カウンター


プロフィール

かのん

Author:かのん
薪さんと同身長が自慢です

基本、「薪さんと鈴木さんは精神的両想いだった」「薪さんと青木には、心身共に結ばれてほしい」という、偏った視点で書いております
創作も主に、薪さんが「青木と幸せになる未来」と、「鈴木さんと幸せだった過去」で構成されております

コメ、拍手コメ共に、過去記事にも遠慮なく投稿いただけたらと思います
レスは「コメをいただいた翌々日までにお返しする」ことを自分に課しておりますが、諸事情により遅れる場合もございます
でも必ず書かせていただきますので
ご了承下さいませm(_ _)m

リンクは嬉しいので、ご自由にどうぞ♪


当ブログ拍手頁

最新の公開拍手コメのレスはこちら それ以前の公開拍手コメ&レスは、各記事の拍手ボタンを再度押していただければ読めます 鍵拍手コメにつきましては、拍手をいただいた記事下コメント欄にレスを書いております

所属してます♪


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


検索フォーム


 


「メロディ」2016年6月号掲載「秘密」を読みました。

※以下ネタバレです。



…何て言ったらいいのでしょう。
何だか、こう…上手く言えませんが、何か…もやもやとするのです。

前号では「岡部さんのショートストーリ-(予定)」とあったので、多少変更は有っても、基本岡部さん目線の短編になるのかと思っていたら。
フタを開けてみれば…そこには、鈴木さんが居ました。

前半は、青木の不甲斐無い様子に、しっかりせんかと激を飛ばしたい気持ちに駆られ。
でもそうだった、元々青木は薪さんに怯えていたんだなあ…と懐かしく思い返したりもして。

最終的に、本来有るべき形での報告と謝罪が成された事には納得し。
それに対する薪さんの反応にも、胸打たれたのですが…

そこから先は。

切なく。
苦しく。
重く。
深く…

そう、深い。
鈴木さんの想いが…深い。

深過ぎる………

ほら、私、「鈴薪」も大好きな「あおまきすと」なので。
鈴木さんの薪さんへの想いの深さと、その想いを確かに受け止めていた薪さんの心情。
だからこその、互いの無念さ。
それらが、どっしりと胸に響いて…

辛いんだけど。
苦しいんだけど。
そこに確かに存在した鈴木さんの想いが嬉しくて。
でも、だからこそ切なくて…

そんな、感動とも呼べる胸の痛みと共に。
その完璧なまでの想いの深さに…

青木、果てしなく負けてるよ………

とも思ってしまう…

のたうち回りたい位、鈴薪に萌えて胸を熱くしつつ。
青木、頼む、頑張ってくれ…!!
と、青木の両肩に手を置いて、ぶんぶんと揺さぶりたい気持ちに駆られてならないのです…

青木、しっかりなさい! と憤慨し。
もう皆…と笑い。
薪さん、優しい…と胸打たれ。
あああ…鈴木さん…!! と、そのご登場に興奮し惹き込まれ。
鈴木さんと薪さんの、互いの様々な想いに、嬉しい思いと引き裂かれるような痛みとを同時に味わい。
最後には、青木………と、敗北感のような後味が残ると言う…

28頁と、いつもの3分の1位の少ない量でありながら。
むしろ前号までの事件を追っていたストーリーよりも、感情が大きく揺さぶられて…お得感が有ると言うか、充実感が有ると言うか…

青木、ホント頑張って…頑張ってくれ。
頼むから……


今号はこれだけじゃなくて、ちゃんとした感想を書きたいものです。
そして感想の大半が…鈴薪語りとなることでありましょう。
(結局青木へのフォローは…?)






関連記事

コメント

■ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

■ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

■ 鍵拍手コメ下さったCさま

〇4/29に鍵拍手コメント下さったCさま

コメントありがとうございます!
お返事遅くなってしまい申し訳ございません。

いつもレビューを読みたいとか楽しみとかおっしゃっていただき、とても光栄に思いつつ、それが仕上がらない時も有ったりして本当に申し訳なく(><;)
なのに変わらず見守っていただいて…本当に申し訳なくもありがたい気持ちでいっぱいです。

他のブロガーさん達もそうおっしゃってるんですね(笑)
本当に青木には頑張ってほしいですよね!

新規ブロガーさん、増えてるのでしょうか。
新規さんどころかお馴染みの方々も全然回れてなくて…(TT)
「秘密」の新たなファンが増えるのは、とても嬉しいことですね(*^^*)

■ 非公開コメ下さったMさま

〇4/29に非公開コメント下さったMさま

コメントありがとうございます!
お返事が遅くなりまして申し訳ございません。

Mさんは、薪さんをはじめ「秘密」のキャラを本当に愛してらっしゃるんですね。
愛の深さ故に、辛くなるし、安易に楽しめないのではと思います。

ただ、鈴薪妄想を楽しそうにしてらっしゃるような方々でも、そこに辛い思いが全く無いというわけではないと思います。
鈴木さんはもう居ない…
薪さんは永遠にその罪を背負っていく…
それが分かっていて、どんなに鈴薪が素晴らしくてもその先は残酷な未来へと繋がっている…その辛さを抱えながら、その痛みを胸に押し込めながら、鈴薪に萌えを見出して楽しもうとしてらっしゃるのでは…等と思うのですが。

当記事に共感して下さったとのこと、ありがとうございます。
まあ…二次創作でどんなにSな物を書いて(描いて)らっしゃる方でも、本家の清水先生のSぶりには敵わないというのは周知の事実ですし…

不幸な人生…とは、もう言わなくてもいいんじゃないかな…と、個人的には思っております。
本編で「失ってもまた大切な物が生まれる」と自覚した薪さんは、既に幸せと言えるのではないかと。
まあ…「幸せ」の定義って人それぞれですから…第九で奮闘していた時代から、既に薪さんは幸せだという意見も有りましたし、見方は色々だと思いますが。

とにかく「第九編」があまりに辛かったので、今は、読む前はまだハラハラしますが、実際に読んでみれば、第九編の頃より、ずっと心穏やかに読めております。
薪さんが鈴木さんを思い出すにも、あの最期の姿だけでなく、健在だった頃の姿を思い出せるようになりましたし。

「輝夜姫」や「月の子」も途中から読めなくなってしまったのですか…
Mさんはそれだけ、清水先生の世界に惹き込まれてしまうのですね。
作品を、キャラを愛する故に、切なく悲しくなる…分かります。
それだけ作品を深く味わえるというのは、辛くても、幸せとも言えますよね…

■ 非公開コメ下さったMさま

〇5/3に非公開コメント下さったMさま

コメントありがとうございました。
…と思ったら、どうやらご気分を害されてしまったようで…申し訳ございません(><;)
こちらのお返事もご覧いただけるかどうか分かりませんが、私の気持ちとして、お返事書かせていただきます。

コメントいただいてから4日間もお待ちいただいてしまって、あんな心のこもった熱いコメントをお書きいただきながら、私の反応がこんな様子では、お心を害されるのも当然かと思います。
この点は本当に謝るしか出来ません。
本当にすみませんでしたm(_ _)m

なるべくお返事を早く書きたい…と思いながら、ブログに時間を取れず、他の方へのコメントお返事の日付をご覧いただけば分かりますが、実は最近はコメント下さった方にお返事するまで数カ月お待ちいただく事もしばしばなのです…駄目ですね…

そして、私事ながら、GWは田植え等の農繁期でもあり、一日中外に居る事も多く、また、休みで夫が家に居る為、オタク趣味をあまり快く思わない夫の前では、なかなかPCに向かい辛いという事情も有りまして。
今回、感想を書いてから6人の方々に拍手コメや記事下のコメ、メール等でコメントをいただきつつ、合間を見ては少しずつコメントをいただいた順にお返事を書いていて、Mさんの番は今になりました。

自分の記事以上に、コメントのお返事はじっくりと心を込めて書きたい、片手間に書きたくはないので、記事を一つ仕上げるよりも時間が掛かるということもあります。

まあでも全ては言い訳に過ぎません。
私より遥かに忙しくてもすぐにコメントにお返事を書く誠実な対応をされるブロガーさんも沢山居らっしゃいますから。

こういった中で、皆様温かく見守って下さっているので、自分は甘えてしまっていて、いつかはこういう風に受け止める方が出るのも覚悟しておりました。
ただ、私にとっては、今のペースが最大限の誠実な対応なので、Mさんのお言葉を無視しているつもりはありませんでしたが、そう取られるのであれば、仕方の無いことだと思います。

あと、一つお尋ねしたいのですが、以前コメント下さった時から、ハンドルネームを変えられたりはしましたでしょうか。
先日のコメントで「お久しぶりです」とお言葉いただいたということは、以前にもコメント下さった方ですよね。
ですが、大抵は一度コメントいただけば、その方のお名前とどんな傾向のコメントを下さったか覚えているのですが、Mさんのお名前に心当たりが無かったので、自分が忘れていたのだとしたら申し訳ないと思い、過去8年間の数千件のコメントを何度も見直したのですが、結局、Mさんのお名前が見当たらなかったのです。
こちらのブログの何らかの不具合で管理画面のログが消えていたとしたら、申し訳ございません。
ブログではなく別の場所で交流の有った方かと、ツイッターやピクシブも遡ってみたりと、過去にどんなやりとりをした方か、きちんと把握した上でお返事差し上げたかったので、そういう点でも遅くなりました。

最後に一つ。
私なんぞが申し上げるのも大変おこがましいとは存じますが、私に対してご気分を害されても、「秘密」という作品や、他の素晴らしい「秘密」ブロガーさん達の事は、どうか今後も変わらずご愛顧いただけますように。

■ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

■ 鍵拍手コメ下さったCさま

〇5/3に鍵拍手コメント下さったCさま

コメントありがとうございます。

きゃああ!…お気遣いに感動しました。
優しく誠実なお言葉…ありがとうございます(;;)

故有ってこの数日、過去のコメントを振り返っていたのですが、Cさんには本当に長らくお世話になって…
改めて、自分が支えられ続けてると感じました。

ずっと伴走して下さってるかのようで…私は幸せ者です。
本当にありがとうございました!m(_ _)m

■ 非公開コメ下さったMさま

〇5/3に非公開コメント下さったMさま

コメントありがとうございます。

まああ…ほんの半年程前にコメント下さったCさんでしたか!
(たぶんMさんはお若いので「ずっと前」という認識になるのかもしれませんが、私からしたら半年位は「つい最近」です(^^;))
それならすぐに分かりましたのに!

迷惑だなんてとんでもございません。
ガッカリさせてしまった自分の不甲斐無さに落ち込んだのと、もしこれがきっかけで、「秘密」や他の「秘密」ファンの方々にまで悪い印象を持たれてしまったら…と、そのことが何より心配でなりませんでした。
自分はどう思われようと仕方の無いことですし、まあ、多くの輝ける「秘密」ブロガーさんの中で、隅っこに存在する私が大きな影響をもたらす事も無いとは思いますが、ちょっとしたきっかけでその世界全体の印象が悪くなるという可能性も有りますから…

でも、MさんがCさんなら、これまでのコメントから伺えるお人柄から、そんな誤解をなさる事も、「秘密」への愛が揺らぐ事も無いですね。
安心しました…!

あ、私は別にそんないつも忙しいというわけではございません。
もっとお忙しい方沢山居らっしゃいますし、往々にして忙しい方ほど仕事をこなすのは早かったりしますし。
私が仕事が遅いのは、性分ですね…もっとさくさくと物事をこなせるようになりたいものですが、なかなか…
でも、これでもマシになったんですよ…(←酷い言い訳ですね…)

Mさんがそういった環境でいらっしゃるなら、農家の事もよくご存知ですから、詳細に説明せずともお分かりいただけて良かった。
それに、田植えも今は無事に終わりまして、まあ、夫の目が気になるのと、受験生の娘に関わる学校行事等々が面倒な位で…

コメントは、いただいたらいただいたで、とても嬉しいですし、コメントが無くても、ブログに足をお運びいただくだけで光栄です。
いずれにせよ、今後もコメントなさるかどうかは、どうかMさんのお心のままに。

お返事読んでいただけて嬉しく、またこうしてコメントいただいて、どなたかも分かりましたし、ホッとしました。
ありがとうございましたm(_ _)m

■ 鍵拍手コメ下さったAさま

〇5/4に鍵拍手コメント下さったAさま

コメントありがとうございます!

そうそう、薪さんもきっと楽しんでらっしゃるんですよね(^^)
二人のこういうじゃれ合いも好きです。
好きなのですが…あまりに鈴木さんと差を付けられて「しっかりせい!」と言いたくなる部分も有ります。

おっしゃるとおり、薪さんがあんな穏やかな表情で、鈴木さんを思い返せるようになって本当に嬉しいですね(つ;)
第九編の間は、薪さんが鈴木さんを思い出す時は、苦しみながらであり、出て来るのも最期の場面ばかりで…「鈴木さんとの幸せだった頃を思い返せるようになってほしい」とずっと願っていたので、それが叶った事には、胸がいっぱいになります…

鈴木さんとの過去が有るからこそ、今の薪さんが有るのであり、そしてだからこそ、未来を共に生きる支えが有って欲しい…これからの青木の伸びしろに期待したいと思います! 頑張れ青木!(^^;)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://kanon23.blog36.fc2.com/tb.php/972-8a65140f

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP |