カウンター


プロフィール

かのん

Author:かのん
薪さんと同身長が自慢です

基本、「薪さんと鈴木さんは精神的両想いだった」「薪さんと青木には、心身共に結ばれてほしい」という、偏った視点で書いております
創作も主に、薪さんが「青木と幸せになる未来」と、「鈴木さんと幸せだった過去」で構成されております

コメ、拍手コメ共に、過去記事にも遠慮なく投稿いただけたらと思います
レスは「コメをいただいた翌々日までにお返しする」ことを自分に課しておりますが、諸事情により遅れる場合もございます
でも必ず書かせていただきますので
ご了承下さいませm(_ _)m

リンクは嬉しいので、ご自由にどうぞ♪


当ブログ拍手頁

最新の公開拍手コメのレスはこちら それ以前の公開拍手コメ&レスは、各記事の拍手ボタンを再度押していただければ読めます 鍵拍手コメにつきましては、拍手をいただいた記事下コメント欄にレスを書いております

所属してます♪


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


検索フォーム


 
9月15日の日曜の午後。
「秘密 season 0」原画展に行って参りました。

以下はその感想です。

※詳細に語っておりますので、これから見に行くに当たり、予備知識無い方が良いという方は、ご注意下さい。




到着してまず思ったのは。
「青木、載せてもらえて良かったね」でした。

今回は、「season0」の原画展ということで、展示されているのは「ジェネシス」の原画のみと、先に訪れた方に伺っていたので、青木の姿は見られないと思っていたのです。
それが、原画の上の壁の部分に、薪さんと鈴木さんと共に、青木の姿も貼り付けられていました。

「season0」だけでなく、これまでの「秘密」第九編をお読みになっている書店員さんが、青木の存在も重要だと認識して下さったのでしょう。
「ジェネシス」には登場しないにも関わらず、こうして取り上げられていることを、とても嬉しく思いました。

展示されているのは「ジェネシス」のモノクロ原稿のみ。
5枚ずつ左右に分かれ、それが上下2段。
計20枚の原画が展示されていました。

薪さんがタキシードで鈴木さんがコートを羽織った、扉絵に使われた原画は、下の右端。
個人的には、この絵は、上の段の目立つ所に置かれて欲しかったのですが。
そうすると、知らない方にBLかと思われてしまうのを避けたかったのかな・・・?と思ったのは、深読みでしょうか。

修正液の跡があったり、アシスタントさんへの指示と思われる、トーンの種類等が鉛筆で書かれていたり。
本当の本当に、これが生の原稿なんだなあ・・・と、ひたすら感動致しました。

トーンの貼り付け位置等、青色鉛筆の跡が有りましたが、青い色は本として印刷する際に、映らないようになっているものなんですね。
絵や漫画に対して全く知識が無いもので、そんな事も、見ていて新鮮でした。

薪さんが、澤村の匂いを確かめる為に床に屈むシーンの原画が、目に入る度に。
ついつい、笑ってしまいそうになるのは、メロンさんのブログ記事の影響でしょうか。

それにしても・・・
本当に、薪さんの瞳は美しい。

この瞳に映し出された、その純粋さに。
鈴木さんは、薪さんを守りたいと思ったのだろうなと・・・しみじみ思いました。

そして。
薪さんの美しさは、言うに及ばずですが。
鈴木さんが、男前でした。

薪さんと出会った時は、出会い方が出会い方だっただけに、厳しい表情をしているけれど。
薪さんに近付く程に。
薪さんを知る程に。

和らぐ表情。
薪さんを見つめる、ゆるんだ口元、優しい目・・・

薪さんの綺麗な瞳と。
鈴木さんの優しい表情。
双方を見ることで。

鈴木さんの目に映る薪さん。
薪さんに対する、鈴木さんの想い。
そんな物を・・・改めて感じました。

私が見ている間、そこに足を止めたのは、カップルが一組と、女性の二人連れ。
どちらも、言葉を交わしながら、10秒程で離れて行った中で。
私は一人、立って上から覗き込んだり、座って眺めたり、30分間、そこにおりました。

もっともっと、眺めていたかった。
いくら見ていても見飽きないのです。

薪さんの美しい姿を、鈴木さんの移り変わる表情を見つめながら。
この薪さんの美しさや、鈴木さんの薪さんへの想いを、言葉で表現したい・・・これまでSSを書いてきたけれど、ちっとも表現出来ていなかった、その美しさやその想いを、突き詰めていきたい。

そう、思いました。

これが、絵を描く方だったら。
こんな風に美しい絵を描けるようになりたいと、そう思うところなのでしょうか。

私の場合は、全く絵を描く事が無いせいか。
こんな絵を描きたいと思うのではなく、こんな、一枚の絵に凝縮された世界を、少しでも、文章で表現出来たらと、そう、切に思いました。

「秘密」の原画は。

惚れ惚れと見とれてしまうのはもちろん。
それだけでなく、眺める事で、大いに刺激を与えてくれました。

訪れる事が出来て、本当に良かった。
良い経験になりました。

最後に、三省堂の公式サイトから辿って見つけた頁を貼っておきます。
三省堂書店のフェイスブックに掲載された、「秘密」原画展の記事です。

https://www.facebook.com/notes/610925108952550






関連記事

コメント

■ 鍵拍手コメ下さったAさま

〇9/21に鍵拍手コメント下さったAさま

コメントありがとうございます!
お返事が遅くなりまして、すみませんでした。

本当に、時期が重なって良かったです(*^^*)

そうですね、あのレイアウトには、書店の方の作品に対する愛を感じましたね。
「秘密」ファンの一員として、とても嬉しいです。

これがきっかけで、本を手に取る方が増えたら嬉しいですね☆

そうそう、今回、モノクロ扉絵が2枚ともコミックに収録されてないんですよね。
きっと2巻以降に残してある(続巻刊行の予定が有る)のだと希望を持ちたいいます(^^;)

SS…に繋がるかどうかは分かりませんが、書きたい意欲は刺激されました。

ありがとうございました。

■ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

■ 非公開コメ下さったSさま

〇10/1に非公開コメント下さったSさま

コメントありがとうございます。

そちらのブログ最新記事のコメント欄にお返事させていただきました。
ご確認いただけたらと思いますm(_ _)m

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://kanon23.blog36.fc2.com/tb.php/939-16bfe4a1

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP |