ご自由にどうぞ♪


当ブログ拍手頁

最新の公開拍手コメのレスはこちら それ以前の公開拍手コメ&レスは、各記事の拍手ボタンを再度押していただければ読めます 鍵拍手コメにつきましては、拍手をいただいた記事下コメント欄にレスを書いております

所属してます♪


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


検索フォーム


 
秘密日和

先日こちらでもご紹介いたしました(紹介記事はこちら)、コハルビヨリさまの手による「秘密」同人誌、「秘密日和」、遂に、遂に、私の手元にも届きました・・・・・。

以下、「秘密日和」に関して詳細に語ってまいります。
※:ネタバレになるので、未読の方は、ご注意を。



実は、先日創作をオールアップして気が抜けたのか、風邪を引いた私。
寝込む程というのは本当に久しぶりで、それ程あの世界にのめり込んでいたのかと、寂しさもよぎり・・。

そんな私の手元に届いた同人誌、「秘密日和」。
一日千秋の思いというのは、こういうことを言うのでしょう。

この数日、家の前をバイクが通る度、メール便かとポストをチェックに走る始末・・。
そして、遂に届き、封を開いた瞬間、寂しさも風邪も、一気に吹き飛びました!

黒を基調とした装丁。
麗しい薪さんのお姿。
私自身もこのブログのテンプレに選んでいる蝶のモチーフが、随所に散りばめられ・・

「秘密」読者である大人の女性にふさわしい、シックでクールで、どこか色っぽい・・コハルビヨリさんのセンス溢れるデザインに、まず感動。

そしてそして・・始まった、コハルビヨリさんの漫画!!

コハルビヨリさんのブログに一度UPされた物があちこち手直しされた、リニューアル版の「ドキドキ合コン大作戦」。
コハルビヨリさんの思い描く、学生時代の薪さんは、表情豊かで、とっても可愛い!
私もこんな薪さんを、お持ち帰りしたい!

ラスト、幸せそうな薪さんのアップに、こちらまで幸せに・・。

そして、私の小説、「薪と鈴木と雪子」。
どういった形になったのか、ドキドキドキ・・・。

木陰と木漏れ日・・雰囲気溢れる美しい表紙に、まず感動・・。

深呼吸して、頁をめくる。

そこには、コハルビヨリさんの手による、美しい挿絵が・・。
いえ、「挿絵」なんて小さな物じゃない。
まるでそれだけで、完成された絵・・素晴らしいイラスト・・。
しかも、私がイメージした小説の世界、そのままに・・・。

元々横書きだった小説が、縦書きだと、どうなるのかと思っていたけれど、縦3段に組まれた文章も読みやすく、嬉しい驚き。

次のシーンも、その次のシーンも、コハルビヨリさんの、素晴らしいイラストが、頁を彩る。
ああ、私の書いた物が、こんなにも素敵な待遇を受けて、いいのだろうか・・。

続いて、今回、同人誌の為に書き下ろした、第2章。
イメージそのままの美しい3人の絵の中で、薪さんの瞳が、特に印象的で・・。

Scene2では、雪子の思いがそのままに、絵に表れていて・・。

(注:この第2章Scene2には、1箇所ミスプリがあります。一番上の段、最後の4行、「中は、明かりが」から、「中をのぞいた」まで、消して下さい。
つまり、一番上の段の後ろから5行目の、「中をのぞいた」から、2段目の「中は、明かりが」に進むのが正解です。1段目の最後の4行は抜かして、お読み下さいませm(_ _)m)

そして、最後のシーン。
コハルビヨリさんの二人の絵に、表情に、見ていて涙が出てきた・・・。

私の小説を、ここまで引き上げて下さった、コハルビヨリさんへの感謝と。
この私の幸せと。
そして、ここに描かれている二人の切なさと・・。

全てが相まって、涙が溢れた・・・・。

そして、私の後書き。
これを読んで「あれ?」と思った方も、いらっしゃるかも。

「いつか、鈴木×薪ストーリーだけじゃなくて、青木×薪ストーリーも、書いてみたいですね」と、書いた私。
実は、この第2章と、後書きを書いたのは、10月の前半のこと。

この頃は、私が実際に青木×薪ストーリーを書くことになるとは、しかも、あんな一線を越えた物を書こうとは、全く予想もしていなかったので・・。
この一ヶ月半の間に、随分遠いところまで来てしまったような・・・・。

続く「第九テスト問題」の頁は、私が自分で小説を書きつつ、他のメンバーだったらという妄想をコハルビヨリさんに聞いていただいたところ、コハルビヨリさんが、その妄想を楽しくアレンジして下さったもの。

こちらもまた、私の妄想イメージそのままにイラスト化されていて、嬉しい!
もう、最高です!!

そして、夜子さんの詩、「この秘密を。」

常々、散文ですら、まるで詩のようなリズムのある文をお書きになると思っていた、夜子さんの詩。
静かな水のイメージの背景(ここでも光るコハルビヨリさんのセンス)に、漂う、想い・・。

多くを語る私の文とは違い、これだけの文章の中に、詰まった想いが、響いてきて・・。

そしてまたコハルビヨリさんの漫画「木枯らしに吹かれて」(原案たつままさん)。
表紙の薪さんにまず、見とれてしまう・・。

そして楽しいそれぞれとのやりとり♪
3人3様のパターンだけど、どれも皆、それぞれに、薪さんにとっての、幸せの形では?とも、思う。
そしてラストの読者サービス!
いえそんな、もったいない・・(〃▽〃)

この後書きでの、コハルビヨリさんブログ秋バージョンでお使いだった、木枯らし薪さんも、素敵☆
風に吹かれる髪、かすかに優しげに微笑む口元が、かなりツボ!です。

そして、夜子さんの二つ目の詩、「ただ、貴方の。」
こちらも水のイメージだけれど、蓮の花が浮かび、少し温かい背景が、この詩を語るその人を、そのまま思わせて。

詩を読んで、思う。
夜子さんは、本当に、この方を、愛しているのですね。

続いて、楽しい「第九キャラクターチャート占い」。
コハルビヨリさん完全オリジナルですね。

私は、自分の血液型のみならず、どこからスタートしても、結果的には「青木タイプ」に・・。
この占い結果の、ちっちゃい4人が、お茶目で可愛くて!

そしてラストのコハルビヨリさんの漫画、「HOST CLUB 秘密」。
どわわ~~~~っ!!
こんな所あったら、行きたい!!
通う、絶対通う!!

ナンバー1やナンバー2もいいけれど(どちらが1で、どちらが2なんだろう・・)、やっぱり私はもちろん!間違いなく!店長指名で!!!
邪険にされてもいい!
貢がされてもいい!(・・・そして全財産、使い果たして破滅する・・)

どこかで見たあのシーンに大ウケ!!☆
そして、薔薇を背負った薪さんに釘付け!!

もうもう、何度繰り返して見たことか・・。
夢を見させてくれて、コハルビヨリさん、どうもありがとう!!

・・興奮し過ぎて、何度か読み返すまで忘れてたけれど、あと2人はどこへ・・?
もしかして、宇野さんは事務会計、岡部さんは用心棒・・とか?(笑)

・・ああ、本当に楽しかった・・。

コハルビヨリさんの想いがこもった、添えられたメッセージの、ちっちゃい薪さんも可愛くて。

「かのんさんにとっても宝物な一冊になればいいな」とありましたが・・・


間違い無く、未来永劫、私の、宝物です!!!


夢の同人誌を作って下さり、私にも参加の幸せを下さったコハルビヨリさま。
素晴らしい詩の世界を見せて下さった、夜子さま。
素敵な原案を提供された、たつままさま。

そしてそして・・・

この同人誌を手に取り、私の小説を読んで下さった方々・・

全ての方に、心から、


ありがとうございますm(_ _)m



関連記事

コメント

■ 

おじゃまします(>▽<;
なんだか褒められすぎてもぞもぞ致しますっっっっ!!!

かのんさん、お風邪は大丈夫ですか?ちゃんと治りました?
ていうか体壊してるのにポストチェックしに走るってwww
嬉しいんですけど、そんなことまでさせてしまってすみません(^^;

>「秘密」読者である大人の女性にふさわしい、シックでクールで、どこか色っぽい・・コハルビヨリさんのセンス溢れるデザインに、まず感動。

あぁ嬉しいです・・・とにかく嬉しいです・・・
すみません、嬉しいしか出てきません・・(T▽T)

>コハルビヨリさんのブログに一度UPされた物があちこち手直しされた、リニューアル版の「ドキドキ合コン大作戦」。

あー!そういえば消してなかった!!!後でブログのは消しときます!!!
と、思ったけどあれ消すと記事がまるまるなくなっちゃう・・どうしよ(ーー;

>私もこんな薪さんを、お持ち帰りしたい!

私もです!!!こんな薪さんにずっと傍に居てほしい・・!!
そしてまわりをウロウロしてほしい!!すり寄ってほしい!!!・・・ペット?

>いえ、「挿絵」なんて小さな物じゃない。

はい、1ページまるまる使いました(笑)

>まるでそれだけで、完成された絵・・素晴らしいイラスト・・。
>しかも、私がイメージした小説の世界、そのままに・・・。

褒めすぎ!!褒め過ぎです!!!褒め過ぎですよ、かのんさん!!!!!
かのんさんのイメージされてた小説の世界を壊してませんでしたか?!
良かった!!それだけでもホッとしました~~~(><;
絵が下手すぎて、何度もタッチを変えて、試行錯誤して、やっとあんな感じに落ち着いたんですよ~~・・でももっと上手く描きたかったですっ(><;

>全てが相まって、涙が溢れた・・・・。

うぅ、私も今潤んでます・・・(;;)

>この頃は、私が実際に青木×薪ストーリーを書くことになるとは、しかも、あんな一線を越えた物を書こうとは、全く予想もしていなかったので・・。

あの頃がずいぶん昔のことのようですね(^^)
青木×薪ストーリー本当に素敵でした。次回作も期待しまくりです!!
今度はぜひ軽くキスシーン&ベッドシーンもっっっっ!!!!(超熱望)

>こちらもまた、私の妄想イメージそのままにイラスト化されていて、嬉しい!

かのんさんのメールのセリフをそのまま引用させていただきましたwww
ほとんど変える必要なかったです(笑)ありがとうございました☆
かのんさんの後書きページと、おまけクイズページを左右どちらにしようか迷ったんですけど、小説のあのラストの澄んだイメージを、ページめくった瞬間、おまけクイズで壊したくなかったので、あの並びにしました(^^;

>常々、散文ですら、まるで詩のようなリズムのある文をお書きになると思っていた、夜子さんの詩。

一字、一字、句読点ひとつひとつにまで想いの詰まった繊細な詩です(^^)

>3人3様のパターンだけど、どれも皆、それぞれに、薪さんにとっての、幸せの形では?とも、思う。

なるほど!そういう考え方もあるのですね!今までは客観的に見られなかったのでわからなかったんですけど、確かにそうかもですね!!

>風に吹かれる髪、かすかに優しげに微笑む口元が、かなりツボ!です。

良かった!私も好きな絵だったのでかなり嬉しいです☆☆☆

>こちらも水のイメージだけれど、蓮の花が浮かび、少し温かい背景が、この詩を語るその人を、そのまま思わせて。

かのんさんの挿絵と同様に、どちらの詩の背景も、イメージを壊さないように気をつけました。
キャラの個性や想いを大事にしました(^^)

>私は、自分の血液型のみならず、どこからスタートしても、結果的には「青木タイプ」に・・。

みなさんそれぞれ違うみたいで面白いです!!
それもどこからスタートしても、な方がほとんどです!!
そして意外に当たってるような・・・?

>通う、絶対通う!!

通う通う☆(>▽<;

>どちらが1で、どちらが2なんだろう・・

鈴木さんが1で、青木が2です☆
天然鈴木さんの方が老若男女、幅広い客層に愛されるのです♪
青木は年上のリッチなお姉さんとかに好かれます♪

>やっぱり私はもちろん!間違いなく!店長指名で!!!

私も私も☆(>▽<;

>邪険にされてもいい!
>貢がされてもいい!(・・・そして全財産、使い果たして破滅する・・)

この店長ヒドすぎますよね(笑)まぁ相手が雪子だからなんですけどねw
でも、かのんさんのような女性もたくさんおいでになるらしく、毎日指名が多くて忙しいみたいです(*^^*)
でも1回でがっぽり貢いでもらうみたいですwwwそんな薪さんも大好きです☆

>どこかで見たあのシーンに大ウケ!!☆

はい、使ってしまいましたwww最後のオチを描きたいがためだけに(笑)
薪さんにはそろそろ開き直っていただきたいな、という私の願いをこめて☆

>何度か読み返すまで忘れてたけれど、あと2人はどこへ・・?

本当は出番もあったんですけど、あまりにもページが足らなすぎてカットしちゃいましたwww
曽我=呼び込み
岡部=店長補佐
その他はホスト
の役回りで皆もっと活躍するハズだったんですけどね(^^;

>コハルビヨリさんの想いがこもった、添えられたメッセージの、ちっちゃい薪さんも可愛くて。

えへへ、かのんさんへの想いを込めて書かせていただきました(^^)/

>間違い無く、未来永劫、私の、宝物です!!!

私にとっても宝物です!!!!!
こんな素敵なレビューを書いていただいて私って凄く恵まれてるなぁとしみじみ感じてます・・
本当にありがとうございましたっっっっっm(__)m


■ 

こんばんは(^^*)

かのんさん!届きましたよ~~!!我が家にも~~!!♪(*^∀^*)

本当に本当に面白かったです~~!!(>∀<*)
何回も繰り返し繰り返し読みました!!
\(^o^*)/

そして、かのんさんの「薪と鈴木と雪子」の第2章もじっくり読ませせて頂きました!!☆
仮眠室~~!!(☆∀☆)ギラギラ
すみません、激しく萌えさせていただきましたよはあはあ。(´Д`*)

日記に「秘密日和」の感想を書かせていただいたので、お時間がある時に読んでいただけたら嬉しいです♪(´Д`*)

わたくしも宝物にいたします!!
コハルビヨリさん、かのんさん、夜子さん、たつままさんの「秘密」の愛がこもってますからね~~♪(*^。^*)

もう詳しく感想書けない(ネタバレになる為)のが歯がゆいです~~!!(@_@;)

コハルビヨリさん!かのんさん!夜子さん!たつままさん!有難うございました!!(>∀<*)♪♪

■ 素晴らしいですね☆

こんばんは。かのん様。

体調はいかがですか?
小説を書き上げた後なのに、たくさんコメレスありがたいなと思っていました。
ら、風邪まで引いていらしたとは驚きました。ご無理しないで下さいね。

『秘密日和』素晴らしいですよね(^_^)v

かのん様の小説『薪と鈴木と雪子』何度読んでもいいです。

ちょっぴり切ない薪さんが可愛いです。つい、言ってしまった言葉「・・あんな女がいいのか。」
それを微笑んで聞いてくれる鈴木さん。
鈴木さんは、薪さんの全てを包んでくれるんですね\(^ー^)/

仮眠室では、雪子も遂に見てしまいますね☆あうっ。やっぱり鍵は閉めないといけませんね~。

鈴木さんは薪さんの足音がわかるカンの良さと、薪さんの気持ちに気が付かない鈍さを持ち合わせている。かのん様の鈴木さん像は青木に通じていたんですね。なるほど。
とっても、とっても大切にしてくれる親友。でも、自分の気持ちには…。
あっー。もうっ。薪さん切なすぎますっっっ(ρ_;)
だから、ラストの二人の幸せな笑顔が一層切なくて…。でも、この後にはもっと悲しいことがあり、二人を永遠に引き離してしまう。それを思うと…やりきれなくて。
暗がりで一人泣いてしまいました

ガラリと変わって、缶コーヒー問題。面白すぎて、腹を抱えて笑いました。
KYな曽我に逃げ腰な小池。これでは、薪さんにイビられても仕方がありません(^_^;)
一方、今井さんはさすがですね☆さりげなくこんなふうに、気を使ったら、やっぱり合コンでモテますよね(^_^)v
青木は…いつも通りでしょうね(笑)

とても楽しませていただきました。
いつか、薪さん×青木も(あのシーンも入れて★★★)一冊の本で読んでみたいです(^_^)v

■ 

○コハルビヨリさま

コメントありがとうございます。

体調のご心配をしてくださり、ありがとうございました。
風邪は、週末がピークだったみたいで、大分良くなりました。

夕べなど、まだゴホゴホと咳をしつつ、週末に飲もうと思って買っておいたのに、風邪のせいで飲めなかったボジョレーを1本だけ開けちゃいました。
同人誌完成記念な気持ちで、美味しくいただけました(≧▽≦)

デザイン、本当に素敵でした。
私はこういったセンスが皆無なので・・尊敬してしまいます。
そして改めて、この中に混ぜていただけたことに、感動してしまいました。

褒め過ぎなんてこと一つも無いです。
本当は、もっともっといっぱい叫びたかった程なのですよ。
他の方もご覧になるブログなので、これでも抑えた位です(^^)

小説の世界を壊すなんて、とんでもない!! 世界を広げまくって下さった、コハルビヨリさんがコメレスで書かれていた、「深い意味でシンクロした感じがして」というの、ピッタリの表現だと思いました。

>何度もタッチを変えて、試行錯誤して
↑そうですか・・そうですよね、あんな素晴らしい絵に辿り着くまで・・試行錯誤があったのですね・・。本当に私は幸せものでございます!!

>うぅ、私も今潤んでます・・・(;;)
↑ああ・・コハルビヨリさんと、一緒に乾杯させていただきたい気持ちです!!!

>青木×薪ストーリー本当に素敵でした
↑嬉しいです!

>次回作も期待しまくりです!!
↑・・え?・・次回があるかどうかは・・。

>今度はぜひ軽くキスシーン&ベッドシーンもっっっっ!!!!(超熱望)
↑「軽く」と軽くおっしゃらないで下さい(笑)私は今回一線を越えた時点でもういっぱいいっぱいです。以前にも書きましたが、これ以上のことを書く知識も技術もございません!

あのクイズ頁も、本当に嬉しかったです。
脳内妄想がそのまま漫画になるなんて・・コハルビヨリさんて、本当に素晴らしい!!

>小説のあのラストの澄んだイメージを、ページめくった瞬間、おまけクイズで壊したくなかったので、あの並びにしました
↑並べ方等も、試行錯誤して下さったのですね。ありがたいです。本当にお疲れ様でした。

>なるほど!そういう考え方もあるのですね!今までは客観的に見られなかったのでわからなかったんですけど、確かにそうかもですね!!
↑ね!・・鈴木さんとの幸せはもう望めないけれど(TT)・・岡部さんや青木とは、こういう幸せもありなのではないかと・・。

>かのんさんの挿絵と同様に、どちらの詩の背景も、イメージを壊さないように気をつけました。
キャラの個性や想いを大事にしました
↑本当に、夜子さんの繊細な詩の内容にピッタリだと思いました。どちらも水のイメージなのに、片方は静かなイメージで、もう片方は暖かいイメージで。

>みなさんそれぞれ違うみたいで面白いです!!そして意外に当たってるような・・・?
↑皆さんが書かれてることを読んでると、そのようですね!
私はどうやっても青木、やっぱり青木、納得の結果でした(笑)

>鈴木さんが1で、青木が2です☆
↑なる程~。

>天然鈴木さんの方が老若男女、幅広い客層に愛されるのです♪
↑ん?老若「男」女?・・・あ、突っ込むのは、やめておこうと思います(笑)

>青木は年上のリッチなお姉さんとかに好かれます♪
↑私は、リッチでもないただの年上ですが、どちらかと言ったら、鈴木さんより青木がいいかなあ。
青木のマイペースさが心地良さそうというか、全然気を遣わず、気持ちよく飲めそう!
それでいて、見た目はほどほどかっこよく、性格は可愛いから、エスコートされても気分がいいし。

あ、でも、そこに店長が現れたら、やっぱり店長しか目に入らない!(笑)
他の女が薪さんの横に居たら、嫉妬に狂いそう・・。

私の横に居ても、次々と指名が入って、その度に席を立つ薪さんを呼び戻そうと、次々に高いお酒を頼んだりして・・ああ、でもそんな安い女、薪さんに馬鹿にされ、嫌われてしまう・・。
ここはやっぱりたつままさんがおっしゃるように、掃除婦にでもなって、遠くから見詰めてる方がいいかしら・・。

でも、一度でいいから、やっぱり薪さんにお酒注いでもらいたい!
いや、逆に薪さんに飲ませて酔わせて・・

・・・・こういう暴走妄想を引き起こす「HOST CLUB 秘密」・・恐るべし!(笑)

>曽我=呼び込み 岡部=店長補佐
↑曽我の呼び込み・・想像してウケてしまいました・・(ホストより似合う・・)
岡部さんはやっぱり、薪さんの補佐なんですね(^^)

>こんな素敵なレビューを書いていただいて私って凄く恵まれてるなぁとしみじみ感じてます・・
↑私の方こそ、本当に幸せ者でございます!
ありがとうございました!!m(_ _)m


○レモンさま

こんにちは。
コメントありがとうございます。

>かのんさんの「薪と鈴木と雪子」の第2章もじっくり読ませて頂きました!!☆
↑嬉しいです!(TT)

>仮眠室~~!!(☆∀☆)ギラギラ すみません、激しく萌えさせていただきましたよはあはあ。(´Д`*)
↑レモンさんの「はあはあ」が聞けて、こんなに嬉しいことはございません!♪

>日記に「秘密日和」の感想を書かせていただいたので、お時間がある時に読んでいただけたら嬉しいです♪(´Д`*)
↑後でゆっくり伺います!(^^)

こちらこそ、どうもありがとうございました!m(_ _)m


○たつままさま

こんにちは。
コメントありがとうございます。

体調のご心配、ありがとうございます。
お蔭様で一番ひどいところは越えました(^^)

>小説を書き上げた後なのに、たくさんコメレスありがたいなと思っていました。
↑たくさんいただいていた嬉しいコメントにレスしたかったのと、創作を終えた後にやってくる空虚感みたいなもので新記事を書く気がしなかったのとで、せっせとレスしておりました(^^)

『秘密日和』素晴らしいですよね(^_^)v
↑本当に、コハルビヨリさんに感謝です。

かのん様の小説『薪と鈴木と雪子』何度読んでもいいです
↑ああ・・・本当に本当に嬉しいです(TT)
これは、私にとって初めての創作、初めて生んだ子みたいな物で、大切な大切な作品でもあるので・・。

>ちょっぴり切ない薪さんが可愛いです。つい、言ってしまった言葉「・・あんな女がいいのか。」
>それを微笑んで聞いてくれる鈴木さん。
>鈴木さんは、薪さんの全てを包んでくれるんですね\(^ー^)/
↑本当に、たつままさんは、どうしていつも、書いてある奥底まで深く受け止めて下さるのでしょう・・感動です・・。

>とっても、とっても大切にしてくれる親友。でも、自分の気持ちには…。
>あっー。もうっ。薪さん切なすぎますっっっ(ρ_;)
↑切ない薪さん・・私もそんな薪さんが・・(TT)

>ラストの二人の幸せな笑顔が一層切なくて…。でも、この後にはもっと悲しいことがあり、二人を永遠に引き離してしまう。それを思うと…やりきれなくて。
暗がりで一人泣いてしまいました
↑コハルビヨリさんの挿絵が素晴らしいだけに、二人の笑顔が眩し過ぎるだけに・・私の書いた物もより深くなってくれたと思います・・私も泣いていました・・。

そして、私の書いた小説に、ここまで深く心を動かしてくれたたつままさんに、感動です・・!!

ガラリと変わって、缶コーヒー問題。面白すぎて、腹を抱えて笑いました
↑楽しいですよね! 他のメンバーだったらという私の妄想を、コハルビヨリさんが忠実に再現&アレンジして下さって・・私も笑っちゃいました(^^)

たつままさんの、とても嬉しいお言葉の数々、胸に響きました。
本当に、本当に、ありがとうございました!!m(_ _)m


○Hさま

拍手コメント、ありがとうございます。

ご心配くださって、どうもありがとうございます。
お蔭様で、一番ひどい時期は越えたようで、夕べはまだ鼻を詰まらせ、咳をしつつワインを飲み、今朝はこうして4時半起きでパソを開いております(^^)

創作を終えた後は、いつも、充実感の後に、空虚感が来るんですね。
何だか呆然としてしまうと申しますか・・今回は大作だっただけに、気が抜けたのかなあとは思います。
ありがとうございました(^^)

■ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

■ 

○Kさま

コメントありがとうございます。

きっとネタバレにならないようにと、伏せコメントにして下さったんですね。
お気遣い、ありがとうございます。

体調は、お蔭様ですっかり回復いたしました。
ご心配くださいまして、ありがとうございましたm(_ _)m

>コハルビヨリさんの明るくて温かい人柄が出てて、とても楽しませてもらいました(^^)
↑本当に、コハルビヨリさんのお人柄が、ぬくもりが伝わる、素敵な同人誌だと思います(^^)

>かのんさんの小説も、楽しみのひとつでありました!
↑そんな風に言っていただけて、嬉しくて何と申し上げたら言いか・・(><)

>「薪と鈴木と雪子」・・・あの素敵なお話がコハルビヨリさんの挿絵とともに見れる喜び・・・
↑コハルビヨリさんの素晴らしい絵で、私の小説を何段階も上に引き上げていただきました。

>描き下ろしの第2章も、見どころ盛り沢山でした♪
↑2章に関しても、たくさんの嬉しいお言葉の数々・・嬉しくて涙が出ました・・。
このようなコメントをいただけて、私は幸せ者です・・・。
本当に、読んでくださったこと、そして、このようなもったいないお言葉をくださったこと、どうもありがとうございました!!

■ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

■ 

○Cさま

こんにちは。
コメントありがとうございます。

色々と大変な中、コメントしていただき、申し訳なくも、嬉しいです。

>「薪と鈴木と雪子」その後のお話が読めて、嬉しかったです♪
↑あああ・・嬉しいです!!

文章を書き慣れたCさんにこんなもったいないお言葉の数々をいただいて・・良いのでしょうか・・。

なんだかここに抜き出すのも恥ずかしい位、お褒めの言葉に、舞い上がってしまいました。

>コハルビヨリさんのイラストも、しっかりかのんさんの原作の味をつかんでいて、さすがだな~と思いました♪
>オマケ漫画も面白かったし(笑)
↑本当に、コハルビヨリさんの絵に、私の小説をずっとずっと高みに引き上げていただきました。

そして・・出た!薪さんタイプ!
他のタイプは複数見かけてますが、薪さんは珍しいですよね・・羨ましい・・というか、すごい!

>かのんさんの作風もこれから大きく変わって腐の方向へとさらなる飛翔を遂げていくのか、楽しみに見守っております(笑)
↑そちらの方向へは参りません!(キッパリ)・・何だか最近多方面からあおられてる気がするのですが・・いえ実際、脳内では色々と繰り広げられておりますが(笑)、そういう系に関しては表現力が乏しい・・というか、原作のイメージを壊さずに持っていける自信が全くございませんので・・。

本当に嬉しいメッセージを、どうもありがとうございましたm(_ _)m

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://kanon23.blog36.fc2.com/tb.php/93-467e5535

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

同人誌「秘密日和」読みました!

楽しみに待っていたコハルビヨリ様作の同人誌「秘密日和」が届き、家族に隠れてこっそりと読みました(笑) お書きになった皆様それぞれ...

2008-11-25 09:48:30 | 「秘密」な日常

同人誌、続々と届いてるようです・・・・!!

みなさんから、少しづつですが、 届いたよ★ とありがたいメッセージが寄せられてきております・・・(ー▽ー; こゆうさん、メー...

2008-11-25 19:45:30 | 小春日和

コハルビヨリさんの同人誌 『秘密日和』 にゲスト参加しました★

コハルビヨリさんの『秘密』同人誌、『秘密日和』に、 私もゲストとして、参加させていただき、詩を2編投稿しています。 詳細はコハルビ...

2008-12-03 09:37:42 | 【月詩Blog】

 | BLOG TOP |