カウンター


プロフィール

かのん

Author:かのん
薪さんと同身長が自慢です

基本、「薪さんと鈴木さんは精神的両想いだった」「薪さんと青木には、心身共に結ばれてほしい」という、偏った視点で書いております
創作も主に、薪さんが「青木と幸せになる未来」と、「鈴木さんと幸せだった過去」で構成されております

コメ、拍手コメ共に、過去記事にも遠慮なく投稿いただけたらと思います
レスは「コメをいただいた翌々日までにお返しする」ことを自分に課しておりますが、諸事情により遅れる場合もございます
でも必ず書かせていただきますので
ご了承下さいませm(_ _)m

リンクは嬉しいので、ご自由にどうぞ♪


当ブログ拍手頁

最新の公開拍手コメのレスはこちら それ以前の公開拍手コメ&レスは、各記事の拍手ボタンを再度押していただければ読めます 鍵拍手コメにつきましては、拍手をいただいた記事下コメント欄にレスを書いております

所属してます♪


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


検索フォーム


 
…本編の時程では、無かったにしても。

発売数日前から、胸の内がざわざわと波立つようで。
前夜になると、もう言いようのない不安に襲われ、なかなか寝付けなかった。

信じてはいても。
やはり、冷静ではいられなくなる。
それが「秘密」という作品だったりする。

当日になっても。
すぐにでも書店に走り「メロディ」を手にしたいと思う気持ちと。
開く事が不安な気持ちの狭間で。
後に回してもいい他の用事をせっせと済ませ…やっと夕方になって、書店へと向かう気になった。

不思議なもので。
あんなに時間を稼いでいた癖に、いざ買いに行く、薪さんにお会いすると一たび決意すると。
今度は、気持ちが逸る。
早く、早くそのお顔を見たい……

ところが書店に入り。
「メロディ」の表紙を前にすると。
今度は、やっぱり開きたくないという思いに捉われる。

そんな事を繰り返し。
やっと…手にした雑誌の、その頁をめくった。

※以下、完全ネタバレです。






うああああああああああっ…!!!

ここで、ここで終わり…!?
ああああああああっ…!!

もどかしさに、胸が掻きむしられる思い。
これが、薪さんの答え。
なのに、青木はその答えを知らない。

両想いなのに、片想いで。
片想いなのに、両想い。

ああ…………

読者にはハッキリと示された、薪さんの答え。
見るまでもなく、信じてはおりましたけどね。
某Mさんも先生に直接確かめて下さってた事が、支えになっておりましたし。

ただほら、清水先生、Sでいらっしゃるから……

何だかんだ言って、二次創作者の誰よりも、公式がSな展開よねって言うのは、「秘密」ファンの間で周知の見解。
薪さんだって、最初は奥さんが居る設定だったらしいのに、途中から切ないヒロインポジになるわ、薪さんと青木の関係だって、清水先生が「壊したくなった」事から、一気に舞ちゃん誕生及びその両親の悲劇へ向かって舵取りがされるわと、急に容赦ない展開になる可能性も有りますからね、油断が出来ませんからっ。

もう大丈夫、信じてると思っても。
もしかして、もしかしたら、もしかするかも…
と、悪い事態を覚悟し、身構える習性が出来上がっちゃってるんですよっ。
本編で何年も辛い展開を追い続けていた読者は、訓練がされてしまっているんですよ~~~!

まあでも良かった。
とりあえずは良かった。

でも良くない。
もどかしい…

はああ…

事件については、展開に納得が出来たし、色々と考えさせられる面も有り。
タジクの人生や薪さんとのやりとりにおいても、感慨深い物が有りました。

何より。
被害者のみならず、加害者の気持ちに寄り添う、いつもの薪さんの心を。
その美しさを改めて感じられた事が、嬉しかった…

そんな薪さんに、こんな美しい薪さんに愛されて…青木めっ!

あともう一つ。
内容以外に不安だった事。
扉絵に「秘密 最終回」と書かれていなくて良かった…

「ORIGINAL SIN編クライマックス」と書かれていましたものね。
この扉絵を最初に目にした途端、今回の事件の最終回であって、「秘密」の最終回ではないと分かり、まずは不安の一つが解消されて、安堵しました。
一番恐れているのは、薪さんが不幸になる事ですが、それに次いで、薪さんのお姿を目に出来なくなる日が来る事は、悲しいですものね。

本編のラストで、青木が出した問い。
そして今回のラストで見えた、薪さんの答え。

温かくて、でも切なくて。
胸が…疼く……

そして今回のもう一つのハイライト。
薪さんが…あの薪さんが……
顔を赤らめる程に感情を露わにしながら、涙を浮かべるなんて…!!!

薪さんのこんな顔を独り占め出来たなんて…タジクめっ!!

ああ…薪さんが愛しい。
愛しくてたまらない。
愛し過ぎて…どうしよう…ああ…(パタリ)




ブログ、延々放置状態で申し訳ありませんでした。
そして、そんな状況の中でも、当ブログに足を運んで下さっている皆様、本当にありがとうございます。
書きたい事が沢山有ります。

薪さんへの愛が溢れ出て、胸が押しつぶされそうです。





関連記事

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://kanon23.blog36.fc2.com/tb.php/954-29c17cd9

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP |