カウンター


プロフィール

かのん

Author:かのん
薪さんと同身長が自慢です

基本、「薪さんと鈴木さんは精神的両想いだった」「薪さんと青木には、心身共に結ばれてほしい」という、偏った視点で書いております
創作も主に、薪さんが「青木と幸せになる未来」と、「鈴木さんと幸せだった過去」で構成されております

コメ、拍手コメ共に、過去記事にも遠慮なく投稿いただけたらと思います
レスは「コメをいただいた翌々日までにお返しする」ことを自分に課しておりますが、諸事情により遅れる場合もございます
でも必ず書かせていただきますので
ご了承下さいませm(_ _)m

リンクは嬉しいので、ご自由にどうぞ♪


当ブログ拍手頁

最新の公開拍手コメのレスはこちら それ以前の公開拍手コメ&レスは、各記事の拍手ボタンを再度押していただければ読めます 鍵拍手コメにつきましては、拍手をいただいた記事下コメント欄にレスを書いております

所属してます♪


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


検索フォーム


 
明日は「メロディ」発売ですね。
前号の「秘密」感想も書かないうちにやってきてしまいますが。
「秘密」以外にも沢山の出会いが有って楽しく過ごしてしまっているのも原因の一つと言えましょう。

そんなわけで。
今年観たアニメのベスト10を列挙してみることに。


2016年アニメランキング



1「昭和元禄落語心中」

1月期に出会い、自分の中で、最後まで今年のナンバー1を維持しました。
脚本、背景、音楽、演技…全てが素晴らしかった。
こんな上質のアニメをリアルタイムで観られること、幸せです。
菊比古時代の八雲と助六のやりとりは、石田さんと山寺さんの名演も有り、いつまでも見ていたいと思わせてくれました。
美しく凛々しく、儚げで強く、辛辣で優しい…業を背負って生きるその様も含め、菊さんの姿はどこか薪さんを思わせもします。

昭和元禄落語心中



2「ドリフターズ」

1話を観た時は、絵は濃いしキャラは濃いしギャグも濃いしグロ描写も有るし…このセンスは自分には合わないと思ったんですね。
でもどこか引き付けられる物が有ったのか、とりあえず2話も観てみようかと。
やっぱりちょっと合わないと思いつつ、一応3話も観てみようか…
…とやっているうちに、気付いたらすっかりその魅力の虜になっていて、まさかの2位。
この疾走感とキャラの魅力は癖になりますね。
どのキャラも魅力が有りますが、特に主人公の島津豊久にハマりました。
これまで、主役の傍らに立つような理知的なキャラか、美しく儚げなキャラか、可愛らしいキャラなどを好きになっていたので。
豊久のような熱血直情タイプを好きになるとは、自分でも不思議です。

ドリフターズ



3「91Days」

公式サイトを目にした時から、これは自分が好きそうだと期待していたのですが。
期待に違わぬ、まるで良質の洋画を観ているような、重みと深みの有る逸品でした。
ノベライズ上下巻も購入。
久々に昔の映画のDVDを引っ張り出して観直すきっかけにもなりました。

91Days



4「ジョーカー・ゲーム」

毎回主役が変わり、1話か2話分の短編で綴られる手法が新鮮でした。
時系列もシャッフルされることで、このエピソードの後にはこのメンバーはもうチームに居ない、あのメンバーも…そして日本はその後戦争に突入する…そういった未来が見えることで切なさが増すという構成にもやられました。
特に最初のエピソードの、朴訥な佐久間と皮肉屋の三好が印象的なだけに、後の展開が胸に刺さりました。

ジョーカー・ゲーム



5「ユーリ!!! on ICE」

元々スポーツアニメにはあまり興味を惹かれないので、とりあえず1話だけ…と思い観てみたら、驚く程面白くて毎週の楽しみになりました。
1話目の掴みから、大きなネタバレをする10話、そして前向きで希望に溢れた最終話まで、全体の構成も上手く最後まで目が離せず。
登場人物も皆、個性は有れど良い人ばかりで、悪意の無い気持ちの良い、素敵な作品でした。



6「亜人」

テンポの良いストーリー展開と、主人公側も敵側も魅力的なキャラに、1期と2期、劇場版を挟んで楽しませてもらいました。
あちらもこちらも、おじさん達が生き生きしてるのが見てて楽しく、カイ君のヒーローぶりに惚れ惚れし、そして過酷な境遇の中、主人公が見せる成長には拍手を贈りたくなりました。

亜人



7「暗殺教室」2期

タイトルからして物騒で、1期を観始める前にはどんな作品なのかと思っておりましたが。
設定は荒唐無稽なのに、中身は丁寧に描かれた良作だったと思います。
少年漫画原作なので主役はあくまで少年少女達でありながら、良識の有る大人の目線を感じました。



8「銀魂」

ギャグを折り込みながらもシリアス展開が続いて、胸掴まれっ放しでした。
男達、そして女達、皆の生き様が何ともかっこいいですね。

銀魂



9「少年メイド」

全く予備知識無く観始めましたが、観る度に、毎回こんな(*´ω`*)顔になっておりました。
心和む今年一番の癒しアニメでした。



10「夏目友人帳」セレクション/伍

有名な作品ながら、漫画もアニメも触れたことが無く、今年「セレクション」が放映されていたので、良い機会なので観てみました。
切なくも温かみの有るアニメで、続編が作られ続ける理由が分かりました。
続いて5期も観ましたが、アニメオリジナル回は微妙に感じましたが、原作に沿ったお話は良いですね。
祓い屋二人がどちらも良いお声なのもポイント高いです。



次点「精霊の守り人」

以前BSで放映された作品の地上波再放送とのことで、2クール分を、お休みを挟みながら3クールの期間に渡って放映されてたのを視聴。
1話を観た時には、上から目線で危険な任務を負わせる描写にちょっと引く部分も有りましたが、回を重ねるにつれ、それぞれの想いが伝わってきて、惹き込まれていきました。
女性の主人公が強く凛々しく、子供に対して時に厳しくも思いやり深い父親のようで。
男性キャラが、そんな主人公を待ち続け、薬や手料理で癒し、ここぞという場面で頼りになる母親のようで。
そんな性別を超えたキャラクターが良かった。
ちょっと薪さんと岡部さんの関係性みたいでもありますね。
それと、「アルスラーン戦記」もそうですが、屈強な男達が、少年王子の人柄に惚れ込んで忠誠を尽くすという構図が好きだというのも有ります。



この他にも「アルスラーン戦記」2期や「影鰐」2期、「舟を編む」等々、今年も素敵なアニメに沢山出会えました。
楽しませてくれた作品と、それを生み出して下さった方々に感謝します(*´∀`*)






関連記事

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://kanon23.blog36.fc2.com/tb.php/978-f15d7dfe

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP |